金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【金融業界ニュース】
12345
2020/09/28new

【金融庁】「顧客本位の業務運営に関する原則」(改訂案)、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」及び「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)について公表しました。

| by:ウェブ管理者
金融庁では、「顧客本位の業務運営に関する原則」(改訂案)、「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」及び「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)を別紙のとおり取りまとめましたので、公表します。

 本件は、2020年8月に公表された「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書-顧客本位の業務運営の進展に向けて-」における提言を踏まえ、所要の改訂、改正を行うものです。

 具体的な内容については下記を御参照ください。

(別紙1)「顧客本位の業務運営に関する原則」(改訂案)
 https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20200925/01.pdf

(別紙2)「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)【新旧対照表】
 https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20200925/02.pdf

(別紙3)「保険会社向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)【新旧対照表】
 https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20200925/03.pdf

注:別紙1は、平成29年3月30日に策定した「顧客本位の業務運営に関する原則(以下、「原則」という。)の改訂案です。現行の「原則」からの変更箇所については、赤字で表示しております。取消し線部分は削除する箇所を示します。現時点で確定していない一部の箇所については、「●」で表示しております。

 これらの案について御意見がありましたら、令和2年10月26日(月)17時00分(必着)までに、氏名(法人その他の団体にあっては名称)、職業(法人その他の団体にあっては業種)、連絡先(住所、電話番号又は電子メールアドレス)及び理由を付記の上、郵便、ファックスにより下記送付先に、お寄せください。電話による御意見は御遠慮願います。
 インターネットによる御意見は、下記e-Govウェブサイトに、お寄せください。

 御意見をお寄せいただいた方の氏名(法人その他の団体にあっては名称)については、開示の請求等があった場合には、御意見の内容とともに開示させていただきますので、御承知おきください。開示の際に匿名を希望される場合は、御意見の冒頭にその旨を明確に御記載ください。なお、開示に当たっては、御意見の内容に、(1)個人に関する情報であって特定の個人が識別され得る記述がある場合、又は(2)法人等の権利、競争上の地位その他正当な利益を侵害するおそれのある記述がある場合、には当該箇所を伏せさせていただくことがあります。
 御意見に付記された電話番号等の個人情報は、御意見の内容に不明な点があった際に連絡・確認をさせていただく場合や御意見がどのような立場からのものかを確認させていただく場合に利用します。
 なお、御意見に対しての個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了承ください。


原文はこちら
https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20200925.html

15:06 | 金融:行政・取引所・団体
2020/09/28new

【GMOクリック証券】口座開設手続きがオンラインで完結!eKYCを活用した「スマホでスピード本人確認」を導入~面倒な郵便物の受け取り不要、口座開設が一段とスピーディに~

| by:ウェブ管理者
 GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、金融商品取引業を営むGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鬼頭 弘泰、以下:当社)は、株式会社ELEMENTSが提供する「LIQUID eKYC」を採用し、2020年9月26日より、口座開設における本人確認がオンラインで完結する「スマホでスピード本人確認」を導入いたしました。これにより、従来の郵便物の受け取りによる本人確認が不要となるため、口座開設から取引開始までに要する時間が短縮されます。

■「スマホでスピード本人確認」とは
 これまでの口座開設手続きでは、本人確認書類記載のご住所へ簡易書留郵便(転送不可)を送付することでお客様の本人確認を行っていたため、郵便物の到着までお取引を開始していただくことができませんでした。
 今般のeKYC(※1)を活用した「スマホでスピード本人確認」は、顔写真付きの本人確認書類(※2)1点とお客様ご本人の容貌(顔)をスマートフォンで撮影いただくことで、オンラインでの本人確認を可能とします。さらに、「口座開設完了のご案内」はメールでお送りするため、郵便物の到着をお待ちいただく必要なく、これまでよりも早く、よりスムーズにお取引を開始していただくことができます。
 「スマホでスピード本人確認」は、証券取引口座、FXネオ専用取引口座(個人)の口座開設手続きにおいてご利用いただけます(※3)。
(※1)「eKYC」とは、electronic Know Your Customerの略で、オンラインで本人確認を行う仕組みのことです。
(※2)ご利用いただける本人確認書類は、「運転免許証」、「個人番号カード」、「在留カード」です。
(※3)GMOあおぞらネット銀行口座への同時申込の場合には、「スマホでスピード本人確認」はご利用いただけません。

