金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】
12345
2018/09/21new

【楽天証券】【香港IPO】ハイディーラオ(海底撈)の香港上場が決定!上場日当日より取扱い予定です

| by:ウェブ管理者
ハイディーラオ・インターナショナル(海底撈国際控股)が、2018年9月26日(水)に香港証券取引所へ上場することが正式に決まりました!

楽天証券では、上場日当日の2018年9月26日(水)現地約定分から取扱い開始する予定です(※注)。

ハイディーラオ・インターナショナル(海底撈国際控股)は中国で人気の火鍋料理チェーン店「海底撈」を展開する企業です。1994年に四川省簡陽市に1号店を開店し、18年9月時点で店舗数は海外を含めて362店舗に上ります。売上高ベース(2017年)では世界最大の中華料理レストランで、顧客は年間で1億人を超えています。料理が美味しいだけでなく、様々な「おもてなし」サービスを行っていることが「海底撈」の人気の理由となっています。また、従業員への待遇も手厚く、従業員満足度が高いと評判の企業でもあります。

※上記銘柄の紹介内容は各企業の開示資料をもとに楽天証券が作成

企業概要や株価情報などの個別銘柄情報ページは後日公開となります。

(※注)上場日・上場内容は、今後変更される可能性があります。変更がある場合は改めてお知らせいたします。


原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180921-03.html

15:09 | 金融:証券
2018/09/21new

【GMOクリック証券】FXネオ新スマホアプリ「GMOクリック FXneo」をリリース~お客様のご要望にお応えし、さらに進化した超高機能チャートを搭載~

| by:ウェブ管理者
 GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、金融商品取引業を営むGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鬼頭 弘泰、以下:当社)は、2018年9月20日(木)より、FXネオ取引専用スマホアプリ「GMOクリック FXneo」(iOS版 / Android版)の提供を開始しましたので、お知らせいたします。

 「GMOクリック FXneo」は、従来のFXネオのスマホアプリの機能に加えて、チャート上で指値・逆指値の価格をラインで指定できる機能や4画面・最大16チャートが保存可能な分割チャート、ライン描画やテクニカル指標などのチャート機能を大幅に強化したFXネオ取引専用スマホアプリです。口座開設がお済みでないお客様でも、メールアドレス登録やパスワード入力が不要な無料のデモ取引をご利用いただけます。

■GMOクリック FXneoの特長

1高機能チャートを搭載

「Actionボタン」チャート上で指値・逆指値の価格をラインで指定!
 チャート上のレートや建玉のラインを選択し、[Action]ボタンをタップすると、新規注文や決済注文が簡単に行えます。複合注文では、指値・逆指値ラインがチャート上に表示されるので、テクニカル指標を参照しながらラインを上下にスライドすることで価格を設定することが可能です。

「分割チャート」4画面、最大16チャートを保存!
 4画面、最大16個のチャートを保存できます。選択中の通貨ペアに連動した設定もできるので各足種、テクニカルの確認もスムーズに。

「スピード注文チャート」 縦横自在にチャートを見ながら発注!
 リアルタイムのチャートを見ながらワンタップで発注できるスピード注文チャートが、縦画面にも対応しました。縦表示・横表示どちらでも、ワンタップで新規・決済・ドテン・全決済注文が可能です。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000030257.html

15:08 | 金融:FX・CFD
2018/09/21new

【マネーパートナーズグループ】当社出資先における仮想通貨流出事故について

| by:ウェブ管理者
本日、当社の出資先であるテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市西区、代表者取締役:朝山貴生)より、同社が保有する仮想通貨について、不正流出による損失が生じた旨の発表がなされましたので、当社への影響等について下記のとおりお知らせいたします。

1.事実の概要並びに経緯

テックビューロ株式会社の発表によると、同社が運営する仮想通貨交換所Zaifの入出金用ホットウォレット上で保管している仮想通貨の一部が不正アクセスにより外部に流出し、現時点での概算で約67億円相当の損失が生じたとのことです。

また、同社は、流出した仮想通貨のうち、顧客からの預り資産に相当する約45億円を毀損させないための財源確保を目的として、外部と50億円の提供を受ける金融支援、資本提携、役員派遣等を検討する内容の基本契約を締結したとの発表がなされております。

