金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
取材レポート
12345
2021/01/15

【日本CFA協会】金融・資産運用における女性の活躍について議論!「ジャパン・インベストメント・カンファレンス 2020」をバーチャル開催!

| by:ウェブ管理者


 2020年12月17日(木)、日本CFA協会は「ジャパン・インベストメント・カンファレンス 2020~資産運用における女性の活躍 」をオンラインで開催した。

 日本CFA協会(Chartered Financial Analyst:CFA協会認定証券アナリスト)は1999年の発足で、グローバルに展開するCFA Institute(CFA協会)と協調して教育プログラムを実施することで、投資運用に関する専門知識の普及を目指している。その一環として毎年開催している「ジャパン・インベストメント・カンファレンス」の今回のテーマは「資産運用における女性の活躍」。オンラインで開催された当日のカンファレンスでは国内外の多数のリーダー / エグゼクティブが登壇し、自身のキャリア、経験談などを共有しながら、女性がより一層活躍できる職場の環境作りへ向けての課題や方策などについて意見を交わし合った。本カンファレンスは、全体を通して英日同時通訳付きの英語で行われ、時に参加者に質問への回答を求めるなど、長時間のオンラインイベントに応じた工夫も取り入れられた。



【全体基調講演】「競争力を高めるためのダイバーシティとインクルージョン」

 当日は9時30分~18時と終日に亘っての開催となり、多くの情報が共有された。日本CFA協会 理事 岡崎 新氏の進行の元、開演冒頭の基調講演で江川 雅子氏( 一橋大学大学院 経営管理研究科 特任教授 、日本証券業協会 副会長)は、日本に厳然と存在するジェンダーギャップを概観したうえで、その根本原因を考察し、ジェンダーダイバーシティ(性の多様性)が企業の業績、創造性とイノベーションに寄与することを述べ、男性と女性の双方に求められる対応について述べた。


【パネルセッション I:投資 x ジェンダーダイバーシティ】
【セッション基調講演】「金融の将来」

 レベッカ・フェンダー氏(CFA協会 金融の将来担当シニアディレクター)

 フェンダー氏は女性活躍に関するグローバルな概観や資産運用業界の現状などについて語った後、業界の変化を推進する要因として政府の規制や競争圧力がある中で、投資分野で女性がもっと活躍すべき理由が十分にあること、業界の焦点が検討段階から行動へと移っていること、また一人一人の力が違いを生み出すことなどを語った。


【パネルディスカッション】「投資 x ジェンダーダイバーシティ」

<モデレーター>
メアリー・ラン氏 (CFA協会 アジア太平洋地域アドボカシー責任者)

<パネリスト>
松野 文香 氏(笹川平和財団 ジェンダーイノベーション事業グループ長)
デイヴィッド・キム氏(マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアアドバイザー)

 本パネルでは、パネリストがそれぞれの経験や分析、レポートなどから、日本でのジェンダーギャップの現状、多様性が組織の活性化や企業業績にどのように繋がっていくのかなど幅広く多様な問題意識が議論され、女性活躍にフォーカスしたジェンダーレンズ投資ファンドの事例も取り上げられた。また、参加者からの質問に答える形で、より良い世界に向けた課題やプロフェッショナルへのアドバイスなども示された。



【パネルセッション II: キャリア開発】
【パネルディスカッション】「キャリア開発」

<モデレーター>
出川 昌人氏(日本CFA協会 会長)

<パネリスト>
中川 順子氏 (野村アセットマネジメント CEO 兼 代表取締役社長)
羽生 祥子氏 (『日経 xwoman』総編集長)
キム・スタッフォード氏(PIMCO アジアパシフィック担当責任者)
エイミー・チョウ氏 (シュローダー香港 CEO 兼 アジアパシフィック・リテールビジネス責任者)

 本パネルでは、日本とアジアで業界をリードする女性エグゼクティブが、それぞれ女性として過去に直面した課題とそれを克服していった経験、キャリアの節目となった出来事を紹介しながら、家庭とキャリアの両立、企業文化とジェンダーギャップ、女性活躍に企業経営者や政府が果たす役割について、意見を交換し合い、また女性プロフェッショナルへのキャリアアドバイスなども共有された。


