写真レポート
12345
2017/02/20new

【FINOLAB(三菱地所/電通/電通国際情報サービス)】FinTechスタートアップの成長に最適な環境を実現、「FINOLABリニューアル・オープン・イベント」を開催!

| by:サイト管理者


 2017年2月1日(水)、FINOLAB三菱地所電通電通国際情報サービス)は、大手町ビルにおいて「FINOLABリニューアル・オープン・イベント」を開催した。進行は、蓮村 俊彰氏(電通 ビジネス・クリエーション・センター プランニング・マネージャー)が務めた。



 FINOLABでは、『日本に世界最高のFinancial Innovationが生まれる土壌・環境・エコシステムを創ろう』をコンセプトに掲げ、2016年2月より運営し蓄えたノウハウをもとに、FinTechスタートアップの成長に最適な環境を実現、生体認証による入退館記録セキュリティシステムに加え、イベントスペース、オープンスペース、会員ラウンジ/ライブラリー/キッチンを用意、日本最大のFinTech産業拠点(インキュベーションセンター)を目指していくという。



 冒頭の挨拶は、「The FinTech Center of Tokyo, FINOLABリニューアル趣旨」湯浅 哲生氏(三菱地所 執行役常務)が登壇。参加者へのお礼の言葉と共に、あっという間の1年だったと振り返りつつ、この喜びを分かち合いたいとした。また、このリニューアルは新旧の融合と未来を予感させると共に、金融の枠を超えて多方面の領域に向かって無限の可能性を秘めていることが最大の魅力だと語り、グローバルとの連携や、この場所から化学融合が次々と沸き起こってくることへの期待を示した。

 来賓「東京から世界に、金融イノベーションを!」神田 潤一氏(金融庁 総務企画局 企画課 信用制度参事官室 企画官)が登壇。一年前の開会式での自身の挨拶のときを振り返りつつ、今回の挨拶に合わせて自身もリニューアルをするとし、壇上で素早くスーツからTシャツ(「FinSum フィンテック・サミット」Tシャツ:取材レポート)へ装いを変え、学生とのアイデアコンテストでのFINOLABとのコラボに触れ、金融庁としてのFinTech推進を紹介。3つの柱(①法律・制度の整備、②決済の高度化、③FinTechのエコシステムの構築)について解説、オペラ「オー・ソレ・ミオ( 'O sole mio、私の太陽)」の歌声を披露した。



 来賓「日本の金融業界の未来について」渋沢 健氏(コモンズ投信 会長)が登壇。銀行発祥の地、第一国立銀行の株主募集布告の中にある一文に触れ、資本主義の原点として現在から未来へと流れる河に例え、未来に向けた成長を担うべく共感・共助・共創に向けて集まる場所が必要だとした。また、金融サービスにおいても、機能に加え、デザインや遊び心が必要だとし、FINOLABがFinTechを通じて新しい意味を生み出していく場になることへの期待を示した。

 「FINOLABが目指すもの ~リニューアルのポイント~」伊藤 千恵氏(電通国際情報サービス 金融事業開発部 部長)が登壇。スタート当初の振り返りと今回のリニューアルのポイントについて解説。これまでの運営から見えてきたことをもとに、新しいビジネスを生み出していくべく、5つのポイント(「CORPORATE MEMBERS」、「MEMBERS' PROJECTS(Inbound Tourism, Revitalizing Region Economies, Smart City, Bank API, RegTech)」、「IMPROVED FACILITY」、「EXPERIMENTAL FIELD」、「GLOBAL NETWORKS」)について詳しく解説した。



 講演「FinTechのゆくえ 2017」増島 雅和氏(金融革新同友会FINOVATORS 代表理事)が登壇。2017年はFinTechは本格的に離陸期に入り、銀行系分野(資金決済)、証券系分野(調達・運用)、保険系分野(リスク管理)まで裾野が拡大する見通しとした。また、仮想通貨ビジネス、ペイメントビジネス、小口資金調達、ブロックチェーン技術の可能性や私見を披露した。

 企業会員の挨拶「オープンイノベーションの実現に向けて」阿部 展久氏(みずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT PT長)が登壇。同グループの中期軽軽計画における金融イノベーションへの積極的取組みとFinTechへの対応を紹介。更なる協業の取組みを加速すべく「CORPORATE MEMBERS」として「Mizuho Creation Studio」を設置、意気込みを示した。



