金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート
12345
2020/01/07

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】麻生財務大臣を来賓に招き、新春恒例の2020年大発会を開催!併せて「2020 ニューイヤーセレモニー」も実施!

| by:ウェブ管理者


 2020年1月6日(月)、
東京証券取引所は新春恒例の大発会を東証アローズ オープンプラットフォームで開催した。

 今年のセレモニーでは昨年同様に副総理兼財務・金融担当大臣 麻生 太郎氏が来賓として招かれて挨拶を行ったほか、日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭氏が年頭挨拶で新年の抱負を語った。紋付き袴姿の男性も参加する中、来賓や艶やかな晴れ着姿の女性による打鐘の後、市場関係者、一般参列者全員による手締めが行われ、繁栄の年と言われる「子年」の経済繁栄と株式市場の活況を祈願した。




 2020年の大発会も天気に恵まれ、セレモニーが行われる東証アローズ オープンプラットフォームでは取材メディアの報道の準備が進められる。開始時間が迫ると、一般来場者、証券市場関係者、晴れ着の女性の順に会場に入場し、厳かな雰囲気の中、大発会の開始を待つ。




【セレモニー開始前】大阪取引所の大発会の様子をライブ映像で中継

 セレモニー開始前に、会場後方の大型液晶モニターに、東京証券取引所に先駆けて行われた大阪取引所の大発会のライブ映像が映し出された。「う~ちまひょ」の掛け声で始まり独特の節回しで行われる大株締め(だいかぶじめ)による手締めは、東京と違って拍子木を使って行われる。



  【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)「米中摩擦、アメリカ大統領選挙と共に、中東の地政学的な混乱の行方から目が離せない展開に」

 清田氏は冒頭に年始の挨拶を述べた後、大納会同様に昨年の株式市場を振り返り、「混沌とした中でも年間では右肩上がりの好調な株式相場となり、IPOの企業数も94社と引き続き高水準を維持した」と述べ、一昨年秋から続けている東証の市場構造の見直しについては、「本日より具体的な制度設計に取り組んでいく」と語った。また、昨年のJPXの取組について、「決済期間の短縮、現物株式売買の基幹システム「arrowhead」のリニューアル、さらに東京商品取引所との経営統合による総合取引所実現に向けて、本年7月に予定している大阪取引所への商品移管と清算機関の統合に全力を尽くしていく」と意気込みを語った。

 清田氏は最後に今年のマーケットについて、「年末年始の間もイラン情勢で相場が揺れ動き始めたが、本年の最大の注目イベントは11月の米大統領選挙と思われていた中で、米国とイランの情勢によっては戦争が起こるリスクが高まり、米中摩擦、アメリカ大統領選挙と共に大きな関心を持って見守っていく必要がある。」と語った後、東京五輪や「繁栄」の子年に対する抱負や期待感を述べて挨拶を終えた。




【挨拶】麻生 太郎氏(副総理兼財務・金融担当大臣)「積立NISAや一般NISAの期間を5年間延長する等により、長期積立分散投資の経験および安定的な資産形成の促進を


 麻生氏は挨拶の冒頭で、名目GDP、企業収益、失業率など、安倍内閣の政策による経済効果を具体的な数字をあげて紹介し、「雇用所得環境の改善を背景に、経済の好循環が着実に回り始めていると確信している」と実績をアピール。また、令和2年度の予算においては、全世代型の社会保障制度の構築に向けて、消費税増収分を活用し、積立NISAや一般NISAの期間を5年間延長する等、より多くの方々に長期積立分散投資を経験してもらい、安定的な資産形成の促進がなされることで、国内外の投資家にとって魅力あふれる市場となるよう、見直しを進めていくと語った。

 さらに、日本取引所グループによる総合取引所の実現に向けた取組みについても、金融庁としても業界関係者と協力して総合取引所の実現を積極的に支援すると挨拶の最後で語った。




 挨拶の後、麻生氏と晴れ着の女性により、
経済繁栄および取引の活況への願いを込めて打鐘が行われた。



 最後は東京証券取引所 川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)の発声による手締めで無事大発会セレモニーは終了。