2.今後の見通し

当社は、テックビューロ株式会社の株式50百万円を直接保有しており、当社が保有するファンドを通じて間接的に保有する同社株式の持ち分2百万円と合わせ、52百万円の投資有価証券を保有しておりますが、本件による当社グループの当期の業績に与える影響は軽微であります。

また、当社グループと同社との提携によるマネパカードとの連携サービスについては、当社グループの事由により本年4月より一時停止しており、本件による影響はありません。

更に、当社グループで提供を予定しつつも、既存サービスへの影響を見極めるため開始時期が未定となっております仮想通貨関連サービスについても、本件による影響はありません。

(ご参考)
テックビューロ株式会社によるお知らせ
仮想通貨の入出金停止に関する報告、及び弊社対応について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html


原文はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1630610

15:07 | 金融:FX・CFD
2018/09/21new

【DMM.com証券】iPhone新モデルおよび《iOS12》への対応について

| by:ウェブ管理者
いつもDMM.com証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

Apple社より9月18日(火)に公開された新OS《iOS 12》と近日発売予定の新モデル《iPhone XS》《iPhone XS Max》《iPhone XR》において当社の動作確認状況および予定についてご案内いたします。

------------------------------------------------------
■《iOS 12》について
------------------------------------------------------
スマートフォンアプリにおいては動作確認の検証が完了しており、 問題なくご利用いただけます。

その他取引ツールにつきましては、現時点では検証中のため、検証が完了次第、改めてご案内いたしますので、 ご利用のお客様は、検証完了まで《iOS12》へのアップデート をお控えくださいますよう、お願いいたします。

▼対象取引ツール

スマートフォンアプリ『DMMFX』…検証完了
スマートフォンアプリ『DMMFX バーチャル』…検証完了
『DMMFX for smart phone』…検証中
『DMMFX STANDARD』(iPad)…検証中
『DMMFX STANDARD DEMO』(iPad)…検証中
『DMMCFD STANDARD』(iPad)…検証中

------------------------------------------------------
■《iPhone XS》《iPhone XS Max》《iPhone XR》について
------------------------------------------------------
発売後に新モデルを入手し、動作確認の検証をいたします。
発売から動作環境の検証が完了するまでの期間においては、 正常にご利用いただけない可能性がございます。
検証完了後に改めてご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

▼対象取引ツール

スマートフォンアプリ『DMMFX』…検証予定
スマートフォンアプリ『DMMFX バーチャル』…検証予定
『DMMFX for smart phone』…検証予定
------------------------------------------------------

今後ともDMM.com証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


原文はこちら
https://fx.dmm.com/info/20180920160505/

15:06 | 金融:FX・CFD
2018/09/21new

【全国信用保証協会連合会 】「OSAKAビジネスフェアものづくり展+2018」の開催について~大阪信用保証協会~

| by:ウェブ管理者
大阪信用保証協会では「ものづくり」をテーマに、下記のとおりビジネスフェアを開催し、優れた技術や魅力ある製品・商品等を有する中小企業・小規模事業者を応援します!

日時 平成30年11月21日(水)10:00~17:30

会場 マイドームおおさか2・3階 展示ホール
   大阪府大阪市中央区本町橋2番5号

入場料 無料

大阪信用保証協会
http://www.cgc-osaka.jp/event/76


原文はこちら
http://www.zenshinhoren.or.jp/news/2018/09/21-131715.html

15:05 | 金融:銀行
2018/09/21new

【全国信用金庫協会 】信用金庫における「地域密着型金融の取組み状況」(平成29年度)等の公表について

| by:ウェブ管理者
一般社団法人全国信用金庫協会は、全国 261 信用金庫における「地域密着型金融の取組状況」(平成 29 年度実績)等について、下表のとおり取りまとめました。


原文はこちら
http://www.shinkin.org/torikumi/chiiki/pdf/29_nendo.pdf

15:04 | 金融:銀行
2018/09/21new

【住信SBIネット銀行】住宅ローン取扱額4兆5,000億円突破のお知らせ

| by:ウェブ管理者
住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、2018年9月21日時点において、住宅ローン取扱額(※1)が2007年9月24日の営業開始以来10年11ヵ月で、4兆5,000億円を突破いたしました。


