金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
写真レポート
12345
2024/02/28new

【山梨中央銀行 / フリー】「地域のデジタル化推進プロジェクト」に関する業務提携の記者会見を開催!(TSB)

| by:サイト管理者


 2024年2月22日(木)、山梨中央銀行フリーは、「地域のデジタル化推進プロジェクト」に関する業務提携の記者会見を同行の地域DX推進の活動拠点「Takeda Street Base」で開催した。相互に協力し、地域の中小企業の法改正対応の支援を通じて新たな価値提供を目指していくという。(プレスリリース(PR TIMES)



 最初に、内藤 哲也 氏(山梨中央銀行 常務取締役)より、業務提携の概要と趣旨について紹介。従来の伝統的銀行業務に加え、課題解決型の多様なコンサルティングメニューをそろえる中、「ICTコンサルティング」の強化に向けて従来より情報提供や人材育成で連携してきたフリーと正式な業務提携に至った背景を紹介。インボイス制度、電子帳簿保存法、働き方改革関連法など地域のお客さまへの法改正対応支援を通じた新たな価値提供を展開していくと語った。なお、この日の進行は、野々川 輝一 氏(山梨中央銀行 コンサルティング営業部 主任調査役)が務めた。



 続いて、古屋 賀章 氏(山梨中央銀行 代表取締役頭取)より、感謝の言葉と共に、マテリアリティ(重要課題)の一つとして掲げている「DXの実現と地域社会のデジタル化」の推進に向けて、これまでの銀行内のDXの知見を活かして中小企業の生産性の向上、業務の効率化、地域社会全体のDX推進など、2019年から始めている「ICTコンサルティング」の更なる強化に取組んでいることを紹介。そのような中、地域ではDXの理解や取組み、特に法改正対応の遅れなどが散見されている中、クラウド会計など業種業態を問わず多くの実績を持つフリーとの提携により、両社の強みを融合させることで新たな価値創造につなげたいと抱負を語り挨拶とした。



 続いて、鷲見 大地 氏(フリー 金融アライアンス事業部 副部長)より、法制度対応の改正等に関連し、インボイス制度、電子帳簿保存法、働き方改革における2024年問題などについて解説。その上でマーケット環境と課題に触れ、地域のデジタル化支援を強化すべく「地域のデジタル化推進プロジェクト」を通じた行員向けのデジタルナレッジの展開、顧客向け法改正等セミナーの開催、地域の会計士・税理士との連携やクラウドサービス等の勉強会など、今後の取組みについて披露した。




 続いて、古屋氏、内藤氏、鷲見氏、そして、吾妻 修治 氏(山梨中央銀行 コンサルティング営業部 部長)も加わり、メディアとの質疑応答が行われた。また、佐々木 大輔 氏(フリー CEO)も加わり、フォトセッションが行われた。



 両社による「地域のデジタル化推進プロジェクト」に関する業務提携を通じた「ICTコンサルティング(現状分析 ~ 施策検討 ~ ツール導入 ~ 社内定着)」の更なる強化と、地域企業へのDX推進、法改正対応支援など、今後の新たな展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 :株式会社グッドウェイ@メディアプロモーション事業部 )




15:54 | 写真:金融・IT業界向け
2024/02/28new

【フィンテック養成コミュニティ】フィンテック養成勉強会#39「エンベデッドファイナンスの躍進」を開催!

| by:サイト管理者

 2024年2月21日(水)、フィンテック養成コミュニティが主催する勉強会が、QUICKの会場で開催された。このイベントは、金融業界におけるエンベデッドファイナンス(組み込み型金融)の革新的な活用とその影響に焦点を当て、「エンベデッドファイナンスの躍進」と題して進められた。主要な議題には、エンベデッドファイナンスと技術活用の最前線、ビジネスモデルの変化、金融包摂の促進、そしてこれらの進展に伴うリスク管理と規制の適応が含まれ、技術者から経営層まで幅広い参加者が集まった。


 今回のセミナーでは、エンベデッドファイナンスが金融業界にもたらす画期的な変革に焦点を当てた。専門家による講演とパネルディスカッションを通じ、参加者はエンベデッドファイナンスのメリットとリスクについて深く掘り下げ、その影響を多角的に分析した。また、進行役は、長谷川 幸女氏(QUICK)が務めた。


