金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2017/10/23new

【AnyPay】ICOコンサルティング事業への参入、注目を集めるICOへの理解を深め正しく広める、専門家を招き「ICOカンファレンス」を開催!(Fintech関連)

| by:サイト管理者


 2017年10月5日(木)、AnyPayは、虎ノ門ヒルズフォーラムにおいて、投資家、ベンチャーキャピタル、ICO実施に興味のある企業の担当者を対象に「ICO Conference」を開催した。



 世界中でICO(Initial Coin Offering)による資金調達が増え、日本でも新たな資金調達方法として注目が集まる一方、その仕組みや注意すべき点など、ICOに関する情報や理解が十分とは言えない状況にある。今回の「ICO Conference」では、専門家を招き、ICOの概要・法的整理・今後実施されるICOの事業紹介や講演のほか、対談、パネルディスカッションが行われた。注目度の高いテーマとあって、入場を待つ長い行列ができた。



 冒頭に、木村 新司氏(AnyPay 代表取締役)が参加者へのお礼の言葉と共に挨拶。多くの来場者を前に、ビットコインへの期待の大きさと受け止めているとし、今回、750名の参加申込みがあったことを明かした。その上で、勢いのあるビットコインの取引が日本で多く行われていることに触れ、「ICOカンファレンス」で知識や知恵を共有し、盛り上げていきたいと語った。



【Session 1】講演「ICO概況、国内外の事例紹介」
 
 講演「ICO概況、国内外の事例紹介」では、山田 悠太郎氏(AnyPay ICO 事業推進担当)が登壇。ICO実施の具体的な流れやIPO、クラウドファンディングなどの資金調達方法との違いなど解説。具体的な事例の紹介のほか、今後の事業創造プロセスの変化や法規制の考え方について私見を披露した。



【Session 2】講演「ICOの法的整理」
 
 講演「ICOの法的整理」では、斎藤 創氏(創法律事務所 弁護士)が登壇。最初にICOでよく聞かれる質問の数々を紹介。その上で、日本法の適用関係や税務、海外の法律の最新状況に触れ、擁護と批判それぞれがあり混沌とする中、今後の日本の法規制を含めてICOを取巻く動向に注目していくとした。



【Session 3】対談 「仮想通貨の歴史、今後の展望」

 対談「仮想通貨の歴史、今後の展望」では、加納 裕三氏(bitFlyer 代表取締役)と木村氏が登壇。なぜ仮想通貨の世界に飛び込んだのか、マウントゴックス事件から現在に至るまでの環境変化と仮想通貨の価値(技術に裏付けられた第三者による信任)、取引所の運営およびユニバーサルサービス、グローバルカンパニーの推進と横展開、ブロックチェーンでなくてはできないような新しいサービスへの取組みなど、加納氏の考えや戦略が披露された。



【Session 4】パネル「ICOについて考える。ICOが今、注目される理由」

 パネル「ICOについて考える。ICOが今、注目される理由」では、パネリストとして、國光 宏尚氏(gumi 代表取締役)、小川 晃平氏(VALU 代表取締役)、佐藤 航陽氏(メタップス 代表取締役)が登壇、木村氏がモデレーターを務めた。

 パネルでは、人の価値や、人の時間を売買するといった、各社が手がける新しいサービの特徴と共に、それぞれが目指す世界観や価値のあり方について意見が述べられた。



【Session 5】講演「ICO コンサルティング事業の紹介・展望」

 講演「ICOコンサルティング事業の紹介・展望」では、木村氏が登壇。AnyPayとして、ICOコンサルティング事業を始める背景と目的、ICO普及の大きな課題とそれに対するアプローチを披露。理解を正しく広め、良いサービスを世界中に広げ、世の中のお金の流れを変え、個人へのパワーシフトをサポートしたいと語った。そして、AnyPayが提供するICO実施までの流れと社内外のプロ集団で構築した体制の説明のほか、シンガポールの仮想通貨関連企業ANGO社との協業の内容、ICO実施が決定した2社を含め、国内外における議論中の案件について見通しを示した。



