金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
取材レポート
12345
2022/01/19new

【楽天証券】新時代へ発進!未来を生き抜く投資戦略「2022楽天証券新春講演会」をオンラインで開催!

| by:ウェブ管理者

 2022年1月8日(土)、大手ネット証券の楽天証券は、「2022楽天証券新春講演会 新時代へ発進!未来を生き抜く投資戦略」をオンラインで開催した。 

 内閣総理大臣の交代や米中対立、中国恒大集団の経営危機など国内外の情勢が日々揺れ動き、先行きが見通せない状況が続く中で、投資家はどのような投資戦略をとるべきなのか。今回の新春講演会では、終日にわたる講演で各分野で活躍する著名な講師陣が今後の投資戦略の糧となる情報を提供した。


【挨拶】楠 雄治氏(楽天証券 代表取締役社長)

 進行を務めるフリーアナウンサー 叶内 文子さんの紹介で挨拶を行った楠氏は、セミナー視聴への御礼を述べた後、最近の投資部門別売買動向(個人・海外投資家)のグラフを基に市場動向を分析。現況や新しいサービスについては、口座数が2021年だけで200万口座増加し、12月に700万口座を突破したことに加えて、預り資産も15兆円を超えてきたことを紹介。また、2022年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門での2年連続総合1位を受賞、投資信託積立への米国株の追加IFA(独立系資産運用アドバイザー)サービスについても触れた上で、今日の講演を聴きながら今年1年の投資戦略を考察いただけたらと開会挨拶で述べた。

メインセミナー




【講演】「激動の世界経済と日本経済の展望」 竹中 平蔵氏(慶應義塾大学 名誉教授)

 竹中氏は講演で、新年を展望する上でのポイントとして、新型コロナ問題がどのように推移していき、それにどのように対応していくのか。もう一つは政治および政策がどうなっていくか、この二つに焦点を当てて見ていく必要があるとして、世界の政治日程や経済見通しの資料を基に2022年の国際情勢のポイントを解説後、今後の国内動向のカギを握るコロナ問題と政治・政策について、学者・研究者の切り口から詳しく状況を分析した。


【講演】「2022年 日本株投資戦略」窪田 真之氏(楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト)

 窪田氏は直近の内外マーケットの概観について解説しながら、2022年の日経平均および2025年までの長期にわたる見通しを共有し、講演終盤ではNISAで買える高配当株についても解説した。

【講演】「モーリーがみる海外情勢とこれからの日本」
 モーリー・ロバートソン氏(国際ジャーナリスト)

 また、ロバートソン氏はカザフスタン情勢を中心に、いま世界で起きていることのアウトラインと日本への影響について語り、先進国で民主国に住む日本としての心構えにも触れて講演を終えた。


【ランチタイムセミナー】

「老後の資金ってどうなってるの?老後資金の問題とその対策」

 ランチタイムを利用し、篠田 尚子氏(楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト)と、高齢化と介護、住宅の老朽化などの社会問題や、現実に在り得たかもしれない世界を題材にした小説で知られる垣谷 美雨氏(小説家)が、対談形式で老後資金の対策などについて語り合った。

「個人投資家が選ぶ2021年儲かった株と2022年の注目株」

 また、岡村 友哉氏(金融ジャーナリスト)と武田 成央氏(楽天証券 カスタマーエクスペリエンス部 マネージャー 兼 トウシル編集長)が、個人投資家が選んだ2021年の成績優良株BSET30や2022年の注目株BSET30についての情報を共有した。


【講演】「-新時代を迎える-どうする日本 もっと走れ!」丹羽 宇一郎氏(伊藤忠商事 名誉理事、元中国大使)