 パネルディスカッション「BANK APIによるオープンイノベーションの可能性」では、マーク・マクダット氏(マネーツリー 取締役/FinTech協会 API・セキュリティ分科会担当理事)、保科 秀之氏(Liquid Japan 代表取締役)、大久保 光伸氏(みずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT シニアデジタルストラテジスト)がパネリストとして登壇、伊藤氏がモデレーターを務めた。



 パネルディスカッション「地方創生 × FinTech」では、田中 茂樹氏(PINS Asia 取締役 アジアビジネスサポート)、富永 源太郎氏(全日空商事 リテールカンパニー WEBセールス事業部 IT戦略チーム(ANAのふるさと納税事務局))がパネリストとして登壇、泉田 良輔氏(ナビゲータープラットフォーム 取締役 兼 Longine編集長)がモデレーターを務めた。



 懇親会では、乾杯の挨拶として、小門 賢一氏(農林中央金庫 常務理事)が登壇。お祝いの言葉と共に、農林中央金庫が持つ3つの顔(機関投資家、リテールバンク、地方創生への貢献)を紹介。これまでのスタートアップ企業との交流を通じて新しいビジネスの芽も見えてきたとし、高齢化が進む地方の農産漁村の暮らしを支える取組みや代替わりする農業経営者の応援などの分野でデジタルイノベーションを活用する知恵を借りるなど、一緒に新しいサービスを手掛けていきたいと抱負を語った。



 続いて、FINOLABに入居する全てのスタートアップによるピッチが行われ、料理や飲み物を片手に情報交換が行われた。



 2016年12月22日(木) 、FINOLABは、「FINOLABリニューアル・オープン・イベント」に先立ち、「FINOLAB2.0内覧会&1.0 Closing Beer Bust!」を開催した。




 FINOLABのリニューアルに向けて、伊藤 千恵氏(電通国際情報サービス 金融事業開発部 部長)より挨拶。新しいステージに向けて、神田 潤一氏(金融庁 総務企画局 企画課 信用制度参事官室 企画官)はオペラを熱唱、会場は大いに盛り上がった。

 日本の金融業界や産業界でオープンイノベーションの波が広がり、世界レベルで金融デジタル革命が進む中、有望なFinTech領域のスタートアップやステークホルダーが集い、イノベーション創発、エコシステム形成、事業環境向上に向けた取り組みを通じてグローバルスタンダードとなる新サービス・ソリューションを産み出すことを目指していくというFINOLAB。今後の新たなステージと展開に注目したい。



 なお、電通国際情報サービスは、 2017年3月3日(金) 9:00~20:00に、丸ビルホール&コンファレンススクエアにおいて、「FIBC2017」の開催を予定している。FIBCは、金融サービスのグローバルな広がりを意識した英語ベースのコンテストを予定しており、今回で6回目を迎えるFinTech分野で最も歴史のあるイベントで、過去5回のピッチコンテストから多くのFinTechスタートアップ企業が、FinTechスタートアップの登竜門と言われている。興味のある方は、ぜひ参加されたい

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




07:34 | 写真:金融・IT業界向け
2017/02/19new

【FinTech協会】協会活動報告と法人・ベンチャー会員のマッチングプログラムのアンケート結果報告など、「第10回 FinTech協会活動報告会」開催!

| by:サイト管理者


 2017年1月26日(木)、一般社団法人FinTech協会は、グローバルビジネスハブ東京において会員向けに「第10回 FinTech協会活動報告会(月例会)」を開催した。会場にはベンチャー会員および法人会員から多数が参加。進行は、真田 紀子氏(インフキュリオン・グループ 広報・マーケティング マネジャー)が務めた。



 FinTech協会は、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じてオープンイノベーションを促進させ、FinTech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的としている。



 冒頭に、FinTech協会代表理事 丸山 弘毅氏(インフキュリオン・グループ 代表取締役)より挨拶。2016年12月1日(木)・2日(金)に開催、2日間で延べ約1,000人が来場した「FinTech Japan 2016 ~FinTechのこれから(取材レポート)」の様子や2017年のイベント企画についても簡単に紹介。また、コンプラ準備会、理事会合宿、事務局拡充のほか、全国銀行協会、FISC、経済産業省などの検討会等に委員として参加したことや金融庁へ要望を伝えるなど、近況の協会活動報告を行った。



 続いて、FinTech協会理事 荻野 調氏(財産ネット 代表取締役)より、法人・ベンチャー会員のマッチングプログラムについて紹介。ベンチャー企業および大企業それぞれに対して実施した「フィンテックベンチャーとの協業に関するアンケート」結果の報告や協会によるマッチング支援に向けた仕組みづくりに向けた取り組みについて紹介した。