【Session 6】プレゼンテーション「今後実施のICO事業紹介」

 最後に、AnyPayがコンサルティングを手掛け、今後ICOを実施する企業2社のプレゼンテーションが行われた。

【bread:仮想通貨ウォレットアプリの開発・運用(Breadwinner AG)】・・・Adam Traidman氏(bread, Co-founder and CEO)が登壇。同社は、数十万人以上のユーザーを抱え、"世界の分散型銀行"を目指すシリコンバレー急成長ベンチャー。

【drivezy:自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供(Drivezy Inc.)】・・・Ashwarya Singh氏(Drivezy, CEO)が登壇。同社は、インドで数十万ユーザーが利用する、IoT技術を強みとしたカーシェアリングサービス運営企業。



 閉会の挨拶は、木村氏が登壇。お礼の言葉と共に当日のセッションを振り返り、いろいろな発展をしていく中、このようなチャンスはなかなか無いとし、日本が再び「黄金の国ジパング」になれるように盛り上げていきたいと語り、締めくくった。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




12:07 | 写真:金融・IT業界向け
2017/10/22new

【日本金融監査協会(IFRA)】金融庁監督局総務課長 堀本 善雄氏を招いて「AML特別研究会」を開催!

| by:サイト管理者


 2017年8月21日(月)、日本金融監査協会(IFRA)は、法政大学 新一口坂校舎において、「AML特別研究会」を開催した。





 「AML特別研究会」では、堀本 善雄氏(金融庁 監督局局 総務課長)が登壇し、改正犯収法対応を超えて、グローバル水準のマネーロンダリング対策を急ぐ必要性について強調した。





 日本金融監査協会(IFRA)は、金融の分野で、リスク管理、監査等に関わる高度な人材の育成を支援し、リスク管理と監査の発展に貢献することを目指して設立された非営利組織(設立と活動の目的)。経営マネジメント、企画部門、リスク管理部門、監査部門の担当者向けに、各分野の実務家、専門家を招き、リスクマネジメントと監査のポイントについて実費相当の廉価な価格(非営利の活動)で研修セミナーを企画・開催している。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




10:14 | 写真:金融・IT業界向け
2017/10/19new

【日本取引所グループ/東京証券取引所ほか共催】東証史上初となる寄席が出現、「兜LIVE! 東京笑券とりひき亭 兜町JPX寄席」を開催!

| by:サイト管理者

 2017年10月17日(火)、日本取引所グループ/東京証券取引所/TOE THE LINE/オレガッパ/粋まちは、東京証券取引所のオープンプラットフォームにおいて、「兜LIVE! 東京笑券とりひき亭 兜町JPX寄席」を開催した。



 株に興味はあるものの踏み切れない方々に、まず東京証券取引所に親しんでもらうことを目的に、東京証券取引所CAFE SALVADOR BUSINESS SALONにおいて、計4回(2017/10/17、11/6、11/20、11/27)にわたり開催するという。



 冒頭に、石田 慈宏氏(東京証券取引所および大阪取引所 金融リテラシーサポート部、日本取引所グループ 広報・IR部)より挨拶。日本取引所グループの紹介と当日の流れを説明した後、早速、落語が始まる。





 初日となったこの日の前半は、柳亭市弥さんが出演。会場にはテレビ局の取材も入り、参加者へインタビューが行われた。



 続いて、後半は、春風亭昇也さんが出演。両氏ともに初の経験となる取引所での落語について感想を述べ合い、振り返る。



 終演後に、東京証券取引所内の見学が行われ、参加者は日頃テレビで見るマーケットセンターの電光掲示板や歴史を紹介するコーナーなどを巡りながら取引所の雰囲気を満喫した。