 丹羽氏は講演で大局的な視点からの見方として、コロナに見るように今後10年間で人間以外のものが原因となる様々な危機的な事象がさらに発生することで、地球や日本は大変な時代に遭遇するという考え方が新時代という言葉の骨子になると述べ、自然破壊を続けてきた人類に対して地球が反逆の狼煙を上げるのはそう遠いことではないだろうと強く警鐘を鳴らした。日本としてそれに対応するためには、将来の労働者の中核をなす、1990年代後半から2010年の間に生まれたジェネレーションZの世代が一刻も早く海外に出て、世界の科学者と共同して地球の動きに対して対応していかないと、日本は地球の反乱に対抗することはできないだろうと述べると共に、もはや日本一国の力だけで対応することは難しく、決断力、実行力が伴ったアニマルスピリッツの精神で、政・官・民が取組んでいくことが重要だと講演で語った。


【パネルディスカッション】「日本・米国・中国、新時代の世界経済~プロ×プロだからこそ話せる本音」

 オンライン参加の堀古 英司氏(ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC プレジデント&CEO)、中国のスペシャリスト、加藤 嘉一氏(楽天証券経済研究所 客員研究員、トランス・パシフィック・グループ 所長)、分析・戦略に定評がある田中 泰輔氏(田中泰輔リサーチ 代表、楽天証券経済研究所 客員研究員)のパネルでは、日米中新時代の経済や安全保障などの国際情勢について、プロならではの視点で掘り下げた議論が行われた。


【講演】「2022年 米国経済・株式相場の見通し」堀古 英司氏(ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC プレジデント&CEO)

 堀古氏は株式の行方に影響を与える最も大きな要因として挙げられる長期金利の動向、リスクプレミアム、成長率の3つの内、今回は長期金利とリスクプレミアム中心に、且つ一般とは別の角度からの見方に基づいた情報を共有したいとして、様々なデータや資料を基に、マーケットと対峙する際のポイントや米国経済・株式相場の見通しなどについて解説した。

サブセミナー


 当日はメインセミナーの他に、サブセミナーも同時配信されたのでご紹介したい。


・「富裕層の流儀~元外資系プライベートバンカーが見た資産運用の秘訣~」
 山口 聰氏(ペレグリン・ウェルス・サービシズ 代表取締役)
・「全世界株vs米国株~S&P500指数に死角はあるか?~」
 吉岡 千絵氏(三菱UFJ国際投信 お客さまサポート部 マネジャー)
・「2022年の注目テーマ~「米中対立」の先にある新たな成長分野とは?~」
 村井 利行氏(三井住友DSアセットマネジメント 運用部 プロダクトスペシャリスト)
・「本邦初!世界中のプロも注目するウォルター・スコットの世界株式運用戦略とは!?」
 松原 浩之氏(大和アセットマネジメント 金融法人第四部長)
・「2022年は米株積立&ポイント投資で資産をふやそう!」
 紙田 智弘氏(楽天証券 株式・デリバティブ事業部)


・「『FX投資2022』-米中間選挙を控えたFX市場を読み解く-」 石原 順氏(現役ファンドマネージャー)× 大里 希世氏(経済レポーター)


・「2022年のテック株投資ーメタバース、半導体、IT、EVなど、アメリカ株中心に徹底解説ー」
今中 能夫氏(
楽天証券経済研究所 チーフアナリスト)
・「今年から始める!守りの運用」
宮﨑 玲子氏(アセットマネジメントOne 投資信託営業企画グループ マネジャー」
・「長期投資家のための賢い仕組み「投信だからこそ」シリーズのご紹介」
奥村 崇氏(日興アセットマネジメント 資産運用サポート部 アドバイザー」
・「テーマ株式アクティブ運用 世界1位のピクテが考えるメガトレンドを捉えた資産運用とは?」
早澤 秀剛氏(ピクテ投信投資顧問 運用商品本部 プロダクトマネジメント部 商品開発チーム プロダクト・オフィサー)
・「資産形成をこれから始められる方も、既に始められている方も必見!楽天証券のロボアドサービス「らくらく投資」のご紹介」
増満 彩氏(
楽天証券 アセットビジネス事業部)

