金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート
12345
2018/06/07

【ブロードリッジ・ジャパン】マーケットチェンジへの戦略、「ブロードリッジ・エクスチェンジ・ジャパン」をパレスホテル東京で開催!

| by:サイト管理者

 2018年5月29日(火)、ブロードリッジ・ジャパンは、金融業界を対象とした「ブロードリッジ・エクスチェンジ・ジャパン~マーケットチェンジへの戦略」をパレスホテル東京で開催した。

 フィンテックをはじめとする最新のテクノロジーが次々と生み出される昨今、本フォーラムには、革新的なサービスを生み出すトランスフォーメーション/マーケットチェンジに挑戦している各分野のキーパーソンを招かれ、新しいビジネスを生み出す当事者からみた世界観と未来像について講演が行われ、パネルディスカッションでも活発な意見交換が行われた。



 会場は例年通り、絶好のロケーションにあるパレスホテル東京。開演時刻が近付き多くの金融業界関係者が会場を訪れた。



 講演会場の「橘の間」に用意された200名以上の席は、講演開始からほどなくほぼ満席に。参加者の関心の強さがうかがえる。



【開演挨拶】星野 好幸氏(ブロードリッジ・ジャパン 代表取締役社長)

 開演の時刻となり、冒頭の挨拶に立った星野氏は、テクノロジー、データ、分析ソリューション等を活用による顧客企業の課題解決と未来資産の実現を支援する「Ready for Next」という同社のブランド・プロミスについて触れたあと、近未来の金融テクノロジーの戦略について、各界の著名、高名な方が語る情報と見解を参加者の皆さまとシェアすることが今回の開催主旨だと挨拶で語った。



【キーノートスピーチ】「日本のフィンテックという新しい産業育成への挑戦」
 神田 潤一氏(マネーフォワード 執行役員、マネーフォワードフィナンシャル 代表取締役社長、Fintech協会 理事)

 神田氏は、自身の経歴やFintech概観について簡単に触れた後、銀行法の改正を受けてオープンAPIが導入されている背景や課題等を説明し、金融機関が選ばれるための基準について解説。また、「仮想通貨・ブロックチェーン という新たな挑戦」として仮想通貨の現状や法制度の整備、ブロックチェーンの活用可能性などに触れ、同分野における今後の取組みについて語った。



【パネルディスカッション】「Ready for Next、未来への資産を生み出す資本市場のトランスフォーメーション」

 金融市場を取り巻く環境変化における、金融市場の概況とテクノロジー企業との関係、ICOなど資金調達手段の多様化と証券界へのインパクト、ダークプールやHFTの広がりと証券界の変化のほか、Fintechの取組みとして、金融市場インフラへの分散型台帳技術の可能性、AIトレーディングとRPAによる自動化と高度化、仮想通貨がもたらす証券界と投資家へのインパクトなどの質問が順に投げかけられ、パネリストはそれぞれの見解を披露。その後も、金融業界の未来について活発な意見交換が行われた。

 <<パネリスト>>
 松本 大氏(マネックスグループ 代表執行役社長CEO)
 山藤 敦史氏(日本取引所グループ 総合企画部 フィンテック推進室長 兼 IT企画部 企画統括役)
 浜欠 康生氏(みずほ証券 グローバル・マーケッツ部門 シニア・エグゼクティブ チーフ・テクノロジー・オフィサー)

 <<モデレータ>>
 星野 好幸(ブロードリッジ・ジャパン 代表取締役社長)



【ライトニングトーク】浅野 達也氏(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)

 浅野氏からは、ブロードリッジ・ジャパンの概要に加え、ブロックチェーン戦略、AIに対するアプローチなど特定分野で顧客とともに技術革新を共同推進する取組みなどが紹介された。


 講演が終了し、懇親会の開始前に記念写真。左から、神田氏、浜欠氏、星野氏、松本氏、山藤氏。



 懇親会の会場「梅の間」には、この日の登壇者や多くの来場者が参加し、盛況な雰囲気の中、歓談の時間が長く続いた。中締めの挨拶は、茅壁 慎二氏(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)よりお礼の言葉を述べ、締めくくった。


 金融機関のミドル・バックオフィス業務向けソリューションを提供するブロードリッジ・ジャパンは、コミュニケーション、テクノロジー、データおよび分析の高度なソリューションを提供。開演冒頭でも紹介された「Ready for Next」のプロモーションビデオ(1分)も、ぜひ視聴されたい。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




12:11 | 取材:金融・IT業界向け
2018/05/14

【S&P Dow Jones Indices】Renowned for its excellent quality of speakers and educational content of ETF, S&P Dow Jones Indices (hereinafter called “S&P DJI”) hosted its 10th Annual Japan ETF Conference in Tokyo !

| by:ウェブ管理者


S&P DJI hosted the 10th Annual ETF Conference in Tokyo’s Imperial Hotel to explore the continued growth and evolution of the Asian ETF landscape. Domestic and foreign ETF related professionals, such as institutional investors, asset management companies, securities companies and banks were invited to the conference.