 身振り・手振りで噺を進める落語を、間近で楽しむことができる「兜LIVE! 東京笑券とりひき亭 兜町JPX寄席」。落語や兜町、株式のいずれかに興味のある方は、この機会に、ぜひ参加されたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





13:19 | 写真:投資家向け
2017/10/18new

【経済産業省、IoT推進ラボ】IoT関連の国内最大展示会CEATECとの合同イベントの一環として、第4回先進的IoTプロジェクト選考会議 最終審査・表彰式を幕張メッセ 国際会議場で開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年10月5日(木)、経済産業省IoT推進ラボは、「第4回先進的IoTプロジェクト選考会議 課題解決型IoT Lab Selection」の最終プレゼン審査&表彰式を幕張メッセ 国際会議場で開催した。
 

 経済産業省と連携するIoT推進ラボは、産学官が参画・連携し、IoT推進に関する技術の開発・実証や新たなビジネスモデルの創出・推進するための体制を構築することを目的としたIoT推進コンソーシアムの下に設置される組織で、個別のIoTプロジェクトを発掘・選定し、企業連携・資金・規制の面から支援するとともに、大規模社会実装に向けた規制改革・制度形成等の環境整備を行っている。

 今回は、IoT関連の国内最大展示会「CEATEC JAPAN 2017」との合同イベントの一環として開催されたもので、ものづくりというテーマで事前審査を通過した5社が、審査員の前での最終プレゼンテーションに挑み、グランプリ、準グランプリが選定され表彰された。

 

 「CEATEC JAPAN 2017」の会場の様子。最新のデジタル家電やITの展示会で、18回目となる今年は、昨年よりも多い667の企業・団体が参加。フィンテック分野では、三菱UFJフィナンシャル・グループが独自の仮想通貨「MUFGコイン」を初披露。新規出店の三井住友フィナンシャルグループは、顔認証で決済できる最新サービスを展示した。また、会場の一角にはIoT推進ラボのイベントスペースも用意された。



【開演挨拶】IoT推進ラボ座長、経営共創基盤 代表取締役CEO 冨山 和彦氏「
新しい取り組みとは長所から始まる。特に1点すばらしい優れた点があり、それが将来どんな広がりを持ちうるのかという観点で見ていただきたい。」
 
 CEATEC会場に隣接する国際会議場で行われた本イベントの開演挨拶に立った冨山氏は、「IoT Lab Selectionも今回で4回目だが、今回はものづくりというテーマで募集した。ベンチャーもあれば、証券、中小、歴史のある会社など多彩な企業からアイデアをいただき、ここまで絞り込むのも大変だったが、これからの審査が楽しみだ。」と語った後、「ここで選ばれると前回と同様にラボとしても応援する。また、オープンイノベーションは大企業と中堅・中小ベンチャーとの組み合わせがカギになるが、大企業は欠点から見ていく傾向がある。新しい取り組みとは長所から始まるのであり、特に1点すばらしい優れた点があり、それが将来どんな広がりを持ちうるのかという観点で見ていただきたい。」と挨拶した。



【挨拶】経済産業省 商務情報政策局 商務情報政策統括調整官 吉本 豊氏「去年からCEATECがIoTの総合展示会に生まれ変わって大変成功したことを受けて、今回新たな試みとしてCEATECの会場で一緒にやらせていただくことになった。」

 同じく挨拶に立った吉本氏は、4回目を迎えるIoT Lab Selectionだが、これまでは都内で独立したイベントとして開催していたが、去年からCEATECがIoTの総合展示会に生まれ変わって大変成功したことを受けて、今回新たな試みとしてCEATECの会場で一緒にやらせていただくことになった。また、今回はテーマを決めてやるという初めての試みで、非常に先鋭的なアイデアが集まったと聞いているので、これからプレゼンを聞くのを楽しみにしている。今後もIoT推進ラボの進め方についても忌憚のない建設的な意見をいただければ大変ありがたい。」と挨拶で語った。



