金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート
12345
2019/08/24new

【第二地方銀行協会】地域金融機関のデジタル化に向けて、第2回 SARBLAB Meetup「RPA、AI-OCR」開催!

| by:サイト管理者


 2019年7月23日(火)、一般社団法人第二地方銀行協会は、加盟銀行向けに 第2回 SARBLAB Meetup「RPA、AI-OCR」を東京・半蔵門駅近くの第二地方銀行協会の大会議室で開催した。

 SARBLAB(Second Association of Regional Banks Laboratory)は、第二地方銀行協会が運営する地方銀行のデジタル化とスタートアップとのオープンイノベーションをサポートするプラットフォームで、この日のテーマは「RPA、AI-OCR」。加盟銀行と連携・協業が期待されるスタートアップやIT企業とのマッチング・交流を目的とし、多くの銀行担当者が参加した。



 「ビジネス交流会」では関連企業9社(アライズイノベーションアイティフォーSBI Antworks AsiaKYCコンサルティングシナモンチュートリアルTISネットスマイルロボット投信)によるプレゼンテーション(ピッチ)が行われた。



 1社目は、齋藤 貴司氏(アライズイノベーション 営業部 シニアマネージャー)が登壇。
 2社目は、齋藤 岳深氏(アイティフォー CTI・通信システム事業部 営業一部 第一グループ 課長)が登壇。



 3社目は、山田 聡氏(SBI Antworks Asia 代表取締役社長)が登壇。
 4社目は、飛内 尚正氏(KYCコンサルティング 代表取締役)が登壇。



 5社目は、坂谷 真海氏(シナモン Business Department)が登壇。
 6社目は、松本 大介氏(チュートリアル Account Executive)が登壇。



 7社目は、小林 秀史氏(TIS サービス事業統括本部 ペイメントサービスユニット フィナンシャルサービス部長)が登壇。
 8社目は、小笠原 光志氏(ネットスマイル シニアコンサルタント)が登壇。



 9社目は、野口 哲氏(ロボット投信 代表取締役)(RPA)が登壇。



 全社のプレゼンテーション終了後はビジネス交流会へ。各企業のテーブルで参加者との個別面談に続き、少人数グループに分かれて参加者間で意見・情報交換が行われた。



 SARBLABでは、地域経済の発展と、地域住民の豊かな暮らし、地域創生の実現を後押しするイノベーションの取組みを推進していくという。これからの第二地方銀行協会と地域金融機関におけるオープンイノベーションの実践と展開に注目したい。

 なお、SARBLABについては「SARBLABチャンネル(一般社団法人第二地方銀行協会)」(YouTube)もぜひ視聴されたい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




10:00 | 写真:金融・IT業界向け
2019/08/21new

【日本金融監査協会(IFRA)】夏季集中セミナー「金融機関経営の将来展望―持続可能なビジネスモデルを考える」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年8月19日(月)、日本金融監査協会(IFRA)は、市ヶ谷駅にある法政大学 新一口坂校舎において、「金融機関経営の将来展望―持続可能なビジネスモデルを考える」を開催した。


 講演「金融機関経営の将来展望―持続可能なビジネスモデルを考える」では、大庫 直樹氏(ルートエフ 代表取締役、金融庁参与)が登壇。




 日本金融監査協会(IFRA)は、金融の分野で、リスク管理、監査等に関わる高度な人材の育成を支援し、リスク管理と監査の発展に貢献することを目指して設立された非営利組織(設立と活動の目的)。経営マネジメント、企画部門、リスク管理部門、監査部門の担当者向けに、各分野の実務家、専門家を招き、リスクマネジメントと監査のポイントについて実費相当の廉価な価格(非営利の活動)で研修セミナーを企画・開催している。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




