金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2019/09/16new

【インフキュリオン・グループ】キャッシュレスを活用した地域金融機関のビジネス、事業戦略説明会「地方創生 × キャッシュレス」開催!

| by:サイト管理者


 2019年7月22日(月)、インフキュリオン・グループは、赤坂インターシティAIRでにおいて、NTTドコモとの共催による金融業界向けセミナー「5G活用&キャッシュレス推進」の第2部(協力:日本マイクロソフト)として、事業戦略説明会「地方創生 × キャッシュレス」を開催した。



 5G活用やキャッシュレス推進など今後のビジネスへの注目のテーマとあり、会場には多くの地域金融機関の関係者が訪れた。



 講演「キャッシュレス社会が描く未来」では、岩下 直行氏(京都大学公共政策大学院教授、元 日本銀行 FinTechセンター長)が登壇。「地方」と「銀行」のどちらに重きを置くかで戦略が変わってくると述べ、近未来の地域金融機関像について語った。また、昨今の様々なPayサービスの流行について触れ、キャッシュレス化の動向や今後の展開について解説した。



 講演「NTTドコモ 地方創生×キャッシュレスの取組み」では、木瀬 弘史氏(NTTドコモ 第一法人営業部 地域協創・ICT推進室 第四担当部長)が登壇。キャッシュレス化のメリットや政府の取組み施策について触れ、ドコモの中期戦略2020beyond宣言を紹介。自治体や宮古島訪日外国人送客などキャッシュレス化の取組み事例について解説した。



 講演「次世代All-in-One端末「Anywhere A9」のご紹介」では、高橋 徹弥氏(リンク・プロセシング 代表取締役社長)が登壇。NTTドコモとの協業案件の紹介に続き、新端末「Anywhere A9」の特徴として、All-in-One、モバイル型、POS連動を挙げ、これからの端末はAndroidが中心になるとし、サービスの拡張に向けた今後のマイルストーンについて紹介した。



 講演「キャッシュレスを活用した地域金融機関のビジネスについて」では、丸山 弘毅氏(インフキュリオン・グループ 代表取締役社長)が登壇。利用者の利便性の向上と共に、事業者のデータ活用によるマネタイズに向けて、現状と課題、解決の方向性について解説。地域金融機関による加盟店契約を入口に、すべての地域関係者がWin-Winとなる「次世代地域金融プラットフォーム」の提供により、キャッシュレス決済を起点に、資金管理、融資、地域活性化を実現していくとした。

 まず、決済ではマルチ決済端末「Anywhere」、ウォレットASPサービス「Wallet Station」、与信サービスへの連携として「SLiDE」や「finbee」を紹介。また、資金管理では加盟店の各キャッシュレス決済サービスの入金のタイミング・金額などを一元管理できるダッシュボードサービス「PayDash」の提供開始を発表。

 さらに、融資では決済履歴を元にしたトランザクションレンディングや融資につなげていく機能を提供することで協業を検討しているとし、今後、利用者の傾向や属性を元にデータを活用したお店の売上げ分析による集客支援・コンサルテーションを通じて、地域金融機関による新しいビジネスモデルの展開とサイクルの実現により、地域活性化に貢献していくと語った。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




17:47 | 写真:金融・IT業界向け
2019/09/16new

【熊本市 UIJターンサポートデスク】熊本市が取り組む移住促進プロジェクト、移住イベント「熊本はどう?フェス2019」を開催!

| by:サイト管理者


 2019年9月14日(土)、熊本市 UIJターンサポートデスク(熊本市 経済政策課内)は、いいオフィス上野 by LIG において、移住イベント「熊本はどう?フェス2019」を開催した。

 熊本市が取り組む移住促進プロジェクト「熊本はどう?」は、移住に必要な仕事・住まいの情報をはじめ、様々な支援制度、移住先輩のインタビュー記事などを掲載している熊本市公式移住情報サイト。熊本市 経済政策課 しごとづくり推進室内において、専門の相談員がマンツーマンで就職や移住など、UIJターンサポートを行っている。(Facebook:熊本はどう?