 大発会が行われた6日の東京株式市場は、米ニューヨーク市場での株価の大幅下落を受けて続落。336円86銭安い2万3319円76銭で寄りついた後、451円76銭安の2万3204円86銭まで値を落として大引けた。一方、昨年末の大納会は年末の高値としては29年ぶりの高値で終えるなど、中長期では堅調を維持していることから、様々な不確定要因がある中で、東京五輪が開催される2020年の日本の株式市場の動向が注目される。



 なお、大発会が終了後、東京五輪開催を記念して「2020 ニューイヤーセレモニー」が開かれた。武藤 敏郎氏(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 事務総長)および大会のゴールドパートナーとしてサポートする野村ホールディングスの永井 浩二氏(同社代表執行役社長 グループCEO)の挨拶の後、サッカー、レスリング、新体操の日本代表として活躍した澤 穂希さん(サッカー)、吉田 沙保里さん(レスリング)、畠山 愛理さん(新体操)が、振り袖姿を披露しながら東京五輪に向けてメッセージを発信。東京2020マスコットのミライトワ、ソメイティも交えて記念の集合写真に収まった。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ








13:38 | 取材:投資家向け
2019/12/30

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】狂言師 野村 萬斎氏をゲストに招き、1年の取引の締め括りとなる大納会を開催!

| by:ウェブ管理者

 2019年12月30日(月)、日本取引所グループ東京証券取引所は、東証Arrows オープンプラットフォームにおいて、1年の取引の締め括りとなる恒例の大納会を開催した。

 本年は、狂言師であり、現代劇や映画・テレビドラマなどでも幅広く活躍中の野村 萬斎氏がゲストとして招かれ、来賓挨拶や打鐘を行った後、手締めを行って2019年の取引を締め括った。

 


 大納会の会場である東証Arrows オープンプラットフォームでは、セレモニー開始前、2019年に新規上場した企業の経営者ら代表が盛大な拍手を浴びながら順にエスカレーターを降りて参列者の列に加わった。



  【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)「東京商品取引所との経営統合によって、長年の悲願であった総合取引所実現に向けて一歩を踏み出した」

 清田氏は挨拶冒頭で今年の世界の出来事に触れ、「米中貿易摩擦、中東情勢の混迷、ブレグジット、香港情勢の悪化、日韓関係の冷却など混沌とした年だった」と述べた後、株式市場も総じて堅調なマーケットでIPOも好調だったとして1年を振り返った。

 またJPXの取組として、決済期間の短縮、アローヘッドのリニューアル、さらに東京商品取引所との経営統合によって、長年の悲願であった総合取引所実現に向けて一歩を踏み出したことを紹介し挨拶とした。




【来賓挨拶】野村 萬斎氏(狂言師)「東京五輪で地球上がOne Teamになれる流れを」

  野村氏は挨拶で、アフガニスタンの荒涼とした土地に農業を取り込み、平和貢献を果たした中村医師について触れた後、「今年1年は令和のご即位、大規模災害などがあった中で、何よりラグビーワールドカップ、One Teamという言葉が非常に印象的だった」と語り、「東京五輪の総合統括として日本がOne Teamになるだけでなく、世界の人々を含めて地球上がOne Teamになり共生社会を目指せるような流れを作れれば」と挨拶で述べた。




【打鐘】野村 萬斎氏による5回の打鐘


 挨拶後、野村氏による打鐘が行われた。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。




【手締め】最後は手締めで2019年の大納会を締め括る。

 打鐘が行われた後、川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)の発声による手締めが行われ、無事大納会は終了した。




 大納会の日経平均株価は昨年末に比べて3641円85銭高い2万3656円62銭で大引け、年末の株価としては29年ぶりの高値を付けて1年を締め括った。

 来年の子(ねずみ)年の相場格言「繁栄」。待ちに待った56年ぶりの東京五輪開催により、列島全体が盛り上がることが予想される中、経済と相場も「繁栄」の名に相応しい1年となることを期待したい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 :プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ






18:28 | 取材:投資家向け
2019/12/04

【グッドウェイ】グローバルビジネスにおける贈収賄や腐敗防止対策の実務と課題とは!「ABCコンファレンス2019」開催!

| by:ウェブ管理者



 海外で事業を展開する金融機関および一般事業法人の海外ビジネスにおいて、AMLのみならず、贈収賄や腐敗防止に対する取組としてのコンプライアンス対応が急務となるなか、第1回となる「ABC(Anti-Bribery / Corruption)コンファレンス2019」では、グローバル企業が海外ビジネスを遂行する上での重要な規制や留意点、各国規制の特徴やトレンド、グローバル企業における実務と課題などについて情報を共有した。


 生憎の雨模様にもかかわらず、海外取引を行う、または検討中の一般事業法人のコンプライアンス部門、コーポレート部門、リスク管理部門、監査部門、経営企画部門等に所属する多くの来場者で席が埋まった。


 開催の挨拶を行う藤野 宙志(グッドウェイ 代表取締役社長)。「今回の贈収賄や腐敗防止に関する新しいテーマでのコンファレンスはグッドウェイにとっても初の試み。毎年2月にアンチマネーロンダリングをテーマに「AMLコンファレンス」の開催を続けてきたが、それに加え、業界の英知を結び付けるコンファレンスの場を、これからも提供し続けていきたい。」と挨拶した。


 【特別講演】「外国公務員贈賄罪の概要と企業の対応について」には渡邊 佳奈子氏(経済産業省  経済産業政策局 知的財産政策室 室長)が登壇。外国公務員贈賄罪の概要や企業が取り組むべきポイント、対応に行き詰った場合の対応方法等について詳しく解説した。


 会場の後方には協賛企業のブースも設けられた。



 【講演】「グローバル企業に求められる取引先の効率的なコンプライアンスチェックと体制構築」には、草羽 宏和氏(ビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシング  カントリーマネージャー)が登壇。グローバルレベルにおける規制対応の概観を語った後、組織を跨いだ全社的な対応の必要性を強調した。


 【講演】「金融機関の事例に見る贈収賄リスクと対応」には、 萩原 卓見氏(KPMG FAS フィナンシャルサービス ディレクター)が登壇。贈収賄防止の取組の状況、金融機関における贈賄の事例、防止のための取組について講演した。


 最後の【特別講演】「海外贈賄リスクの再評価とこれに対するリスク管理手法」に登壇した吉田 武史氏(ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業) 弁護士)は、日本企業の事例を多く紹介した後、リスクの再評価や管理手法について詳しく解説した。


 贈収賄や腐敗防止に対する取組としてのコンプライアンス対応をテーマにしたABCコンファレンス2019。開催11回を数えるAMLコンファレンス同様、年1回ペースの継続開催を視野に入れつつ、最新の情報や対策をタイムリーに共有することで、金融犯罪を含めた不正・腐敗防止対策への貢献を果たしていく予定だ。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






10:32 | 取材:金融・IT業界向け
2019/11/28

【サンワード貿易】2020年に向けての投資戦略とは?「投資戦略フォーラム IN大阪」開催!

| by:ウェブ管理者

 2019年11月17日(日)、サンワード貿易は、大阪府の梅田にあるオーバルホールにおいて、若林 栄四氏、吉田 繁治氏、相場 師朗氏を講師に招いて「投資戦略フォーラム IN大阪」を開催した。2019年も残り1ヶ月余りとなるなか、東京五輪が開催される2020年の経済や株、為替、金の価格などはどうなるのか、市場の展望と投資戦略について著名講師らが講演を行った。



 会場はJR大阪駅にほど近いオーバルホール。天候にも恵まれ、受付開始待ちの行列ができるなど、大勢の参加者が来場した。


 講演「2020年金融相場見通し」では、若林 栄四氏(ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ  代表取締役)が登壇。内外金融市場全般に亘る鋭い相場大局観を持つ若林氏は、黄金分割による波動分析などを用いてドル/円、ユーロ/ドルといった主要通貨ペアを中心に、内外の株価指数、金価格の概観や見通しについて解説。会場ではメモを取りながら熱心に聴講する来場者の姿も目立った。