 こうして楽天証券 新春講演会2022は無事に閉会。楠氏が開会挨拶で紹介した口座数や預かり資産の順調な伸びに加え、直近でも基盤強化を目的とした株主割当増資による資金調達、楽天銀行×楽天証券口座連携サービス「マネーブリッジ」預金残高の4兆円突破、国内主要証券初となるポイントで米国株式の購入が可能にするサービスなど、矢継ぎ早に新施策やサービスを打ち出して投資家の利便性向上に邁進する楽天証券の今後のサービス展開に引き続き注目したい。

(写真、取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部@株式会社グッドウェイ )





00:00 | 取材:投資家向け
2022/01/05

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】大幅反発で2022年の寅年相場がスタート!新春恒例の「2022年大発会」を開催!

| by:ウェブ管理者

 2022年1月4日(火)、日本取引所グループ東京証券取引所)は、東証アローズ オープンプラットフォームにおいて、新春恒例の大発会を開催した。


 2022年の大発会も好天に恵まれ、セレモニーが行われる東証アローズ オープンプラットフォームでは琴による生演奏が大発会のムードを盛り上げた。コロナ感染症対策により昨年の大発会はオンライン開催となり、本年はリアル開催となった一方で、一部の市場関係者のみ式典に参加するなど入場人数を大幅に制限して執り行われた。 

年頭挨拶 清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役 兼 代表執行役グループCEO)


 清田氏は昨年の株式市場を振り返り、リーマンショック以降最高となった新規上場企業社数にも触れた後、JPXの各種取組みとして4月からの新しい市場区分、システムトラブルの再発防止策とレジリエンスの向上、今秋からの現物株取引時間の30分延長、およびデリバティブ関連としてJ-GATE3.0稼働とCME原油先物の上場、TOCOM(東京商品取引所)への電力先物の本上場とLNG(液化天然ガス)試験上場の申請や2023年9月からのデリバティブ祝日取引開始予定について説明。また、コロナ情勢を踏まえながら企業業績と経済の回復に期待したいとした上で、「寅、千里を走り」という格言の通り、勢いのある縁起のよい年になることを願っていると述べて挨拶とした。

来賓挨拶 鈴木 俊一氏(財務大臣 兼 内閣府特命担当大臣(金融))


 鈴木氏は、コロナ感染症拡大防止と経済活動の両立に向けて、岸田内閣が目指す新しい資本主義の実現に向けて資本市場は欠かすことができず、その役割はますます重要になってきているとした上で、金融庁としてもコーポレートガバナンス、非財務情報の開示促進、気候変動や脱炭素への取組みをしっかり後押ししていきたいと挨拶で述べた。また、豊かな人生やライフプランには安定的な資産形成への取組みが必要だとして、安心して投資ができる環境づくりに政府も取組んでいくとした。さらに、東証も市場改革を進める中、日本市場の魅力向上や東京国際金融センターの機能向上に向けて官民で協力していき、新しい資本主義の実現に向けて政府、市場関係者が一丸となって取り組んでいこうと呼びかけて来賓挨拶を終えた。

打鐘
 


 2022年の取引開始を告げる打鐘では来賓挨拶を行った鈴木氏の他、田代 桂子氏(大和証券 代表取締役副社長)、林 礼子氏(BofA証券 取締役副社長)、菊池 廣之氏(極東証券 代表取締役会長)が合計5回にわたって鐘を叩いた。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。

手締め
 


 打鐘の後、最後に今年一年の市場と経済の発展を願って川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)による手締めが行われ、無事大発会は終了した。



  大発会の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、新型コロナウイルスの新規感染者が増加する中、米国株上昇を受けて大幅反発してスタートし、終値は前年末比で510.08円高の29,301.79円と4年ぶりに前年末比を上回って取引を終えた。2022年の株式市場が寅年の相場格言「寅、千里を走り」の通り、コロナを乗り越えて勢い盛んなマーケットとなることを期待したい。

