金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2017/06/24new

【カード・ウェーブ】改正銀行法・オープンAPI、急速に拡大するキャッシュレス市場、「決済ビジネスカンファレンス2017」を開催!(Fintech関連)

| by:サイト管理者

 2017年6月9日(金)、カード・ウェーブは、ベルサール飯田橋駅前において「決済ビジネスカンファレンス2017」を開催した。(TIS協賛)



 カンファレンスの主な対象者はカード事業者、決済代行事業者、金融機関、その他金融関係企業、小売・流通事業者。急速に拡大するキャッシュレス市場とともに、注目を集めるフィンテックにおいて、決済の分野ではさまざまなビジネスが登場しつつあり、キャッシュレスが事実上の“国策”となった今、決済ビジネスのさらなる成長に向けて講演やパネルディスカッションが行われた。なお、用意された350名の定員はその日のうちにすぐに上限に到達したという。



 冒頭に、主催者である来田 武則氏(インフキュリオン・グループ 取締役 兼 カード・ウェーブ 代表取締役)が登壇。参加者へのお礼の言葉とともに開催の狙いについて説明。ユーザー視点で再設計された決済をインフラとして活用した多様なプレイヤーの登場や参入により、決済業界の変化を捉えることが難しくなっているとし、業界が見やすくなるセミナーになることを狙いとしているとした。

 続いて、協賛を務める安達 雅彦氏(TIS 専務 執行役員)が登壇。この1年でマーケットの動きは加速し、パラダイムシフトが起きているとし、技術や行政のスピードも速まっており、的確に捉えていく必要性について強調した。



 基調講演「改正銀行法・オープンAPIとFinTech、決済高度化への取り組み」では、神田 潤一氏(金融庁 総務企画局 企画課 信用制度参事官室 企画官)が登壇。フィンテックの進展に向けた取組みや法制度の整備、オープンAPIやブロックチェーンのほか、英国・シンガポールとのフィンテックに係る協力枠組みなどについて解説した。



 テーマ講演①「FinTechと決済の多様化、Visa デジタル・ソリューション」では、外山 正志氏(ビザ・ワールドワイド・ジャパン 取締役 営業本部長)が登壇。

 テーマ講演②「PayPalのグローバルビジネスと日本市場での展開」では、瓶子 昌泰氏(PayPal Pte.Ltd. 東京支部 PARTNERSHIP & SALES ENABLEMENT DIRECTOR)が登壇。



 PAYCIERGE 2.0 カンファレンス「決済API群を活用したビジネスモデルチェンジ」では、舘 康二氏(TIS ペイメントソリューション事業部 ペイメントソリューション企画部 部長)が登壇。



 なお、講演の合間には何度か休憩が設けられ、参加者はコーヒーや用意されたクッキーを片手に、歓談のひと時を過ごした。



 最後のパネルディスカッション「APIが変える決済サービス」では、パネリストとして、荻原 充彦氏(SPIKE / エムウォレット設立準備 代表取締役 CEO)、八巻 渉氏(カンム 代表取締役社長)、鷹取 真一氏(Kyash 代表取締役 CEO)が登壇、岩崎 純氏(カード・ウェーブ 編集長)がモデレーターを務めた。

 過去のパネルでは、VISA、MasterCard、JCBからスピーカーを迎えていたが、今回はフィンテックベンチャーからスピーカーを迎え、どういうことを考え、どのようなことをしようとしているのか、それぞれの自己紹介・サービス紹介に続き、創業のスピードや差別化、収益源のポイント、ベンチャーならではの課題や障壁、あるべき姿と将来像など、私見が披露された。

 大きな投資を前提とせず、また、決済をこれまで通りの決済手段としてのみで捉えず、マーケティング、ブランディング、データ分析、ユーザー課題の解決といった起点から、いかに動機を刺激していけばよいか。業種や業態を超えた多様なプレイヤーの登場と参入による新たなサービスの登場に期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




17:36 | 写真:金融・IT業界向け
2017/06/23new

【日本金融監査協会(IFRA)】研修セミナー「リスクアペタイト・フレームワーク入門」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年6月1日(木)、日本金融監査協会(IFRA)は法政大学 新一口坂校舎において、研修セミナー「リスクアペタイト・フレームワーク入門」を開催した。