As well as last year, the second floor of main building of Imperial Hotel was reserved for the venue throughout the day, consisting of main speakers room, breakout sessions room, exhibition area, and lunch/dinner/networking room. The number of pre-registrants reached record high of over 1,000, increased more than ordinary years from overseas mainly in Asia such as Singapore and Hong Kong, as well as domestic attendees.

The following photographs show the state of the conference.





【08:55】 Opening Remarks
Douglas L. Peterson, President and Chief Executive Officer, S&P Global

【09:00】 Keynote Speech
Koichiro Miyahara, President & CEO, Tokyo Stock Exchange, Inc.




Session 1: Taking a Closer Look at the Global ETP Market

【09:10】 Analyzing Global and ETP Markets
John Davies, Global Head of Exchange Traded Products, S&P Dow Jones Indices

【09:25】 Exploring the History and Creation of ETFs

James E. Ross, Chairman of the Global SPDR Business, State Street Global Advisors

Todd Hollander, Senior Member, ETF Sales & Trading Team, Jane Street

  ≪Interviewer≫

Deborah Fuhr, Partner and Co-Founder, ETFGI



Session 2: Expanding Needs for ETFs from Investors


【09:50】 The Global ETF Landscape: Recent Trends and Future Prospects
Hiroyuki Arita, President & Representative Director, BlackRock Japan Co., Ltd.

【10:10】 The new world of global asset management
Michael Jones, Chairman and CIO, Riverfront Investment Group

【10:25】 Growth of Passive Investment: Launch of New Passive Products including ETFs
Toshihiro Iwasaki, Chairman, The Investment Trusts Association, Japan

【10:40】 Panel Discussion 1: The new ETF Business model to meet demands of investors

 ≪Panelists≫

Yoshihiro Hamada, Product Div. / Head of Product Strategy Planning Group, Asset Management One

David Collins, Board Director, Head of Marketing/ETF Business, State Street Global Advisors (Japan) Co., Ltd.

Grace Chiu, Vice President, Direxion Investments

  ≪Moderator≫

Mr. Tetsuro Ii, President and CIO, Commons Asset Management Inc.




Special Presentations

【11:30】 2018 Outlook: Global Economy and Market Environment Updates

Bluford Putnam, Chief Economist, CME Group


【12:50】 Opening for the afternoon session

Alex Matturri, Chief Executive Officer, S&P Dow Jones Indices


【12:55】 Realization of financial and capital markets for transforming the flow of funds

Junichi Nakajima, Deputy director-General of Planning and Coordination Bureau, Financial Services Agency




Session 3:  Meeting Investors Needs with Product Diversification

【13:15】Indices’ Role Growing the ETF Market
David Blitzer, Chairman of Index Committee, S&P Dow Jones Indices

【13:30】 Innovating For Investor Needs: Modern Alpha
Jesper Koll, Chief Executive Officer, WisdomTree Japan Inc.

【13:45】 Panel discussion 2: Domestic ETF Product Developments 

 ≪Panelists≫

Masahiro Hotchi, Fund Management Division, Managing Director, Daiwa Asset Management Co.Ltd

Koei Imai, Head of ETF Center, Head of ETF Development Department, Head of ETF Promotion Department, Nikko Asset Management

Kohei Sasaki, Institutional Investor Sales Division, Senior Manager, Mitsubishi UFJ Kokusai Asset Management

 ≪Moderator≫

Yasuyuki Kato, Ph.D. Professor, Graduate School of Management, Kyoto University, Japan


【14:50】 Panel discussion 3: Latest Development of European ETF Markets, Enforcement of MiFID2 and Impact to ETF Business

 ≪Panelists≫

Anson Chow, Director, Head of Exchange Traded Product Development, APAC, DWS Group

Christopher Friese, Head of Lyxor ETF – Asia, SG Securities (HK) Ltd

Deborah Fuhr, Partner and Co-Founder, ETFGI

 ≪Moderator≫

Kana Kawasaki, Senior Director, S&P Dow Jones Indices




Session 4: Challenges of Japanese ETF Market and Future Development

【15:30】The ETF Market in Japan --Issues and Perspectives
Hideki Kanda, Professor, Gakushuin University Law School, Chairman of Working Group on Financial Markets

【15:45】Panel discussion 4: Liquidity of ETF Market and BOJ’s Exit Strategy

 ≪Panelists≫

Jesper Koll, Chief Executive Officer, WisdomTree Japan Inc.