【参考】日本取引所グループYouTube公式チャンネル 2022年大発会(東京)映像

(写真、取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部@株式会社グッドウェイ )






16:02 | 取材:投資家向け
2022/01/04

【Finatextホールディングス】東京証券取引所マザーズへ新規上場、「上場および戦略に関する記者会見」を開催!

| by:サイト管理者

 2021年12月22日(水)、Finatextホールディングスは、日本橋兜町にオープンした新たなランドマーク施設「KABUTO ONE」において、東京証券取引所マザーズへ新規上場したことに伴い、上場および戦略に関する記者会見を開催した。

 「金融を "サービス" として再発明する」というミッションのもと、「次世代の金融インフラ」を構築すべく事業を展開するFinatextホールディングスは、金融インフラの新たなスタンダードとなり、一人ひとりの人生をより豊かに「金融がもっと暮らしに寄り添う世の中」の実現をビジョンとしている。

代表挨拶



 冒頭の挨拶に立った林 良太氏(Finatextホールディングス 代表取締役社長CEO)は、お礼と感謝の言葉と共に、同日付けで東京証券取引所マザーズへ新規上場したことを報告、日本語、英語、中国語の3カ国語でミッションを披露、挨拶した。


 林氏は、2013年の創業時からを振り返りつつ、多くの人々の暮らしに寄り添う金融サービスを提供するために起業した背景に触れ、金融の基幹システムのアップデートの必要性を強調した上で、次世代の金融インフラ構築に対するサービスをパートナーと共に実現することで、人々の暮らしを向上させ、経済にも貢献したいと語り挨拶とした。

成長戦略



 続いて、伊藤 祐一郎氏(Finatextホールディングス 取締役CFO)は、フィンテックソリューション、ビッグデータ解析、金融インフラストラクチャという3つの事業の概要と取巻く環境に触れ、今後の顧客ターゲットとして、既存金融機関の新デジタルブランド、および異業種からの新規参入を挙げ、新制度「金融サービス仲介業」が事業を後押しする追い風になるだろうと語った。その上で、成長戦略として、短期的にはパートナー数の増加、中期的に従量課金収益の拡大、長期的には新たな金融領域への参入を視野に展開していくとした。<※参考(事業計画と成長可能性)>

質疑応答


 
 質疑応答では、ベンチマークとしている企業、調達資金の使途、株価、コロナが与える金融へのインパクト、今後の事業展開とスケジュール見通しなどについて質問が寄せられた。

フォトセッション




 最後のフォトセッションでは、林氏と伊藤氏で上場を祝う打鐘を行いながら、笑顔で記念撮影。

 これまでの金融の常識を打破し、これからの時代に求められる新しい金融サービスを作ることで、金融がもっと暮らしに寄り添う世の中の実現を目指すFinatextホールディングスの今後の事業展開(事業計画と成長可能性)に期待したい。

(記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




03:54 | 取材:金融・IT業界向け
2021/12/30

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢 栄一氏を演じた吉沢 亮氏を迎え、「2021大納会」を開催!

| by:ウェブ管理者

 2021年12月30日(木)、日本取引所グループ東京証券取引所)は、東証Arrows オープンプラットフォームにおいて、恒例の「2021大納会」をオンライン開催(動画)した。会場には感染症対策のため、一部の市場関係者のみ集まった。


【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)

「新規上場は136社、昨年に引き続きリーマンショック以降の最高を更新、多くの新興企業が上場を通じて経済の成長を支えていくことを期待したい」

 清田氏は挨拶冒頭で、「夏場には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるなど、大きなイベントが行われた一年であった。秋口に入ると、ワクチン接種の効果や新型コロナ感染者の急激な収束の動きが同時に起き、岸田新政権への期待とアメリカ経済への急回復そして堅調なニーヨーク株式市場の値動き等を好感して、9月14日には再び3万円台をつけバブル後最高値の30,670円という高値をつけた」と述べ、感染症に振り回されたが、米国の値動きに反応し年間を通じてみると、比較的堅調な相場となったとして1年を振り返った。

