金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2015/02/01

【ベンチャー創造協議会・経済産業省ほか】日本初のベンチャー向け内閣総理大臣賞"日本ベンチャー大賞"表彰式、「新事業創出カンファレンス & Connect!」開催!

| by:サイト管理者


 2015年1月22日(木)、ベンチャー創造協議会経済産業省公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会一般社団法人東京ニュービジネス協議会(Connect!)は、千代田区紀尾井町にあるホテルニューオータニ 鶴の間において日本初のベンチャー向け内閣総理大臣賞"日本ベンチャー大賞"表彰式、「新事業創出カンファレンス & Connect!」を開催した。

 開催にあたり、グローバル競争は大手企業とベンチャー企業が提携やM&Aなどによりオープンイノベーションを加速する必要があるとし、大企業、ベンチャーキャピタル、ベンチャー企業が交流を深め、オープンイノベーションを促進することで経済の活性化を目指していくという。

 当日は、基調講演やパネルディスカッションのほか、表彰式には、安倍晋三 内閣総理大臣、宮沢洋一 経済産業大臣、そして、各賞に選ばれたベンチャー企業とスタートアップ企業の経営者6名が招かれた。

 
なお、共催は、政策研究大学院大学Japan Innovation Network、後援として、日本ベンチャー学会日本ベンチャーキャピタル協会経済同友会日本経済団体連合会新経済連盟が参画、事務局は野村総合研究所が務めた。



 第一部「創造性とデザインと組織」では、IDEO共同経営者 Tom Kelley氏、The Danish Design Centre CEO Christian Bason氏を迎え、基調講演「創造性とデザインと組織:Creativity, Design and Organization」が行われ、続いてパネルディスカッションでは、Japan Innovation Network 専務理事 西口 尚宏氏がモデレーターを務めた。




 第二部「Born Grobal:欧州における新事業創造の動向」では、Philips International シニアカウンシル/VP/Tilberg大学教授 Erik Vermeulen氏による基調講演「投資リターンの追求か、戦略的利益の追求か:CVCの道」が行われ、続いて、パネルディスカッション「CVCのベストプラクティスとKSF、戦略的投資家とVC市場との関係」では、Erik Vermeuleon氏、BASF Venture Capital 斎藤 浩樹氏、Intel Capital 出川 章理氏、楽天 執行役員 事業開発室長 東林 知隆氏がパネリストとして登壇、WM Partners 代表パートナー 松本 守祥氏がモデレーターを務めた。



 また、パネルディスカッション「VC市場のエコシステム、CVCの知られざる活躍」では、Top Tier Capital Partners MD Jessica Archbald氏、Knightsbridge Advisors Principal George Arnold氏、Amadeus Capital COO Alastair Breward氏、Pangaea Ventures ジェネラル・パートナー Chris Erickson氏がパネリストとして登壇、Generation Origin Partner Kari Andersen氏がモデレーターを務めた。



 政策研究大学院大学 客員教授 黒川 清氏より挨拶が行われ、新しい価値観を学ぶ貴重なお話を披露した登壇者に感謝の言葉を述べた。



 第三部「国内における新事業創造の動向」では、富士通 執行役員常務CTO&CIO 川妻 庸男氏による基調講演「富士通の新事業創出のチャレンジ」が行われた。



 続いて、パネルディスカッション「大企業とベンチャーの連携の未来」では、東京放送HD・TBSテレビ次世代ビジネス企画室長 兼投資戦略部長 仲尾 雅至氏、シスコシステムズ合同会社 コーポレートディベロップメント シニアマネージャー 矢島 英明氏、オムロンベンチャーズ 代表取締役社長 小澤 尚志氏がパネリストとして登壇、メンバーズ 代表取締役社長 剣持 忠氏がモデレーターを務めた。



 今回、第1回となる「日本ベンチャー大賞」は、若者などのロールモデルとなるような、インパクトのある新事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰し称えることにより、社会全体のチャレンジ精神の高揚を図るべく創出された。安倍晋三 内閣総理大臣、宮沢洋一 経済産業大臣よりそれぞれ表彰とメッセージが贈られた。



 内閣総理大臣賞(日本ベンチャー大賞)は微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)を活用して食糧・環境問題の解決に取り組むユーグレナ 出雲 充氏が受賞。経済産業大臣賞には医療・介護福祉・生活支援分野で人とロボットの共生を目指すCYBERDYNE  山海 嘉之氏と大和ハウス工業  山海 嘉之氏の2社がベンチャー企業・大企業等連携賞、およびかんたんに小規模店舗でも会計できるカード決済を可能にするコイニー 佐俣 奈緒子氏が女性起業家賞を受賞。そして、審査委員会特別賞には地方発でクモの糸で産業化を目指すスパイバー 関山 和秀氏が地域経済活性化賞、あらゆる個人が笑顔で働けるスタイルの実現を目指すクラウドワークス 吉田 浩一郎氏がワークスタイル革新賞を受賞した。



 日本ベンチャー大賞の審査委員長を務めた早稲田大学教授の松田修一氏より今回の応募状況と選考プロセスについて解説。そして、各賞に選ばれた企業の経営者6名それぞれが挨拶と共にこれまでの経緯と今後の抱負について語った。



 表彰式後は隣接する会場で交流会が催された。最初に、ニュービジネス協議会連合会 会長 池田 弘氏より乾杯の挨拶、全国に志の高い起業家を増やし活気ある日本を目指したいとした。

 そして、最後は剣持氏より締めくくりの挨拶。これからは、新しいことをする人が大事だとし、ここに至るまでのこれまでの運営を振返りつつ、総理がベンチャーを応援する日が実現したことへの喜びと、これからも更に盛り上げていきたいとした。

 なお、”Connect!”(主宰 : 東京ニュービジネス協議会理事 剣持 忠氏(メンバーズ代表取締役社長))では、大手企業とベンチャーキャピタル、ベンチャー企業が集い、業務提携、資本提携、M&Aなど連携のきっかけを作ることで、我が国のベンチャー創出のエコシステムのうねりを起こし、国内経済の活性化、雇用創出に貢献するためのネットワーク促進活動を行っているという。今後の、取組みに注目したい。

(取材、撮影、記事、編集:
藤野 宙志 @株式会社グッドウェイ )


 ◎(ご参考)その他の開催レポート

 



01:40 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.