金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【IT業界ニュース】
12345
2024/05/17new

【アイリックコーポレーション】“保険×IT” 保険募集人のオンラインコミュニティ「ASプラットフォーム」構想へ

| by:ウェブ管理者
 株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役社長:勝本竜二、証券コード:7325 以下、「当社」) は、保険のプロの共感・学びコミュニティ「ASプラットフォーム」を構想・開発着手いたしました。2024年7月末リリースを予定しております。「ASプラットフォーム」とは、生命保険販売従事者(以下、「保険募集人」)が業務に関わる様々な情報をインターネット上で効率的に収集する仕組みです。



原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000915.000001256.html

15:01 | IT:一般
2024/05/17new

【アイデミー】Aidemy GX、経済産業省GXリーグ公表の「GXスキル標準」に対応

| by:ウェブ管理者
 デジタル変革に伴走する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役 執行役員 社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、2024年5月14日に経済産業省GXリーグが公表した「GXスキル標準(※1)」に対応する方針を決定しました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000346.000028316.html

15:00 | IT:一般
2024/05/16new

【マクアケ】マクアケと損保ジャパンが提供する「マクアケPL保険制度」にリコール発生時の回収費用をカバーする「リコール特約」を新設〜実行者の新しい挑戦の後押しとサポーター保護の両立を目指す独自制度を強化〜

| by:ウェブ管理者
アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ(以下、当社)は、損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)と連携して提供している独自の「マクアケPL保険制度」において、製品回収(リコール)発生時の回収費用をカバーする「リコール特約」を新設したことをお知らせします。

この度の拡充により、「Makuake」を利用する事業者(以下、実行者)は、万一の事故が発生した際のサポーターへの補償だけでなく、リコールにかかる金銭的負担に備えることが可能になります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000272.000036381.html

15:05 | IT:一般
2024/05/16new

【Sansan】広島銀行がインボイス管理サービス「Bill One」を導入、年間約3万件の紙の請求書をデジタル化し、業務を効率化

| by:ウェブ管理者
働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、株式会社広島銀行(以下、「広島銀行」)がインボイス管理サービス「Bill One」を導入したことを発表します。
広島銀行では、顧客の利便性向上や地域経済の活性化に向けて、「IT・DXによる業務効率化」を推進しています。年間約3万件の請求書をデジタル化して一元管理することで、生産性向上およびインボイス制度や電子帳簿保存法への対応を実現します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000566.000049627.html

15:04 | IT:一般
2024/05/16new

【TKC】りそな総合研究所株式会社と「ビジネスマッチング契約」を締結

| by:ウェブ管理者
株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、2024年5月14日に、りそな総合研究所株式会社と「海外ビジネスモニター(OBMonitor、以下「OBM」)」についてのビジネスマッチング契約を締結しましたのでお知らせします。
この取り組みは、りそな総合研究所株式会社が弊社の窓口となり、りそなグループ4行(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行)が海外展開を行う取引先企業に対してOBMを紹介し、その導入サポートをTKC全国会海外展開支援研究会(代表幹事:松本憲二)に所属する約935名の税理士・公認会計士が担うというものです。

これにより、りそなグループ4行の取引先企業の海外展開を強力に支援し、業績管理や会計処理のミス・不正の発見・牽制を支援します。

なお当社は、今回で全国21金融機関とOBMのビジネスマッチング契約を締結したことになります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000354.000018852.html

15:03 | IT:一般
2024/05/16new

【NTTデータ】信用金庫業界向け、メタバースなど空間コンピューティング活用の共同検討を開始

| by:ウェブ管理者
島田掛川信用金庫と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、2024年5月より、信用金庫業界のビジネス変革に向けた空間コンピューティングを活用した共同検討を開始します。
島田掛川信用金庫が持つ信用金庫業界・業務の知見と、NTTデータが保有するメタバースやAR・VRなどの空間コンピューティング注に関する技術・ノウハウを活用し、地域社会や信用金庫業界が抱える課題を解決することをめざします。本取り組みでは2カ月間で、空間コンピューティングに関する勉強会と、ユースケース創出に向けたアイディアを検討するワークショップを行います。そこから生まれたアイディアのプロトタイプ開発も並行して行い、実現性の高いビジネスユースケースを企画立案し、その実現に向けたロードマップまで作成します。
両社は本取り組みを通じて空間コンピューティングの実業務へ適用検討を進めるとともに、今後もお客さま・地域の課題解決のパートナーとして、信用金庫業界および地域社会の発展に貢献していきます。