09:27 | 写真:金融・IT業界向け
2019/08/20new

【東濃信用金庫/ココペリ】金融機関連携プラットフォーム「Big Advance 導入に関する合同記者発表会」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年8月7日(水)、ココペリは、金融機関連携プラットフォーム「Big Advance 導入に関する記者発表会」を開催した。


 記者会見には、近藤 繁氏(ココペリ 代表取締役CEO)と、市原 好二氏(東濃信用金庫 理事長)が登壇。それぞれの思いを語った。


 市原 好二氏(東濃信用金庫 理事長) は挨拶で、「私たち金融機関を取り巻く環境は厳しいものがありますが、地域のお客様へ付加価値のあるサービスの提供や経営支援をしたいと常々思っていました。このBig Advanceは横浜信用金庫様とココペリの共同開発ということで、地域金融機関のニーズが反映されたシステムになっています。私たちの強みである『Face to Face』とITベンチャーであるココペリの『テクノロジー』を組み合わせたBig Advanceを活用し、『Face to Face』をさらに進化させた『Heart to Heart』というお客様に寄り添ったスタイルを確立したいと思います。今期末、2019年3月までに地域企業1,000社のBig Advance登録を目標としています。」と語った。


 近藤 繁氏(ココペリ 代表取締役CEO) は挨拶で、「歴史ある東濃信用金庫様にBig Advanceをご導入いただくことを、本当に嬉しく思っています。このBig Advanceは『Face to Face』と『テクノロジー』を掛け合わせることで『新しい日本を作る』というミッションを掲げています。地域企業・金融機関を活性化することで、地域から日本全体を盛り上げていきたい、そして本プラットフォームを活用いただくことで、デジタルBANKへの入口になれればと思っています。また岐阜県・愛知県は、特にモノ作りの技術や資源が豊富ですので、本地域の企業と繋がりたいと考える他県の企業は多いのではないかなと考えております。Big Advanceを通じて、地域を超えた新たな繋がりが創出されることを期待しています。中長期的計画としては、海外の金融機関に入っていただくことでプラットフォームの中で日本の地域と海外が繋がるという世界観を作っていきたいと思っています。Big Advanceはクラウドサービスですので、今後も続々とアップデートを予定しております。ぜひ今後のBig Advanceにもご期待ください。」と語った。

 「Big Advance」は企業情報などから成約率の高いマッチングを自動提案するAI技術を導入するなど、既存の概念に捉われず一歩先を行く取組みを行って、プラットフォームとしての価値最大化を図り、さらなる地域活性化への貢献と広域連携を目指していくという。今後の金融機関や広域連携によるつながりを、創出する「Big Advance」を提供するココペリの今後の展開に注目したい。


(取材、撮影、記事 : ココペリ、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






19:15 | 写真:金融・IT業界向け
2019/08/16

【iBankマーケティング(ふくおかフィナンシャルグループ)】銀行と顧客の間に立つ日本のネオバンク(neoBank)へ、「iBank事業」に関する記者向け説明会を開催!

| by:サイト管理者


 2019年5月31日(金)、iBankマーケティングふくおかフィナンシャルグループ)は、東京八重洲にあるコワーキングスペース「DIAGONAL RUN TOKYO」において、「iBank事業」に関する記者向け説明会を開催した。

 説明会の会場には、多くのメディア、投資家・アナリストのほか、将来の採用を見据えた学生が訪れた。



 「『iBank』が目指す金融サービスの新しいカタチ ~ 福岡発 × 地方銀行初 FinTechベンチャーの挑戦 ~」では、永吉 健一氏(iBankマーケティング 代表取締役)が登壇。

 お礼の言葉と共に、自己紹介として、iBankマーケティングの代表、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の事業戦略部の行員、ゼロバンク・デザインファクトリーの取締役COO、DIAGONAL RUNのチェアマンなど兼務していることを紹介。10年ほどFFGをつくる企画や設立に携わり、その間、常に新しいことをしてきたとし、その延長線上で、FFGの経営から、これからの5年後10年後を考え、それを形にしてほしいという使命を受け、2016年4月に企業内起業の社内ベンチャーとして、iBankマーケティング を自前で出資し設立した経緯を明かした。