【パネルセッション III: より多様性のあるインクルーシブで生産的な (女性が活躍する )職場をつくるうえでのベストプラクティス】

<モデレーター>
サラ・メイナード氏 (CFA協会 外部インクルージョン & ダイバーシティ戦略・プログラム・グローバル責任者)

<パネリスト>
キャシー・松井氏(ゴールドマン・サックス証券 副会長)
工藤 英之氏(新生銀行 代表取締役社長)

 本パネルセッションは、まずパネリスト3氏がセッション基調講演を行い、残った時間でモデレーターからの質問に答える形式で行われた。

 メイナード氏は、CFA協会によるインクルージョン&ダイバーシティ(I&D)推進の取り組みである、ドライビング・チェンジ・レポートと試験的パートナープログラムについて概略を述べた。
 キャシー・松井氏は、同氏が20年来提唱しているウーマノミクスの進展を概観し、依然として経営者/管理職層の女性比率が少ない現状を述べ、ジェンダーダイバーシティを推進するための方策をゴールドマン・サックス社での経験を踏まえて語った。
 工藤氏は、新生銀行の社長に就任して以来取り組んできた同社グループにおけるI&Dの取り組みについて、具体的事例と成果を交えて述べた。

 各氏の講演後のパネルセッションでは、時間が限られるなか、シニアエグゼクティブの立場から、女性活躍の職場作りに当たって受ける現場からの反発への対処法や、男性管理職の女性への対応といった実践的なベストプラクティスについて意見を交換した。



【閉会挨拶】

 全プログラム終了後、出川 昌人氏(日本CFA協会 会長)が閉会挨拶として視聴の御礼と今後に向けての抱負を述べ、無事カンファレンスは終了した。

 グローバル企業のダイバーシティ経営が推進される中、今回のカンファレンスのテーマ「Women in Investment Management」 は、CFA協会が北米を中心に毎年大規模なカンファレンス等で扱ってきた重要なテーマで、日本及びアジア太平洋地域で同テーマで開催されるのは今回が初だという。

 なお、以下のURLからリプレイ登録サイトにご登録いただくだけで、カンファレンス当日の映像をご視聴いただけるのでご紹介したい。女性活躍推進やダイバーシティ経営にご興味のある方はぜひご視聴いただきたい。(音声と共有画面は英語のみとなります。)

https://www.cvent.com/d/7jqmks






【後援】金融庁

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )







10:24 | 取材:金融・IT業界向け
2021/01/04

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】新春恒例の「2021年大発会」を開催!

| by:ウェブ管理者

(写真提供:株式会社日本取引所グループ)

 2021年1月4日(月)、日本取引所グループ東京証券取引所)は、東証Arrows オープンプラットフォームにおいて、1年の取引の開始となる恒例の「2021大発会」をオンライン開催(動画)した。感染症対策のため、一部の市場関係者のみ集まった。

【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)

2050年カーボンニュートラル実現のためのグリーンビジネスの進化など、新しい生活様式やビジネス様式の発展も期待されるのではないか。

 清田氏は挨拶冒頭で昨年の株式市場について、「感染症に振り回されたが、世界各国の協力もあり非常に堅調な相場展開となった」とし、それに伴い新規上場も13年ぶりの水準となる102社となったことを述べた。続いてJPXの取り組みとして新しい市場区分として「プライム」「スタンダード」「グロース」を紹介。特に「プライム」市場の基準には新しい定義の流通時価総額の概念や本年改訂されるコーポレートガバナンス・コードを反映した基準が導入される見込みであることを伝えた。

 今年のマーケットについては、「コロナ禍では人の移動の制限と接触抑制が求められる一方、ビジネスのオンライン化やネット利用のビジネスの急拡大など、新しいビジネスも育っている」とし、また、「菅総理が打ち出した2050年カーボンニュートラル実現のためのグリーンビジネスの進化など、新しい生活様式やビジネス様式の発展も期待されるのではないか」と述べた。

 最後に丑年は相場格言では「つまずき」をされているが、英語ではブル(強気の象徴)ということで、こちらを信じて、皆様にとって、そして我が国金融市場にとって、より良き1年となることを祈るとして挨拶を終えた。

【挨拶】麻生 太郎氏(副総理兼財務・金融担当大臣)