 また、FinTech協会事務局 鈴木 由里氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士)より「第1回保険分科会(2017年2月21日(火)予定)」について、また、落合 孝文氏(同 弁護士 )より「第5回セキュリティ・API分科会(2017年2月23日(木)予定)」 について紹介。詳しくは、FinTech協会のホームページ(右上のログインボタンより会員専用ページへ)を参照されたい。



 最後に、マニュライフ生命のシンガポールからスペシャルゲストが登壇。その後、用意された軽食や飲み物を片手に、参加者同士の意見交換やネットワーキングを広げる懇親会が行われた。



 FinTech協会では、今回のような「協会活動報告会(月例会)」や各種分科会(コンプラ分科会、セキュリティ・API分科会、決済分科会、Eレシート分科会、保険分科会)のほか、「Meetup」や「新規入会会員向け協会説明会(2017年1月開催の様子)」などを実施している。興味のある方はぜひ入会(会員登録:理事会での承認が必要)されたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




10:08 | 写真:金融・IT業界向け
2017/02/17new

【グッドウェイ】協賛企業を中心とした取引先企業を招き、親交と意見・情報交換を目的とした第四回「協賛企業懇親会」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年2月8日(水)、グッドウェイは、東京・銀座のフレンチイタリアン 銀兎(GINTO)銀座店にて、第四回となる協賛企業を中心とした取引先関係者を招いての懇親会を開催した。懇親会は各々の参加者同士が親交を深め、意見・情報交換によるネットワークの拡大を目的として毎年行われている。



 当社 メディアプロモーション事業部長 柴田 潔 による乾杯の後、代表取締役社長 藤野 宙志より、最近の金融・IT業界を取り巻くフィンテック事情やシリコンバレー視察ツアーについてなど、活動内容の報告が行われ、その後交流会がスタートした。



 リラックスした雰囲気の中、名刺交換や意見・情報交換・近況報告などをしながら歓談時間を過ごす。



 余興タイムには、国民的アイドルグループ AKB48のマジック指導を担当、自らもTV出演や多くのテレビドラマ・バラエティー番組でマジック指導・監修を担当するマジシャン SHOW氏によるマジックが披露された。



 再び歓談の後、最後に参加いただいた企業の一部の方々に簡単なメッセージも頂戴し、会はお開きとなった。

 グッドウェイは、従来からのメディアプロモーション事業イベント事業(例:AML2017)講演・研修、リサーチサービスのほか、新たに手掛け始めた「海外視察ツアー」や
FinTech Insight ベンチャー紹介サービス」、FinTech協会の事務局の運営開始を提供。こうした事業拡大を通じて、協賛・取引先企業への貢献と金融・IT業界の発展を目指し、これからも活動を続けていく。

 あらためて、当日にご参加いただいた皆様に心より御礼を申し上げたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ



13:52 | 写真:金融・IT業界向け
2017/02/12

【DANベンチャーキャピタル/グッドウェイ】FinTech企業からゲスト講師を招き、参加者と共に新たな事業発展を考える、第7回~第11回「FinTech実務研究会」開催!

| by:サイト管理者

 DANベンチャーキャピタル出縄&カンパニーグッドウェイは、帝国ホテルタワー15階 リージャス日比谷センター セミナールームにおいてFinTech企業からゲスト講師を招き、参加者と共に新たな事業発展を考えることを目的に「FinTech実務研究会」を開催している。冒頭に、グッドウェイ 代表取締役社長 藤野 宙志より、FinTechを取り巻く環境変化と最新動向についての紹介のほか、 ゲスト講師の講演および質疑応答、最後に、DANベンチャーキャピタル 出縄 良人氏 より「ベンチャーキャピタリスト養成講座」および同社が準備を進めている株式型投資クラウドファンディングについて紹介。



 2017年2月10日(金)、株式会社MFS 代表取締役CEO 中山田 明 氏をゲスト講師に迎え、第11回FinTech実務研究会「住宅ローンファイナンス&アナリティクス、借り換え促進」を開催した。同社の概要、経営陣、モゲチェック、モゲチェックプラザに加え、新たなサービス「モゲスコア」や今後の事業提携について披露した。