 講演「これからの5年 金投資戦略」では、吉田 繁治氏(システムズリサーチ  代表取締役・チーフコンサルタント)が登壇。「国家破産」、「財政破産からAI産業革命へ」、「マネーの正体」他著書多数の吉田氏は、冒頭で金価格の推移を振り返った後、金価格の性質や要素、変動要因等に触れ、基軸通貨であるドルと人民元の関係、米国と中国の対外資産と負債などを基に金価格についての大胆な仮説を披露した。


 講演「値動きを眺めてみよう」では、相場 師朗氏(株職人、現役プロトレーダー)が登壇。3,000人以上に及ぶ受講生を育てながら、株トレード技術の講演活動を展開する相場氏は、チャートを基に独自のトレードテクニックについて解説した。


 トークセッションの前に山田 高志氏(サンワード貿易 アナリスト)が登壇し、金やFX投資の概要、3つの取引方法など自社サービスを紹介。その後、山田氏、仲田氏がそのまま進行を務めて、若林氏、吉田氏、相場氏とのトークセッションが始まった。

 「金を買うならどういう条件で?」、「チャートで見るエントリーのチャンス」など、スクリーンに映し出されたチャートを基に、各講師の実践的なアドバイスと投資戦略のヒントが提供された。


 全講演が終了後、登壇者のサイン入り書籍などが当たるプレゼント抽選会が行われ、その後も参加者がスタッフとコミュニケーションを取る姿があちこちで見かけられた。

 主催したサンワード貿易では、数多くのセミナーの他、投資を学びたい人の為にカリキュラムを組んで体系立てて投資教育を実践してくれる「小次郎講師投資クラブ『Zero』」など、豊富な投資教育コンテンツを揃えているので、ご興味ある方はWEBサイトをご覧いただきたい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





20:43 | 取材:投資家向け
2019/11/20

【楽天証券】ETFの魅力が全てわかる!経済やETFに精通する講師陣が登壇!「楽天証券ETFカンファレンス2019」を開催!

| by:ウェブ管理者

 一般的な投資信託とは異なり、ETF(Exchange Traded Fund)は、取引所に上場する投資信託として、市場が開いている間は上場株式と同じように自由に売買を行うことができる他、「指値注文」なども利用でき、幅広い商品に投資可能なことから、運用資産残高は世界的に拡大している。


 会場はJR渋谷駅にほど近いベルサール渋谷ファースト。この日も入場待ちの長い列が出来たため、開場予定時間を繰り上げて入場を開始。開演直後の段階でかなりの席が埋まった。


 開演後の挨拶には土居 雅紹氏(楽天証券 執行役員 兼 株式・デリバティブ本部長)が登壇。土居氏は「東証に上場する約4,000銘柄の株式の内、3万円程で取引できる株は457銘柄。一方、ETF322銘柄の内、3万円で買える銘柄は全体の70%の224銘柄に及び大変投資しやすい。また、大手ネット証券で初めて2019年10月28日より楽天スーパーポイントで株式やETF、リートも買えるようになった。」として取引の具体例を挙げ、同社を利用しての米国株のメリットなども紹介して挨拶とした。


 講演「新年の投資環境とリスク要因-不確実性と向き合うETF投資戦略」では、香川 睦氏(楽天証券経済研究所 チーフグローバルストラテジスト)が、新年の株式市場の見通し、2020年の内外の主なリスク要因や経済展望について触れた上で、流動的で不確実性の高い現在のマーケットの中で、いかにETFを活用して有効な投資戦略を構築していくかについて講演した。


 「世界の投資家が選ぶバンガードETF~インデックス投信の父、ジョン・ボーグルとバンガードの投資哲学~」のテーマで講演する渡邊 雅史氏(バンガード・インベストメンツ・ジャパン ETF戦略部長)。