 オープニングムービーに続き、松岡 由佳氏(熊本市 経済観光局 産業部 経済政策課 参事)より挨拶。熊本の場所や子育て・アクセス・家計事情を紹介。進行は、濱門 慶太郎氏(カラクリワークス CEO-最高経営責任者 統括プロデューサー)が務めた。



 続いて、池田 真麻氏(熊本市 経済観光局 産業部 経済政策課 UIJターンサポートデスク)より、移住先輩として、告鍬 陽介氏(シタテル コンシェルジュ)、寺岡 梓氏(えがお 開発部 課長)、小笠原 晟一氏(一般社団法人ウイングくまもと)を紹介。それぞれの自己紹介に続き、クロストークでは、移住のきっかけ、仕事の探し方、移住するときに大変だったこと、熊本の暮らし、熊本の人の感じ、移住を考えている人へのメッセージなど、それぞれの体験談や私見が披露された。

 続いて、清原 裕子氏(認定NPO法人ふるさと回帰支援センター くまもと移住定住支援センター)よりセンターの活動を紹介。



 その後、兼坂 明宏氏(熊本市 熊本市経済観光局 産業部 経済政策課 しごとづくり推進室 主任主事)より、移住ツアー&就職面談会「くまもと「大」内覧会(2泊3日:2019/11/2~4)」について説明。また、青山 正志氏(あつまるホールディングス 熊本本社 専務執行役員 営業統括本部長)より挨拶が行われた。



 参加者には、熊本のソウルフードとして、ちくわサラダ、太平燕、いきなり団子、からしレンコンチップス、馬刺し燻製、地酒などが振る舞われ、楽しみながら熊本の移住先輩の話を共有する歓談の場が広がった。熊本への興味関心についてのプレゼンでは、優勝者に「くまもと「大」内覧会」への無料招待が提供された。

 熊本では、熊本市が取り組む移住促進プロジェクト「熊本はどう?」に加え、「熊本県 移住・定住ポータルサイト」(熊本県企画振興部地域振興課、および、くまもと移住定住支援センター運営)を通じて市町村情報や、くまもとの暮らしの魅力を発信している。興味のある方は、ぜひ参照されたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




13:41 | 写真:金融・IT業界向け
2019/09/13

【日本インターネットプロバイダー協会】クラウド業界の”未来”について知見を深める「JAIPA クラウドカンファレンス2019」開催!

| by:ウェブ管理者


  2019年9月5日(木)、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA) クラウド部会は、港区にある品川グランドホールにおいて、「クラウドカンファレンス2019」を開催した。

 今回で7回目の開催となった「クラウドカンファレンス2019」は、クラウドサービスプロバイダ、システムインテグレータ、ソリューションベンダーなどが参加して、クラウド業界の未来について知見を深めるイベント。



 開会挨拶には、田中 邦裕氏 (日本インターネットプロバイダー協会 クラウド部会 副部会長 さくらインターネット 代表取締役)が登壇。本カンファレンスはクラウドでサービスを提供している事業者の為の会であり、懇親会にもぜひ参加して事業者同士で交流していただきたいと挨拶した。



 総務省セッション「データ主導社会の実現に向けて~電気通信事業分野における競争ルール等の包括的検証~」には、谷脇 康彦氏 (総務省 総合通信基盤局長)が登壇。移動通信システムの進化、第5世代移動通信システム(5G)の特徴、5Gの主要要件及びユースケースなどのほか、今後の法的枠組みの見直しに向けた方向性など、見通しについて私見を披露した。



 経済産業省セッション「デジタル時代のイノベーション」には、守谷 学氏(経済産業省 商務情報政策局 情報技術利用促進課 総括補佐)が登壇。デジタルトランスフォーメーションの必要性など、本格的なデジタル時代を迎える中で、イノベーションを生み出すには何が必要か、その課題と対策について語った。


 休憩時間中、協賛企業のブースが並んだ展示会場には多くの来場者が訪れ、スタッフからパンフレットを受け取ったりソリューションについての説明を聞いた。

 カンファレンスはこれ以降も続き、多くのクラウド専門家による講演後は懇親会も行われ、午後8時過ぎまで歓談・交流の時間が続いた。
 
 日本インターネットプロバイダー協会はクラウド部会の他、行政法律部会、地域ISP部会があり、それぞれ情報交換を行っているほか、今回のカンファレンス以外の様々な行事・活動については公式サイトを参照されたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