 はじめに、PwCあらた有限責任監査法人ディレクター 西原 立氏が講師を務め、リスクアペタイト・フレームワークの構築の目的や基本的な考え方を説明。



 続いて、同社 パートナー 辻田 弘志氏がリスクアペタイト・フレームワークの構造上の留意点を、内外の金融機関の事例をもとに解説した。



 日本金融監査協会(IFRA)は、金融の分野で、リスク管理、監査等に関わる高度な人材の育成を支援し、リスク管理と監査の発展に貢献することを目指して設立された非営利組織(設立と活動の目的)。経営マネジメント、企画部門、リスク管理部門、監査部門の担当者向けに、各分野の実務家、専門家を招き、リスクマネジメントと監査のポイントについて実費相当の廉価な価格(非営利の活動)で研修セミナーを企画・開催している。



(撮影、編集・制作: GoodWayメディアプロモーション事業部 株式会社グッドウェイ )




17:39 | 写真:金融・IT業界向け
2017/06/22new

【日本金融監査協会(IFRA)】展望・エグゼクティブセミナー「日本のガバナンス改革」開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年6月2日(金)、日本金融監査協会(IFRA)は、法政大学の新一口坂校において、展望・エクゼクティブセミナー「日本のガバナンス改革」を開催した。




 まずはじめに、日本取引所グループ 取締役 常務執行役員 小沼 泰之氏が
「2017年版白書に見る日本のコーポレート・ガバナンス 現状と課題」と題して講演した。



 続いて、青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 教授 八田 進二氏が「ガバナンス改革と社外取締役の役割」と題して講演した。




 次に日本取締役協会 幹事 指名委員 三井住友信託銀行 特別顧問 高橋 温氏が「コーポレートガバナンス 何が求められているのか」として意見を述べた。



 
最後に、「転換期の金融行政」と題して、日本金融監査協会 顧問、元金融庁長官  五味 廣文氏が講演した。




 日本金融監査協会(IFRA)は、金融の分野で、リスク管理、監査等に関わる高度な人材の育成を支援し、リスク管理と監査の発展に貢献することを目指して設立された非営利組織(設立と活動の目的)。経営マネジメント、企画部門、リスク管理部門、監査部門の担当者向けに、各分野の実務家、専門家を招き、リスクマネジメントと監査のポイントについて実費相当の廉価な価格(非営利の活動)で研修セミナーを企画・開催している。



(撮影、編集・制作: GoodWayメディアプロモーション事業部 株式会社グッドウェイ )




18:13 | 写真:金融・IT業界向け
2017/06/22new

【日本金融監査協会(IFRA)】特別研究会「新しい金融モニタリング-今後の方向と課題」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年6月1日(木)、日本金融監査協会(IFRA)は法政大学 新一口坂校舎において、特別研究会「
新しい金融モニタリング-今後の方向と課題」を開催した。



 特別研究会「新しい金融モニタリング-今後の方向と課題」では、金融庁 モニタリング統括監理官 検査局 総務課長 堀本 善雄氏が「金融モニタリング有識者会議」の報告書を踏まえて、新しい金融行政方針の下で、金融庁のモニタリングがどのように変化していくのか、現状と将来の方向性について講演した。



 日本金融監査協会(IFRA)は、金融の分野で、リスク管理、監査等に関わる高度な人材の育成を支援し、リスク管理と監査の発展に貢献することを目指して設立された非営利組織(設立と活動の目的)。経営マネジメント、企画部門、リスク管理部門、監査部門の担当者向けに、各分野の実務家、専門家を招き、リスクマネジメントと監査のポイントについて実費相当の廉価な価格(非営利の活動)で研修セミナーを企画・開催している。



(撮影、編集・制作: GoodWayメディアプロモーション事業部 株式会社グッドウェイ )




18:00 | 写真:金融・IT業界向け
2017/06/20

【サンワード貿易】サッカー元日本代表 秋田 豊氏&福西 崇史氏、FXトレーダー ボリ平こと矢澤明美氏を招いての無料投資セミナー「思考力と判断力」を東京国際フォーラムで開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年6月8日(木)、商品先物取引、取引所為替証拠金取引を取り扱うサンワード貿易(以下、同社)は、サッカー元日本代表でワールドカップにも出場した秋田 豊氏と福西 崇史氏、およびFXトレーダーとして著名なボリ平氏こと矢澤明美氏をゲストに招いて、「思考力と判断力~トップアスリートとプロディーラーによるパネルディスカッション~」と題する個人投資家向けセミナーを東京国際フォーラムで開催した。