■LIQUID eKYCについて
 株式会社ELEMENTS(旧社名:株式会社Liquid)が提供する「LIQUID eKYC」は、犯罪収益移転防止法施行規則(2018年11月30日施行)に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC(施行規則6条1項1号ホ)に対応し、スマートフォンで本人確認書類と容貌(顔)を撮影するだけで本人確認が可能になるサービスです。

■LIQUID eKYCの主な特長
・最高水準の顔認証精度、OCR読取精度
・AIによる学習で継続的な精度・性能向上
・わかりやすい操作性


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000200.000030257.html

15:05 | 金融:証券
2020/09/28new

【SBI FXトレード】オンライン完結の口座開設の開発開始のお知らせ

| by:ウェブ管理者
 SBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 行生、以下「当社」)は、新規口座開設申込においてKYC対応デジタル身分証システム(eKYC)の導入を決定し、開発を開始いたしました。eKYC導入にあたっては、当社親会社の SBI ファイナンシャルサービシーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:髙村正人)との間で2019年12月より資本業務提携を締結しております株式会社ダブルスタンダード(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水康裕、以下「ダブルスタンダード」)が提供するシステム「D-trust」を活用いたします。

1. eKYC導入の目的
 お客さまの口座開設手続きを更に安全かつスピーディーに実現するためeKYC導入いたします。「D-trust」は、犯罪収益移転防止法に対応したオンライン完結口座開設システムであり、ダブルスタンダードの独自の知見に基づくOCR(光学文字認識)・顔認証・真贋判定などの各処理により、お客さまがWEBから口座開設を申し込む際の本人確認手続き処理プロセスがオンラインで完結可能となります。
これにより従来の郵送等による本人確認を省略可能となることで、これまで最短でも申し込みから2~3日を要していた口座開設手続きが、最短即日に完了し、お取引を開始することが可能となる見込みです。

2. eKYC導入時期
2020年12月下旬の公開を予定しております。
 本件により、より多くのお客さまにストレスなく、口座開設申し込み手続きを進めていただけると期待しております。今後も当社は、「顧客中心主義」に基づき、お客さまの資産形成に期するサービス提供を継続すると共に、取引ツール改善も含めたサービスの品質向上を図ってまいります。


原文はこちら
http://www.sbigroup.co.jp/news/pr/2020/0928_12126.html

15:04 | 金融:FX・CFD
2020/09/28new

【商工組合中央金庫】宮崎銀行との「国際業務における連携・協力に関する覚書」の締結について

| by:ウェブ管理者
商工中金は、海外展開を行う中小企業へのソリューション提供を強化するため、株式会社宮崎銀行との間で、「国際業務における連携・協力に関する覚書」を締結しました。
本覚書は、中小企業の海外展開を後押しするため、提携金融機関による資金調達の協調支援やビジネスマッチング等の本業支援を行うものです。

両機関は、2020 年 7 月 22 日、「中小企業向け為替リスクヘッジ支援に係るビジネスマッチング契約」を締結する等、地域の中小企業の金融ニーズに対して、「地域金融機関」と「公的金融機関」の持つそれぞれの機能や特性を活かしながら、従来以上に連携を強化することで相乗効果を発揮し、地域経済の活性化に貢献しています。
中小企業による海外展開は一層増加しています。商工中金は、地域金融機関と連携し、中小企業の海外展開を情報と金融の両面からサポートしてまいります。

1.国際業務における業務連携・協力の主な内容
①海外展開にかかる資金の協調支援
スタンドバイクレジットなどを利用し、お取引先中小企業の海外展開にかかる現地
資金調達等の協調支援を行います。
②海外展開にかかる本業支援
セミナーの共催等による情報提供や相互のネットワークを活用したビジネスマッ
チング支援などを行います。
③その他(人材交流・情報交換)
提携金融機関による人材交流や情報交換を行い、お取引先中小企業への情報提供力
を強化します。

2.締結日
2020 年 9 月 28 日(月)