17:32 | 写真:金融・IT業界向け
2019/09/13

【みずほ銀行】銀行口座から即時に決済「Smart Debit」がApple Payに対応、「新キャッシュレスサービス記者発表会」を開催!

| by:ウェブ管理者




 会見冒頭の挨拶には、手嶋 高史氏(みずほ銀行 リテールデジタル開発部長)が登壇。足元の国内のキャッシュレス事情やみずほの取組の歩みなどを説明後、銀行口座から即時に決済可能な「Smart Debit」がApple Payに対応したことを発表。「Smart Debit」はiPhone アプリ「みずほ Wallet」から即時に発行でき、みずほ銀行の口座から即時(デビット払い)にスマートフォンで買物代金を支払える決済サービスで、事前のチャージやカードの差し出しなどが必要ないサービスだという。



 詳細なサービス紹介には、若宮 太郎氏(みずほ銀行 リテールデジタル開発部 デジタルチャネルチーム次長)が登壇。基本的なサービス概要を紹介後、みずほの口座とスマホ決済を一つにした強みをPRしつつ、スマホに「お財布」を入れた感覚で、残高照会、入出金明細表示、およびキャッシュバックの機能を提供することで、「もっと便利に、簡単に」を実現しているという。



 この後、実際にスマートフォンを用いてデモンストレーションが行われ、デビット払いによるスマホ決済のシーンが報道陣の前で公開された。


 この後、質疑応答、フォトセッションによる集合写真撮影も行われ、記者発表会は終了した。

 銀行預金口座から即時決済ができる「デビット払い」は「利用限度額=口座の残高」となるため、予算を超えた利用がなく家計管理もし易い利点がある。みずほ銀行は「自社の口座 + デビット + スマホ」というサービスの連結・連携により、自社サービス利用者のより一層の利便性向上を目指して、今後ともキャッシュレス関連の新サービス開発に邁進するとしている。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




14:28 | 写真:金融・IT業界向け
2019/09/13

【FIN/SUM 2019(Day3)/日本経済新聞社、金融庁】金融庁シンポジウム、「FIN/SUM 2019 ~新しい成長の源泉を求めて」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年9月3日(火)~6日(金)、日本経済新聞社金融庁は、東京・丸の内にある丸ビルにおいて、4日間にわたり「FIN/SUM 2019 ~新しい成長の源泉を求めて」を開催(特別協賛:三菱地所協賛)。国内外から多数のスピーカーが講演やパネルなどに登壇、会場には多くの参加者が訪れた。以下に、開催3日目(Day3)の様子をお届けする。



 遠藤 俊英氏(金融庁 長官)は冒頭の挨拶で、Fintechを取り巻く環境において、あらゆるモノやコト、生産・流通・販売などの隅々までがデジタルで繋がるデジタライゼーションの動きが加速しているとし、データ利活用が国の競争力を左右する時代となり、データそのものが金融業の価値創造の源泉となってきていると語った。その上で、2019年8月28日に公表した金融行政の方針「金融デジタライゼーション戦略」として、データ戦略の推進、イノベーションに向けたチャレンジの促進、機能別・横断的法制の整備、金融行政・金融インフラの整備、グローバルな課題への対応について紹介。

 また、G20の議長国として幅広いマルチステークホルダーによる国際的な分散型金融技術に基づく新たな金融システムへの課題や技術的研究に取り組んできた一方、今後、規制の効果が十分に及ばないことも想定され、新たなアプローチも必要だとし、福岡で開催した「G20技術革新にかかるハイレベルセミナー」での議論を踏まえ、ブロックチェーン技術に基づく分散型金融システムの課題や活用可能性を議論する場として「ガバナンスフォーラム」を来春にも開催する予定を明らかにした。

 そして、この日に公表したFinTech Innovation Hub活動報告「多様なフィンテックステークホルダーとの対話から見えた10の主要な発見(Key Findings)」について紹介。AI・データ活用、ブロックチェーン、API、ビジネス革新に触れ、この日の金融庁シンポジウムで最先端の議論をさらに深めてほしいと語り、関係者へのお礼の言葉で締めくくった。