Hideki Kanda, Professor, Gakushuin University Law School, Chairman of Working Group on Financial Markets

Shinichi Ichikawa, Chief Market Strategist, Credit Suisse Securities (Japan) Limited

Toshihiro Nagahama, Chief Economist, Dai-ichi Life Research Institute

 ≪Moderator≫

Kazutoshi Tashiro, Ph. D.(Econ), Researcher, The Japan Securities Research Institute (JSRI)






Session 5: What Could Lie Ahead for the ETF Market?

Lessons from Abroad: Global ETF Ecosystem and Change of Domestic Infrastructure

【16:30】①Exchange Traded Fund Liquidity
Reginald Browne, Senior Managing Director, Cantor Fitzgerald

【16:45】②Development ETF Eco System in U.S. and Europe
Deborah Fuhr, Partner and Co-Founder, ETFGI

【17:00】③Introduction of ETF Market Making Incentive Scheme by Tokyo Stock Exchange
Kei Okazaki, Head of ETF Secondary Trading, Manager of Strategic Planning Group, Equities Department, Tokyo Stock Exchange, Inc.

【17:15】Global ETF Trends and Looking Ahead
Yan Pu, Head of Portfolio Review, Asia, Vanguard Investments Hong Kong Limited

【17:35】 Panel Discussion 5: Increase of Liquidity: Working Toward More An Attractive ETF Market

 ≪Panelists≫

Norimitsu Takeda, Chief Investment Officer, Zurich Life Insurance company LTD

Yoshinobu Hirano, General Manager, Nara Chuo Shinkin Bank

Takeki Yamada, Institutional Trading, Flow Traders

Curtis Tai, Director, Asia-Pacific ETF Sales & Trading, Jane Street

 ≪Moderator≫

Kohei Sasaki, Institutional Investor Sales Division, Senior Manager, Mitsubishi UFJ Kokusai Asset Management


【18:20】 Panel Discussion 6: Challenges for Next 10 Years in ETF Market

 ≪Panelists≫

Masaki Sugihara, Vice President, Exchange Traded Funds, State Street Global Advisors (Japan) Co., Ltd.

Osamu Okuyama, Head of Index Products, Investment and Research Division, Nomura Asset Management Co., Ltd.

Shuntaro Tsukamoto, Head of Product Management, Vanguard Investment Japan, Ltd.

Jason Miller, Managing Director, Head of ETF Business Japan, BlackRock Japan Co., Ltd.

 ≪Moderator≫

Yoshiyuki Makino, Head of Tokyo Office, S&P Dow Jones Indices






The sponsor companies booths in exhibition hall were crowded especially during break time by many visitors. 





The breakout sessions were also held by sponsor companies throughout the day. The program was as follows:


【09:10-09:40】Part 1: Managing Volatility Using Indices: How did Volatility Controlled Indices Behaved during the Recent Market Condition?

                         Part 2: Latest Result of SPIVA Report: Passive vs. Active

Priscilla Luk, Managing Director, Global Research & Design, APAC, S&P Dow Jones Indices

【09:55-10:25】Income gain through ETFs: Results of Market Neutral and 3 type of REITs The result of the Mid-Small Cap ETFs for 1 year
Kohei Sasaki, Senior Manager, Institutional Sales Division, Mitsubishi UFJ Kokusai Asset Management

【10:40-11:10】The Ecosystem of Japan ETF Market, current issues, Nikko Asset’s Challenge
Koei Imai, Head of ETF Center, Head of ETF Development Department, Head of ETF Promotion Department, Nikko Asset Management

【11:30-12:00】Use of ETFs by Regional Financial Institutions: Its practice and challenges
Yoshinobu Hirano, General Manager, Nara Chuo Shinkin Bank

【13:15-13:45】Evolving Investors’ Needs and Latest Development of Model Portfolios ~Rethinking Factor Investing~
Yoko Arai, Director, Multi-Asset Strategies, BlackRock Japan Co., Ltd.

【14:00-14:30】Vanguard’s Factor Investment
Shuntaro Tsukamoto, Head of Product Management, Vanguard Investment Japan, Ltd.