原文はこちら
https://www.shokochukin.co.jp/assets/pdf/nr_200928_01.pdf

15:03 | 金融:銀行
2020/09/28new

【auじぶん銀行】「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画

| by:ウェブ管理者
auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、「SDGs(持続可能な開発のための目標)」の取り組みを強化するため、内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」(以下 本プラットフォーム)へ2020年8月28日に参画しました。

地域のさまざまな課題解決に取り組むSDGsの達成においては、地方自治体だけではなく、地域経済に新たな付加価値を生む企業やNGOやNPO、大学・研究機関など広くさまざまな連携が必要不可欠です。本プラットフォームは、地域の課題解決のためのパートナーシップの促進や、イノベーションの加速のために内閣府が設置した官民連携の場です。

auじぶん銀行は、2020年8月3日から、提携金融機関の口座でauじぶん銀行が取り扱っている「じぶん銀行toto」を購入可能とする「提携金融機関向けtotoサービス Powered by じぶん銀行toto」の提供を開始するなど、利便性の高いバンキングサービスの各地域金融機関への提供を通じ、地方創生と地域経済の活性化に取り組んでいます。
今後も、本プラットフォームへの参画を通じて官公庁や地方自治体および関係企業との連携を強化し、SDGsの達成に貢献していきます。

auフィナンシャルグループのauじぶん銀行は、『じぶんのいる場所が、行く場所が、ぜんぶ銀行になる。そういうスマホの自由さ、便利さを銀行にも。』という思いを込めて「銀行を連れて、生きていこう。」というブランドメッ


原文はこちら
https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2020/0918_01.html

15:02 | 金融:銀行
2020/09/28new

【大和ネクスト銀行】~10月4日は「投資の日」 10月17日は「貯蓄の日」~ 貯蓄と投資に関する調査2020

| by:ウェブ管理者
平素は大和ネクスト銀行をご利用いただきありがとうございます。
当社では、貯蓄と投資に関する意識と実態を探るため、2020年9月3日~9月4日の2日間、全国の20歳~69歳の男女を対象に、貯蓄と投資に関する調査をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。
(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

1. トピックス
■ 貯蓄の状況 ■

貯蓄の状況 「預貯金はない」14%、40代男性では20%
「預貯金額500万円以上」27%、60代女性では55%
「昨年末から預貯金が増えた」26%、「昨年末から預貯金が減った」19%
貯蓄の方法 預貯金がある人の10人に1人は「タンス預金」を実践
預貯金がある人の貯蓄スタイル 「毎月コツコツ」と「お金が余ったら」が拮抗
今年の年末時点に到達していたい預貯金の目標額 40代の目標額は平均1,199万円
70歳になったときに到達していたい預貯金の目標額 40代の目標額は平均2,224万円
■ 投資の状況 ■

投資の状況 「投資資産はない」48%、20代女性では65%
「投資資産額500万円以上」15%、60代女性では36%
「昨年末から投資資産が増えた」15%、「昨年末から投資資産が減った」8%
資産運用の方法 1位「株式投資」2位「投資信託」3位「個人年金保険」
今年の年末時点に到達していたい投資資産の目標額 40代の目標額は平均1,085万円
70歳になったときに到達していたい投資資産の目標額 40代の目標額は平均2,151万円
■ 貯蓄・投資に関する意識・実態 ■

貯蓄に関する自己評価 「貯蓄上手だと思う」41%、20代男性では50%が貯蓄上手と自負
預貯金を増やすために頑張っているのは「収入アップより、支出のカット」74%
これから頑張りたいのはどっち? 「預貯金を増やすこと」67%、「投資で資産を増やすこと」33%
自分は太っ腹?ケチ? 「太っ腹だと思う」32%、「ケチだと思う」68%
自分の金運は強い?弱い? 「強いと思う」35%、「弱いと思う」65%
貯蓄・投資について相談するなら? 「AIのほうがいい」39%、「人間の専門家のほうがいい」61%
実践している消費習慣 TOP2「セール・安売り時にまとめ買い」「ポイントアップキャンペーン時にたくさん買う」
実践しているマネー習慣 3位「財布にレシートをためない」2位「お札は向きを揃えて財布に入れる」、1位は?
■ 貯蓄・投資とエンタメ ■