 パネルディスカッション「巨大テック企業は金融に革命を起こすのか」では、リース ジョーンズ氏(Singularity University Co-founder)、ニック クック氏(Financial Conduct Authority Director of Innovation)、徳永 信二氏(Global Open Network Japan 代表取締役CEO)、トマソ マンチーニ・グリフォーリ氏(国際通貨基金 金融資本市場局、課長補佐)、スコット マリンズ氏(Amazon Head of Worldwide Financial Services BD, AWS)がパネリストとして登壇、氷見野 良三氏(金融庁 金融国際審議官)がモデレータを務めた。


 パネルディスカッション「ブロックチェーン・エコノミーの新たな国際協調 ~マルチステークホルダー・ガバナンス」では、マイ サンターマリア氏(デパートメント・オブ・ファイナンス ヘッド・オブ・ファイナンシャル・アドバイゾリー)、アレン ピッツェロ氏(Blockstream Vice President of Product Management)、鈴木 茂哉氏(慶應義塾大学 大学院政策メディア研究科 特任教授)、吉田 昭彦氏(金融庁 参事官(国際担当)がパネリストとして登壇、松尾 真一郎氏(ジョージタウン大学 Research Professor)がモデレータを務めた。



 講演「Digital Initiative of SDGs」では、マリアン ホ-氏(Green Digital Finance Alliance Executive Management)が登壇。



 特別座談会「人工知能(AI)とデータ倫理」では、山本 龍彦氏(慶應義塾大学大学院法務研究科 教授)、デイビッド ベアドモア氏(Open Data Institute Commercial Director)、ペトリス ジルガルビス氏(European Commission Head of Unit, Digital Innovation and Blockchain)がパネリストとして登壇、翁 百合氏(日本総合研究所 理事長)がモデレータを務めた。


 対談「金融庁シンポジウム特別対談」では、村井 純氏(慶應義塾大学 環境情報学部教授 / 大学院政策・メディア研究科委員長)、デイビッド ファーバー氏(慶應義塾大学 サイバー文明研究センター・共同センター長)がパネリストとして登壇、松尾 真一郎氏(ジョージタウン大学 Research Professor)がモデレータを務めた。



 パネルディスカッション「ブロックチェーンをベースとした金融システムへの処方箋 ~プライバシーと追跡可能性の観点から」では、ジェシー スピロ氏(Chainalysis Inc. Global Head of Policy & Regulatory Affairs)、高梨 佑太氏(金融庁 総合政策局総務課国際室課長補佐)、Ernie Ho氏(UnBlock Analysis Inc. CEO/Founder)、イアン マイヤーズ氏(University of Maryland Professor)、ドナルド バトル氏(U.S. Department of Treasury Virtual Currency Enforcement Specialist)がパネリストとして登壇、佐古 和恵氏(NEC セキュリティ研究所 特別技術主幹)がモデレータを務めた。



 パネルディスカッション「バンキングビジネスの開放の最前線 ~API アーキテクチャーとセキュリティの観点から」では、マーク マクダッド氏(マネーツリー 最高プラットフォーム責任者・共同創業者)、山上 聰氏(NTTデータ経営研究所 研究理事 グローバル金融ビジネスユニット長 兼 シンガポール支店長)、崎村 夏彦氏(野村総合研究所 | OpenID Foundation 上席研究員 | 理事長)、ギャビン リトルジョン氏(FDATA)、パトリック マクマーレー氏(APImetrics Inc 事業開発マネージャー)がパネリストとして登壇、三輪 純平氏(金融庁 フィンテック室長)がモデレータを務めた。



 パネルディスカッション「東京オリンピック2020に向けたサイバーセキュリティ対策と金融システムへの示唆」では、ダギー グラント氏(National Cyber Security Centre Senior Law Enforcement Coordinator)、鎌田 敬介氏(金融ISAC 専務理事/CTO)、マイク ホム氏(Chronicle, group of Alphabet Inc. Product Manager and Chronicle Horizontal Lead)、バレット ブラウン氏(Palantir Japan COO)、土井 剛氏(MS&ADインターリスク総研 新領域開発部 サイバーリスク室長)がパネリストとして登壇、佐々木 清隆氏(金融庁 参与)がモデレータを務めた。