【14:50-15:20】WisdomTree’s view on Global  Investors’ Trends & Investment themes

Jesper Koll, Chief Executive Officer of WisdomTree Japan Inc.

Masafumi Watanabe, ETF Strategist, WisdomTree Japan Inc.


【15:45-16:15】“Asia, Europe or US?”- top questions to consider when assessing ETF venue of trading
Anson Chow, Director, Head of Exchange Traded Product Development, APAC, DWS Group

【16:30-17:00】Combining Active & Passive, and its Actionable Ideas - to construct more efficient portfolios -
Masaki Sugihara, Vice President, Exchange Traded Funds, State Street Global Advisors (Japan) Co., Ltd.


【17:15-17:45】Corporate Value Creation through ETF Investment

Mizue Oshima, Senior ESG Specialist, Responsible Investment Dept.

Osamu Okuyama, Head of Index Products, Investment and Research Div. Nomura Asset Management




After successful completion of the conference, Mr. Yoshiaki Makino, Head of Tokyo Office, S&P Dow Jones Indices, made closing remarks.







As pioneer and the world’s largest money market index provider, having long tradition of offering investable benchmark indices, S&P DJI offer a benchmark to accurately measure the market. Through providing results of reliable and highly transparent indices such as equities, bonds, commodities and real estate as well as S&P 500 and Dow Jones industry average which is their flagship indices, they cover broad range of customers such as asset management companies, OTC derivative product issuers, ETF providers, major exchanges and institutional investors.

While ETF (including ETN) market of the world continues to expand from approximately 1.5 trillion US dollars of net assets in 2010 have grown to approximately 3.5 trillion dollars as the end of December 2016, also Japan’s 2017 (annual) ETF market trading value reached 38.8889 trillion yen, the 3rd ranking record. As implementing continuous market promotion measures such as starting market-making system from the summer of 2018 for the purpose of expanding liquidity of ETF market and anticipation of growth of its market in the future, we would like to expect S&P DJI’s next ETF Conference will also be a success.

(photo by S& P Dow Jones Indices  /  article edited & published by Promotion Division, GoodWay




17:10 | 取材:金融・IT業界向け
2018/04/26

【S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス】ETF市場10年の歩みと近未来創造!内外の市場関係者を招き、「第10回ETFコンファレンス」を帝国ホテル東京 孔雀の間で開催!

| by:ウェブ管理者



 2018年4月13日(金)、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは、「ETF市場10年の歩みと近未来創造~世界的規模での市場拡大と業界変革を見据えて~」をテーマに、機関投資家や運用会社、証券会社、銀行などの国内外の ETF市場関係者を招き、「第10回 ETFコンファレンス」を
東京・日比谷にある帝国ホテル 孔雀の間で開催した。



  会場は昨年同様に、講演会場、分科会会場、展示会場、懇親会場の4会場からなり、終日にわたって講演や展示が行われ、事前登録者数は初めて1,000名を超えたという。国内はもちろん、シンガポール、香港などアジアを中心とした海外からの関係者の参加が例年以上に増加したという。


 以下、会場の一日の様子を写真でご紹介したい。





【08:55】 開会の挨拶
S&P グローバル President and Chief Executive Officer ダグラス・ピーターソン氏

【09:00】 基調講演
東京証券取引所 代表取締役社長 宮原 幸一郎氏




第1部 ETP市場の動向と投資環境 ETF発展の歴史を振り返る

【09:10】 世界のETF市場アップデート
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス ETPグローバルヘッド ジョン・デイヴィス氏

【09:25】 対談 「世界最大のETF SPYの誕生とETF市場発展の歴史」
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ グローバルSPDRビジネス・チェアマン ジェームズ・ロス氏
Jane Street Senior Member ETF Sales & Trading Team トッド・ホランダー氏
 ≪インタビュアー≫
ETFGI Partner and Co-Founder デボラ・ファー氏





第2部 投資家からのニーズ拡大が続くETF


【09:50】 世界市場におけるETFビジネスを取り巻く環境とその変革
ブラックロック・ジャパン 代表取締役社長 有田 浩之氏

【10:10】 グローバル資産運用の新たな枠組み
Riverfront Investments 会長 チーフ・インベストメント・オフィサー マイケル・ジョーンズ氏