貯蓄や投資について相談したい有名人 1位「森永卓郎さん」2位「マツコ・デラックスさん」
将来の活躍に期待して投資したい芸能人 1位「菅田将暉さん」2位「指原莉乃さん」
貯蓄上手だと思うアニメキャラ TOP5「ドラえもん」「フグ田サザエ」「ナミ」「磯野フネ」「源静香」
金運アップのために行きたいパワースポット 3位「明治神宮(東京都)」2位「伊勢神宮(三重県)」、1位は?
2. 調査結果全文
調査結果の全文はこちらをご覧ください。

貯蓄と投資に関する調査2020
https://www.bank-daiwa.co.jp/column/articles/2020/savings_and_investments_report_2020.html


原文はこちら
https://www.bank-daiwa.co.jp/info/2020/0928_01.html

15:01 | 金融:銀行
2020/09/28new

【横浜銀行】クラウドファンディングによるベンチャー企業の支援について

| by:ウェブ管理者
コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)は、神奈川県(知事 黒岩 祐治)、株式会社Relic(代表取締役CEO 北嶋 貴朗)、一般社団法人神奈川ニュービジネス協議会(代表理事 会長 吉原 直樹)、横浜キャピタル株式会社(代表取締役社長 早川 賢)とクラウドファンディングによるベンチャー企業支援に関する連携協定を締結し、協定参加者とともにクラウドファンディングサービス「かながわベンチャー限定クラウドファンディング」に取り組むことになりましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症によりビジネス環境や人々の価値観が大きく変化するなか、新たなプロジェクトにチャレンジするベンチャー企業が増えており、銀行の融資だけではないさまざまな形での資金面での支援が必要となっています。本サービスは、クラウドファンディングサイト(2020年11月下旬に開設予定)上に県内ベンチャー企業のプロジェクトを掲載して支援者から資金を募り、リターンとして商品・サービスを支援者に提供する購入型クラウドファンディングです。当行はグループ企業の横浜キャピタルと連携して、参加候補となるベンチャー企業に、本サービスへの応募を呼びかけていきます。

横浜銀行は今後も、地域のお客さまの多様な資金調達ニーズに応えるとともに、社会の持続的な発展をめざしていきます。


原文はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/8332/ir_material11/148515/00.pdf?_fsi=MPoWqAlq&_fsi=hDHzVbSF

15:00 | 金融:銀行
2020/09/25new

【金融庁】銀行口座からの不正な出金にご注意ください!

| by:ウェブ管理者
悪意のある第三者が、不正に入手した預金者の口座情報等をもとに、銀行口座と連携して利用する決済サービスを提供している事業者を通じて、銀行口座から不正な出金を行う事案が多数連続して発生しています。

注意すべきポイント

■ こうした不正出金は、銀行口座と連携して利用する決済サービスをご利用されていない預金者のほか、インターネットバンキングを利用されていない方も被害に遭われています。

■ ご自身の銀行口座に不審な取引がないか、今一度ご確認頂くとともに、口座情報の管理にご注意願います。

■ 銀行口座に身に覚えのない取引があった場合には、お取引先銀行又は取引記録に記載されている決済サービスを提供する事業者にご相談ください。 

■ これまでに悪意のある第三者から不正な出金があったことが明らかとなった銀行及び決済サービス事業者は、このような出金による被害については連携して全額補償する方針を表明しています。

■ こうした事案に便乗した詐欺にもご注意願います。
 
 なお、金融庁では、令和2年9月15日、預金取扱金融機関及び資金移動業者に対し、被害状況の把握や、被害者対応、セキュリティの点検、本人確認の強化などを求める要請を行っています。https://www.fsa.go.jp/news/r2/sonota/20200915/20200915.html

 
 本件についてご質問・ご相談・ご意見等がある場合、金融サービス利用者相談室にご相談ください。


原文はこちら
https://www.fsa.go.jp/news/r2/sonota/20200924.html

15:10 | 金融:行政・取引所・団体
2020/09/25new

【金融庁】「第2回 インパクト投資に関する勉強会」の開催について

| by:ウェブ管理者
 この度、金融庁では、インパクト投資についての金融・市場関係者及び行政の理解を深め、国内外の社会課題解決に向けたインパクト投資への取り組みの意義と課題を明らかにすること等を目的として、「インパクト投資に関する勉強会」を実施することになり、第2回目の勉強会が下記のとおり開催されました。

