金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【金融業界ニュース】
12345
2018/02/22new

【日本取引所グループ】「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(案)の策定について

| by:ウェブ管理者
日本取引所自主規制法人では、このたび、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(案)を公表いたしましたので、お知らせいたします。

近年、上場会社における多くの不祥事が表面化し報道されるなど、不祥事がまれな事象ではなくなっています。こうした不祥事は、当該企業の社会的評価・企業価値を毀損するだけでなく、その広がりは、コーポレートガバナンスが機能していない市場との評価につながり、資本市場全体の信頼性を損なうこととなりかねません。

当法人では2016年2月に「上場会社における不祥事対応のプリンシプル」を策定し、実際に不祥事に直面した上場会社の速やかな信頼回復と確かな企業価値の再生に向けた指針を提示いたしました。今般、不祥事の事後対応に加え、不祥事の発生そのものを予防するための上場会社の取組みに資するため、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(案)を策定いたしました。これは、上述のような状況の改善を目指して、当法人が上場管理業務を行ってきた中で蓄積した企業不祥事に関する知見を広く共有しようとするものです。

なお、本件につきましては、2018年3月14日まで、日本取引所グループのウェブサイトにてパブリック・コメント手続を実施しており、その結果を踏まえて、2018年3月下旬を目途に正式決定する予定です。

「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(案)の策定について
http://www.jpx.co.jp/news/3030/nlsgeu000002yftc-att/fusyojiyobouprinciple.pdf
「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」(案)の策定について(パブリック・コメント)
http://www.jpx.co.jp/rules-participants/public-comment/detail/d10/20180221-01.html


原文はこちら
http://www.jpx.co.jp/news/3030/20180221.html

17:28 | 金融:行政・取引所・団体
2018/02/22new

【金融庁】つみたてNISAキャラクター募集!

| by:ウェブ管理者
■募集概要
 金融庁/NISA推進・連絡協議会では、つみたてNISA広報のためのキャラクターを公募いたします!
 採用されたキャラクターは、若い世代の方々に向けたSNSでの情報発信や、金融庁・金融機関等の発行物などに広く利用することを予定しています。
 つみたてNISAを利用した少額からの長期・積立・分散投資による資産形成のPRに利用するキャラクターですので、コツコツ資産形成を行うイメージが伝わるキャラクターのご応募をお待ちしております。
 
コンテストページはこちら→https://www.koubo.co.jp/system/contest/tsumitate-nisa/
応募フォームはこちら→ https://www.koubo.co.jp/system/contest/tsumitate-nisa/form/

■募集要項
■募集内容
つみたてNISAを利用し、コツコツ資産形成を行うイメージが伝わるデザインを求めています。また、SNSでの発信や、金融庁・金融機関等での広報に広く利用を予定しておりますので、親しみやすく、着ぐるみなどの形で立体化しやすいキャラクターを募集します。

■応募資格
どなたでも応募できます。ただし、未成年の方は、保護者の承諾が必要です。

■応募方法
応募フォーム(https://www.koubo.co.jp/system/contest/tsumitate-nisa/form/)より、必要事項を記載のうえ、ご応募ください。

■募集期間
2018年2月22日 12時00分→2018年3月21日 23時59分

■賞
採用作品、入選作品に対しては、賞状及び副賞を贈呈致します。
採用作品(1名) JCBクオカード10万円
入選作品(2名) JCBクオカード5万円

■発表
2018年4月21日

・ 審査方法
三田紀房氏、大山よしたか氏による審査を経たうえ、最終候補3作品につき一般投票を行います。
その後、審査員の評価、一般投票結果をふまえ、金融庁/NISA推進・連絡協議会が採用作品を決定します。
※一般投票の対象になった応募者には、投票開始前に事務局よりご連絡いたします。

・ 発表
金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2018」(4月21日(土))にて、発表・表彰を行います。
※最終候補者は、「つみたてNISAフェスティバル2018」にご招待させていただきます。「つみたてNISAフェスティバル2018」にお越しいただけない場合には、後日賞状・副賞を郵送させていただきます。
また、後日、金融庁ホームページ等において作品及び応募者名を公表いたします。