【10:25】 注目されるパッシブ運用 「多彩なインデックス型投信の台頭とETF」
一般社団法人投資信託協会 会長 岩崎 俊博氏

【10:40】 パネルディスカッション1 「資産運用会社が求める新たなETFビジネスの在り方とは?」
≪パネリスト≫
アセットマネジメントOne 商品本部 商品戦略企画グループ長 浜田 好浩氏
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 取締役 マーケティング・ETFビジネス担当 ディビット・コリンズ氏
Direxion Investments ヴァイス・プレジデント グレース・チュウ氏
 ≪モデレーター≫
コモンズ投信 代表取締役社長&CIO 伊井 哲朗氏




特別セッション

【11:30】 世界の市場環境と2018年のアウトルック
CME グループ チーフ・エコノミスト ブルフォード・パットナム氏


【12:50】 午後の部 開会挨拶
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス CEO アレックス・マトゥーリ氏


【12:55】 国民の安定的な資産形成に資する金融・資本市場の整備
金融庁 総務企画局 審議官 中島 淳一氏





第3部 商品の多様化と投資家のニーズ

【13:15】指数の役割がETF市場の成長を支えている
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス 指数委員会 委員長 デビッド・ブリッツアー氏

【13:30】 Innovating For Investor Needs: Modern Alpha

ウィズダムツリー・ジャパン CEO/最高経営責任者 イェスパー・コール氏

【13:45】 パネルディスカッション2 「多様化する国内ETFの商品開発」
≪パネリスト≫

大和証券投資信託委託 運用本部 担当部長 堀地 正浩氏

日興アセットマネジメント ETF センター長、ETF 開発部長、ETF プロモーション部長 今井 幸英氏
三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部 シニアマネージャー 佐々木 康平氏
 ≪モデレーター≫
京都大学 経営管理大学院特定教授、京都大学博士 加藤 康之氏

【14:50】 パネルディスカッション3 「MiFID2導入で注目される欧州市場でのETFビジネス」
≪パネリスト≫

DWSグループ アジア太平洋地域 ETP開発部門 責任者 アンソン・チャウ氏

ソシエテ・ジェネラル・セキュリティーズ(ホンコン)リミテッド リクソーETF ヘッド・オブ・アジア クリストファー・フリーズ 氏
ETFGI Partner and Co-Founder デボラ・ファー氏
 ≪モデレーター≫
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス シニア・ディレクター 川崎 華奈氏




第4部 
日本におけるETF市場の課題と今後の展望


【15:30】国内のETF市場の課題と将来展望

学習院大学 法科大学院教授 金融審議会 市場ワーキング・グループ 座長 神田 秀樹氏

【15:45特別討論 パネルディスカッション4「ETF市場の流動性拡充と日銀保有ETFの出口戦略

≪パネリスト≫

ウィズダムツリー・ジャパン CEO/最高経営責任者 イェスパー・コール氏

学習院大学 法科大学院教授 金融審議会 市場ワーキング・グループ 座長 神田 秀樹氏

クレディ・スイス証券 チーフ・マーケット・ストラテジスト 市川 眞一氏

第一生命経済研究所 首席エコノミスト 永濱 利廣氏

 ≪モデレーター≫
日本証券経済研究所 研究員 博士(経済学) 田代 一聡氏





第5部 ETF市場における近未来創造

 変革の予感 海外の事例と国内市場変革準備

【16:30①上場投資信託(ETF)の流動性
Cantor Fitzgerald Senior Managing Director レジナルド・ブラウン氏


【16:45②欧米におけるETFエコシステムの発展
ETFGI Partner and Co-Founder デボラ・ファー氏

17:00③東証におけるETFマーケット・メーカー制度導入について
東京証券取引所 株式部 株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディング 調査役 岡崎 啓氏

17:15世界のETFトレンド、および展望
バンガード・インベストメンツ・香港・リミテッド アジア太平洋 ポートフォリオ・レビュー部門ヘッド ヤン・プー氏

17:35 パネルディスカッション5 「魅力あるETF市場構築に向けて 流動性の改善への期待と展望

≪パネリスト≫

チューリッヒ生命 チーフ・インベストメント・オフィサー兼投資部長 竹田 憲充氏

奈良中央信用金庫 常務理事 平野 吉伸氏

Flow Traders 機関投資家トレーディング部門 山田 岳樹氏

Jane Street アジア・太平洋地域 ETF セールス・トレーディング ディレクター カーティス・タイ氏

 ≪モデレーター≫
三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部 シニアマネージャー 佐々木 康平氏

