金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】
12345
2017/06/23new

【金融庁】[金融庁・オーストラリアASIC共同プレスリリース]日本及びオーストラリア間のフィンテックに係る協力枠組みの構築

| by:ウェブ管理者
金融庁とオーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、本日、日本とオーストラリアにおける金融サービスのイノベーションを促進するための協力枠組みの構築を発表しました。

この協力枠組みは、金融サービスにおいてイノベーションがグローバルに進展していることを踏まえたものです。金融庁とASICが互いに革新的なフィンテック企業を紹介し、金融庁のFinTechサポートデスクとASICのイノベーション・ハブに対し、紹介したフィンテック企業へのアドバイスとサポートを求めることを可能とします。

また、本協力枠組みは、両当局間の情報共有に関する枠組みを構築します。これにより、金融庁とASICは、規制や、関連する経済または産業の動向を追うことが可能となり、また、急速に変化するグローバルな金融環境における国内規制の在り方について、情報交換することも容易になります。

近年、金融庁は、法制度の整備やFinTechサポートデスクの設立をはじめ、さまざまな施策を通じて、フィンテック・スタートアップ企業を支援するための環境整備に積極的に努めています。これらの取組みに加えて、本協力枠組みは、日本のフィンテック・スタートアップ企業のグローバル展開を後押しするでしょう。

オーストラリアのフィンテック企業にとっては、本協力枠組みにより、重要な市場への門戸が開かれることになるでしょう。日本経済は、世界で3番目に大きな規模を誇り、金融サービスを含むサービス産業がGDPの約4分の3を占めています。

金融庁の白川俊介審議官(国際担当)は次のように述べました。

「ASICと協力枠組みを構築することができ、大変うれしく思います。ASICは、いち早くイノベーション・ハブを設立しフィンテック促進に組織的に取り組む等、先進的な取組みを続けるフィンテック先進当局の一つです。本協力枠組みに基づき、ASICとこれまで以上に連携を深め、お互いの市場の更なる発展のため協力していけると確信しています。」


原文はこちら
http://www.fsa.go.jp/inter/etc/20170623.html

17:22 | 金融:行政・取引所・団体
2017/06/23new

【金融庁】「主要行等向けの総合的な監督指針」、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)について公表

| by:ウェブ管理者
金融庁では、業界団体からの規制緩和要望等を踏まえ、「主要行等向けの総合的な監督指針」、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を別紙1~5のとおり取りまとめましたので、公表します。

具体的な改正内容については、別紙(1~5)を御参照ください。
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170623.html#bessi1-12

この案について御意見がありましたら、平成29年7月24日(月)17時00分(必着)までに、氏名(法人その他の団体にあっては名称)、職業(法人その他の団体にあっては業種)、連絡先(住所、電話番号又は電子メールアドレス)及び理由を付記の上、郵便、ファックスにより下記送付先に、お寄せください。電話による御意見は御遠慮願います。

インターネットによる御意見は、下記e-Govウェブサイトに、お寄せください。

御意見をお寄せいただいた方の氏名(法人その他の団体にあっては名称)については、開示の請求等があった場合には、御意見の内容とともに開示させていただきますので、御承知おきください。開示の際に匿名を希望される場合は、御意見の冒頭にその旨を明確に御記載ください。なお、開示に当たっては、御意見の内容に、(1)個人に関する情報であって特定の個人が識別され得る記述がある場合、又は(2)法人等の権利、競争上の地位その他正当な利益を侵害するおそれのある記述がある場合、には当該箇所を伏せさせていただくことがあります。

御意見に付記された電話番号等の個人情報は、御意見の内容に不明な点があった際に連絡・確認をさせていただく場合や御意見がどのような立場からのものかを確認させていただく場合に利用します。

なお、御意見に対しての個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了承ください。

インターネットによるご意見はここをクリックしてください。 (e-Govへリンク)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?ANKEN_TYPE=1&OBJCD=100225