原文はこちら
http://www.fsa.go.jp/policy/shokenzeisei/20180221.html

17:27 | 金融:行政・取引所・団体
2018/02/22new

【金融庁】金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」(第3回)を開催しました。

| by:ウェブ管理者
日時:平成30年2月21日(水)16時30分~18時30分
場所:中央合同庁舎第7号館13階 共用第1特別会議室

1.開会
2.事務局説明
3.ヒアリング

・ゴールドマン・サックス証券株式会社
Benjamin Ferguson 証券部門 営業共同統括 アジアパシフィック株式営業共同統括 パートナー
清水 大吾 証券部門 株式営業本部 業務推進部長 スチュワードシップ・コーポレートガバナンス担当 ヴァイス・プレジデント
・ニッセイアセットマネジメント株式会社
井口 譲二 チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー
・フィデリティ投信株式会社
三瓶 裕喜 ヘッド オブ エンゲージメント

4.討議
5.閉会


原文はこちら
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/disclose_wg/siryou/20180221.html

17:26 | 金融:行政・取引所・団体
2018/02/22new

【日本証券業協会】株券等貸借取引状況(週間)

| by:ウェブ管理者
会員が行う株券等貸借取引の状況について、週間新規成約高と週末株券等貸借残高の状況、および銘柄別の株券等貸借週間新規成約高、週末残高を掲載しています。


原文はこちら
http://www.jsda.or.jp/shiryo/toukei/kabu-taiw/index.html

17:25 | 金融:行政・取引所・団体
2018/02/22new

【日本証券業協会】豊証券株式会社に対する処分

| by:ウェブ管理者
 協会員に法令違反等の事実が認められて処分・勧告を行った場合に、その事実と詳細を公表しています。

協会は、本日、以下のとおり、法令等違反の事実が認められた協会員1社に対し、定款第28条第1項の規定に基づく処分及び同第29条の規定に基づく勧告を行いました。

協会員名:豊証券株式会社
詳細:http://www.jsda.or.jp/shiru/syobun/kyokaiin/files/20180221_PRESS_RELEASE.pdf


原文はこちら
http://www.jsda.or.jp/shiru/syobun/kyokaiin/index.html

17:24 | 金融:行政・取引所・団体
2018/02/22new

【マネックスグループ】トレードステーションがストックブローカーズドットコムの2018年オンライン証券会社レビューの「プラットフォーム技術」部門で最高位を受賞

| by:ウェブ管理者
当社の子会社である TradeStation Group, Inc.が 2018 年 2 月 20 日(米国東部標準時間)に米国で下記プレスリリースを発表しましたので、お知らせいたします。このプレスリリースの参考訳(当社作成)を、別紙添付いたします。


TradeStation Group, Inc. プレスリリース
TradeStation Rated “#1 Platform Technology” for the Sixth Year in a Row in StockBrokers.com 2018Online Broker Review - Also Receives “Best in Class” Rating for Order Execution, Customer Service,Options Trading, Active Trading and Platform & Tools

(参考訳)
トレードステーションが米国オンライン金融メディアであるストックブローカーズドットコムの 2018 年オンライン証券会社レビューの「プラットフォーム技術」部門で最高位を 6 年連続で受賞、併せて「注文執行」「カスタマーサービス」「オプション取引」「アクティブ取引」「プラットフォームおよびツール」部門でも最上位グループ(Best in Class)に入る


原文はこちら
http://file.swcms.net/file/monexgroup/jp/news_release/auto_20180220475297/pdfFile.pdf

17:20 | 金融:証券
2018/02/22new

【IS証券】おかげさまで、IS証券株式会社は設立10周年を迎えることができました

| by:ウェブ管理者
謹啓
向春の頃 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、IS証券株式会社は平成29年2月22日をもちまして設立十周年を迎えることができました。
設立以来、様々な困難に直面しつつも今日という日を迎える事ができましたのも、ひとえに皆様方のご支援とご愛顧の賜物と心より感謝を申し上げます。

弊社は「お客様とともに成長する証券会社」を経営理念に掲げ、良質なサービスと優れた商品をご提案し、お客様の多様で高度なニーズにお応えさせていただくことを基本方針とし、「対面型証券会社ならではの役割」を追求して参りました。

今後も、役職員一丸となって、お客様の人生に寄り添える資産運用パートナーとして一人ひとりとしっかり向き合い、きめ細やかにご相談にお応えしていくことで、世代を超えて選ばれ続ける証券会社を目指して参ります。

今後とも、倍旧のご愛顧と、更なるご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬白


原文はこちら
http://www.is-sec.co.jp/topics/0041/

17:18 | 金融:FX・CFD
2018/02/22new

【SBI FXトレード】預かり残高500億円突破のお知らせ

| by:ウェブ管理者
 平素はSBI FXトレードをご利用くださいまして誠にありがとうございます。

 当社は、外国為替証拠金取引「SBI FXTRADE」のサービス開始以来、すべてのお客さまに安心して取引参加いただくため、公正かつ透明性のあるFX取引サービスをより良い環境にてご提供することに最大限努めております。