政府としても感染拡大の防止、雇用の維持、事業の継続など、国民生活の下支えに尽くす

 麻生氏は挨拶の冒頭で、国民へ感染拡大の防止と経済活動の両立の協力に感謝の述べた後、「政府としても感染拡大の防止、雇用の維持、事業の継続など、国民生活の下支えに尽くす」とした。また、令和3年度の予算においては、経済再生・財政健全化・デジタル化、グリーン化中長期的な対応のほか、感染症による企業・個人事業者の資金繰り支援など、引き続き、万全を期して対応する覚悟で臨むとした。

 続いて、金融業界に関しては、世界に開かれた国際金融センターの実現や日本の良好な治安・生活環境・個人金融資産などの強みを活かした環境整備に取り組んでいくとした。

 最後に、国民の安定的な資産形成の促進について、積み立てNISAが20~30代の若年層中心に活況、有効なツールとして機能していると考えているとして、引き続き、証券界を挙げて、家計の安定的な資産形成を積極的に取り組んでほしいと語り、締めくくった。

【打鐘】麻生氏および取引参加者等による打鐘

 挨拶後、麻生氏および取引参加者等による打鐘。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。

1人目(2回打鐘):麻生 太郎氏(副総理兼財務・金融担当大臣)
2人目:齋藤 正勝氏(auカブコム証券 代表取締役社長)
3人目:井上 仁司氏(内藤証券 代表取締役社長)
4人目:新芝 宏之氏(岡三証券グループ 取締役社長)

【手締め】最後は手締めで2020年の大発会を締め括る。

 打鐘が行われた後、川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)による手締めが行われ、無事大発会は終了した。

(写真提供:株式会社日本取引所グループ、取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部@株式会社グッドウェイ )




17:44 | 取材:投資家向け
2020/12/30

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】1年の取引の締め括りとなる「2020大納会」を開催!

| by:ウェブ管理者

(写真提供:株式会社日本取引所グループ)

 2020年12月30日(水)、日本取引所グループ東京証券取引所)は、東証Arrows オープンプラットフォームにおいて、1年の取引の締め括りとなる恒例の「2020大納会」をオンライン開催(動画)した。会場には感染症対策のため、一部の市場関係者のみ集まった。

【挨拶】清田 瞭氏(日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)

「新規上場は102社、13年振りの水準となった。来年に向けても、日本企業の新規上場をサポートしたい」

 清田氏は挨拶冒頭で今年の世界の出来事に触れ、「新型コロナウィルスの感染拡大から世界的に株価が急落したものの、世界的に緊急対応策として大幅な金融緩和と大規模な財政出動を行ったことにより、V字回復を見せた。」と述べ、感染症に振り回されたが、世界各国の協力もあり非常に堅調な相場展開となったとして1年を振り返った。

 また、本年の新規上場は102社となり、13年ぶりの水準となったことを述べ、来年に向けても、日本企業の新規上場をサポートしたいとした。

 そのほかJPXの取り組みとして「システムトラブルの御詫び、総合取引所について、市場区分の見直し」の説明がなされた。

【打鐘】取引参加者・2020年新規上場会社代表者等による打鐘

 続いて、取引参加者・2020年新規上場会社代表者等による打鐘が行われた。鐘を打ち鳴らす「5回」は穀物が豊かに実る「五穀豊穣」に由来するという。

 1人目:十見 裕氏(STIフードホールディングス 代表取締役社長)
 2人目:小倉 博文氏(アクシス 代表取締役)
 3人目:佐藤 竜也氏(カラダノート 代表取締役)
 4人目:二家 英彰氏(日産証券 代表取締役社長)
 5人目:清明 祐子氏(マネックス証券 代表取締役社長)

【手締め】最後は手締めで2020年の大納会を締め括る。

 打鐘が行われた後、川井 洋毅氏(東京証券取引所 執行役員)による手締めが行われ、無事大納会は終了した。

 来年の丑(うし)年の相場格言「つまずき」。次の芽がでる前触れとして、よい一年になることを期待したい。

(写真提供:株式会社日本取引所グループ、取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部@株式会社グッドウェイ )