 講演「昨今関心が高まるディフェンシブな投資戦略~SPDR注目銘柄のご紹介~」では、杉原 正記氏(ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ ETF営業部 ETF商品部長)が登壇した。


 講演「ETF市場の展望 ~イノベーション・フォーカスETFに注目!~」では、久保 恵介氏(ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント 投信営業部 部長)。

 同様に「Lion-Phillip S-REIT ETFのご紹介」では、Mr.HONG Aik Sai(ライオン グローバル インベスターズBusiness Development)が登壇し、サービスの紹介を行った。



 休憩時間中に賑わいを見せる協賛各社のブースが立ち並ぶ展示会場。各社とも趣向を凝らしたノベルティーグッズや資料・パンフレットを配布しつつサービスをPR。多くの来場者がブースに立ち寄ってスタッフから説明を聞いたり、ノベルティーを受け取るなどして休憩時間を過ごす。



 キーノートスピーチ「世界の変調と日本の進路」には、TV番組等各種メディアで活躍中の寺島 実郎氏(日本総合研究所 会長)が登壇。冒頭で今ブームとなりつつある「ジェロントロジー」について触れ、「ジェロントロジーは「高齢化社会工学」と捉えて、高齢者を活用する社会システムの設計を積極的に進めることが重要である。金融の分野においても必要で、そのための情報をこのカンファレンスでぜひ持ち帰ってもらえれば。」と語って講演をスタート。

 内外のGDP比較による日本の将来、国内の観光、産業、リニア、デジタル・エコノミーなど様々なテーマについて触れた後、「これからの投資戦略を考える上で、アジアダイナミズム、デジタルトランスフォーメーション、およびジェロントロジーに対して、戦略的な視界を切り拓いた企業や個人が成功に近づくのでは」と語って講演を終えた。


 「堅調なリート相場を探る~REITに投資する3つのETF~」のテーマで講演する佐々木 康平氏(三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部 シニアマネージャー)。

 また、講演「ファンドマネージャーが語る!ETF運用実務の舞台裏をご紹介」では、片桐 理景氏(大和証券投資信託委託 パッシブ・ソリューション運用部 シニア・ファンドマネージャー)が登壇して、個人投資家では知りえない実務の裏話などを紹介した。


 講演「金価格!40年ぶりの高値!~今、あえて金ETFへの投資を考える~」に登壇する林 恒氏(三菱UFJ信託銀行 証券代行部 調査役)。

 また、「「NEXT NOTES」のラインナップと使い方」では西岡 照泰氏(野村證券 ETFビジネス企画室 Executive Director)が同商品の概要と賢い利用の仕方について講演した。



 講演「ETFのしくみを理解して活用しよう!「低コストのしくみ」「ETF取引のしくみ」では、今井 幸英氏(日興アセットマネジメント ETFセンター長)が登壇し、改めてETFの仕組みについて解説。

 また、講演「ETFを活用したポートフォリオ戦略」では、西崎 直之氏(野村アセットマネジメント 投資信託営業本部 ETFグループ マーケティング・マネージャー)が、資産運用におけるETFの活用の仕方について講演した。


 最後の講演「『老後2000万円問題』その後…。」では、山崎 元氏(楽天証券経済研究所 客員研究員)が登壇し、安い手数料と共にETFの魅力である貸株料について概要を紹介。その後、最近にメディアを賑わせた「老後2,000万円問題」を取り上げ、その内実を探りつつ、今後の高齢者の運用上の心構えについて解説。特に高齢の来場者はメモを取りながら真剣な眼差しで聴講する姿が目立った。



 すべてのプログラムが終了後はプレゼント抽選会も行われ、カンファレンスは盛況の元、1日の日程を終えた。楽天証券サイトで海外ETF国内ETFの情報を入手できる。
 
 この20年間で世界のETF市場が拡大の一途を辿るなか、国内外の株式、REIT、コモディティなど幅広い商品に少額から低コストで取引できるETF国内市場は今後の益々の成長が期待されている。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ






17:23 | 取材:投資家向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.