 基調講演で、城田真琴氏(野村総合研究所 DX基盤事業本部 兼 デジタル社会研究室 プリンシパル・アナリスト)は「エンベデッド・ファイナンスの基礎と将来展望」と題して話した。前半ではエンベデッド・ファイナンスの基礎として、非金融企業が自社のサービスに金融機能を組み込むことで、消費者に対してより便利なサービスを提供することをわかりやすく解説した。特に、消費者と日常的に接触する非金融企業が顧客の行動パターンを理解し、適切なタイミングで金融サービスを提供することの重要性を強調した。
 城田氏は、エンベデッド・ファイナンスが金融機関、非金融企業、そして消費者の三者すべてに利益をもたらし、非金融企業にとっては新たな収益源となりうること、金融機関が従来リーチできなかった消費者層にアクセスできる新たな機会を提供することを示唆した。また、地域固有のニーズに応えることが地域経済の活性化に寄与する可能性にも触れた。技術の進歩と規制の現代化に伴うチャレンジにも言及し、エンベデッド・ファイナンスが将来どのように進化するかについての洞察を提供した。
 生成AI、Web3、クラウドといったさまざまな技術領域に関する深い知識を持つ城田氏は、この分野の潜在的な影響を理解する上で貴重な視点を提供した。城田氏の講演は、エンベデッド・ファイナンスが金融業界にもたらす深刻な影響と、今後数年間にわたって我々が目撃する可能性のある変革の幅広い概要を提示した。


 パネル「エンベデッドファイナンスの躍進」では、城田氏に加わり、森田 航平氏(インフキュリオン コンサルティング 執行役員副社長)、村田 大輔氏(クラウドローン 代表取締役)が登壇し、小野沢 宏晋氏(GMOあおぞらネット銀行 執行役員 セールス&マーケティンググループ長、Fintech協会 理事)がモデレーターを務めた。このセッションでは、エンベデッドファイナンスによる変革とその影響について深く議論された。
 技術的な側面では、API技術やクラウドコンピューティングの重要性が強調され、これらが顧客体験の向上、ビジネスモデルの革新、金融普及の促進に不可欠であると述べられた。また、エンベデッドファイナンスが金融業界に新たなパートナーシップを促し、消費者の利便性を高め、金融包摂を進める潜在力を持つことが指摘された。
 セキュリティやプライバシーに関する課題については、技術的解決策の模索と規制環境への適応が必要であることが指摘された。特に、データの安全性、倫理的なデータ利用、複数プレイヤー間での責任分担が重要な考慮点であることが強調された。
 本パネルを通じて、エンベデッドファイナンスが技術進化と消費者ニーズの変化に応じた金融サービスの提供方法を進化させ、金融業界において重要な役割を果たすことが明らかになった。エンベデッドファイナンスの進展は、新たなビジネスモデルの探求、リスク管理、規制適応を求める金融業界の挑戦であることが示された。


 クロージングでは、渡辺 徳生氏(QUICK)が登壇し、来場者への感謝の言葉を述べた。その後、今後のイベントの予告や紹介が行われた。
 全てのプログラムが終了した後、阿部 一也氏(フィンテック養成コミュニティ 共同創設者)による乾杯や武井 昭仁氏(QUICK)による中締めが行われた。その後はネットワーキングを通じて、城田氏の著書プレゼント大会が実施され、登壇者と参加者が交流し、活発な意見交換が行われた。


 フィンテック養成コミュニティは、金融とテクノロジーの結合を通じた社会変革を志向し、技術および金融スキルの向上を目指し、今後もさまざまなテーマのセミナーを開催する予定である。この活動には引き続き注目したい。



06:24 | 写真:金融・IT業界向け
2024/02/27

【JPBV】「さよなら、頭がいいだけの銀行員」全国巡業プロジェクト・東京を開催!

| by:サイト管理者


 2024年2月24日(土)、JPBV(一般社団法人 価値を大切にする金融実践者の会)は、「さよなら、頭がいいだけの銀行員」全国巡業プロジェクト・東京FinGATE KAYABAで開催した。



 JPBVは、世界の金融機関によるグローバルネットワーク組織 GABV(The Global Alliance for Banking on Values)が掲げる「価値を大切にする金融」の6原則のコンセプトを日本で実践し普及を目指している団体。この日は、新刊「頭がいいだけの銀行員はもういらない(経済法令研究会)」を記念し、クラウドファンディングによる全国巡業プロジェクトの一環として東京会場でイベントを開催。山口 省蔵さん(金融経営研究所 所長、金融IT協会 理事長)が進行を務めた。




