金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2018/09/21new

【ナノオプト・メディア】金融×テクノロジーがつくる新たなサービスとその活用策とは!?第4回「金融ICT カンファレンス 2018」をJPタワーホール&カンファレンスで開催!

| by:ウェブ管理者

 2018年9月14日(金)、イベント事業やブランディング&PR事業を展開するナノオプト・メディアは、「第4回 金融ICT カンファレンス 2018」を、東京・丸の内にあるJPタワーホール&カンファレンスで開催した。

 今回は金融従事者に求められる働き方や利用者の意思に基づくAPI連携、顧客起点を軸にしたサービス・取組み、金融・保険業界に特化した音声認識エンジンの活用策等が主なテーマ。同時開催されたIoT World Conference Tokyo」と「第3回 業務自動化カンファレンス 2018」も含めた来場者総数は4,381(セッション延べ数)を記録した。



 午前の講演は以下の通り。

【講演(IoT)】「データ活用で現場の働き方が変わる! マイクロソフトのIoT」日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター テクノロジーアーキテクト、上智大学 理工学部講師 鈴木 敦史氏

 鈴木氏は、IoT がもたらすビジネスチャンスは無限にあり、世界中の企業がその活用方法を模索している中、実際にはどこから始めればいいかわからないケースや、データがあっても現場で活かしきれないケースがあるとして、より手軽にデータを活用できるマイクロソフトの IoT と、そのデータを世界初のホログラフィックコンピューター)を用いて現場で活用する手法をデモを交えて解説した。


【講演】「<みずほ>におけるオープンイノベーションによる新規事業創出~AI・OCR・RPAの利活用と業務効率化~」 みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 シニアデジタルストラテジスト  白河 龍弥氏

 白河氏は「みずほ」におけるテクノロジー(AI・OCR・RPA)を活用した業務効率化の取り組みと、オープンイノベーションによる新規事業創出について紹介した。



【講演(IoT)】
「クラウド時代の新しいITセキュリティーガバナンスの確立~金融業界も注目するCASB & IDaaSとは~」SAS Institute Japan プラットフォームソリューション統括部 IoT & Advanced Analyticsグループ 部長 辻 仁史氏

 辻氏は、IoTデータを収集し可視化したあとの価値の生み出し方として、リアルタイム・アナリティクスの適用を上げ、それがどういうものなのか。どれぐらいの難しさなのか。どう進めればよいのか。ケーススタディを用いてIoTデータから価値をいち早く取り出す方法を紹介した。

【講演(業務自動化)】「働き方改革の決め手!AI+API+BPM+RPAで業務パフォーマンス改革 業務オペレーションのオートメーション」 日本アイ・ビー・エム クラウド事業本部 クラウド・ソフトウェア事業部 シニア・コンサルティング・ITスペシャリスト 中村 航一氏

 中村氏は、ソフトウェア・ロボット(RPA)やWatson(AI)などによる業務の効率化/自動化をビジネス・プロセス管理(BPM)で融合し、APIで公開/管理することで、業務パフォーマンスの改革を実現し、そのメリットを広く顧客に届けることが可能になるとして、働き方改革の決め手となる業務オペレーションの自動化を、実際のデモを通して解説した。



【講演(Iot)】
「IoT センサー”MESH ” や ”ロボホン”で、業務効率化を! 空き会議室管理、在席確認、トイレ使用率チェック等が簡単に!ロボットの活用でより近未来な集客、対応を」サテライトオフィス 代表取締役 原口 豊氏

 原口氏は、IoT やAI 、ロボットを利用することで、社内業務の効率化や自動化、簡略化が可能となるとして、会議室の予約や利用状況の無駄の改善、受付業務や議事進行の無人化、自席に在席しているかの確認などが、IoT センサーを導入することで可能だと語り、IoT センサーやAIスピーカー、ロボットの活用について講演した。