原文はこちら
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170623.html

17:21 | 金融:行政・取引所・団体
2017/06/23new

【GMOクリック証券】GMOクリック証券 HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口(電話)」、「Webサポート」部門で最高評価「三つ星」を獲得

| by:ウェブ管理者
GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、サポートサービス業界における世界最大のメンバーシップ団体であるHDIの日本支部であるHDI-Japanが実施したHDI格付けベンチマーク「問合せ窓口(電話)」、「Webサポート」部門において、最高評価となる三つ星を獲得しましたので、お知らせいたします。


原文はこちら
https://www.click-sec.com/corp/news/press/20170623-01/

17:19 | 金融:証券
2017/06/23new

【SBI証券】PTS取引ナイトタイム・セッションの取引時間拡大のお知らせ(2017/7/3~)

| by:ウェブ管理者
2017/7/3(月)より、PTS取引ナイトタイム・セッションの取引可能時間が広がります!
2017/2/1(水)に、PTS取引ナイトタイム・セッションの取引開始時間を19:00から18:00に前倒しいたしましたが、7/3(月)より、さらに1時間前倒しし、17:00からお取引ができるようになります!

ナイトタイムセッションでは、「取引所」の取引時間外でも世界中のニュースを見ながらリアルタイムにお取引いただけます。
また、多くの企業が15:00以降に決算発表を行いますので、業績内容を確認後、当日17:00からお取引いただくことも可能です。


原文はこちら
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_domestic&cat1=domestic&cat2=none&dir=info&file=domestic_info170623.html

17:18 | 金融:証券
2017/06/23new

【カブドットコム証券】当社イメージキャラクター・森高千里さん出演の新TVCM「窓辺」篇 全国放映開始!~放映開始の2017年6月24日(土)より「森高千里さん登場!新TVCM放映記念キャンペーン」を実施~

| by:ウェブ管理者
カブドットコム証券株式会社は、新たなイメージキャラクターとして歌手の森高千里さんを起用した新TVCM「窓辺」篇(15秒・30秒)を、2017年6月24日(土)から全国でオンエアいたします。

 今年、デビュー30年目を迎えた森高さんは、二児の母となった現在も第一線で活躍し、変わらぬ魅力を保ち続けている歌手であることから、4月から当社のイメージキャラクターとして起用しています。

 今回のCMオンエアを記念して、カブドットコム証券株式会社では「森高千里さん登場!新TVCM放映記念キャンペーン」を実施いたします。6月24日(土)から8月31日(木)に口座開設をされた方には、口座開設日から翌月末までの現物買付手数料(税込)を全額キャッシュバックいたします。また、6月24日(土)から7月31日(月)の間にアンケートに回答された方のうち、抽選で1,000名様に森高千里さん特製クリアファイルをプレゼントいたします。


原文はこちら
http://kabu.com/company/pressrelease/2017/0623_001.html

17:17 | 金融:証券
2017/06/23new

【楽天証券】マーケットスピード Ver15.6 リリースのお知らせ

| by:ウェブ管理者
2017年7月1日に、トレーディングツール「マーケットスピード」の新バージョン(Ver15.6)をリリースいたします。
なお、今回のバージョンアップ(Ver15.6)の内容は、以下のとおりです。

RSS(64ビット版)のExcel対応
リアルタイムスプレッドシート(RSS)が64ビット版のExcelでご利用可能になります。

テクニカルチャート「ボリンジャーバンド」に±3σ追加
ボリンジャーバンドに-3σと+3σを追加いたします。


原文はこちら
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20170623-01.html

17:16 | 金融:証券
2017/06/23new

【SBI FXトレード】口座数20万口座突破のお知らせ

| by:ウェブ管理者
SBI FXトレード株式会社(URL:https://www.sbifxt.co.jp/、本社:東京都港区、代表取締役社長:尾崎 文紀、以下「当社」という)は、2012年5月にサービスを開始して、おかげさまで5周年を迎えることができました。そして、本日時点のお客さま口座数が20万口座を突破いたしましたのでお知らせいたします。