原文はこちら
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20180921

15:03 | 金融:銀行
2018/09/21new

【北洋銀行】当行・他行あて振込の24時間即時振込について

| by:ウェブ管理者
当行では、全銀システムの稼動時間拡大に伴い、2018 年 10 月 9 日(火)から ATM やインターネットバンキングによる当行本支店および他行あてのお振込みの当日受付時間を拡大します。

現在、平日の営業時間終了後や銀行休業日(土・日・祝日)のお振込みは、振込金をお預かりして翌営業日に受取人口座あて振込を発信する「振込予約」扱いとなっておりますが、2018年10月9日(火)15:00 以降は、24 時間 365 日即時に振込を発信し、受取人口座へ入金されます。


原文はこちら
https://www.hokuyobank.co.jp/announcement/pdf/20180921_071275.pdf

15:02 | 金融:銀行
2018/09/21new

【きらやか銀行】株式会社ビジネスマーケットとの業務提携開始について ~ 東北地区金融機関として初の業務提携 ~

| by:ウェブ管理者
株式会社きらやか銀行(本店:山形県山形市 頭取:粟野 学)の子会社であるきらやかコンサルティング&パートナーズ株式会社(本社:山形県山形市 代表取締役社長:武田 晃)は事業承継マッチングプラットフォーム『ビズマ(BIZMA)』を運営する株式会社ビジネスマーケット(本社:東京都港区 代表取締役社長:表 一剛)と業務提携をしました。

『ビズマ(BIZMA)』とは、株式会社マーキュリアインベストメント(本社:東京都千代田区代表取締役:豊島 俊弘)の 100%子会社である株式会社ビジネスマーケットが運営している中小企業の売上拡大、コスト削減、後継者育成、事業承継といった課題解決を実現するプラットフォームであります。

本提携は東北地区の金融機関として初の提携となるとともに、オンラインプラットフォームの特性を活かした日本全国からの事業承継支援の可能性を追求した先駆的な取り組みになるものと考えております。

当行グループでは、今後も取引先の経営課題解決に向けた「本業支援」に取り組み、地域経済の発展に貢献してまいります。

1.契約締結日
平成 30 年 9 月 21 日(金)

2.提携の内容
事業承継に係る経営課題(M&A、売上拡大、コスト削減、後継者育成など)を抱えるお取引先に対し、人工知能(AI)を用いて事業の売り手と買い手のマッチングを行う『ビズマ』を通じて、企業提携先の探索、売上増加策やコスト削減策の提案、幹部候補の紹介、クラウドファンディングを活用した資金調達などの課題解決に向けた各種ご提案を行っていく。


原文はこちら
https://www.kirayaka.co.jp/cms/view.php?no=20180921113624

15:01 | 金融:銀行
2018/09/21new

【清水銀行】 国内最大の事業承継・M&AマーケットTRANBI(トランビ)との業務提携契約の締結について

| by:ウェブ管理者
 株式会社清水銀行(頭取 豊島勝一郎)は2018年7月、国内最大の事業承継・M&AマーケットTRANBI(トランビ)を運営する株式会社トランビ(代表取締役 高橋聡)と業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせします。本件は静岡県内の銀行として初の提携となります。

 株式会社トランビはインターネット上で事業の「売り手」と「買い手」とが直接交渉できるM&Aプラットフォームサービスを提供しています。2018年7月末時点でTRANBIのユーザー数は約11,000社超、累計M&A案件化数1,417件、累計マッチング件数5,410件、平均買い手候補数10社となっており、事業規模の大小を問わず、全国から優良な承継先候補となる企業の提案が可能となっています。

 清水銀行の営業エリアである静岡県において、多くの企業が事業承継を「経営上の課題」と認識している現状があり、後継者不在による廃業は今後も増加が予想されます。今回の業務提携により、「TRANBI」の全国ネットワークを活用したM&Aによる事業承継機会を提供し、後継者問題に悩む中小企業経営者への事業承継支援サービスを強化してまいります。

 また、「TRANBI」に掲載されている約600件のM&A案件を買い手企業に対して提案することで、後継者不在企業と事業拡大に積極的な企業、双方のM&Aを支援することで、地域経済の活性化に積極的に取り組んでまいります。