原文はこちら
https://www.nttdata.com/global/ja/news/topics/2024/051603/

15:02 | IT:一般
2024/05/16new

【GMOフィナンシャルゲート】iPhoneのタッチ決済の加盟店提供を「stera tap」で開始 簡単で、安全で、プライバシーを守れる方法での非接触決済の取り扱いが、iPhone1台で可能に

| by:ウェブ管理者
GMOフィナンシャルゲート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:杉山憲太郎、以下:GMO-FG)、三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、社長:大西幸彦、以下:三井住友カード)、SMBC GMO PAYMENT株式会社(本社:東京都江東区、社長:田中靖剛、以下:SGP)及び、アジアで決済サービスを提供するマレーシアのフィンテック企業Soft Space(本社:クアラルンプール CEO:Joel Tay 以下、Soft Space社)は、非接触決済の取り扱いが可能なiPhoneのタッチ決済の加盟店提供を「stera tap」で開始いたします。これにより、簡単で、安全で、プライバシーを守れる方法での非接触決済の取り扱いが、iPhone1台で可能となります。


原文はこちら
https://www.gmo-pg.com/corp/newsroom/press/gmo-financialgate/2024/0516.html

15:01 | IT:一般
2024/05/15new

【カウリス】電力データを用いたマネー・ローンダリング対策の実証実験を開始 〜金融業界初、電力データを活用した金融犯罪防止を目的とした継続的顧客管理取組みを試行〜

| by:ウェブ管理者
株式会社カウリス(以下、カウリス)と関西電力送配電株式会社(以下、関西送配電)、株式会社UI銀行(以下、UI銀行)は、本日、UI銀行において、不正な口座開設の防止および継続的顧客管理を目的として、カウリスと関西送配電の両社が提供する電力設備情報を活用した不正アクセス検知サービス(以下、本サービス)の実証実験を開始しましたので、お知らせいたします。


原文はこちら
https://caulis.jp/news/2024/05/kansaitd-uibank/

15:04 | IT:一般
2024/05/15new

【NTTアドバンステクノロジ】「内部不正リスク監視サービス」の提供開始

| by:ウェブ管理者
NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東匡)は、従業員数300名未満の企業を対象に「内部不正リスク監視サービス」(以下:本サービス)を2024年5月15日から提供開始します。

本サービスは、各社導入済みのDLP*1製品によって確認されたログから各ユーザーの行動を継続的に監視し、異常行動と判定される振る舞いについて分析・通知するサービスです。DLP製品単体では検知できない異常行動につながる可能性のある操作の発見や、内部不正に対する監査の補助にも活用できます。

NTT-ATは本サービスの提供により、運用コストや稼働が理由でログの活用・分析ができていない中小企業の“情報資産の保護および社内情報漏洩対策強化”に貢献します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000288.000023654.html

15:03 | IT:一般
2024/05/15new

【ゼロボード】ゼロボード、中国銀行と地域企業の脱炭素経営支援に向けた業務提携の覚書を締結

| by:ウェブ管理者
GHG(温室効果ガス)排出量算定・可視化ソリューション「Zeroboard」を提供する株式会社ゼロボード(東京都港区、代表取締役:渡慶次道隆、以下 当社)は、2024年5月15日、株式会社中国銀行(岡山市北区、頭取:加藤貞則、以下 中国銀行)と、中国銀行の法人顧客への脱炭素経営支援に向けた業務提携の覚書を締結しました。本提携は、顧客企業のGHG排出量の算定・可視化、ならびにその後の脱炭素経営の支援・推進において協働し、地域企業の持続的な発展を目指す取り組みです。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000087068.html

15:02 | IT:一般
2024/05/15new

【FIME JAPAN】FimeがUL Solutionsの決済関連事業を統合

| by:ウェブ管理者
Fime Japan(東京都港区、代表取締役社長 門山隆英、以下当社)は2024年5月7日、ギャラント・キャピタル・パートナーズ(Gallant Capital Partners)*1が、FimeとUL Solutions*2の決済関連テストツールとサービス部門を買収し、両事業の技術力と専門知識をFimeブランドの下に統合したことを発表します。この統合により、Fimeがカバーする地理的範囲が大幅に拡大し、各主要地域の19カ国以上(北南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、インド、アジア太平洋地域)で、ビジネスおよび技術コンサルティング、品質保証試験サービスを展開できるようになりました。