当社はFX会社としては後発でありながら、徹底した顧客中心主義の理念に基づき、業界最高水準のシステムとサービス(業界最狭水準スプレッド等)により、開業からわずか3年4ヶ月で10万口座に到達、そして今般、10万口座から1年9ヶ月という驚異的な速さで20万口座を達成いたしました。これも一重にお客さまの温かいご支援とご愛顧の賜であり、あらためて役職員一同、心より感謝申し上げます。

また、2015年以降、当社の口座開設状況は、業界TOP水準で増加を継続しており、今回の大台を通過点として今後さらに成長を加速させていく所存であります。


原文はこちら
http://www.sbigroup.co.jp/news/2017/0623_10708.html

17:14 | 金融:FX・CFD
2017/06/23new

【金融庁】「主要行等向けの総合的な監督指針」、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)について公表

| by:ウェブ管理者
金融庁では、業界団体からの規制緩和要望等を踏まえ、「主要行等向けの総合的な監督指針」、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)を別紙1~5のとおり取りまとめましたので、公表します。

具体的な改正内容については、別紙(1~5)を御参照ください。
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170623.html#bessi1-12

この案について御意見がありましたら、平成29年7月24日(月)17時00分(必着)までに、氏名(法人その他の団体にあっては名称)、職業(法人その他の団体にあっては業種)、連絡先(住所、電話番号又は電子メールアドレス)及び理由を付記の上、郵便、ファックスにより下記送付先に、お寄せください。電話による御意見は御遠慮願います。

インターネットによる御意見は、下記e-Govウェブサイトに、お寄せください。

御意見をお寄せいただいた方の氏名(法人その他の団体にあっては名称)については、開示の請求等があった場合には、御意見の内容とともに開示させていただきますので、御承知おきください。開示の際に匿名を希望される場合は、御意見の冒頭にその旨を明確に御記載ください。なお、開示に当たっては、御意見の内容に、(1)個人に関する情報であって特定の個人が識別され得る記述がある場合、又は(2)法人等の権利、競争上の地位その他正当な利益を侵害するおそれのある記述がある場合、には当該箇所を伏せさせていただくことがあります。

御意見に付記された電話番号等の個人情報は、御意見の内容に不明な点があった際に連絡・確認をさせていただく場合や御意見がどのような立場からのものかを確認させていただく場合に利用します。

なお、御意見に対しての個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了承ください。

インターネットによるご意見はここをクリックしてください。 (e-Govへリンク)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?ANKEN_TYPE=1&OBJCD=100225


原文はこちら
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170623.html

17:13 | 金融:銀行
2017/06/23new

【日産証券】東京商品取引所から表彰を受けました

| by:ウェブ管理者
この度、東京商品取引所より2016年度の売買高が1位であった事等につきまして表彰を受けましたので、お知らせいたします。

このような栄誉ある賞をいただくことができましたのも、ひとえにお客様各位をはじめとして、関係当局及び諸団体の皆様の日頃のご愛顧、ご指導の賜物と心より感謝申し上げる次第です。

今後も、お客様サービスのさらなる向上と内部管理態勢のより一層の強化に努め、業界全体のますますの発展に尽力する所存でございます。

関係各位におかれましては、今後とも倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

表彰内容
1.2016年度「売買高」第1位
2.2016年度「商品アナリスト・東京商品取引所認定数」第4位
3.2016年度「金現物市場貢献者」
4.2016年度「TOCOMスクエアセミナー利用貢献者」