原文はこちら
https://www.shimizubank.co.jp/news/detail/matranbi.html

15:00 | 金融:銀行
2018/09/20new

【投資信託協会】投資信託のガバナンス懇談会 報告書「基準価額の算定についての考え方について」及びパブリックコメント回答の公表について

| by:ウェブ管理者
2017年9月21日に、本会会長の諮問機関として、「投資信託のガバナンス懇談会」(座長 神作裕之 東京大学大学院法学政治学研究科 教授)が設置されました。懇談会では、投資信託のガバナンスの向上を図ることを目的に、投資信託の基準価額の二重計算の問題について討議し、「基準価額の算定についての考え方について」をとりまとめましたので以下の通り公表いたします。
 また、懇談会では、この案について、皆様のご意見を募集し、意見に対する回答をとりまとめました。あわせて公表いたします。


原文はこちら
http://www.toushin.or.jp/publiccomment/ichiran/18669/

15:07 | 金融:行政・取引所・団体
2018/09/20new

【経済産業省】第4回コラボレーション・プラットフォーム(中小企業編)「中小企業へのサイバー攻撃の実態と対策~中小企業もサイバー攻撃に狙われている~」を開催します

| by:ウェブ管理者
経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、ユーザー企業やITベンダの方々が、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策に関するニーズの明確化・具体化や、セキュリティ製品・サービスといったシーズの発掘を行うとともに、メンバーを限定しない情報交流の場としてコラボレーション・プラットフォームを設置しました。
今回は中小企業に焦点を絞り、中小企業もさらされているサイバーセキュリティの脅威と対策の現状、中小企業支援の政策や実際の中小企業の取り組み事例などをご紹介いたします。

1.背景
経済産業省では、平成29年12月より我が国の産業が直面するサイバーセキュリティの課題を洗い出し、関連政策を推進していくために産業サイバーセキュリティ研究会を設立しており、具体的な政策を検討するために当該研究会配下に3つのWGを設立しております。

WG1(制度・技術・標準化)では、ユーザー企業などにおけるセキュリティ対策のニーズの明確化、WG2(経営・人材・国際)では、セキュリティ対策に対する経営者の意識喚起、WG3(サイバーセキュリティビジネス化)では、セキュリティ製品・サービスなどのシーズの創出につながるような政策を検討しており、これらの取組は相互に連携を図ることが重要となっています。

そこで、経済産業省とIPAは、ユーザー企業やITベンダの方々にご参加いただく形で、これらの取組の相互連携を行い、セキュリティ対策のニーズとシーズ、又はシーズとシーズのマッチングを行うことを目的として、メンバーを限定しない情報交流の場、『コラボレーション・プラットフォーム』を設置することとしました。

2.第4回コラボレーション・プラットフォームの概要
今回は、中小企業に焦点を絞り、中小企業もさらされているサイバーセキュリティの脅威と対策の現状、中小企業支援の政策や実際の中小企業の取り組み事例などをご紹介いたします。

第1部では、中小企業が直面しているサイバーセキュリティリスクの紹介、実際にウィルス感染した際のデモ等を実施し、第2部では中小企業向けのサイバーセキュリティ対策の紹介、実際に対策に取り組まれている企業の事例を紹介いたします。

最後に質問コーナーを設け、中小企業の皆様の日頃のお悩みや、政策等についての質問をお受けいたします。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

3.コラボレーション・プラットフォームへの参加
コラボレーション・プラットフォームはメンバーを限定していないため、自由に参加できるものとします。(第4回については、中小企業や中小企業を支援する方々を中心に募集いたします。)参加方法の詳細につきましては、IPAのWebサイトより別途公表します。


原文はこちら
http://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180920005/20180920005.html

15:06 | 金融:行政・取引所・団体
2018/09/20new

【マネックス証券】「MONEX 個人投資家サーベイ 2018 年9 月調査」~貿易戦争やトルコリラの急落が個人投資家の投資行動に与えた影響~

| by:ウェブ管理者
マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本大、以下「マネックス証券」)は、2018 年9月7日から10日までインターネットを通じて、マネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケート調査(回答数873件)を実施しました。

 今回、定例調査である個人投資家の相場観の調査に加え、貿易戦争やトルコリラの急落が個人投資家の投資行動に与えた影響、および仮想通貨の投資動向について特別調査を行いました。