17:30 | 取材:投資家向け
2020/12/23

【ブロードリッジ・ジャパン】不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化、「第2回 Broadridge Exchange Online 2020」を開催!

| by:サイト管理者

 2020年12月18日(金)、ブロードリッジ・ジャパンは、主に金融機関を対象とした「第2回 ブロードリッジ・エクスチェンジ・オンライン 2020 ~不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化」を開催した。

 新型コロナウイルスの到来により日常生活やビジネスの在り方が大きく変化し、パラダイムシフトの時を迎える中、不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化をいかに図っていくかについて共有すべく、新しい時代への適合、テクノロジーを活用した金融業務変革に取組む各分野のキーパーソンの取組みや私見が披露された。


【開会挨拶】
【スライドデータはこちら


 開会挨拶は、光岡 大三氏(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)より、お礼の言葉と共に、ブロードリッジの概要、日本市場の変化の見通し、今後のグローバル規制の内容(新規・変更等)、グローバル規制対応について解説



【パネルディスカッション】「不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化」


 パネル「不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化」では、金融機関が直面する金融市場/マーケットの変化、プロジェクト実施への影響、オペレーションの現状と課題や、個人投資家の資産形成・運用に対しての変化、委託証券会社やファイナンシャル・アドバイザー(金融商品仲介業者)の現状と課題など、第一線で活躍するパネリストの取組み内容や私見が共有された。
(詳しくは、当日の動画のオンデマンド配信(1時間3分34秒)を視聴されたい。)

 <<パネリスト>>
  浜欠 康生氏(みずほ証券 事務グループ シニアエグゼクティブ、IT・システムグループ シニアエグゼクティブ 
         兼 グローバルマーケッツ部門 シニアエグゼクティブ)

  竜石堂 征司氏(DTCCデータ・レポジトリー・ジャパン 代表取締役社長 兼 DTCCジャパン 代表取締役)

  水野 清司氏(一般社団法人ファイナンシャル・アドバイザー協会 事務局長、元金融庁、元みずほ銀行ディーラー)

 <<モデレータ>>
  ジェームス・マーズデン氏(ブロードリッジ・ジャパン マネージング ディレクター アジア戦略・営業開発)

   【テーマ①】不確実性が高まる金融市場の現状と課題認識
   【テーマ②】業界の変化及び規制対応に向けた体制整備と今後の戦略
   【テーマ③】Ready for Next(自由討議)



【閉会挨拶】
【スライドデータはこちら


 閉会挨拶は、木佐貫 英隆氏(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)より、お礼の言葉と共に、パネルディスカッションについての振返り、規制対応における店頭デリバティブ等取引報告ソリューションの概要について解説し、「第2回 ブロードリッジ・エクスチェンジ・オンライン 2020」を締めくくった。


オンデマンド配信(1時間3分34秒)】
「第2回 ブロードリッジ・エクスチェンジ・オンライン 2020 ~不確実性高まる市場の変化と規制対応の強化」の、当日の動画については、以下を視聴されたい。




(ご参考)以下のホワイトペーパーでは、日本の金融機関のオープンプラットフォームに対する考え方や要望などが盛り込まれている。ご興味のある方は下記よりダウンロードしてご覧いただきたい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )








13:54 | 取材:金融・IT業界向け
2020/12/22

【一般社団法人ファイナンシャル・アドバイザー協会】真にお客様の側に立ちアドバイスを行なうために、「第1回 FAカンファレンス」開催!

| by:ウェブ管理者



 2020年12月16日(水)、一般社団法人ファイナンシャル・アドバイザー協会は、全国のファイナンシャル・アドバイザー(金融商品仲介業者)を対象とした「第1回 FAカンファレンス」をオンラインで開催した。

 コロナ禍により対面営業が難しくなる中、如何に顧客に対してタイムリーで的確なアドバイスを提供していくのか。この日のカンファレンスでは金融庁や業界有識者、協会会員がファイナンシャル・アドバイザーにおけるコロナ下のビジネス戦略やお客様本位の業務運営の浸透・定着等について貴重な情報を共有した。



