金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/07/12

【TenTen】IoTベンチャーのTenTenと、三井住友カードが、自動販売機のキャッシュレス決済及び飲料自販機事業者の働き方改革を促進

| by:ウェブ管理者
TenTen株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:エドモンド・コートロール・ディー、以下:TenTen)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、資本業務提携を行い、飲料自動販売機(以下、総称して飲料自販機)マーケットのキャッシュレス決済の普及に向けてプリペイド決済サービスを展開するとともに、飲料自販機事業者(以下、総称して飲料事業者)の業務効率化及び働き方改革の推進を積極的に支援していくことをお知らせいたします。

【資本業務提携の背景と狙い】

(背景)

真に便利なキャッシュレス社会の実現には、日本全国どこでも、業態や利用シーンに関わらず、消費者がキャッシュレスで支払うことが出来る環境を整えることが非常に重要です。しかし、飲料自販機をはじめとする自動販売機、自動精算機等においては、クレジットカードや電子マネーなどへの対応にあたり、高額な決済端末の導入や、決済データを処理するための通信費等が飲料事業者の大きな負担となり、キャッシュレス決済普及の阻害要因となっています。

一方、飲料自販機業界に目を転じると、商品の補充を行う「ルートドライバー」の労働環境が社会問題化しており、飲料事業者は最優先の経営課題として、業務効率化や働き方改革の推進に取り組む必要に迫られています。

(狙い)

こうしたなか、TenTenと三井住友カードは飲料事業者に以下のソリューションを提供いたします。

(1)決済端末の低廉化及び決済データ処理にかかる通信コストの大幅削減による飲料事業者のキャッシュレス導入ハードルの引き下げ
(2)飲料自販機の売上・商品在庫情報等、リアルタイムでの可視化によるルートドライバーの業務効率の大幅改善
(3)消費者のキャッシュレス決済による商品購入と連動した「スタンプサービス」や「ポイントサービス」等を通じた顧客向けロイヤリティプログラムの提供
(4)キャッシュレスの普及が遅れていた飲料自販機分野における、プリペイド方式のキャッシュレス決済サービスの利用促進と、今後の幅広い業態(コインパーキングやコインランドリーなど)における無人精算機マーケットへのキャッシュレス決済の裾野拡大


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000046626.html

16:02 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.