【調査結果概要】
特別調査 貿易戦争やトルコリラの急落が個人投資家の投資行動に与えた影響

 貿易戦争を受け投資判断を変えた投資家は全体の10%程度でした。7割近い投資家は様子見と回答しており、今後の推移を見守っている投資家が多数であることがわかりました。
投資行動を変えたと回答した投資家は、「追加投資の手控え」「投資対象銘柄の変更」を行ったと回答した投資家が多くなりました。
 トルコリラの急落に対しては、投資方針を変更したのが6.2%、6割弱の投資家は投資方針を変更していないと回答しました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000005159.html

15:05 | 金融:証券
2018/09/20new

【楽天証券】【9月19日追記】重要:iSPEED FXの新OS動作確認状況と対応予定について(iPhone/iPadのみ対象)

| by:ウェブ管理者
iOS12に対応したiSPEED FX(バージョン3.0.6)を本日公開いたしました。
iPhone/iPadでiSPEED FXをご利用のお客様はアプリをアップデートしてご利用ください。

【9月14日掲載】

2018年9月18日公開予定のiOS12につき、現在楽天FXのiPhone用取引ツール「iSPEED FX」の動作確認を実施しておりますが、一部動作において通信エラーが発生する事象が検出されております。

iPhone/iPadでiSPEED FXをご利用のお客様におきましては、iOS12へのアップデートはお控えくださいますようお願い申し上げます。(Andoroid端末をご利用のお客様への影響はございません)

iOS12に対応したiSPEED FXは近日リリース予定です。お客様には大変ご不便をおかけいたしますがご理解くださいますようお願いいたします。

また、iOS12への対応に伴いiSPEED FXの動作推奨環境が変更となります。

■動作推奨環境の変更
【変更前】iOS11 iOS10 iOS9
【変更後】iOS12 iOS11 iOS10

■今回のアップデートでサポートが終了する機種
iPhone 4S、iPad 2、iPad 第3世代、iPad mini第1世代、iPod Touch 5

■注意事項
お客様の設定・環境により、取引時間中にアップデートされる場合がございます。端末の自動アップデート機能がオンの場合は、以下の方法でオフにして頂くと、回避することができます。

(iPhone/iPadの場合)
設定 > iTunesとApp Store > ”自動ダウンロード”の”アップデート”をオフ

■サポートが終了した機種・OSでのご利用
旧バージョンアプリをご利用いただいている場合、アプリを一度削除すると再ダウンロードはできません。


原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180914-06.html

15:04 | 金融:FX・CFD
2018/09/20new

【楽天証券】iSPEED CXにおけるiOS 11への対応について

| by:ウェブ管理者
平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

米国APPLE社より2017年9月20日(水)に新OS「iOS 11」がリリースされる予定です。現在、弊社では国内商品先物取引専用のスマートフォンアプリiSPEED CXの動作確認を行っております。

「iOS 11」でスマートフォンアプリiSPEED CXを利用した場合、機能が正常に動作しない可能性がありますので、動作確認が完了するまでの間、開発者向けを含む「iOS 11」でのご利用は控えていただきますようお願いいたします。

なお、今後の「iOS 11」への対応スケジュール等につきましては、弊社Webサイト(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/commodity/)上でお知らせいたします。

スマートフォンアプリiSPEED CXの利用環境について
https://ispeed.jp/cx/support_model/


原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20170919-03.html

15:03 | 金融:コモディティ
2018/09/20new

【楽天証券】iSPEEDアプリのアイコン変更のお知らせ

| by:ウェブ管理者
2017年9月中~下旬から順次、スマートフォン向け取引アプリ「iSPEED」のアイコンを以下のとおり変更いたします。ホームページや印刷物等に掲載されておりますアイコンも順次変更予定です。

新しいアイコンに変更後も、旧アイコンが使用されている旧バージョンのアプリも従来どおりご利用いただけます。



原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20170906-01.html

15:02 | 金融:コモディティ
2018/09/20new

【イオン銀行】国内初!スマートフォンのNFC機能を活用したATM取引サービス「スマッとATM」の開始について

| by:ウェブ管理者
イオンフィナンシャルサービス株式会社(代表取締役社長:河原健次)の連結子会社である株式会社イオン銀行(代表取締役社長:渡邉廣之、以下、当行)は、本日より、スマートフォンをかざすだけでイオン銀行ATMでのお取引きができるサービス「スマッとATM」の提供を開始いたします。


原文はこちら
https://www.aeonbank.co.jp/file.jsp?company/release/data/2018/pdf/n2018092001.pdf

