金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2020/02/14

【グッドウェイ】FATF第4次対日相互審査後の規制・監督強化を見据えて~第12回「AMLコンファレンス2020」を開催!

| by:ウェブ管理者

 2020年2月7日(金)、グッドウェイは、日本橋室町(三越前)にある野村コンファレンスプラザ日本橋において、第12回目となる「AMLコンファレンス2020 FATF第4次対日相互審査後の規制・監督強化を見据えて」を開催した。


 「AMLコンファレンス2020」はアンチ・マネー・ローンダリングに関する日本最大規模のコンファレンス。会場には金融機関を中心に、官公庁・公的機関、犯収法上の特定事業者のほか、事業会社のコンプライアンス部門など過去最高となる500名近くの参加者が来場した。

 当日は、金融庁、警察庁、財務省など関係当局によるマネー・ローンダリング防止に向けた規制や最新の取組み、金融機関における実務と課題、各界から識者が登壇し、終日にわたり講演・パネルディスカッションや協賛各社による最新ソリューションの展示が行われた。


 開会挨拶は、藤野 宙志(グッドウェイ 代表取締役社長)が登壇。続いて、山﨑 千春氏(有限責任あずさ監査法人 マネージング・ディレクター)より当日のプログラム解説が行われた。また、開演時点でメイン会場のほかに用意された3つのサテライト会場もほぼ満席となった。



 特別講演「マネー・ローンダリング対策の現状と課題」では、髙橋 俊章氏(警察庁 組織犯罪対策企画 犯罪収益移転防止対策室長)が登壇。


 講演「AML欧米の最新情報/ベネフィシャル・オーナーの特定と継続的顧客管理」では、草羽 宏和氏(ビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシング 日本法人カントリーマネジャー)が登壇。

 講演「AML Analytics グローバル金融機関におけるAnalytics
AIテクノロジー適用の実例」には、内山 剛氏(SAS Institute Japan ソリューション統括本部 Fraud & Security Intelligence グループマネージャー)、新村 和樹氏(同社 シニアコンサルタント)が登壇した。

 
 ランチブレイクでは、来場者へランチボックスが配布され、スポンサー各社(SCSKAccuityビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシングリフィニティブ・ジャパンNTTデータ・ジェトロニクスWorkFusion東京商工リサーチ)による「ランチプレゼン&ピッチ」が行われた。また、ピッチ終了後は展示会場も多くの来場者で賑わった。


 特別講演「マネロン・テロ資金対策における国際的な取組みの現状」では、三村 淳氏(財務省 副財務官)が登壇。


 講演「今やるべきこと―FATF実査を終えて -現時点のマネロン対策の再検証と対応計画の見直し -継続的なマネロン対策の強化に向けて」では、味田 修一郎氏(有限責任あずさ監査法人 ディレクター)が登壇。

 講演「AML/CFT対応の効率化、高度化に向けたソリューションの最新動向」では、木村 真二氏(Fenergo Japan セールス・ディレクター)、平塚 マルセロ氏(リフィニティブ・ジャパン 執行役員 市場開発統括部長)、和田 雅憲氏(同社 ソリューション営業部 リスク&コンプライアンス 部長補佐)の3名が登壇。


 講演「2020年のAML—いかにビジネスを守り、そして可能にするか」では、マシュー・フィールド氏(NICE Actimize APAC市場ディレクター アンチマネーロンダリング担当)が登壇した。



 特別講演「マネーローンダリング・テロ資金供与対策に係る金融機関等の現状と課題」では、尾崎 寛氏(金融庁 総合政策局 マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室長)が登壇。


 パネルディスカッション「FATF第4次対日相互審査後の規制・監督強化を見据えて -現状と課題-」では、パネリストとして、中雄 大輔氏(三菱UFJ銀行 グローバル金融犯罪対策部 グローバル金融犯罪対策室[日本])、植田 敬氏(三井住友銀行 総務部 AML金融犯罪対策室 副室長)、石川 徹氏(みずほ銀行 コンプライアンス推進部 副部長)、鈴木 仁史氏(鈴木総合法律事務所)がパネリストとして登壇。小野 勝司氏(有限責任あずさ監査法人 シニアマネジャー)がモデレーターを務めた。



 展示会場には、協賛企業のブース(
ビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシングNICE Actimizeリフィニティブ・ジャパンNTTデータ・ジェトロニクスAccuityダウ・ジョーンズ・ジャパン)が並び、休憩時間には多くの来場者で賑わったほか、スタンプラリーによる景品提供も行われた。


 全ての講演終了後に行われたネットワーキング・ドリンクでは、懇親会スポンサーである山崎 博史氏(東京商工リサーチ ソリューション開発部 部長)による挨拶、乾杯の音頭で会がスタート。来場者に加え登壇者や協賛関係者も交えての歓談が閉会まで続いた。

 次回の「AMLコンファレンス2021」も2021年2月開催を予定しており、早ければ12月下旬頃よりグッドウェイのWEBサイト上で募集を開始する予定だ。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





12:18 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.