 特別座談会「バンキングプラットフォームの将来像」では、シャウル デイビッド氏(Railsbank Head of New Business Propositions and Partnerships)、ベンカテシュ サハ氏(TransferWise アジア太平洋地域 エクスパンション責任者)、永吉 健一氏(iBankマーケティング 代表取締役社長)、岡田 大氏(金融庁 信用制度参事官)がパネリストとして登壇、瀧 俊雄氏(マネーフォワード 取締役 Fintech研究所長)がモデレータを務めた。



 閉会の挨拶は、麻生 太郎氏(副総理・財務大臣・金融担当大臣)が登壇し、国内外から訪れた参加者に向けて英語でスピーチ。共通価値に向けて、さまざまステークホルダーとのコミュニケーションが重要な第一歩であるとし、G20の議長国として取り組んでいる分散型金融技術に基づく新たな金融システムに関する議論や、国際的な関心が高まっているFacebookの新型デジタル通貨など、これまでに経験したことが無い状況に直面することが予見される中、このシンポジウムが問題解決に向けたきっかけとなればと語り、金融庁として更なる発展に向けたコラボレーションをサポートしていくと締めくくった。



 ビジネスコンテスト「大学ビジコン」では、松尾 元信氏(金融庁 政策立案総括審議官)、荻野 浩輝氏(農林中央金庫 デジタルイノベーション推進部・執行役員部長)、白坂 一氏(AI Samurai 代表取締役)、高田 徹氏(Zコーポレーション 代表取締役社長)、柴田 昌弘氏(東京大学 産学協創推進本部 副本部長)、坂本 教晃氏(UTEC 取締役/パートナー)、弓取 修二氏(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 ロボット・AI部長)が審査員を務めてコンテストが行われた。



 パネルディスカッション「日本におけるオンラインレンディングの可能性」では、家田 明氏(マネーフォワードファイン 代表取締役社長)、岡本 浩一郎氏(アルトア 代表取締役社長)、岡本 彰彦氏(三菱UFJイノベーションパートナーズ 取締役副社長 兼 戦略投資部長)がパネリストとして登壇、武地 健太氏(freee finance lab 代表取締役社長)がモデレータを務めた。



 パネルディスカッション「魅力のある金融機関になるためのエッセンス ~フィンテック人材に安住の地はあるのか~」では、大久保 光伸氏(みずほフィナンシャルグループ 兼 Blue Lab 最高技術責任者 CTO)、藤井 達人氏(auフィナンシャルホールディングス 執行役員 最高デジタル責任者 兼 Fintech企画部長)、宗廣 隆志氏(福岡銀行 事業戦略部・調査役)、寺東 宏城氏(セレス 経営企画室長)、平手 佑季氏(三井住友フィナンシャルグループ 経営企画部 デジタル企画グループ 上席部長代理)がパネリストとして登壇、小川 久範氏(みずほ証券 イノベーション企業戦略部 ディレクター)、頼金 宏美氏(Fidelity International フィンテックアナリスト)がモデレータを務めた。


 パネルディスカッション「Society 5.0時代の新たなガバナンスモデルの実現に向けて ~法とコードによるイノベーション」では、柳川 範之氏(東京大学 大学院経済学研究科)、増島 雅和氏(森濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)、久禮 由敬氏(PwCあらた有限責任監査法人 リスク・デジタル・アシュアランス部門 パートナー)、市川 芳明氏(日立製作所 知的財産本部 主管技師長)、吉川 徳明氏(メルカリ 社長室 政策企画 マネージャー)、シントウ テラモト氏(九州大学 法学研究院 教授)がパネリストとして登壇、松田 洋平氏(経済産業省 商務情報政策局情報経済課・課長)がモデレータを務めた。

 その他にも多数の講演やワークショップ、大学ビジコンなど、終日にわたり盛り沢山のセッションが行われた。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




13:05 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.