【講演(業務自動化)】「三井物産の事例に学ぶ、業務自動化による業務効率・品質向上を成功させるためのポイント AIチャットボットで社内の質問受付体制を3分の1に縮小し、業務品質も向上」三井物産 機械・インフラ業務部 業務アセスメント室 次長 金子 雄二氏



 午後の部の講演(一部)は以下の通+り。

【講演(金融ICT)】「MUFGが進めるオープンイノベーションとその実際」三菱UFJフィナンシャル・グループ デジタル企画部 調査役 桂 寧志氏

 桂氏は、2015年に邦銀で初めてフィンテックのコンテストを開催し、同年にはスタートアップ支援プログラム“MUFG Digitalアクセラレータ”を設立し、既に3回のプログラムを実施し、延べ18社のスタートアップが参加下と紹介。MUFGとの協業が進んでいるケースも増えているとして、MUFGが進めるオープンイノベーションについての取組の実際、成果などを披露した。

【講演(金融ICT)】「利用者の意思に基づくAPI連携、データー・機能の利活用」オージス総研 事業開発本部 テミストラクトソリューション部 マネジャー 上席アーキテクト八幡 孝氏

 X-Techの実現において、ユーザーのデーター・機能のAPI提供、サービス間のAPI連携は必要不可欠となった中で、利用者の安全、安心の確保のためには利用者の意思に基づく連携を実現しなければならないとして、八幡氏はOAuth認可サーバーに関連する技術によりどのように対応するかについて解説した。


 展示会場も終日、来場者で賑わいを見せた「金融ICT カンファレンス」は、次回2019年3月5日(火)が予定されている。

(取材、撮影、記事、 編集・制作: プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





17:40 | 写真:金融・IT業界向け
2018/09/18new

【イオン銀行/東京証券取引所/Yahoo!ファイナンス】投資漫画原作のドラマ「インベスターZ」出演者と学ぶ!おかねの特別授業 in イオンシネマをイオンシネマ板橋で開催!

| by:ウェブ管理者

 2018年9月4日(火)、イオン銀行は、東京証券取引所(日本取引所グループ)、Yahoo!ファイナンスと共催で、お金についての問題をドラマ「インベスターZ」出演者と一緒に学ぶ「おかねの特別授業 in イオンシネマ」を東京・板橋で開催した。
 
 当日の講師には、関西学院大学大学院教授で行動ファイナンスを専門とする岡田 克彦氏とファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢氏の二人が招かれた。



 テレビ東京で放映されているドラマ25「インベスターZ」出演者が登場するとあって、多くの人が詰め掛けて受付前に列を作った。投資家向けセミナーがシネマで開催されること自体、初めての企画ではないにしても珍しい取組といえる。



 会場のライブ映像は関東、関西など全国のイオンシネマに中継された。ゆったりしたシートで開会を待つ参加者は「もっとお金を貯めたい」「資産形成って難しそう…」、そんなお金についての素朴な願望や不安を持つ人達が中心だ。



【イオン銀行よりご挨拶】幾島 昌章氏(イオン銀行 執行役員 営業推進統括部長)

 開会後、挨拶に立った幾島氏は来場の御礼を述べた後、開催の趣旨などを説明。途中から同社のマスコットである「ふくももちゃん」も登壇してご挨拶。幸福を呼ぶシンボルであり、金運を上げる縁起物としても知られているふくろう。かわいいももいろのふくろうの女の子がキャラクターになったという。




【インベスターZ 出演者ご挨拶】岩井 拳士朗さん、工藤 綾乃さん、柳 美稀さん

 挨拶も終わり、本日の講義の生徒役を務める「インベスターZ」出演者がステージに登場。左から、月浜 蓮役の岩井 拳士朗さん、リン・コウメイ役の工藤 綾乃さん、渡辺 隆子役の柳 美稀さんが壇上に並んで挨拶を行った。