 当社はFX取引業者としては後発でありながら、徹底した顧客中心主義の理念に基づき、業界最高水準のシステムと業界最狭水準のスプレッドを始めとしたサービスにより、お客さまからお預かりしているご資金の残高が500億円を突破いたしました。これも一重にお客さまの温かいご支援とご愛顧の賜であり、あらためて役職員一同、心より感謝申し上げます。

 なお、当社は昨年12月より、業界初となるお客さま資金の「即時信託サービス」を導入致しております。これにより、お預かりしたご資金は即時に信託会社で保全管理される為、従来の信託保全より一層安全なスキームです。詳しくは、新しくなった当社のホームページにてご確認ください。

 今後も、当社では、SBIグループの基本方針である顧客中心主義に基づき、FX市場に参加されるお客さまに、より利便性の高い取引環境の整備・サービス提供に努めてまいりますので、SBI FXトレードをよろしくお願い申し上げます。


原文はこちら
https://www.sbifxt.co.jp/notice/post_28.html

17:17 | 金融:FX・CFD
2018/02/22new

【日本政策金融公庫】借入金残高が「増加した」企業割合は4年連続で上昇

| by:ウェブ管理者
○ 借入金残高が前年と比べて「減少した」企業は51.7%と半数を超える。「増加した」企業の割合は21.6%にとどまるが、4年連続で上昇した。

○ 2017年に借入した(する予定)と回答した企業割合は、41.3%と2016年から4.6ポイント上昇した。

○ 2017年に借入した(する予定)企業の資金使途は、「日常的な仕入・経費支払」が約半数と最も多い。


原文はこちら
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/tokubetu_180222.pdf

17:16 | 金融:銀行
2018/02/22new

【三井住友トラスト・ホールディングス】健康経営優良法人~ホワイト 500~」の認定について

| by:ウェブ管理者
三井住友トラスト・ホールディングス株式会社(取締役執行役社長:大久保 哲夫、以下「当社」)は、2018 年 2 月 20 日に経済産業省より、優良な健康経営を実践している法人として、「健康経営優良法人~ホワイト 500~」に認定されましたのでお知らせします。

「健康経営優良法人~ホワイト 500~」とは、経済産業省が日本健康会議と共同で実施している大規模法人を対象とする健康経営優良法人認定制度で、今年は当社を含む 541 法人が認定を受けました。

当社グループでは、社員一人ひとりの「多様性」、「健康」、「やりがい」を支える環境づくりの推進が重要であると認識し、2017 年 5 月 15 日に「働き方改革宣言」を制定しておりますが、社員の心身両面での健康推進を目指して、勤務間インターバル運営、業務効率化や時間外勤務の削減、全館禁煙化に向けた取組等に積極的に取り組んでいます。

当社グループは、三井住友トラスト・グループ健康保険組合等とも連携しながら、今後も社員がいきいきと働くことができる職場環境を実現するため、健康経営の一層の推進に努めてまいります。


原文はこちら
http://www.smtb.jp/corporate/release/pdf/180221.pdf

17:14 | 金融:銀行
2018/02/22new

【秋田銀行】「イクボス企業同盟」への加盟について

| by:ウェブ管理者
株式会社秋田銀行(頭取 新谷 明弘)は、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン(代表理事 安藤 哲也)が設立した「イクボス(注)企業同盟」に加盟したことをお知らせします。
当行ではこれまでも職員の仕事と生活の両立支援を推進してまいりましたが、同盟への加盟を機に、職員全員がやりがいと充実感を感じながら働くことができる職場環境づくりに一層取り組んでまいります。

(注)イクボスとは、特定非営利活動法人ファザーリングジャパンが定義した「職場で共 に働く部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことです。


原文はこちら
http://www.akita-bank.co.jp/download/pdf?fileNo=481&backF%20=%201

17:13 | 金融:銀行
2018/02/22new

【秋田銀行】役員の異動に関するお知らせ

| by:ウェブ管理者
株式会社秋田銀行(頭取 新谷明弘)は、平成30年2月22日開催の取締役会において、
平成30年3月1日付で下記のとおり役員の異動を行うことを決定いたしましたので、お知らせいたします。