 第一部『書籍「頭がいいだけの銀行員はもういらない」~執筆者との対話』では、遠藤 俊英さん(元金融庁長官)、保井 俊之さん(広島県公立大学法人 叡啓大学 教授)をゲストに迎え、江上 広行さん(JPBV(一般社団法人価値を大切にする金融実践者の会) 代表理事、URUU 代表取締役)が進行を務めた。執筆者(江上 広行さん、山口 省蔵さん)からの書籍の内容紹介に続き、書籍の帯で推薦文を提供した遠藤 俊英さんより感想と対話への想いが披露された。



 続いて、「SHIFT(JPBVリーダーシッププログラム)」メンバーで、この日、会場に訪れた執筆者(馬場 貴裕さん、林 大祐さん、岩立 顕一郎さん、藤野 宙志)と編集者(西岡 諒さん)からも自己紹介と本に込めた想いを披露。

 「SHIFT(JPBVリーダーシッププログラム)」は、金融業界で自らが起点となって一歩を踏み出す変革の実践者としてのリーダーを養成する人材育成プログラムで、参加者同志が学びのコミュニティをつくり、内省と対話を繰り返しながら、価値を大切にする金融を実践するリーダーへと変容していくプロセスを体現していくことを目的としている。



 その後、「どうやったらありのままで働けるか、自分らしく生きていけるか」についてグループワークと発表が行われた。



 第二部『「愛すべき金融界の妖怪たち」と対話して、金融の現場でウェルビーイングを実践する』では、保井 俊之さん(広島県公立大学法人 叡啓大学 教授)によるワークショップが行われ、グループワークと参加者からの発表が行われた。



 全てのプログラムが終わり、懇親会では、新田 信行さん(ちいきん会 代表理事)による乾杯挨拶。居戸 利明さん(第二地方銀行協会 副会長 専務理事)の挨拶で締めくくった。



 JPBV主催「さよなら、頭がいいだけの銀行員」全国巡業は、既に開催された奈良(2/23)、東京(2/24)に続き、今後、前橋(3/2)、熊本(3/9)、岐阜(3/16)、仙台(3/20)、オンライン(3/23)、広島(4/6)と各地での開催が予定されており、今後の展開に注目したい。興味のある方はぜひ参加されたい

(取材、撮影、記事、編集・制作 :株式会社グッドウェイ@メディアプロモーション事業部 )




06:12 | 写真:金融・IT業界向け
2024/02/19

【公益財団法人 山梨中銀地方創生基金】「第13回助成金交付式および合同情報交換会」を開催!

| by:サイト管理者


 2024年2月16日(金)、公益財団法人 山梨中銀地方創生基金は、「第13回助成金交付式および合同情報交換会」をホテル談露館で開催した。

 山梨中銀地方創生基金は、地方創生に資する取り組みを行う企業・団体・個人等への助成を通じて、地域社会の繁栄と地域経済の活性化に寄与することを目的に、2023年度助成事業を行っている。この日は、助成先、理事・幹事・評議員・事務局関係者が一堂に会し、助成金交付式が行われた。



 冒頭、古屋 賀章氏(山梨中銀地方創生基金 理事長、山梨中央銀行 代表取締役頭取)より、お祝いの言葉と共に、応募者や事業内容の特徴、挑戦者の意欲と熱意についてに触れ、今回の助成先は合計31先(2,400万円超)、2016年度設立以来過去累計374先(3億3,500万円超)となったことを紹介。地域のリーダーとして、山梨県の経済と社会の更なる発展と地域課題の解決に向けて果敢にチャレンジしてほしいと語り挨拶とした。



 続いて、助成先の事業テーマについて紹介が行われた。

  「起業・創業に対する助成事業」(12先)
  「地域産業資源を活用した事業又は地域経済活性化を図る活動に対する助成事業」(10先)
  「U・I・Jターンする個人に対する助成事業」(7先)
  「技術等向上に取り組む個人に対する助成事業」(2先)




 各助成事業(4事業)の代表者への助成金交付証贈呈に続き、助成先の代表して古藤田 眞和氏(PyrusMedix 代表取締役)より設立背景や事業を通じた地域活性化への貢献に向けた想いを語り挨拶とした。



 丸茂 智史氏(山梨中銀地方創生基金 事務局長)より交付後の事務手続き、「山梨ちゅうぎん経営者クラブ」のご案内に続き、藤野 宙志(山梨中央銀行 地域DX実践アドバイザーグッドウェイ 代表取締役社長)よりエールが伝えられた。