【特別授業1時間目】トークセッション「イオンやイオンカードのおトクな活用法」FP 風呂内 亜矢さん× インベスターZ出演者

 『あさイチ』(NHK)、『めざましどようび』(フジテレビ)、『月曜から夜ふかし』(日テレ)などにメディア出演経験も豊富で、NIKKEI STYLE『マネー研究所』、扶桑社『女子SPA!』でコラムも連載中。著書も多数の風呂内さんは、資産形成の意識付けとして、マネープランにおけるカードの活用方法をイオンカードなどを例にとって3人に質問を投げかけながら丁寧に解説した。


【特別授業2時間目】トークセッション 「長期分散投資の具体的な実践法」 立花 瑞康氏(イオン銀行 営業企画部 投信・保険G統括マネージャー)× インベスターZ出演者
 
  立花氏は人生設計におけるマネープランの重要性、資産を物価上昇から守る方法などを説明後、つみたてNISAや投信自動積立など、一般の人にも長期にわたって資産形成がし易いサービスが提供されていることなどを紹介した。


【特別授業3時間目】 講演「Yahoo! JAPANのビッグデータとAIが教える21世紀の投資戦略~AIを使ってお金に働いてもらう方法~」岡田 克彦氏(関西学院大学大学院経営戦略研究科・教授)

 岡田氏は、AIによる投資の現状、人口知能とはどんなことができるのか、マーケット動向予測に活用はどの程度可能かなどについて解説した。


 ホームルームと抽選会には、ふくももちゃんとインベスターZ出演者3名が参加。書籍プレゼントなどが行われた。


 こうして全てのプログラムが終わり、最後には関係者による記念撮影が行われてイベントも無事終了。

 小売業主導で設立された銀行としてはセブン銀行に次ぐイオングループのイオン銀行。いわゆる「流通系銀行」として設立された同社の事業コンセプトは「商業と金融の融合」と「リテール・フルバンキング」。「親しみやすく、便利で、わかりやすい銀行」を目指している。この日の取組も資産形成の啓蒙活動をシネマを活用して発信するという取組で、同社の公式サイトにも単に預る、借りるだけでなく、投資信託、NISA、iDeCo、保険といった様々な資産形成サービスがラインアップされている。最近は「つみたて」商品を積極的に案内している。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




14:45 | 写真:投資家向け
2018/09/18

【日独産業協会(DJW)/後援:駐日ドイツ大使館、在ドイツ日本国大使館】ベルリン、クレーフェルト、東京の3拠点を結び、「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)第2回総会」開催!

| by:サイト管理者


 2018年9月15日(土)、日独産業協会(DJW)は、六本木グランドタワーにあるウイングアーク 1stの会場において、ベルリン、クレーフェルト、東京の3拠点を結び、「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)第2回総会 "BEES AND TREES: INNOVATION DRIVERS IN JAPAN AND GERMANY"」を開催した。(後援:駐日ドイツ大使館在ドイツ日本国大使館

 日独産業協会(DJW)は国境を越えて活動を展開する最大規模の日独ビジネス・プラットフォームで、2016年に「日独両国のスタートアップとそのエコシステム」をテーマにDJW創設30周年記念イベントをベルリンと東京でそれぞれ開催したことをきっかけに「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)」の構想が生まれ、2017年2月28日に東京とベルリンの会場をビデオカンファレンスで結び「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)第1回総会」が開催された。



 「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)」では、日独両国のスタートアップ間の有益な情報交換や交流のための土台となるフレームワークを構築すべく、起業家のみならず、投資家、アクセラレーター、エンジェル投資家など、ベンチャー企業を取り巻くあらゆる関係者が一堂に会する場を提供している。この日も多くの日独関係者が会場に訪れた。(アジェンダ



 開催の挨拶は、八木 毅氏(在ドイツ日本国大使館 特命全権大使)、ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏(駐日ドイツ連邦共和国大使)が登壇。



 この日の進行は、3拠点のそれぞれより、ユリア・ミュンヒ氏(日独産業協会(DJW) 事務局長)、小林 剛也氏(日独産業協会(DJW) スペシャルアドバイザー、財務省)、加塩 雄斗氏(在ドイツ日本国大使館 二等書記官)が務めた。