 冒頭挨拶は、中桐 啓貴氏(ファイナンシャル・アドバイザー協会 理事長、GAIA 代表取締役社長 兼 CEO)より、協会設立の背景、組織体制、活動内容など、協会の概要や取り組みを改めて紹介した後、当日のプログラムについて解説。最後に、協会が制作した一般投資家および金融商品仲介業者向けの協会紹介アニメ動画(2本)も紹介して挨拶とした。


【基調講演】「金融庁の取組 ~貯蓄から資産形成へ~」では、油布 志行氏(金融庁 企画市場局審議官)が、資産形成を取り巻く環境の概観を説明後、2020年8月に公表された金融審議会市場WG報告書の内容の概要、および顧客本位の取り組みの見える化や実態把握といった課題、そしてそれらを踏まえて商品の販売にあたって取り組んで欲しい内容について説明を行った。

【講演①】「ゴールベース資産管理による「貯蓄から資産形成」と「営業員の幸福」の実現」では、吉永 高士氏(NRIアメリカ 金融・IT研究部門長)が、米国の対面投資商品販売ビジネス成功の背景としての「ゴールベース資産管理」アプローチについて詳しく解説した。


【講演➁】「いま、IFAに求められるものは何か」では、浪川 攻氏(金融ジャーナリスト)が、近著『証券会社がなくなる日』の概要を簡単に語った後、世の中の業種の中で変化率の低いのが銀行・証券・メディアだが、数年の内に証券業界を取り巻く環境は大きく変わる可能性があり、IFAの競争環境もシビアになってくるだろうとの見通しを述べた。その上で、IFAは社会的に求められる職業だと認識した上で、常に進化するプロフェッショナルとして、信頼性があり競争に打ち勝つ能力と資産拡大に寄与する力を持つアドバイザーを目指すことで、世の中に貢献してくれることを願っていると講演で語った。


【パネルディスカッション①】「委託証券会社から見たファイナンシャル・アドバイザーの現状と課題」

 ≪パネリスト≫
  北原 伸一郎氏(藍澤證券 ソリューション第二部長)
  牛山 史朗氏(ウェルスナビ 執行役員リサーチ&クオンツグループ)
  東谷 俊幸氏(エース証券 IFAビジネス本部副本部長)
  金井 昌樹氏(SBI証券 執行役員 IFAビジネス部管掌)
  今頭 育仁氏(東海東京証券 執行役員 IFAカンパニー長)
  竹本 昭生氏(PWM日本証券 商品統括部長)
  大嶋 広康氏(楽天証券 常務執行役員)

 ≪モデレーター≫
  水野 清司氏(ファイナンシャル・アドバイザー協会 事務局長)

 パネルでは委託証券会社がコロナ禍において、所属IFAのビジネス拡大に向けてどのように取り組んでいるか、所属IFAの「顧客本位の業務運営」の浸透・定着のための課題・方策などについて活発な意見交換が行われた。


【パネルディスカッション②】「コロナ禍におけるアドバイス・ビジネス戦略(お客様本位であるためには)」

 ≪パネリスト≫
  中桐 啓貴氏(GAIA 代表取締役社長)
  太田 智彦氏(SBIマネープラザ 代表取締役執行役員社長)
  福田 猛氏(ファイナンシャルスタンダード 代表取締役)
  尾口 紘一氏(Fan 代表取締役)

 ≪モデレーター≫
  水野 清司氏(ファイナンシャル・アドバイザー協会 事務局長)

 パネルではコロナ禍における資産残高や口座数推移、対面・非対面営業への取組み状況、テレワーク化などの他、金融仲介取引業の近未来像やあるべき姿などについてディスカッションが行われた。


 閉会挨拶は、水野 清司氏(ファイナンシャル・アドバイザー協会 事務局長)より、丁重にカンファレンス参加(視聴)への御礼を述べた後、コロナの感染状況を見つつ、新年1月以降、活動を地方に拡げて各地の金融商品仲介業者と積極的にコンタクトを取り意見交換を行っていきたいとし、「第1回 FAカンファレンス」を締めくくった。

 ネット取引が主流の今でも、対面による親身な相談相手を求めるニーズは多く存在し、また地方でIFAビジネスを軌道に乗せる業者も増えつつある中、ファイナンシャル・アドバイザー協会の地方に対する今後のアプローチや取り組みが注目される。

(取材、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )







13:22 | 取材:金融・IT業界向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.