 また、本年の新規上場は136社となり、昨年に引き続きリーマンショック以降の最高を更新を述べ、多くの新興企業が上場を通じて資金を調達し、その投資を通じて経済の成長を支えて行くことを期待したいとした。

 そのほかJPXの取り組みとして「システムトラブルの再発防止とレジリエンスの向上、新たなデリバティブシステムの稼働、新市場区分の見直し」などについて説明。



【挨拶・打鐘】吉沢 亮氏による打鐘 吉沢 亮 氏(俳優)

 吉沢氏は挨拶で、今年の大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢 栄一氏を演じたことに触れた後、「渋澤氏の想いでもある国とは人であり、国民が全員幸せになること、本当の国益で日本経済の発展への想いを一人でも多くの方に届けたく一年間お芝居をさせていただいておりました」と語り、「皆様の来年のご健勝とご多幸と日本経済の盛り上がりを祈念しまして、全力で打鐘させていただきます」と挨拶で述べた。

 続いて、吉沢氏による打鐘が行われた。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。



【手締め】最後は手締めで2021年の大納会を締め括る。

 打鐘が行われた後、川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)による手締めが行われ、無事大納会は終了した。


 来年の寅(とら)年の相場格言「千里を走り」。活力に満ちた、行動力を意味するので、よい一年になることを期待したい。

(写真、取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部@株式会社グッドウェイ )




17:14 | 取材:投資家向け
2021/12/14

【楽天証券】ETFに精通した講師陣が旬な話題やETFの魅力を語る!「楽天証券ETFカンファレンス2021~あなたならどうする?今後の資産運用~」を開催!

| by:ウェブ管理者



 2021年11月27日(土)、大手ネット証券の楽天証券は、「楽天証券ETFカンファレンス2021 ~あなたならどうする?今後の資産運用~」をオンラインで開催した。 

 ETF(Exchange Traded Fund)は、取引所に上場する投資信託で、上場株式同様に指値注文なども利用して自由に売買を行うことができる他、幅広い商品に投資可能なことからグローバルな運用資産残高は年々大きく拡大している。こうした中、同社がETFにフォーカスして毎年開催しているETFカンファレンスは、個人投資家向けのETFイベントとしては国内最大規模のカンファレンスで、今回もETFに精通した講師陣がETFの旬な話題や魅力、ノウハウを終日にわたって投資家に共有した。

オープニング挨拶 & 基調講演




 開演冒頭の挨拶で土居 雅紹氏(楽天証券 常務執行役員 株式・デリバティブ事業本部長)は開催の御礼に加えて、国内上場ETF利用者が日本でも100万人を突破し、中でも外国株に投資する国内ETFの取引は1年で53%増加、一方で楽天証券での米国上場ETFの保有残高もこの2年間で10倍弱になり、ETFで一歩先を行く米国でも個別株や投資信託から資金が移っているなど、近年におけるETFの成長ぶりを紹介。長い目で投資することが可能なETFの魅力を確認できるプログラムとなっているので、本日はぜひ楽しんでいただければと述べて開会挨拶とした。
 
 講演「2022年のグローバル市場見通し~わかりやすい!ETFの扉(とびら)~」で香川 睦氏(楽天証券経済研究所 チーフグローバルストラテジスト)は、ETFの特徴や市場規模、株や投信との相違点といった基礎知識、および近年のパフォーマンスについて解説後、主な株価指数のメインシナリオも含めた2022年の世界市場の見通しを展望した。

講演




 講演「私だけのオリジナルな資産形成の方法~ETFを組み合わせて考える~」で渡邉 啓輔氏(ブラックロック・ジャパン ETF事業部 ヴァイス プレジデント)は、世界の投資家動向調査概要やETF投資のポイント、自社の扱うETFを紹介。また、講演「激動の時代に安定した定期収入を提供するS-REIT ETF」ではHong Aik Sai氏(ライオン・グローバル・インベスターズ Business Development)がシンガポールREIT市場の展望およびREIT ETFのパフォーマンスについて解説した。