 本勉強会は、Global Steering Group for Impact Investment(GSG)国内諮問委員会との共催によるもので、金融・市場関係者等の委員及びオブザーバーである関係省庁が参加する形で、2ヶ月に一回程度の頻度で定期的に開催する方針です。
  
日時:令和2年9月3日(木)10:00~12:00
開催場所:金融庁内会議室及びオンラインによる配信
テーマ:「インパクト投資に関する主要な論点整理」
議題:
1. 「委員へのアンケート結果概要」
事務局(SIIF インパクト・オフィサー) 小笠原 由佳氏
2. 「アンケートにより導き出された主要な論点に関する協議」
(意見交換)
3. 「GIINによる動画メッセージへの質問・回答」
事務局(SIIF 事業本部長) 菅野 文美氏
参加者:
・座長: 高崎経済大学 経済学部教授 水口 剛 氏
 ・副座長: 金融庁 総合政策局 チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー 池田 賢志
 ・委員: 金融・市場関係者、事業者、業界関係者等
 ・オブザーバー: 内閣府、外務省、財務省、経済産業省、環境省

 勉強会における議論の模様や資料等は、GSG国内諮問委員会のウェブサイト(こちら新しいウィンドウで開きます<外部サイトへのリンク>)よりご覧いただけます。
http://impactinvestment.jp/2020/09/gsg2-1.html

第1回勉強会に関してはこちらよりご覧いただけます。
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200622/20200622.html


原文はこちら
https://www.fsa.go.jp/news/r2/sonota/20200924/20200924.html

15:09 | 金融:行政・取引所・団体
2020/09/25new

【マネックス証券】一部のお客様への二重振込について

| by:ウェブ管理者
 2020年9月24日(木)、一部のお客様からの出金指示に対し、二重に振込んでしまうという人為的なミスが発生いたしました。皆様にはご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
 下記の通りご報告させていただきますとともに、再発防止に向けた取り組みを行い、信頼の回復に努めてまいります。

■誤送金の概要
 2020年9月18日20時29分から2020年9月23日15時までに出金指示をされたお客様におきまして、当社の確認不足により、二重で振込送金してしまったものです。

■お客様へお願いしていること
 当社にご登録いただいている出金先金融機関からの組戻し(二重の振込の取消)に応じていただくか、当社へご入金いただくことをお願いしております。
 ご不明な点がございましたら、当社コールセンターまでお問合せいただけますようお願い申し上げます。

<お問合せ先(お客様ダイヤル)>
0120-846-365 (受付時間 平日 8:00~17:00)
※携帯・PHSからは03-6737-1666(通話料有料)までお願いいたします。

■再発防止策
 今般の原因は、当社におけるオペレーション上のミスによるものであることから、担当部門のオペレーションの見直しを行うとともに、送金処理が正しく行われたことを確認するシステム上の整備を行い、検証体制を強化いたします。

 お客様には多大なるご迷惑とお手数をおかけしており、大変申し訳ございません。今後類似の事象が発生しないよう、オペレーションを見直し業務を推進してまいります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000348.000005159.html

15:08 | 金融:証券
2020/09/25new

【SBI FXトレード】SBI FXトレード株式会社及びSBI VCトレード株式会社 『共通イメージキャラクターとして鷲見玲奈さん起用のお知らせ』2分前

| by:ウェブ管理者
SBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 行生)およびSBI VCトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:北尾 吉孝)は、共通イメージキャラクターとしてフリーアナウンサーの鷲見 玲奈さんを起用することとなりましたので下記の通りお知らせ致します。

(1)起用の目的
鷲見玲奈さんのフレッシュで快活なキャラクターは、今後もお客さま目線で、より利便性の高い、より先進的なサービスに取り組みながら金融サービスの未来を大きく切り開いていこうとするSBI FXトレード、SBI VCトレードの企業像に沿うものと考えております。
この度の鷲見玲奈さん起用によって、一層多くの方に両社を認知いただくとともに、我々のご提供するFX・暗号資産取引そのものに対する親近感と信頼感の向上も図ってまいる所存です。