15:01 | 金融:銀行
2018/09/20new

【京都銀行】京銀ダイレクトバンキング スマートフォンバンキングに「生体認証ログイン機能」を追加!

| by:ウェブ管理者
京都銀行(頭取 土井 伸宏)は、平成30年9月26日(水)から、京銀ダイレクトバンキングのスマートフォンバンキングに「生体認証ログイン機能」を追加し、機能を拡充しますのでお知らせいたします。
当行では、今後もお客さまの利便性向上を図るとともに、より安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

1.機能拡充内容について
スマートフォンバンキングに“ワンタイムパスワードアプリ”からログインする際、スマートフォンに搭載されている「生体認証機能」および「ワンタイムパスワード」を利用して本人認証を行うことにより、「会員番号」・「暗証番号」・「ログインパスワード」の入力を不要とするものです。

2.利用いただける環境について
iOS9以上、Android6 以上のスマートフォン

3.取扱開始日
平成30年9月26日(水)


原文はこちら
https://www.kyotobank.co.jp/news/data/20180920_1757.pdf

15:00 | 金融:銀行
2018/09/19new

【サクソバンク証券】サクソバンク証券、海外株式の取扱いを開始

| by:ウェブ管理者
デリバティブ取引の世界的大手サクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)の100%子会社であるサクソバンク証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊澤フランシスコ、以下:当社)は、9月初旬より海外株式銘柄(米国・中国・欧州)の取扱いを開始いたしました。

デリバティブ取引の世界的大手サクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)の100%子会社であるサクソバンク証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊澤フランシスコ、以下:当社)は、9月初旬より海外株式銘柄(米国・中国・欧州)の取扱いを開始いたしました。
サクソバンク証券が新たに取り扱いを開始したのは、米国株式市場上場の6,130銘柄(ETF等含む)、上海、深セン証券取引所を含む中国株式市場上場の2,006銘柄(ETF等含む)、欧州市場に上場の3,760銘柄(ETF等含む)です。日本の投資家は、米国のFacebook、Apple、Amazon、Netflix、Google、スターバックスなどおなじみの企業のほか、これまで日本国内ではオンラインで売買ができなかったものを含め、米国だけでも6,130銘柄(ETF等含む)を業界最安水準の手数料体系で取引することが可能となります。その他、世界第2位の経済大国中国の有名企業銘柄や欧州の主要取引所に上場するメジャー銘柄なども合わせると10,000超の海外株式銘柄(ETF等含む)が取引可能となりました。
* 2018年9月5日現在。ETF等を含みます。

■サクソバンク証券の海外株式取引の特徴
1. 国内業界最安水準の米国株式売買手数料
1注文あたりの売買手数料は0.2%、上限手数料も15米ドルと国内業界最安水準で提供。

2. 米国株式銘柄は国内最多水準の6,000以上を取扱い
提供銘柄数は米国株式市場上場銘柄だけでも合わせて6,000以上(ETF等含む)と、国内最多水準となります。

3. CFD(差金決済取引)との併用取引で広がる投資機会
投資家は、現物株に加えて、サクソバンク証券が従来より提供している個別株CFD取引(差金決済取引)を利用することで、個別株CFDについては5倍のレバレッジをかけることができます。
また、個別株CFDでは空売りもできるため、市場価格の上昇局面(は現物株)、下落局面(はCFD)の両方のタイミングにおいて投資機会を得ることができます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000023116.html

15:07 | 金融:証券
2018/09/19new

【楽天証券】マーケットスピード Ver.16.4リリースのお知らせ

| by:ウェブ管理者
2018年9月30日(日)に、トレーディングツール「マーケットスピード」の新バージョン(Ver.16.4)をリリースいたします。
本バージョンでは、マーケットスピードの後継ツールである「マーケットスピード II 」へのデータ移行機能(銘柄情報やマイページ等が対象)や、NISAロールオーバー対象銘柄の取引に係るアラート機能の追加に対応いたします。

■対応内容について
・「マーケットスピード II 」へのデータ移行機能対応、登録銘柄の個別移行のためのボタンの設置
・NISAロールオーバー対象銘柄の取引に係るアラート機能の追加
NISAロールオーバーとは:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180314-01.html


原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20180918-01.html

15:06 | 金融:証券
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.