 永吉氏は、FinTechについて「これまで出来ないと言っていたことが、テクノロジーをうまく使えば、自分たちでもできるようになること」と定義し、全ての業務ラインにデジタルを活用し、事業戦略に落とし込んでいくと語った。その上で、iBankマーケティングの株主(プラットフォーム参画銀行、ベンダー、生損保、広告代理店など)が持つ様々な知見と共に、Tシャツ姿で、クリエイティブな空間で、アイデアを出していきたいとした。

 サービスコンセプトとして、デジタルに触れ、若い人が銀行離れを起こしている中、これまで、年齢と共に生活のライフスタイルの中で銀行口座が増え、後からそれをまとめて管理するという現状から逆の発想でアカウントアロケーション機能を設計。家、車、旅行、結婚、子育て、プレゼント、美容・健康、ファッションなど目的預金を通じて、預金の裏側にある、夢、目的、への「想い」など、お金に色を付けることで情報価値を高め、それが欲しい様々な事業・サービスを提供している法人とつなぐサービスの循環を作っていくとした。

 また、貯めていく過程を可視化することで、毎月の収支に応じて、黒字の場合は預金するか運用するかといった提案、赤字の場合や目的の早期実現に向けてはローンの活用などを提案していきたいとした。



 iBankマーケティングは、ベンチャー企業として、銀行代理業(手数料)とマーケティングビジネス(金融以外のデータを収集)の2つの軸で事業を展開。社内にデータサイエンティストを抱え、デジタルマーケティングソリューションのモデルを開発。広告代理店/マーケティングエージェンシーとして、法人向け広告ソリューションは既に180社以上のパートナー企業向けに提供実績があることを明かした。

 また、オープンバンキングとしての『iBank』の金融サービスプラットフォームについて解説。先行して展開する福岡(長崎・熊本)で蓄積した知見・ノウハウを他地域にも展開することで、更なるローカルエコシスエムの拡大を図るとともに、提携先との地域間連携を通じて、単一地域では成し得ないバーチャルな広域経済圏による果実を共有し、FFGの枠組みを越えてサービス連携行の"輪"を拡大すべく、オープンAPIを活用したFinTechサービスの連携を推進していくとした。



 今後の展開では「これまでの銀行と決定的にアプローチが異なるのは、ゲームと同じで常に新しいものを提供しないとユーザーは離脱する」とし、全国の金融機関の参画(共同開発)を進め、より便利で新しいサービスを順次展開していくと語った。

 その上で、これまで「全てワンストップサービス」が銀行の強みだったが、iBankマーケティングは、銀行と顧客の間に立ち、優れたUI/UXを武器に、特定のコミュニティ等に革新的な金融サービスを提供する日本のネオバンク(neoBank)として、海外のネオバンク(neoBank)の代表格 SIMPLE社と比較し、収支管理に加え、融資、ポイント、資産運用など、銀行代理業電子決済等代行業の二つのライセンスを持っていることを強みに事業展開していくとした。

 「銀行のためのプラットフォーム(銀行代理業)」
 「FinTechのためのプラットフォーム(電子決済等代行業)」
 「個人と法人をつなげるためのプラットフォーム(B2B2C)」

 「これまでにない 新しい金融と非金融が "つながる" プラットフォームサービスを提供していきたい」と締めくくった。



 「『Wallet+』のAPIを活用したピッチイベントの開催について」では、2019年7月11日に開催する「Wallet " + " Bank " × " API = neoBank's Services!」の概要について紹介。銀行APIを活用したサービスのアイデア出し、発案プロセスの試行を目的としたピッチイベントを開催することを明らかにした。<※参考(ピッチイベント開催の様子はこちらへ)>