このサービス・ポートフォリオの拡大を通し、オープンバンキング、インスタントペイメント、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、デジタルウォレット、オープンペイメント、デジタルアイデンティティなど、急速に進化するトレンドに対応、グローバル・リーダーとしてさらに発展していきます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000133692.html

15:01 | IT:一般
2024/05/15new

【freee】freee、プロダクト開発の基盤「統合flow」を発表 統合体験を更に強化し、スモールビジネス経営の“3つの分断”を解決

| by:ウェブ管理者
フリー株式会社(以下「freee」)は、2024年5月14日に開催した国内最大級のバックオフィスの祭典「freee TOGO world 2024」にて、スモールビジネス経営における3つの分断を解決するための「統合flow」を発表しました。
「統合flow」とは、freeeの製品を開発していく基盤であり、創業時から継続してきた設計思想を組み合わせたフレームワークの総称です。freeeが提供するプロダクトの共通の基盤として「統合flow」のもとに開発を進め、高いレベルの統合体験をスピード感をもってより多くの領域に提供できることを可能にしていきます。


原文はこちら
https://corp.freee.co.jp/news/freeetogoworld2024report.html

15:00 | IT:一般
2024/05/14new

【TKC】ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行と「ビジネスマッチング契約」を締結

| by:ウェブ管理者
株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は2024年4月24日に、北陸銀行(本店:富山県富山市/頭取:中澤 宏)と、「海外ビジネスモニター(OBMonitor、以下「OBM」)」についてのビジネスマッチング契約を締結しましたのでお知らせします。
この取り組みは、北陸銀行が海外展開を行う取引先企業に対してOBMを紹介し、その導入サポートをTKC全国会海外展開支援研究会(代表幹事:松本憲二)に所属する約935名の税理士・公認会計士が担うというものです。

これにより、北陸銀行の取引先企業の海外展開を強力に支援し、業績管理や会計処理のミス・不正の発見・牽制を支援します。

なお当社は、今回で全国17金融機関とOBMのビジネスマッチング契約を締結したことになります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000353.000018852.html

15:03 | IT:一般
2024/05/14new

【アグレックス】アグレックス、日本損害保険協会にポリゴンデータ「ADO-POLYGON」を提供し、能登半島地震における地震保険金支払いの迅速化に貢献

| by:ウェブ管理者
2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

TISインテックグループの株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本 修司、以下 アグレックス)は、一般社団法人日本損害保険協会(本部:東京都千代田区、会長:新納 啓介、以下 損保協会)が実施した、令和6年能登半島地震(以下 能登半島地震)における「共同調査」においてポリゴンデータ「ADO-POLYGON」を提供し、速やかな損害調査および保険金支払いの実現に貢献したことを発表します。
損保協会は、能登半島地震の発生を受け、迅速な損害調査・保険金支払実現に向けた取り組みとして、「共同調査」を実施しました。「共同調査」は、損害保険会社から派遣された要員で構成する「共同調査団」が、航空写真を用いて被災地域の状況を確認して、「全損地域」「一部全損地域」を認定するものです。

加えて、能登半島地震では、建物の倒壊被害が発生しており、道路等の寸断により現地への立入調査が困難な地域が発生したことを踏まえ、深刻な建物の倒壊被害が発生していると考えられる地域に対しては、倒壊建物を対象とする「共同調査」を損害保険業界として初めて実施し、「全損建物」「全損の可能性が高い建物」の認定が行われました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001561.000011650.html

15:02 | IT:一般
2024/05/14new

【R&AC】入金消込特化型システム「V-ONEクラウド」が「NetSuite」とAPI連携開始

| by:ウェブ管理者
株式会社アール・アンド・エー・シー(東京都中央区、代表取締役社長 太刀川秀臣、以下R&AC)は、日本オラクル株式会社(東京都港区、代表執行役 内海寛子、以下日本オラクル)が提供するクラウドERPシステム「NetSuite」と入金消込後の仕訳におけるデータ連携を開始しました。

これにより、入金消込作業後に発生する仕訳を転記する二重入力やデータをインポートするためのファイル成形作業などが不要となり、手入力や目視などで発生する入力ミスを軽減、作業時間の短縮をすることが可能となります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000087.000021461.html