【最終選考 ①~③】
 いよいよ最終選考が始まり、各社熱のこもったプレゼンテーションを披露した。

レクサー・リサーチ
 「新AI/超並列シミュレーション最適化による生産マネジメント革新とモノづくり基盤の強化」

O(オー)
 「世界初、体内時計を可視化して、 睡眠改善/生産性向上させるサービス 」

Arblet
 「高齢者見守りを支援するバイタルネットワーク」



【最終選考④~⑤】

OTON GLASS
 「OTON GLASSー読む能力を拡張するスマートグラスー」


タナカ技研
 「ガラス精密加工現場が考えるIRカットフィルタ外観検査の自動化」



【講演】オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 IoTプロジェクト 経営基幹職 本条 智仁氏「AI × IoTで加速する、現場発の最も”リアル”なアプローチ」

  本条氏は講演で、オートメーションによる社会的解決についてや生産性向上の事例として、上海工場の組み立てセルラインのラインバランスの見える化などについて紹介した。
 

【結果発表】グランプリはO:(オー)「世界初、体内時計を可視化して、睡眠改善/生産性向上させるサービス」

 その後、結果発表が行われ、以下の企業が授賞して表彰式が行われた。

【グランプリ】O:(オー)「世界初、体内時計を可視化して、睡眠改善/生産性向上させるサービス」

 センサーを内蔵したリストバンド型デバイスを腕につけ、就寝時間、起床時間などの必要な情報を算出。デバイスと連携したアプリで各ユーザーの理想的な体内時計を算出し、不眠症に対する認知行動療法「CBT-i」を基にコーチングし、睡眠改善のためのセルフケアを促す。日本国内で睡眠に問題を抱えている人は約2,000万人とも言われており、睡眠導入剤の服用者は500万人とされている。
 
【準グランプリ】OTON GLASS「OTON GLASS-読む能力を拡張するスマートグラス-」

 文字を読み上げてくれる眼鏡で、対象は文字を読むことが困難な読字障がい者、著しく視力が低かったり視野が欠けている視覚障がい者、視機能が低下した高齢者。OTON GLASSを掛けると、目の前にある文字をカメラで撮影し、文字認識技術でテキストデータに変換し、それを音声として読み上げることで、ユーザーは内容を理解できる。



 以上で最終プレゼン審査と表彰式は終了。IoT推進コンソーシアムの下で、先進的IoTプロジェクトの発掘・育成に向けて、企業連携・資金・規制改革支援を実施する
IoT推進ラボ。当日の合同イベント全体の様子は開催報告をご覧いただきたい。 
 

(取材、撮影、記事、編集・制作 : 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )




13:16 | 写真:金融・IT業界向け
2017/10/17

【NTTデータ】金融EDIを活用した新たなサービスを創発、「『豊洲の港から』~ FinTech × 金融EDI ~ powerd by 全国銀行協会」開催!

| by:サイト管理者


 2017年10月10日(火)、NTTデータは、豊洲センタービル36階コンファレンスルームにおいて、「『豊洲の港から』~FinTech×金融EDI~ powerd by 全国銀行協会」を開催した。

 一般社団法人全国銀行協会は、「決済インフラの抜本的機能強化への取組み」に向けて、2018年12月に全銀EDI(Electric Data Interchange)システムの稼働を予定している。金融EDIの本格利用により、企業間決済における大量の商流情報の授受が可能になることで入金消込業務の自動化をはじめとする企業の決済事務効率化が期待されている。



 今回、NTTデータは、新たな決済インフラ登場を機に、企業の生産性向上や成長力強化に貢献するため、金融EDIを活用した新たなサービスを創発することを目的に「Fintech × 金融EDI」をテーマとしたビジネスコンテストを実施するという。この日は、金融EDIの有識者による基調講演のほか、全国銀行協会をはじめ関連省庁や企業担当者による金融EDIを活用したFintechイノベーションへの期待などパネルディスカッションが行われた。