(2)今後の予定
本日両社のHPにてイメージキャラクター就任のバナーを掲載しましたが、今後はインターネット、SNSなどのデジタルメディア、テレビ・新聞・雑誌等の媒体、およびイベントなどを通じた広報・広告活動においてご活躍いただきます。
デジタルメディアではマーケットの紹介やFX、暗号資産の疑問を解説するチャネルを制作予定です。撮影の様子等は両社のHPにも公開予定ですので、是非楽しみにお待ちください。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000005190.html

15:07 | 金融:FX・CFD
2020/09/25new

【ゆうちょ銀行】即時振替サービスの不正利用における今後の対応について

| by:ウェブ管理者
株式会社ゆうちょ銀行(以下、ゆうちょ銀行)の即時振替サービスの不正利用に関する今後の対応について、お知らせいたします。
このたびは、お客さまをはじめ関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。被害のお申し出をいただいたお客さまに対しては、決済事業者と連携し、必要な調査を踏まえた上で、全額を補償いたします。

なお、9 月 16 日に、一部を除き、新規口座登録・口座変更および振替(チャージ)のサービスを停止しているため、サービスを停止している決済事業者(10 事業者)について同様の被害が発生することはありません。

1.お客さまへのお取引確認等のお願い
被害の全容を把握するため、サービスを停止している決済事業者を登録している口座をお持ちの全てのお客さま(複数の事業者をご登録のお客さまを名寄せした結果、約 550 万口座を特定)に対し、お心当たりのない取引のご確認等をお願いしてまいります。

本日、新聞各社の朝刊に、取引のご確認等をお願いする広告を掲載いたしました。
また、本日以降、決済事業者を登録している約 550 万のお客さまに、順次メール発信やダイレクトメールの発送を行い、取引のご確認等をお願いしてまいります。
さらに、即時振替サービスの取引の態様からより注意が必要と考えられるお客さま(約 600 口座)に対しては、個別にお電話により、取引のご確認等をお願いしてまいります。
なお、ゆうちょ銀行を騙る偽メール等により、口座暗証番号等のお客さまの情報が盗取されることがないようご注意いただきますようお願い申し上げます。ゆうちょ銀行から、電話、メール等でお客さまの口座暗証番号などを求めることはございませんので、くれぐれもご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

2.ゆうちょ銀行口座登録時の 2 要素認証の導入
現在、新規口座登録・口座変更および振替(チャージ)のサービスを停止している決済事業者(10 事業者)につきましては、全て 2 要素認証の導入を終えております。

3.即時振替サービスにおけるお申し出の状況
即時振替サービスにおけるお申し出の状況は、既に公表済のものも含めて約 380件、約 6,000 万円 (9 月 22 日現在。当行におけるお客さまからのお申し出受付ベース)です。

これらの被害のお申し出をいただいたお客さまには、決済事業者と連携し、必要な調査を踏まえた上で、早期補償に向けて鋭意手続きを進めております。

当行としては、現状把握している約 380 件については、10 月末を目途に、補償を完了させたいと考えております。
ゆうちょ銀行は、今後も安心してお客さまにご利用いただけるよう、セキュリティも含めたサービスの向上に全力で取り組んでまいります。


原文はこちら
https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2020/pdf/pr200924_4.pdf

15:06 | 金融:銀行
2020/09/25new

【ゆうちょ銀行】mijica 会員間の不正送金における今後の対応について

| by:ウェブ管理者
デビット・プリペイドカード mijica の送金機能(おくって mijica)を使った不正送金による被害における今後の対応について、お知らせいたします。
このたびは、このような事態を招きましたことについて、誠に申し訳なく、お客さまに深くお詫び申し上げますとともに、被害にあわれたすべてのお客さまに対する全額補償を、可及的速やかに行ってまいります。

1.mijica 会員間送金を対象としたスクリーニングについて

(1)2018 年 1 月からの mijica 会員間送金開始からの全送金を対象
(2)今般の不正送金にみられる特徴を踏まえたスクリーニング
① 1 か月以内に 2 件以上の送金を受けた受取人に対して送金した会員様
② 送金前に利用通知メールの宛先を変更した会員様
③ メール宛先の変更後、短時間で送金した会員様
以上のスクリーニングの結果、該当する会員様はいらっしゃいませんでした。