18:20 パネルディスカッション6 「ETF市場の近未来創造 次なる10年への挑戦

≪パネリスト≫

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ ETF商品部長 杉原 正記氏

野村アセットマネジメント 運用調査本部 ヘッド・オブ・インデックス・プロダクト 奥山 修氏

バンガード・インベストメンツ・ジャパン 投資戦略部長 塚本 俊太郎氏

ブラックロック・ジャパン ETF事業部門長 兼 ETF事業部長 ジェイソン・ミラー氏

 ≪モデレーター≫
S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス 日本オフィス統括責任者 牧野 義之






 展示会場には協賛各社のブースが立ち並び、特に休憩時間中は多くの来場者で賑わった。





 分科会場では協賛各社提供の講演が終日にわたって行われた。プログラムは以下の通り。


【09:10-9:40一部:指数を使ったボラティリティ・コントロール:直近の市場局面で指数はどう動いたか?
                         二部:パッシブ運用とアクティブ運用のパフォーマンス比較(SPIVAレポート):最新の結果報告
S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス グローバル・リサーチ&デザイン部門 アジア太平洋地域ヘッド プリセラ・ルック氏

【09:55-10:25】ETFで広がるインカム投資~マーケットニュートラルと3つのREIT商品 中小型ETF 1年間の実績
三菱UFJ国際投信 法人投資家営業部 シニアマネジャー 佐々木 康平氏

【10:40-11:10】日本ETF市場のエコシステム、現状と課題、日興アセットの取組み
日興アセットマネジメント ETFセンター長 ETF開発部長 ETFプロモーション部長 今井 幸英氏

【11:30-12:00】地域金融機関の資金運用におけるETFの活用と課題
奈良中央信用金庫 常務理事 平野 吉伸氏

【13:15-13:45】多様化する投資家ニーズとモデルポートフォリオの進展 ~ファクター投資の再考~
ブラックロック・ジャパン マルチアセット運用部 ディレクター 新井 洋子氏

【14:00-14:30】バンガードの考えるファクター投資
バンガード・インベストメンツ・ジャパン 投資戦略部長 塚本 俊太郎氏

【14:50-15:20】激動する世界の政治経済と投資機会

ウィズダムツリー・ジャパン CEO / 最高経営責任者 イェスパー・コール氏

ウィズダムツリー・ジャパン ETFストラテジスト 渡邊 雅史氏

【15:45-16:15】ETF取引はどこで行うべきか? ~アジア、ヨーロッパ、それとも米国?~
DWSグループ ETP開発部門 アジア太平洋地域ヘッド アンソン・チャウ氏

【16:30-17:00】アクティブとパッシブの融合、その実践的アイデア ~ より効率的なポートフォリオ構築のために ~
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ ETF商品部長 杉原 正記氏

【17:15-17:45】ETF投資と企業価値の向上

野村アセットマネジメント 責任投資調査部 シニアESGスペシャリスト 大島 みずえ氏

野村アセットマネジメント 運用調査本部 ヘッド・オブ・インデックス・プロダクト 奥山 修氏



 全ての講演が終了後、閉会の挨拶を行うS&P ダウ・ジョーンズ・インデックス 日本オフィス統括責任者 牧野 義之氏







 同社は、投資可能なベンチマーク指数提供の長い伝統を持つ世界最大級の金融市場指数提供者として、市場を正確に測定するベンチマークを提供し、旗艦指数であるS&P 500およびダウ・ジョーンズ工業平均から、株式、債券、コモディティ、不動産に至るまでの透明性の高い指数を作成し提供。サービスを提供する企業は、投資運用会社、OTCデリバティブ商品発行体、ETF提供者、主要取引所、機関投資家などと多岐にわたっている。

 こうした中、2010年の純資産額約1.5兆米ドルが、2016年(12月末時点)には約3.5兆米ドルにまで拡大するなど、成長が続く世界のETF(ETNを含む)市場のなかで、国内ETFにおける2017年(年間)の売買代金は38兆8,089億円と歴代3位を記録。流動性拡大を目的に、2018年夏よりETF市場におけるマーケットメイク制度も導入されるなど、今後の継続した市場振興策と市場の成長ぶりが期待されるなか、拡大するETF市場を背景に、次回の開催もますます盛況となることが期待される。

( 写真提供:S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス /  記事、編集・制作:プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )

 




13:40 | 取材:金融・IT業界向け
2018/03/15

【パンローリング】投資ノウハウが凝縮された年に一度のスペシャルセミナー!第16回目となる「投資戦略フェア EXPO2018」を東京ドームシティ プリズムホールで開催!