新任執行役員予定者
工藤 重信 (くどう じゅうしん)
(現 事務統括部長)


原文はこちら
http://www.akita-bank.co.jp/download/pdf?fileNo=482&backF%20=%201

17:12 | 金融:銀行
2018/02/22new

【北都銀行】追加型投資信託の取扱開始について

| by:ウェブ管理者
株式会社 北都銀行(頭取 斉藤 永吉)は、多様化するお客さまの資産運用ニーズにお応えするため、平成 30 年 2 月 20 日(火)より新たな投資信託9商品の取扱いを開始しましたのでご案内いたします。

北都銀行では、投資信託の商品ラインナップの充実に取組み、お客さまの将来への資産形成のお手伝いに努めてまいります。

1.取扱開始日
平成 30 年 2 月 20 日(火)

2. 商品概要
(1)「ジャパン・ロボティクス株式ファンド」(1 年決算型) [日興アセットマネジメント株式会社]
・わが国の金融商品取引所に上場されているロボティクス関連企業の株式(これに準ずるものを含みます。)に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長を目指して運用を行ないます。


原文はこちら
http://www.hokutobank.co.jp/news/pdf/20180221-2.pdf

17:11 | 金融:銀行
2018/02/22new

【東邦銀行】当行と福島市との包括連携協定に基づく「これからの福島を考える公民連携シンポジウム~公共施設の最適化~」の開催について

| by:ウェブ管理者
 東邦銀行(頭取 北村 清士)は、県内におけるPPP/PFI事業(注1)の促進に向けた取り組みを強化していくため、平成26年4月に「ふくしまPPP/PFI研究会」(注2)を創設し、定期的に関連情報等を発信しております。

 また、全国の自治体では今後の公共施設の運営について計画を決定し、福島市も昨年「福島市公共施設等総合管理計画」を策定し、今後の運営にPPPを活用する方針です。

 つきましては、当行と福島市との包括連携協定に基づき、PPPを活用した公共施設の運営を考える標記シンポジウムを開催しますので、ご参加いただきますようお知らせします。

 本シンポジウムでは、第1部で公共施設の課題と今後のあり方について講演をいただき、第2部で各分野の方々から、これからの公共施設の望ましい姿等のご意見をいただきます。

 当行は、引き続きPPP/PFI事業の推進に向けた取り組みを通じて、地域課題の解決に向けたご支援と、地域経済の活性化を図って参ります。

(注1)PPPとは、「Public Private Partnership」の略で、公共施設等の建設、運営等を民間の経営能力等を活用して事業を実施すること。PFIとは、「Private Finance Initiative」の略で、上記事業に民間資金を活用すること。

(注2)自治体や地域の建設・設計会社を対象に、PPP/PFI事業の基礎・応用知識、事業ノウハウの習得等を目的に創設。


原文はこちら
http://www.tohobank.co.jp/news/20180222_005435.html

17:10 | 金融:銀行
2018/02/22new

【横浜銀行】「はまPay」における熊本銀行および親和銀行との連携について

| by:ウェブ管理者
コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 川村 健一)は、スマートフォンを使った決済サービス「はまPay」において、ふくおかフィナンシャルグループの熊本銀行(熊本県熊本市、取締役頭取 竹下 英)および親和銀行(長崎県佐世保市、取締役頭取 吉澤 俊介)と連携し、「はまPay」利用者が他の金融機関と契約した店舗でも支払いができる「銀行 Pay(マルチバンク対応)」のさらなる拡大を進めますのでお知らせします。

「はまPay」は、横浜銀行と契約した店舗(以下、「加盟店」という。)で買物代金などを支払う際、個人のお客さまが専用のスマートフォンアプリを操作することで、事前に登録した横浜銀行の口座から決済資金を即時に引き落とすサービスです。

このたび、熊本銀行および親和銀行は、GMOペイメントゲートウェイ(代表取締役社長 相浦 一成)からシステムの提供を受け、2018年度上半期(予定)から銀行口座と連動した決済サービスを提供します。この決済サービスは、「はまPay」と同様に、利用者がそれぞれの銀行で新たに口座を開設することなく相互の加盟店で支払いが可能となる「銀行Pay」に対応する予定です。
参加金融機関が増えることで、地域を越えて加盟店が広がり、お客さまのさらなる利便性の向上につながります。

横浜銀行は、今後もICTや金融テクノロジーを活用することで、地域に貢献する新たな金融サービスの提供に取り組みます。


原文はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=88081&code=8332

17:09 | 金融:銀行
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.