(3)追加的な対応として、mijica 全会員様対象とした注意喚起(身に覚えのない利用やWebログインID・パスワードの変更喚起)のメール連絡を準備でき次第行います。
また、上記スクリーニング②までに該当する会員様に対して、個別に連絡させていただき、確認を行います。

2.補償対応について
被害に遭われたお客さま全員に対して、9 月末を目途に補償を完了させたいと考えております。
ゆうちょ銀行は、今後も安心してお客さまにご利用いただけるよう、セキュリティも含めたサービスの向上に全力で取り組んでまいります


原文はこちら
https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2020/pdf/pr200924_3.pdf

15:05 | 金融:銀行
2020/09/25new

【ゆうちょ銀行】口座開設時の本人確認手続きの厳格化について

| by:ウェブ管理者
株式会社ゆうちょ銀行(以下、ゆうちょ銀行)は、今般、偽造した本人確認書類により不正に口座が開設・悪用された事案※を踏まえ、これを防止するための対応策を決定いたしましたので、お知らせいたします。
※ 株式会社 SBI 証券(以下、「SBI 証券」という。)の Web サイトに悪意のある第三者が不正にアクセスし、何らかの方法で取得した証券口座の「ユーザーネーム」・「ログインパスワード」・「取引パスワード」等の情報を用い、本人確認書類を偽造して不正に開設した当行口座(5口座)に出金したという事案(9/16 SBI 証券公表)。

対応方針
9 月 24 日(木)から、口座開設時の本人確認書類を原則「顔写真付きの本人確認書類(住所・氏名・生年月日の記載有り)」とする手続きに変更いたします。
今回の変更は、SBI証券の事案で悪用された口座が、いずれも顔写真なしの本人確認書類を偽造していたと考えられることを踏まえて厳格化するものです。


原文はこちら
https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2020/pdf/pr200924_2.pdf

15:04 | 金融:銀行
2020/09/25new

【セブン銀行】ACSiON(アクシオン)とクイッキンがオンライン本人認証で業務提携~ スマホでの宿泊チェックイン機能にeKYCを採用 ~

| by:ウェブ管理者
株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:舟竹 泰昭、以下 セブン銀行)と株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)の合弁会社である株式会社ACSiON(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田 貴紀、以下 アクシオン)は、CUICIN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慎太郎、以下 クイッキン)とオンライン本人認証に関する業務提携を締結したことをお知らせします。


原文はこちら
https://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2020/pdf/2020092501.pdf

15:03 | 金融:銀行
2020/09/25new

【秋田銀行】〈あきぎん〉STARTUP Lab 公式Facebookページの開設について

| by:ウェブ管理者
株式会社秋田銀行(頭取 新谷 明弘)は、「〈あきぎん〉STARTUP Lab 公式 Facebook」を下記のとおり開設しましたので、お知らせいたします。
当行では、起業・創業支援の一環として、起業マインドの醸成やビジネスアイデア創出およびビジネスモデルの確立までを一貫支援する創業支援プラットフォーム「〈あきぎん〉STARTUP Lab」を運営しております。

このたび開設する公式 Facebook ページでは、県内外の起業家および潜在起業家の皆さまを対象に、〈あきぎん〉STARTUP Lab の取組みをはじめ、起業・創業に関する様々な情報を配信いたします。
当行では、今後も起業・創業支援を継続し、地域経済の活性化に貢献してまいります。


原文はこちら
http://www.akita-bank.co.jp/showimage/pdf?fileNo=3074

15:02 | 金融:銀行
2020/09/25new

【足利銀行】副業人材の活用におけるコンサルティング業務の開始について

| by:ウェブ管理者
足利銀行(頭取 清水 和幸)は、多くの事業者さまにとって重要な経営課題の解決を目的とした副業人材(※1)の活用に関するコンサルティング業務を開始しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

本件は、副業マッチングプラットフォームを提供する株式会社スキルシフト( ※ 2)(代表取締役社長 岡本 祥治)と提携し、企画・戦略、販売促進・PRなど地域企業が抱える課題に対して、副業人材の活用による解決を促進・サポートするものです。