【ゲスト講師(中山田 明 氏):プロフィール】1991年、東京大学経済学部卒。1993年、キダー・ピーボディ証券会社にて米国MBSの債券セールスに従事。1998年、ベアー・スターンズ証券会社に移籍後、日本初の住宅ローン証券化案件となるSHL 1999-1の組成に参画。2000年、株式会社新生銀行及び新生証券株式会社にてMBSビジネスを牽引。ハイドラ・シリーズをはじめとする総額5,000億円超のMBSの組成・販売に携わる。(2009年迄) 2001年、グッドローン株式会社(現アルヒ株式会社)がオリジネートする住宅ローン債権を継続的に買い取り証券化する日本初のコンデュイット型MBSプログラムを開始。、2011年、SBIモーゲージ株式会社(現アルヒ株式会社)に入社。CFOとしてSBIフラットαやSBIフリーダム等のローン商品開発を主導。2014年、株式会社MFS(Mortgage Financial Solutions)代表取締役CEOに就任。



 2017年1月19日(木)、株式会社カウリス CEO 島津 敦好 氏をゲスト講師に迎え、第10回FinTech実務研究会「不正検知、ユビキタス社会の次世代サイバーセキュリティ」を開催した。

【ゲスト講師(島津 敦好 氏):プロフィール】創業者CEO 京都大学卒業後、株式会社ドリコムに入社。セールス担当として、同社IPOを経験。2010年、オンライン英会話学習のロゼッタストーン・ジャパン株式会社入社。法人営業部を立ち上げる。2014年よりCapy社入社。事業部長として不正ログイン対策のソリューションの提案を大手企業に提案。同時にメディアを通じたセキュリティ意識向上の啓蒙活動を実施。2015年12月、株式会社カウリス設立。



 2016年12月1日(木)、ドレミング株式会社 代表取締役CEO 桑原 広充 氏をゲスト講師に迎え、第9回FinTech実務研究会「金融難民をモバイル決済で救済、貧困格差を減らす」を開催した。

【ゲスト講師(桑原 広充 氏):プロフィール】石油会社での勤務時代、仙台市で東日本大震災に遭遇し「人生を後悔したくない」と起業を決意する。2014年、起業準備中にキズナジャパン株式会社と出会い、志に魅かれ入社、その翌年にスピンアウトにてドレミング株式会社を設立する。世界の20億人の銀行口座を持っていない労働者を支援するため新たな金融サービスの提供を目指し、福岡、東京、ロンドン、サンフランシスコを拠点に展開をしている。2016年3月 起業家万博にて総務大臣賞を受賞、2016年4月 III(三井住友フィナンシャルグループ)主催「未来2016」にてFinTech部門で優秀賞を受賞、2016年8月 NTTデータ社主催「豊洲の港から」オープンイノベーションビジネスコンテストで最優秀賞を受賞。



 2016年11月11日(金)、株式会社トーラス 代表取締役 木村 幹夫 氏をゲスト講師に迎え、第8回FinTech実務研究会「ビックデータで価値創造不動産登記の変化予測」を開催した。

【ゲスト講師(木村 幹夫 氏):プロフィール】福岡県出身。金融・不動産業に特化したマーケティング・コンサルティングを行う、株式会社トーラス代表取締役。慶応義塾大学経済学部卒業。さくら銀行(現、三井住友銀行)で富裕層マーケットの開拓、情報企画部門にてビックデータの解析および行員の営業活動の最適化を支援。巨大銀行の合併マネジメントシステムを3ヶ月で短期開発。2003年にトーラスを起業。不動産のビックデータを活用した、営業支援システムの構築、コンサルティングを行う。大手金融機関のクライアント多数。MIT(米国マサチューセッツ工科大学)コンテストでの受賞実績。



 2016年10月6日(木)、株式会社Kyash 代表取締役(Founder & CEO)鷹取 真一 氏をゲスト講師に迎え、第7回FinTech実務研究会「通貨を越える仕組み、新たな決済プラットフォーム」を開催した。

【ゲスト講師(鷹取 真一 氏):プロフィール】早稲田大学国際教養学部卒業後、三井住友銀行に入行。法人営業を経て、経営企画にて海外拠点設立、金融機関との提携戦略・新規事業やLPとして海外出資案件を担当。その後米系戦略コンサルファームにて、日米拠点にてB2C向け新規事業に携わる。2015年1月に株式会社Kyash創業し、新たな決済プラットフォームの構築に従事。2015年9月よりFinTech協会の理事。