原文はこちら
http://www.nissan-sec.co.jp/news/news/2017/inf062317105445/

17:11 | 金融:コモディティ
2017/06/23new

【日本政策金融公庫】日本公庫総研レポートNo.2017-3「地方発ベンチャーの現状と課題」を発行

| by:ウェブ管理者
日本政策金融公庫総合研究所では、日本公庫総研レポート『地方発ベンチャーの現状と課題』を発行しました。

さまざまな地域活性化策が展開されるなか、地域における雇用や活力創出の担い手として、地方発ベンチャーへの期待が高まっています。一方で、地方は都市部と比べ、ヒトやモノ、カネといった経営資源を調達する環境が十分に整備されていないことも指摘されています。

かかるなか、本レポートでは、地方発ベンチャーへのインタビュー調査を通して、その現状と課題を把握するとともに、成長に向けたポイントを明らかにしています。


原文はこちら
https://www.jfc.go.jp/n/release/pdf/topics_170623b.pdf

17:08 | 金融:銀行
2017/06/23new

【農林中央金庫】全国JA貯金・貸出金残高速報(平成29年5月末現在)

| by:ウェブ管理者
貯 金
5月末のJA貯金は、残高 98 兆 9,214 億円、前年同月比 2 兆 7,261 億円の増加、前年同月比伸び率 2.8%となりました。
なお、月中の動きとしては、生活資金等の流出により、1,175 億円の減少となりました。

貸出金
5月末のJA貸出金は、残高 20 兆 4,432 億円、前年同月比 1,520 億円の減少、前年同月比伸び率マイナス 0.7%となりました。

なお、月中の動きとしては、地方公共団体向け資金実行等により、693 億円の増加となり
ました。


原文はこちら
http://www.nochubank.or.jp/news/news_release/29-22_%E5%85%A8%E5%9B%BD%EF%BC%AA%EF%BC%A1%E8%B2%AF%E9%87%91%E3%83%BB%E8%B2%B8%E5%87%BA%E9%87%91%E6%AE%8B%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%A0%B1%EF%BC%885%E6%9C%88%EF%BC%89.pdf

17:05 | 金融:銀行
2017/06/23new

【ジャパンネット銀行】フィデューシャリー・デューティー基本方針策定、公表のお知らせ

| by:ウェブ管理者
株式会社ジャパンネット銀行は、「お客さま本位」のサービス向上を実現すべく、金融商品・サービスの提供における「お客さま本位」の業務運営の基本方針として、「JNBフィデューシャリー・デューティー基本方針」を策定し、公表いたします。

1.お客さま本位の業務運営に係る方針の策定・公表
JNBフィデューシャリー・デューティー基本方針のもと、金融商品・サービスのさらなる向上に取り組み、その状況を定期的に公表するとともに、基本方針を定期的に見直すことで、実効性を確保してまいります。

2.お客さまへの誠実・公正な業務運営
金融事業者としての専門性と職業倫理を高め、お客さまに対して誠実・公正な業務運営を行い、その運営が企業文化として定着するよう努めます。

3.利益相反の適切な管理
お客さまの利益を不当に害することがないよう、利益相反の可能性について正確に把握し、その可能性がある場合には適切に管理します。

4.手数料等の明確化
金融商品のご紹介にあたっては、お客さまに負担いただく手数料その他の費用について、わかりやすい説明に努めます。

5.重要な情報のわかりやすい提供
お客さまの投資判断に資するよう、金融商品の利益、損失その他のリスク、取引条件等の重要な情報を、わかりやすい表現で説明するよう努めます。

6.お客さまにふさわしいサービスの提供
お客さまの資産状況、リスク許容度、取引経験、知識および取引目的・ニーズに沿った適切な商品をご紹介できるよう、商品ラインアップの整備に努めるとともに、金融取引に関する基本的な情報提供を行ってまいります。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
お客さま本位の行動を促進するよう、従業員には研修や専門資格の取得奨励等を通じたスキルアップによる適切な動機づけの枠組みを整備するとともに、お客さま対応のモニタリング等を通じたガバナンス体制の整備を図ります。


原文はこちら
http://www.japannetbank.co.jp/fiduciary/index.html

17:04 | 金融:銀行
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.