 対談では、投資においても重要な要素となる「思考力」「判断力」について、現役時代に秋田氏と福西氏が培ってきた思考力と判断力についてのそれぞれの考えや経験談、エピソードなどが披露されたほか、30分後の相場を予想する「FX PK戦」も実施されて、見事予想が当たった来場者には秋田氏、福西氏よりサイン入りのオリジナルグッズが進呈された。



 今回の会場は東京国際フォーラムのガラス棟・会議室。18時30分の開演時刻が迫るにつれ、会場の席も埋まり出し、著名なアスリートが出演するとあってか対談が始まってしばらく後には会場はほぼ満席となった。



いよいよ、秋田氏、福西氏が登場!対談冒頭では「夢や目標」を持つことの大切さが語られる!


 開演後、同社 テクニカルアナリストの平賀 大介氏の進行で、秋田氏、福西氏が拍手を浴びながら入場。

 対談では、日本代表だったアスリートがどんな思考力を持っているのか、そしてここぞという時の判断力はどういうところから生まれてくるのかをメインのテーマに据えながら、まずは思考力、判断力を磨くために、「夢や目標」を持つことがいかに大切かが経験談も交えて語られた。エピソードの紹介では会場に笑いが巻き起こるなど、対談は終始和やかなムードで進行した。



 その後もアスリートとしての多くの経験を踏まえて、夢や目標に向かって成功体験、失敗体験の経験値をできるだけ上げることが必要だとし、思考次第で運命さえも左右してしまうマザーテレサの言葉を最後に紹介して、前半の対談は終了した。



 ネット株出身のFXトレーダー ボリ平こと矢澤 明美氏らが参加してのトークセッション

 続いては、矢澤氏、および同社 第1事業部 執行役員 高橋 晃司氏も参加してのトークセッション。高橋氏は高校時代に秋田氏とは同じサッカー部に所属していた間柄だった縁で、秋田氏が同社のセミナーに出演することなどを紹介。

 また、矢澤氏は自己紹介の中で、2013年に専業として独立した以降、スキャルピングで10万円の元手を半年間で3,000万まで増やしたこと、トレードで発生する損益によって変化する悲喜こもごもな家庭の様子などを笑いを交えながら紹介した後、次男がフットサルの日本代表でキーパーを務めていることから、しばらくはパネリスト全員でサッカー談議に花を咲かせた。




【FX PK戦】30分後のレートが上がっているのか下がっているのか、「High and Low」でシュート(予想)!優秀な回答者には秋田氏、福西氏から素敵なオリジナルグッズのプレゼントが!

 ひとしきりサッカー談議で盛りあがった後は、全員が参加してのFX PK戦。1本目が米ドル/円、2本目をユーロ/円、3本目をGOLDと仮定して、連続でシュートが成功すれば賞品がもらえる仕組みだ。ルール説明の後は、何名ものスタッフがチャートを表示しているスマホを持ちながら会場内を回って、予想中の参加者の相談に乗った。



 結果待ちの間は平賀氏による同社サービスの案内。この日は、主にサンワードFXで取引できる高金利通貨「トルコリラ/円」の紹介が行われた。国や投資先としての魅力が説明された後、現状のスワップ金利に基ずいて計算された1年間の金利受取合計額が3万円を超える(必要証拠金は1.3万円)ことなどが紹介された。




それぞれのサイン入りTシャツとDVDが進呈!

 そして、結果発表の時間を迎え、矢澤氏が動きを解説しながらレートを読み上げて結果を確認。優秀な回答者に対して秋田氏からサイン入りTシャツ、福西氏からは同じくサイン入りのDVDが進呈された。両氏と握手も交わせた来場者は満面の笑みを浮かべて賞品を受け取った。



 最後に出演者全員で記念撮影に収まってセミナーは無事終了。

 投資家教育の場を通じて企業ブランディング戦略とファン獲得を目指す同社は、今後もCX・FX業界では有数の開催頻度でセミナー展開を図る予定だ。開催情報は同社WEBサイトの他、メールマガジン(サンプル登録)などでも情報収集できるのでご興味ある方はご利用いただきたい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )




17:02 | 写真:投資家向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.