 イントロダクション「"Void" in the Architecture of Innovation and Startups」では、小林 剛也氏(日独産業協会(DJW) スペシャルアドバイザー、財務省)が登壇。Re-defining the roles of participants、Connecting with international community、Building "disruptive" networksを挙げ、Bastian Schwithal氏(Founder, Go-SAKE)と共に「The Go-Sake Project」について披露した。




 パネルディスカッション「日本とドイツのスタートアップを取り巻くエコシステム:イノベーションのためのインフラとフレームワークの構築」では、Klemens Gaida氏(CEO, Digital Innovation Hub)、Chika Yamamoto(山本 知佳)氏(Co-Founder, bistream)、Lisa Wäntig氏(Head of Business Development, Wantedly)、Miki Uchida(内田 光紀)氏(Director, Zero One Booster)、Ikuo Hiraishi(平石 郁生)氏(Founder & CEO, DreamVision)が登壇、Thomas Jarzombek MdB氏(Partner, releon)よりビデオメッセージが届けられた。




 パネルディスカッション「日独のイノベーションを加速するもの: 協力の成功事例とビジョン実現のための方策」では、Peter Boras氏(CEO & Co-Founder, RoboticsX)、Karen Otte氏(Scientific Director, Motognosis Labs)、Bianca Schmitz氏(Program Director and Co-Director of the Hidden Champions Institute(HCI))、Rainer Führes氏(Managing Director, Canon Deutschland)、Patrick Prüss氏(Head of Product Management Liability/ Accident & Digital Officer, Gothaer Allgemeine Versicherung)、Carsten Dolch氏(Managing Director, FoxBase)、Philipp Heltewig氏(CEO, Head of R&D, Cognigy)、Toshio Taki(瀧 俊雄)氏(Co-Founder, Money Forward)、Shigeki Hirano(平野 成樹)氏(Department of Neurology, Chiba University)が登壇。



 全てのプログラムが終わり、会場(東京)を提供した吉山 潔氏(ウイングアーク1st)より挨拶が行われた。




 全てのプログラムが終わり、ネットワーキング・懇親会が行われた。「日独スタートアップ・プラットフォーム(GJSP)」では、全体的な議論を超えて個々の分野(フィンテック、IoT/製造、フード&ビバレッジ、メディア&コンテンツ、バイオテック/ライフサイエンス、医療/医薬品、アグリ)に焦点を絞った交流と情報交換を目的とした「セグメント別会合(SEGMENTAL CONFERENCE:SC)」も定期的に開催している。世界有数の先進工業国である日独両国のスタートアップ企業とのイノベーションの加速と経済成長に向けたこれからの活動と展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




08:28 | 写真:金融・IT業界向け
2018/09/12

【ホートンワークスジャパン】世界の金融業界で進むデジタルイノベーションの最新動向に関する記者説明会を開催!

| by:ウェブ管理者

 2018年9月6日(木)、エンタープライズ向けの収集、蓄積、分析プラットフォームと、データフローオーケストレーションを提供するHortonworksの日本法人であるホートンワークスジャパンは、世界の金融業界で進むデジタルイノベーションの最新動向に関する記者説明会を赤坂インターシティコンファレンスで開催した。

 
【ホートンワークスビジネスアップデート】ホートンワークスジャパン 執行役員社長 廣川 裕司氏

 挨拶に立った廣川氏は冒頭に同社の概要や近況について触れ、グローバルな売り上げが$261.8Mと前年同期比42%拡大したこと、データを取り扱う市場が巨大市場へ成長を遂げる中、次世代ビッグデータプラットフォームが直面する課題と、それに対する同社のサービス概要について語った。最も成長の速いソフトウェア会社の実現、そして同社の「HDP・HDF」といった製品群がプラットフォームの世界標準になることなどが同社のビジョンだという。