 続いて、助成先、理事・幹事・評議員・事務局関係者による記念撮影が行われた。



 助成金交付式後の「合同情報交換会」では、山梨中銀地方創生基金の前理事長を務めた関 光良氏(山梨中央銀行 代表取締役会長)よりお祝いの言葉と共に助成先の活躍と地方を元気にしていく取組みに触れ乾杯挨拶。親睦を深めるネットワーキングが行われ、小俣 晃氏(山梨中銀地方創生基金 監事、山梨中央銀行 常勤監査役)の挨拶で締めくくった。これからの助成先の活躍と展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 :株式会社グッドウェイ@メディアプロモーション事業部 )




07:10 | 写真:金融・IT業界向け
2024/02/18

【特定非営利活動法人金融IT協会】「記者発表会&オープニングMeetup」を開催!

| by:サイト管理者


 2024年1月30日(火)、特定非営利活動法人金融IT協会(旧称:金融ITたくみs)は「記者発表会&オープニングMeetup」をイベントスペースFinGATE KAYABAで開催した。

 金融IT協会は、金融機関主体で金融ITのノウハウ共有を行う初めての団体として、金融業界におけるIT技術の情報共有や品質向上、デジタル人材の育成等を目的に、業界横断で取り組んでいくという。



 会場には報道関係者や、金融機関・IT企業など賛同した会員企業のほか多くの参加者が会場に訪れ関心の高さがうかがえる。



 冒頭に、山口 省蔵氏(金融IT協会 理事長 / 金融経営研究所 代表取締役 所長)より代表挨拶。お礼の言葉と共に、誰もがITを活用する時代を迎え、ITの民主化に取組むべく体制を刷新。ロゴに込めた3つの"F"(Find Future of Finance)に触れ、組織の枠を超えたコミュニティを提供するNPOとして対外活動開始に向けた想いを語った。

 続いて、岡田 拓郎氏(金融IT協会 副理事長・事務局長 / デジタル庁 プロジェクトマネージャー)より活動の柱としてデジタル人材育成委員会、IT民主化委員会、理事体制、加盟会員(65社:2024年1月30日時点)など協会における取組みについて紹介。



 金融IT検定(金融×IT分野を網羅した業界初の試験)の紹介では中山氏、岸氏が登壇。

  中山 靖司氏(金融IT協会 理事 / SBI金融経済研究所 主任研究員)
  岸 和良氏(金融IT協会 理事 / 住友生命保険 エグゼクティブ・フェロー)

 来賓挨拶では、清水氏、大久保氏が登壇。

  清水 茂氏(金融庁 フィンテック参事官) 
  大久保 光伸氏(デジタル庁 ソリューションアーキテクト / 財務省 デジタル統括責任者補佐官)



 続いて、理事挨拶が行われた。

  阿部 展久氏(金融IT協会 理事 / みずほフィナンシャルグループ 執行理事 情報セキュリティ担当(グループCISO))
  中澤 香織氏(金融IT協会 理事 / 三菱UFJ銀行 システム企画部 副部長)
  植松 哲也氏(金融IT協会 理事 / 大和総研 常務取締役)
  深澤 孝治氏(金融IT協会 理事  / セブン銀行 常務執行役員)
  日下 智晴氏(金融IT協会 理事 / 日下企業経営相談所 代表 / 元金融庁地域金融企画室長)
  森本 昌雄氏(金融IT協会 理事 / T&Iイノベーションセンター 顧問)
  米谷 達哉氏(金融IT協会 理事  / 信組情報サービス 顧問)
  近藤 正司氏(金融IT協会 理事)
  奥田 雄弘氏(金融IT協会 理事)
  室 勝氏(金融IT協会 理事)




 理事からの挨拶に続き、メディアとの質疑応答が行われた。その後、関係者と参加者が一堂に会し記念撮影がおこわわれた。



 記者発表会が終わり、オープニングMeetupでは、関係者と参加者同士で親睦を深め合うネットワーキングが行われた。



 金融IT協会は、金融機関主体で金融ITのノウハウ共有を行う初めての団体として活動を開始した。次回、2024年3月4日(月)には「金融×スタートアップEXPO 2024 ~兜町発、金融IT検定で広がるコミュニティの輪~」をFinGATE(平和不動産)と共催するという。興味がある方は、ぜひ参加されたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 :株式会社グッドウェイ@メディアプロモーション事業部 )




08:57 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.