| by:ウェブ管理者


 2018年3月10日(土)、
パンローリングは毎年恒例の個人投資家向けのビッグイベント「投資戦略フェア EXPO2018」を東京ドームシティ プリズムホールで開催した。

 今年で16回目を迎えた「投資戦略フェア EXPO2018」。株価が調整局面で推移する中、各講演会場にはノウハウや技術を習得し、相場の行方を占う参考にしようと多くの個人投資家が来場し、展示会場も例年通り終日賑わいをみせた。また、講演・展示終了後の会場を移しての懇親会も全国から来場した個人投資家の参加で盛り上がりを見せるなど、本年も盛況のもとに閉会した。




 寒さも緩み、天候も穏やかな中での開催となったこの日。開場は9時30分ながら、お目当ての講演の前列席を確保しようと朝8時台から行列が出来始め、開場前には写真の通り長い行列が出来た。



 会場に入場すると協賛各社の出展ブースが立ち並ぶ展示会場があり、来場者は講演会開始までブースを訪れるなどして開演を待つ。ブースでは、ノベルティー配布やデモコーナー、抽選会やミニセミナーなど趣向を凝らした催しが行われたほか、書籍販売コーナーにも多くの人が足を運んだ。

【講演会場】最高の知識や技術を学ぶ!講師陣が長い歳月をかけて培った研究成果やトレード知識を生で伝授!


 講演会場はA~D会場(D会場はIR説明会場/春のIR祭り2018)の4会場。午前の開演から午後6時過ぎまで入れ替え制で、計18セッションの講演(D会場除く)が行われた。安定した収益確保、自立した投資家を目指す参加者達は終始真剣な眼差しで各講演を聴講した。

 以下、登壇した講師、MCと講演の様子を写真で紹介する。(当日のプログラムはこちら






【展示会場】投資やトレードに役立つツールやサービスの紹介にミニセミナー&クイズや実演会、ノベルティーグッズ配布、さらには書籍販売コーナーにスタンプラリー抽選会&サイン会など、楽しみながら投資に触れあえる展示会場も終日賑わいを見せる。






 展示会場は、特に休憩時間中は出展社スタッフも大きな声でブースををPRするなど賑やかさがピークに達するなか、来場者も興味津津に各社のブースを訪れて、催しに参加したりスタッフからサービスの説明を聞いた。 

 こうして午後6時30分を過ぎた頃、全ての講演と展示が終了し、懇親会(有料)へ参加する来場者は会場へ移動した。



【懇親会】個人投資家、講師、協賛企業関係者の参加で今年も盛況に!ロビンスカップの表彰式も行われる!





 懇親会も、写真の通り多くの参加者で会場が埋まり、CMEグループ 駐日代表・エグゼクティブ ディレクター 数原 泉氏の乾杯の挨拶と音頭でパーティーがスタートした。

 しばらく後、トレーダーの発掘と業界発展のための祭典として開催されたリアルマネーによるトレードコンテスト「Robbins World Trading Championship(WTC)」(通称、ロビンスカップ)の表彰式も行われ、主催したRFS Management 代表取締役 千代田 憲明氏から、優勝したバカラ村氏など3名に賞品が手渡された。また、この後、講師陣が登壇して各自が挨拶を行った後、記念写真に収まり、閉会まで歓談の時間が続いた。

 こうして無事に全ての日程を終えた
「投資戦略フェア EXPO2018」の本年の来場者数は4,331名を記録。最高の知識や技術を学べるだけではなく、投資やトレードに役立つツールを発見できる展示会として開催される投資戦略フェアが、投資家教育や金融リテラシー向上、投資家としてのスキルアップに繋がり、多くの個人投資家が集ってコミュニケーションを交わせる貴重な場として、これからも長く開催が続くことを期待したい。



(取材、撮影:柴田 潔、村上 遥 / 記事、編集・制作:メディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )








16:08 | 取材:投資家向け
2018/03/15

【Cylance Japan(サイランス ジャパン)】最新のサイバーセキュリティ対策の情報が集まる全国4都市展開の「Security Days Spring 2018」において講演&ブース出展!東京会場3日間のセッション延べ参加者数が1万人の大台を突破!

| by:ウェブ管理者


 2018年3月9日(金)、ナノオプト・メディアは、情報セキュリティ対策イベントとして2013年から毎年開催している
「Security Days」を、東京駅(丸の内口)前にあるKITTE 4FのJPタワーホール&カンファレンスで開催した。