【HDP/HDF最新バージョン概要】同社ソリューションエンジニア 叶 長耀(ヨウ チョウヨウ )氏

 叶氏は、バージョンアップされるHDP(Hortonworks Data Platform) 3.0が、FASTER、SMARTER 、ハイブリッドの3つの点で進化することを説明。また、HDF(Hortonworks DataFlow)3.2、SMM(Hortonworks Streams Messaging Manager)についても概要や強みを紹介した。


金融業界におけるグローバルの動向とお客様事例】 General Manager,Financial Services,Hortonworks Diego Baez氏

 Baez氏は冒頭に、デジタルチャネルの売上拡大に伴って、金融機関のデータの位置付けは益々重要になっていると語り、業界のリーダー企業は、顧客動向の把握、規制対応、競合他社対応のためのデータ活用を行っていると強調した。また金融業界におけるデータマネジメント戦略、および金融における重要ユースケースについては、「顧客の360°分析」、「リスクマネージメント」、「AML、コンプライアンス」、「不正検知」について個別に事例を詳しく紹介。最後に質疑応答も行って説明会が終了した。

 
Hortonworksはグローバルなイベントとして、「2018 DataWorks Summits」を開催しており、東京でも2018年10月16日(火)に「DataWorks Summit Tokyo 2018」が開催される。ビッグデータ・AI・機械学習に関する最新情報を学びながら、同業者・先駆者と交流できる本イベントにご興味ある方は開催ページをご確認いただきたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )



17:23 | 写真:金融・IT業界向け
2018/09/08

【ヤフー】地域と企業が連携し、成果を生む地方創生チームの枠組みを作る場となる「地方創生フォーラム2018」をホテルニューオータニにおいて開催!

| by:ウェブ管理者

 2018年7月27日(金)、ヤフーは東京・ホテルニューオータニにおいて、自治体職員を対象とした「地方創生フォーラム2018」を開催した。

 本フォーラムは自治体と企業の連携をサポートし、地域のダイナミズム変革をスピードアップさせるための活動として、「地方創生」を行政機関、自治体、企業などが独立独歩する取組みとしてではなく、課題意識と行動意志ある自治体や地域のために活動する志がある方と「地域の課題は日本の課題である」としてソリューションを持つ企業達が確かな「成果」を生み出す場となっている。



 まずはじめに、内藤 剛氏(ヤフー SR推進統括本部 地方創生統括マネージャー が参加者への御礼を述べた後、今年は3つのテーマとして「最新事例」や新たな協業の「プロセス」の“見える化”、企業の「課題解決リソース」と地域の「現在進行形の課題」のマッチング、地方創生プロデューサーの育成支援を目指していることを伝えた。



 基調公演「地方創生に向けた政府の取組について」では、佐合 達矢氏(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 参事官)が登壇。まち・ひと・しごと創生総合戦略のこれまでとこれからを国と地域の取り組み体制の整備における現状を話した。



 続いて、地方創生に取り組む民間企業連合である「地域デザインラボ」発足の背景について内藤氏が改めて登壇。「地域デザインラボ」とは地方創生のビジョンを掲げる企業が自治体とチームになり、地域の課題を解決して地域の未来を共創するラボで、チームを組むことでさらに大きな課題解決に繋げることをめざすものであるとした。



 特別講演では「地域デザインラボによる最新の官民協働事例ご紹介」と題して江頭 実氏(菊池市長)が登壇。「地域デザインラボ」と自治体による協働事例を紹介。「なぜ今、行政と民間が手を携えるべきなのか」それぞれの立場からの考えを述べた。

 その後も様々な有識者からの講演だけでなく、公開プレゼンテーション、ワークショップなどが行われ、企業と参加者同士が密にコミュニケーションできるような内容となっていた。これからも本フォーラムが継続的に催され、地域のために活動する志ある人・企業の繋がりが広がっていき、課題解決へのきっかけになることを願ってやまない。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




00:57 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.