パネルディスカッション
「世界と日本におけるETF投資の展望」


<パネリスト>
・Mattias Karnell氏(Teneo Partners マーケティング・マネージャー)
・渡邊 雅史氏(野村アセットマネジメント ETF事業戦略部 チーフ・ETF・ストラテジスト)
・今井 幸英氏(日興アセットマネジメント ETFセンター・シニア・アドバイザー)
<ファシリテーター>
・土居 雅紹氏(楽天証券 常務執行役員 株式・デリバティブ事業本部長)

 パネルでは、銘柄の選び方、100万円運用の最適なポートフォリオなど、事前に寄せられた質問に各パネリストが順に回答した他、YouTubeのチャット欄で受け付けた質問にも回答した。

講演



 続いて4つの講演で、実践的且つ役立つ情報が視聴者に共有された。

・「東証が語るまるわかり!ETF活用術」
富田 貴之氏(東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 調査役)

・「東証上場・外国株式ETFの3つの謎~MAXISシリーズ 外国株式ETFのご紹介~」
佐藤 尚慶氏(三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部 チーフマネジャー)

・「大和アセットが考える!ETFを活用した資産形成3つのポイント」
徳田 彩子氏(大和アセットマネジメント プロモーション戦略部 シニア・プレゼンター)

・「iSPEEDでETF投資!~米国ETF情報の拡充と便利機能のご紹介~」
紙田 智弘氏(楽天証券 株式・デリバティブ事業部)

講演(対談形式)
「資産形成のポイントを山崎元が伝授!~事前質問にズバリお答えします!~」


 山崎 元氏(楽天証券経済研究所 客員研究員)による講演は、ゲストの金野 真弓氏(Bogleheads 日本チャプター代表、青山学院大学 非常勤講師)との対談形式で進められ、前半は「実行可能な計画」、「早くから、且つ定期的に投資する仕組み」、「分散」といった投資哲学にフォーカスしたトークが繰り広げられた他、後半は「ローリスク・ミドルリターンの商品は?」といった事前に寄せられた質問に回答する形で進行した。

講演



 講演「機を見て森を見る投資~テーマ型ETFとESG ETF~」で深野 正二朗氏(Global X Japan 取締役 営業部長)は自社のテーマ型およびESG ETFの特徴や強みを紹介。また「ポートフォリオに保険を!金投資という選択肢」で林 恒氏(三菱UFJ信託銀行 証券代行部 調査役)は、内外の市況を鑑みた上での金投資の妙味や商品概要について説明した。

トークショー
「投資初心者でも大丈夫!ETFで分散投資~WHY JAPANESE PEOPLE!?なんでETFを活用しないの?~」


・厚切りジェイソン氏(お笑い芸人・IT企業役員)
・崔 真淑氏(エコノミスト(MBA in Finance))

<ファシリテーター>
・吉田 貴弘氏(東京証券取引所 金融リテラシーサポート部 調査役)

 トークショーでは各々の自己紹介の後、投資初心者を念頭に置きつつ、個人金融資産配分や金融資産推移の内外比較について意見を交わし、用語解説や私見も交えながらETFと投資信託の相違点、選び方などのイロハについて3人が分かり易く解説していった。また終盤には質疑応答も行なわれ、株主に対する日米の考え方の違い、海外ETFの為替ヘッジの活用等に関する質問に回答してトークショーは終了した。

 2021年7月末時点でETFのグローバルな運用資産残高が9兆ドルを突破し、市場規模がインデックス投信の運用資産残高に肩を並べつつあるなどETFの急角度な成長が続く中、楽天証券はETFを引き続き有力なアセットクラスとして捉え、国内最大規模となるETFカンファレンスを今後も継続開催していきたい意向だ。

(取材、撮影、記事、編集・制作:メディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ









09:30 | 取材:投資家向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.