 開会の挨拶では、残間 光太朗氏(NTTデータ オープンイノベーション事業創発室 室長)より、FinTech×金融EDIを活用した付加価値・サービスの創出に向けたビジネスコンテストについて解説。この日のスケジュールの説明が行われた。

 公式ホームページ:
 『豊洲の港から』presents ~FinTech×金融EDI~ オープンイノベーションビジネスコンテスト powered by 全国銀行協会



 基調講演①「金融EDI:FinTechからみた課題と展望」では、小早川 周司氏(日本銀行 決済機構局 参事役)が登壇。FinTechによる国内外の最新動向に触れ、情報技術の進歩は金融発展の原動力であるとし、商流・金流情報を活用したFinTechイノベーションにつなげるための知恵を集約していくことが重要だと語った。

 基調講演②「全銀EDIシステムの概要と金融EDI利活用による決済事務の効率化」では、高倉 裕一氏(全国銀行協会 事務・決済システム部 次長)より、金融EDIに係る議論の経緯について紹介。XML電文への移行対象や商流情報のほか、入金消込の現状と課題解決に向けたイメージを披露。事務の合理化に向けた抱負を語った。



 パネルディスカッションの準備中、世界14ヵ国15都市に拡大して開催される「豊洲の港からpresentsグローバルオープンイノベーションコンテスト(NTT DATA presents Open Innovation Contest 7.0)」について紹介。







 パネルディスカッションテーマ「金融EDIを活用したFinTechイノベーションへの期待」では、パネリストとして、兼子 邦彦氏(小島プレス工業 総務部 参事)、斎藤 和志 氏(花王グループカスタマーマーケティング カスタマートレードセンター 物流開発グループ 部長)、加藤 正敏氏(日本商工会議所 中小企業振興部長)、塚本 裕之氏(経済産業省 経済産業政策局 産業資金課 課長補佐)、蔵納 淳一氏(三菱東京UFJ銀行 トランザクションバンキング部 次長)、三輪 純平氏(金融庁 総務企画局 企画課 信用制度参事官室 フィンテック企画調整官)、高倉 裕一氏(全国銀行協会 事務・決済システム部 次長)が登壇、残間氏がファシリテーターを務めた。

 パネルの中では、”現状の課題と金融EDIへの期待”および”金融EDIの将来の方向性とFinTechイノベーション”について、それぞれの取組みの解説や私見が披露された。その後、残間氏より、ビジネスコンテストの開催概要およびテーマ説明が行われた。



 開会の挨拶では、三谷 滋氏(NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 事業部長)より、参加者へのお礼の言葉と共に、担当している金融EDIシステム構築プロジェクトについて紹介。日本の重要なインフラであり、生産性の向上に寄与すべくコンテストを企画した背景に触れつつ、これまでのインターネットバンキングとFintech企業とのAPI連携など実績を披露。領域も広がり、オープンAPIも本格化する中、金融EDIを盛り上げていくために、ぜひ応募いただきたいと期待の言葉を述べ、締めくくった。



 一般社団法人全国銀行協会、および一般社団法人全国銀行資金決済ネットワークが進める国内企業間送金に係る電文を従来の固定長からXML電文に移行し、送金電文に商流情報の添付を可能とする金融EDI実現に向けた取り組みに向けて、企業の生産性向上や成長力強化に貢献するための、金融EDIを活用した新たなサービスを創発する提案を募集するという「『豊洲の港から』presents ~FinTech×金融EDI~ オープンイノベーションビジネスコンテスト powered by 全国銀行協会」。

 募集期間は、2017年10月11日(水)~2017年11月20日(月)17時必着、本選は2017年12月11日(月)に開催される。企業の生産性向上・成長力強化等につながる新しいソリューションの提案に期待し、注目していきたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




05:28 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.