 サイバーセキュリティー対策の重要性が高まるなか、今回の「Security Days Spring 2018」は福岡を皮切りに名古屋、大阪、東京の全国4都市で開催され、中でも東京会場は3月7日(水)~9日(金)の3日間開催で、延べセッション参加者数は11,261名(前年9,034名)と1万人の大台を突破した。

 こうしたなか、AI (人工知能)を活用し、マルウェアファイルが動き出す前に未然に静的解析し、脅威を予測防御できる革新的なアンチウイルス製品を提供している
Cylance Inc.(サイランス)の日本法人であるCylance Japan(サイランス ジャパン)は、同イベントに協賛し、東京会場において講演およびブース出展を行ったのでその模様を紹介する。(取材日:3月9日)



 今年も同イベントの会場となったJPタワーホール&カンファレンスは、東京駅から徒歩1分という抜群のロケーションにある商業施設「KITTE」の4階にある。開演時間が9時前ということもあり、早い時間帯から多くの参加者が来場した。



 メインの講演会場は600㎡の大ホールとなっており、どのセッションも終日にわたって盛況で、セキュリティに対する来場者の意識の高さを反映していた。講演会場の横には協賛企業のブースが立ち並ぶ展示スペースがあり、特に休憩時間中は多くの来場者で賑わいを見せた。



【講演】Cylance Japan 最高技術責任者 乙部 幸一朗氏「機械学習を活用したセキュリティの現在と未来」

 乙部氏は冒頭に、本講演の目的として、まずは機械学習を使ったセキュリティの仕組みと可能性を理解した上で、本物の機械学習を活用した製品を見抜ける目を養ってもらいたいと語った後、機械学習や人工知能の現状について解説した。その中で機械学習については、「人間が自然に行っている学習と同様の機能をコンピュータで実現する技術で、サンプルデータを入力して解析を行い、そのデータから規則・ルール・判断基準などを抽出しアルゴリズムを発展させることにより、未学習のデータに対しても分類や識別を可能にする」と説明した。

  続いて、「機械学習のセキュリティへの応用とその仕組み」について、モデルを用いた予測判定の仕組みを説明し、ニューラルネットワークを用いてモデルを作成する仕組みについて例を交えながら技術的な解説を行なった。

デモンストレーションでは、平昌冬季オリンピックを襲ったマルウェア「Olympic Destroyer」の検体を使って実行前防御、効果的な検知を実証

 ここで乙部氏は、平昌冬季オリンピックをサイバー攻撃したマルウェアであるOlympic Destroyerの検体を使ったデモンストレーションを紹介。Olympic Destroyerにより開会式の直前にシステム障害が起こり、プレスセンターのインターネットテレビが一時的に視聴できなくなったほか、メディア向けWi-Fiの接続障害、大会ウェブサイトがダウンしたことなどが報道されたのは記憶に新しい中、デモンストレーションではOlympic Destroyerの検体を7個用意し、CylancePROTECTでは2年以上前に作られたモデルでも、検知と防御ができたことを来場者の前で実証した。

 また、講演の最後には機械学習のセキュリティにおけるこれからの進化と未来について触れ、ローカル学習や能動学習(機械が自分自信でデータセットを作り人間が部分的に介助する)などを取り込んでいくことで、人間と機械が協力する、あるいは人間の知識を機械に吸収させるアプローチになるだろうと語った。




【展示会場】講演後、Cylance Japanとパートナー MOTEXのブースへ多くの来場者が訪れる。


 3日間の開催中、展示スペースには多数の出展社のブースが立ち並び、各社のソリューションやサービスの紹介やPRが行われた。乙部氏の講演後は
Cylance Japanと、2016年に国内で初めてCylanceとOEMパートナー契約を結んだMOTEXとの共同ブースに、多くの来場者が訪れ、説明員によるデモンストレーションや他のアンチウイルス製品の違いなどの説明に熱心に耳を傾ける来場者が多く見かけられた。

 2012年創業のサイランスは、「2017 Japan-US Innovation Award」で最高賞である「Emerging Leader Award」を受賞するなど、世界的に大きな影響を与える可能性がある革新的なスタートアップとして注目されている企業で、斬新なのはゼロデイを含む標的型攻撃などに対して、AI (人工知能)を活用し、マルウェアファイルが動き出す前に未然に静的解析し、脅威を予測防御できるアンチウイルス製品を提供している点だ。そういった意味でサイランスはサイバーセキュリティに革命をもたらした企業であると言え、国内での今後の事業展開が注目される。

(取材、撮影、記事、 編集・制作: 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )





15:49 | 取材:金融・IT業界向け
12345

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.