 DANベンチャーキャピタルは、ユニークなプライベート・ベンチャーキャピタル・ファンド(PVCF)を組成し、投資先の成長支援にクラウドファンディングを取り入れる新たなタイプのベンチャーキャピタル(DANベンチャーキャピタルの投資ファンドはこちら)。個々のキャピタリストは専門の知識・技術・経験を有するだけでなく、アントレプレナーの心を理解し、本気で暖かくも厳しい支援をする自立した専門家として、インディペンデントな立場から、日本の新たなベンチャーキャピタルとしてのインフラづくりに挑戦していくという。今後の展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





09:37 | 写真:金融・IT業界向け
2017/02/07

【日本イスラエル商工会議所(JICC)主催/駐日イスラエル大使館後援】イスラエル首相特使 マイケル・オレン(Dr. Michel Oren)氏による特別講演、「日本イスラエル商工会議所20周年記念講演晩餐会」開催!(FinTech関連)

| by:サイト管理者
The 20th Anniversary of the establishment of the JAPAN ISRAEL CHAMBER OF COMMERCE with Mr. Michael Oren, Special Envoy, Prime Minister of Israel @ Imperial Hotel ,Tokyo on February 2nd, 2017



 2017年2月2日(木)、日本イスラエル商工会議所(JICC:Japan Israel Chamber of Commerce)および駐日イスラエル大使館は、帝国ホテル(桜の間)において、イスラエル国首相の特使であり、イスラエル国首相官邸副大臣、元駐米国イスラエル大使を歴任したマイケル・オレン(Dr. Michel Oren)氏を迎え、「日本イスラエル商工会議所20周年記念講演晩餐会」を開催した。

 会場には、日本イスラエル商工会議所(JICC)のほか、一般社団法人日本イスラエルビジネス協会(JIBA:Japan Israel Business Association)、公益社団法人日本イスラエル親善協会(JIFA:Japan Israel Friendship Association)、駐テルアビブ・イスラエル日本商工会議所友好協会(IJCC:The Israel-Japan Friendship Society and Chamber of Commerce)、駐日イスラエル大使館の関係者が訪れた。



 冒頭に、ルツ・カハノフ(Ruth Kahanoff)駐日イスラエル大使より挨拶。参加者へのお礼の言葉と共に、日本イスラエル商工会議所(JICC)の20周年に対するお祝いの言葉が述べられた。なお、この日の司会は、JICC 事務局 藤原 ヒロミ氏が務めた。

 続いて、マイケル・オレン氏より、「今日のイスラエルの政治;経済とこれからの日・イ関係の展望」と題して特別講演が行われた。同氏は、日本とイスラエルの共通点などに触れつつ、自身の日本との関りや、今後の両国の関係などについて展望を述べ、私見を披露した。しばらく、参加者との質疑応答が続いた。

 その後、イスラエル財務省 Fleischman-Alaluf Boaz氏(State of Israel Minister of Finance / Director International Investment Agreements)より、日本とイスラエルの間に交わされた「日・イスラエル投資協定」について説明が行われた。


 2017年2月1日、岸田文雄外務大臣とモシェ・カハロン・イスラエル財務大臣(H.E.Mr. Moshe Kahlon, Minister of Finance)との間で、両国間の投資を容易にし、相互経済活動を促進する環境整備を目指して「投資の自由化,促進及び保護に関する日本国とイスラエル国との間の協定(AGREEMENT BETWEEN JAPAN AND THE STATE OF ISRAEL FOR THE LIBERALIZATION, PROMOTION AND PROTECTION OF INVESTMENT)」(日・イスラエル投資協定)の署名が行われた。

 日・イスラエル投資協定の署名(外務省ホームページ)




 全ての講演が終わり、ビュッフェ料理をとりながらの懇親会が行われた。また、“命のビザ”発給で知られる杉原 千畝氏の四男 杉原 伸生氏からも挨拶が行われた。これからの、日本とイスラエルの両国間の経済関係の一層の発展に期待したい。



 イスラエルは金・土が週末(日~木がビジネスデイ)。主な公共交通手段はバスとタクシー(地下鉄は無く、鉄道を利用することも少ない)。多くの他国と隣接する地域がら、イスラエルでは男女ともに兵役の義務があり、国境の警備、入出国時のセキュリティなど厳格な姿勢と国民ひとりひとりの意識が高く、想像以上に安心して過ごすことができる。

 欧米企業との最先端分野で 培われたイスラエル企業の技術や発想、小さな国であるがゆえにグローバル市場に目を向けて取り組む強いパッションが、日本とイスラエルの関係強化により、イノベーション/新産業創出につながることを期待したい。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




14:12 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.