当行は、今後も事業性評価を通じたお客さまの課題解決に取り組み、コンサルティングサービスの拡充・深化をはかることで、お客さまと地域経済の成長・発展に貢献してまいります。


原文はこちら
https://pdf.irpocket.com/C0060/YDKb/JF0Y/s60q.pdf

15:01 | 金融:銀行
2020/09/25new

【中国銀行】コンサルティング事業強化に向けた新たな取組みについて

| by:ウェブ管理者
当行では、10月1日よりおかやまキャピタルマネジメント株式会社(岡山市北区本町2番5号 代表取締役 佐藤 智寛)内にコンサルティンググループを新設し、外部専門家ロングブラックパートナーズ株式会社(東京都港区麻布台1-7-2)と連携し、コンサルティング事業を強化します。従来から当行グループにて取組んでいるコンサルティングサービスに加え、新たにお客さまの事業価値を高めることで円滑な事業承継等を支援する長期伴走型サービスを開始し、より幅広かつ高度なコンサルティングニーズに対応します。

当行では、中期経営計画‘未来共創プランステージⅡ’において、お客さま本位の営業の「深化」を進めるとともに、金融の枠を超え、地域やお客さまのさまざまな課題に向きあい、新たな価値を共創していく銀行グループを目指していきます。

【事業の概要】
1.名 称 おかやまキャピタルマネジメント株式会社 コンサルティンググループ
2.住 所 岡山市北区本町2番5号
3.開 設 日 令和2年10月1日(木)
4.事業内容 事業承継、M&A、計画策定、モニタリング等


原文はこちら
https://www.chugin.co.jp/assets/media/2020/09/200925_3.pdf?5ce1ca57c8b5143d01e912e988ca4dee

15:00 | 金融:銀行
2020/09/24new

【東京商品取引所】プラッツドバイ原油、バージガソリン及びバージ灯油におけるサーキットブレーカー幅の設定について

| by:ウェブ管理者
プラッツドバイ原油、バージガソリン及びバージ灯油におけるサーキットブレーカー幅の設定につきまして、今般の原油市況を踏まえ、SCB 幅の設定方法や価格帯を下記のとおり変更いたします。


原文はこちら
https://www.tocom.or.jp/uploads/jp_news/2020/scb_20200924.pdf

15:07 | 金融:行政・取引所・団体
2020/09/24new

【マネックス証券】マネックス・ゴールドの手数料を2.5%から1.5%に引き下げ

| by:ウェブ管理者
 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、2020年9月25日(金)(予定)より、マネックス証券の金地金等取引サービス「マネックス・ゴールド」の買付時手数料(税抜)を約定代金の2.5%から1.5%に引き下げいたしますことをお知らせします。
■背景
 マネックス証券では2013年5月から金・プラチナ・銀を取引できる金地金等取引サービス「マネックス・ゴールド」を開始いたしました。金投資に注目が集まる中、2020年5月から8月にかけて手数料を約定代金の1.5%に引き下げるキャンペーンを実施したところ、2020年5月~8月の口座開設数は前年同期比で約5倍に、取引量は同期間で約2倍に増加いたしました。
 このような金投資への底堅い需要を踏まえて、この度、買付時手数料を1.5%に引き下げることといたしました。

■概要
 「マネックス・ゴールド」の買付時手数料(税抜)は以下の通りです。

※1 2020年9月24日現在、マネックス証券調べ。主要ネット証券は、auカブコム証券・SBI 証券・松井証券・
   楽天証券・マネックス証券を指します。auカブコム証券、松井証券では金地金等取引を取り扱っておりませ
ん。
※2 売却時には、手数料はかかりません。
※3 積立プランで購入された商品は、スポット取引で売却いただけます。

■マネックス・ゴールドについて
 マネックス・ゴールドは、金・プラチナ・銀を取引できる金地金等取引サービスです。それ自体が価値を持つ実物資産である貴金属は、株式や債券とは異なる魅力を持ちます。分散投資としてポートフォリオに組み入れることで、リスク分散の効果も期待できます。都度の取引に加えて、少額からの積立投資にも対応しています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000347.000005159.html

15:06 | 金融:証券
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.