15:01 | IT:一般
2024/05/14new

【S&I】金融・保険商材など個人情報を多く扱うコンタクトセンター向けに「クラウドコンタクトセンタープラットフォーム×オンプレ通話録音システム環境」の導入支援メニューを提供開始

| by:ウェブ管理者
エス・アンド・アイ株式会社(東京都港区 代表取締役社長:藤田和夫、以下、S&I)は、クラウドコンタクトセンタープラットフォームGenesys Cloud (ジェネシスクラウド)とVerint(ベリント)全通話録音システム(Full-Time Recording、以下、Verint FTR)を連携し、オンプレミス上に通話録音データを保存する仕組みを確立しました。これを契機として、金融・保険商材など、個人情報を多く扱うコンタクトセンターのお客さま向けに、クラウドコンタクトセンタープラットフォーム上におけるオンプレ通話録音システムの導入支援メニューの提供を開始いたします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000039179.html

15:00 | IT:一般
2024/05/13new

【N.Avenue】CoinDesk JAPANと野村證券が初心者向け「セキュリティ・トークン入門動画」を配信! 仕組みや購入方法など、その魅力をわかりやすく解説

| by:ウェブ管理者
Web3領域世界最大級のメディアCoinDeskの公式日本版CoinDesk JAPANは野村證券株式会社と協力して、5月9日より「セキュリティ・トークンを学ぶ! 入門シリーズ」と題した動画シリーズの配信を開始します。本シリーズは、セキュリティ・トークンに興味をお持ちの個人投資家を対象に、野村證券デジタル・アセット推進室の坂本祥太氏がセキュリティ・トークンの魅力をはじめ、基本的な仕組みや購入方法など、知っておくべきポイントをわかりやすく解説するものです。

動画は各回15分程度、CoinDesk JAPANの神本侑季が聞き手を務め、わかりやすく進行し、ちょっとしたスキマ時間にセキュリティ・トークン投資にまつわる、さまざまな情報を学べる内容になっています。

第1回では、「新しい投資手法ーデジタル・アセット、セキュリティ・トークンとは? 」と題して以下のテーマについて解説します。

・伝統的金融とブロックチェーン経済圏の違い
・暗号資産やNFTとセキュリティ・トークンの違い
・ブロックチェーン技術を使ったセキュリティ・トークン(金融商品)の利点

第2回以降は、セキュリティ・トークン市場の概況、実際に購入できるセキュリティ・トークンはどのような商品なのか、さらには具体的な購入方法なども紹介していく予定です。

初回は5月9日、第2回は5月16日、第3回は5月23日の15時頃に公開予定です。

本シリーズを通じて、多くの方にセキュリティ・トークンの魅力を理解していただき、新たな投資機会としてご検討・ご活用していただければ幸いです。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000047016.html

16:02 | IT:一般
2024/05/13new

【DTS】大和証券グループ本社がAML/CFT業務における経済制裁リスト照合に「AMLion(アムリオン)」を導入

| by:ウェブ管理者
 株式会社DTS(東京都中央区、代表取締役社長 北村 友朗)は、株式会社大和証券グループ本社(東京都千代田区、執行役社長 荻野 明彦)に、「AMLion(アムリオン)」の「ウォッチリストスクリーニングシステム リアルタイム(以下、WLS-R)」を導入しました。

 DTSでは、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(以下、AML/CFT業務※)の国際基準に準拠し関連業務を幅広くサポートするパッケージシステム「AMLion」を提供しています。今回導入いただいた「WLS-R」は「AMLion」の特徴的な機能の一つで、公的機関や情報ベンダーが提供するリスト、自社で作成したウォッチリストと、マネー・ローンダリングが疑われる取引や取引相手を照合し、掲載対象者の疑いがある法人・個人を遅滞なく検出することができます。

 DTSは引き続き、「AMLion」を通じて金融機関のAML/CFT業務の高度化に貢献していきます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000127.000081622.html

16:01 | IT:一般
2024/05/13new

【READYFOR】READYFOR、八十二銀行、長野銀行、信濃毎日新聞社と連携し 長野県特化型クラウドファンディング「FANTo!(ふぁんと)」を開設!

| by:ウェブ管理者
READYFOR株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:米良はるか)は、株式会社八十二銀行(頭取:松下正樹)、株式会社長野銀行(頭取:西澤仁志)、信濃毎日新聞株式会社(代表:小坂壮太郎)と四社協定を締結し、地域特化型クラウドファンディングサイト「FANTo!」を開設いたしました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000364.000031325.html

16:00 | IT:一般
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.