金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2017/09/17

【Blue Lab/みずほ銀行/WiL】金融にとどまらず、あらゆる産業におけるAIそしてビッグデータを使った新しいビジネス創造に向けて、「株式会社Blue Lab設立記念パーティー」開催!

| by:サイト管理者

 2017年9月15日(金)、Blue Labは、港区にある愛宕グリーンヒルズMORIタワー40階において、「株式会社Blue Lab設立記念パーティー」を開催した。

 Blue Labは、みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行WiL LLC.が新たな事業創出を目的として設立。新たな技術の活用に積極的に取組み、次世代のビジネスモデル創造・事業化に向けて新会社の設立準備を進め、無事発足した。



 会場には、Blue Lab株主各社、Fintech企業やメディアが訪れ、用意された料理と飲み物を片手に歓談。この日の進行は、阿部 展久氏(Blue Lab 取締役、みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部長)が務めた。



 佐藤 康博氏(みずほフィナンシャルグループ 取締役 執行役社長 グループCEO)より開会挨拶。Blue Labの株主としての立場から、既に20件を超える案件を具体的に追っているというBlue Labの取組みに対して、金融にとどまらず、あらゆる産業におけるAIそしてビッグデータを使った新しいテクノロジー、新しいビジネスを追っていくことへの期待感を示した。また、WiLとの関係に触れ、アントレプレナーシップはカルチャーから生まれてくると信じているとし、グループ内の、とても銀行員ではないような部門が兼務するBlue Labを、みずほフィナンシャルグループとして全力を上げて日本一番のインキュベーターとして立ち上げていきたい、と語った。



 山田 大介氏(Blue Lab 代表取締役社長、みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション担当役員 常務執行役員)より乾杯の挨拶。参加者と関係者へのお礼の言葉と共に、”Blue Lab”という社名の由来を披露。シリコンバレーがあるカルフォルニアの青い空のブルー、新しいビジネスモデルを作るブルーオーシャンのブルー、そして、みずほのコーポレートカラーのブルー、をかけて名付けたとし、社名に恥じないよう懸命に取り組んでいきたいと抱負を語り、乾杯が行われた。



 挨拶の後、しばし歓談へ。愛宕グリーンヒルズMORIタワー40階からは、六本木ヒルズや東京タワーなどが一望できる。



 河野 良雄氏(農林中央金庫 理事長)より株主を代表して挨拶。お祝いの言葉と関係者への敬意を表し、農林中央金庫について紹介。FintechやITを駆使したビジネスモデルにより大きな影響を受ける一方、圧倒的に生産性が高まる業態であり、大いに期待しているとした。その上で、従来型の考え方に限らず、積極的果敢に投資をしていきたいし、特に農業所得の増大と農業生産の拡大をミッションとする中、アグリテックに対しても最大限に投資し、皆さんのアイデアを活用していきたいと語った。

 伊佐山 元氏(WiL 共同創業者 CEO)より中締めの挨拶。今回の取組みは、もともとイノベーションを実践するための組織として生まれたとし、その大事な要素は、シリコンバレーにあるような異質なものが組み合わさり、自由な風の中で、ぶつかり合い、社会的な価値を生むことだとした。そして、今回、大企業に支えられて生まれたBlue Labでは、アイデアを思いつくのは簡単だが、実際にやるのは大変だとし、やることにエネルギーを注ぎ、しっかりカタチに表していきたいと語った。当事者意識を持ち、志を持った取組みを全力サポートし、面白いものを作るエネルギーをカタチにしたいと抱負を述べ、締めくくった。



 施設内は、WiLのほか、Blue Lab株主各社(みずほ銀行伊藤忠商事損害保険ジャパン日本興亜第一生命保険農林中央金庫丸紅三井住友信託銀行)の事業領域における多様な先進技術等を活用した新規事業創出を目指すべく、大企業の新規事業部門が部署単位で入居し、ミーティングルーム・コワーキングスペースの利用が可能な空間が広がる。



 今回の設立記念パーティーに先立ち、2017年7月25日(火)、Blue Lab、みずほ銀行、Airbnb は、「業務提携契約の締結に関する共同発表」を開催(写真レポート)した。山田氏によると、今回のAirbnbとの業務提携は、Blue Labが主導し、みずほ銀行にアイデアを持って行ったことから始まった第一号案件だという。「おもしろいから」、「成長の芽があるから」、「新しいことをやりたいから」といった理由で銀行の中で話を持ち上げてもなかなか進まないような案件も、一番乗りで進めていくというBlue Labの今後の活動と展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




21:27 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.