 同ピッチイベントは、iBankマーケティングが主催し、ふくおかフィナンシャルグループ沖縄銀行十六銀行南都銀行広島銀行山梨中央銀行の共催により開催。

 説明にあたった永吉 健一氏(iBankマーケティング 代表取締役)は、「金融・非金融を問わず、APIで新しい付加価値をつけていく」とし、「参画している地銀と一緒にリレーションのあるスタートアップ、地域のITベンダーの方々に声をかけ、提案してもらう」と語った。


 「世の中的にはあたりまえに活用されているAPIについて、金融機関では、まだまだ、ほとんど活用できていない」との認識を示し、その背景として、銀行がAPIを使うにあたり、「銀行なのでセキュリティや、金融サービスのシチュエーションとか、どうやって使っていいのかわからない」という声をけっこうよく耳にするとした。

 その上で、「参画銀行は『Wallet+』の機能を使うためのAPIを呼び出すために応答するようなカタチで、各銀行にAPIを開発いただいている。Wallet+のAPIにつながる、ということは、Wallet+上でサービスを実現することもできるし、ともすると、そのインターフェイスは各銀行から出ているので、Wallet+ではなく、銀行本体でも新しいサービスを直接取り込んで実装することもできる。」と解説。

 一般的な共通の参照系や更新系のAPIもさることながら、共通のAPIではできないことをどうしたらできるかを考え、個別のAPIとして参照系(カードローン残高やデビット明細の照会)、更新系(カードローン借入/返済)など実装していることを紹介。「こういう使い方があるんだ、というイメージを持ってもらうことで、金融ではないビジネスパートナーが、自分たちのサービスをどのように取り込んでいけばよいか、いろいろなアイデアを出してもらいたい」と語った。



 ピッチイベント開催発表の記念撮影に続き、永吉氏の乾杯の音頭で懇親会がスタート。メディア関係者との歓談が広がった。



 2019年8月7日(水)、ふくおかフィナンシャルグループは、「「みんなの銀行設立準備株式会社」の設立について ~ゼロベースで設計するデジタルネイティブバンクの設立に向けて~」を公表。2019年4月23日(火)に公表した「デジタル時代に即したシステム開発子会社の設立について ~「ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社」の設立 ~」に続き、次世代バンキングシステムの研究開発およびBaaS(Banking as a Service)型ビジネスの検討を進めていくという。

 ふくおかフィナンシャルグループが目指す、従来の枠組みに捉われることなく、『ゼロベース』から設計する“全く新しい”銀行(=『デジタルネイティブバンク』と定義)の設立に向けて、今後の取組みと展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






12:24 | 写真:金融・IT業界向け
2019/08/13

【よんなな会運営事務局】全国の地方公務員と国家公務員が一堂に集まる会、「よんなな会@横浜ランドマークタワー」開催!

| by:サイト管理者


 2019年6月30日(日)、よんなな会運営事務局は、横浜みなとみらいにおいて、「よんなな会@横浜ランドマークタワー」を開催した。「よんなな会」は、47都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなげることで日本全体を有機的につなげることを目的に、公務員と学生限定のイベントとして全国各地で定期的に開催されている。




 当日は多くの公務員や学生が訪れ、普段の肩書を脱ぎ捨て交流を楽しむというコンセプトの下、子供達が遊べるキッズスペースも用意され、家族と共に参加する姿も見られた。運営スタッフの学生が見守る中、いよいよ「よんなな会」がスタート。



 オープニングのムービーで会がスタートし、開会の挨拶では、脇 雅昭氏(よんなな会 代表、神奈川県 政策局未来創生担当部長)が登壇。公務員の志や能力が1%上がれば世の中無茶苦茶良くなるんじゃないか、公務員には無限の可能性があるとし、人類史上、最強に、人と人がつながりやすくなっている中、「信頼」の連鎖で一緒に世の中を良くしていこうと語った。



 この日は、全国各地(奈良、福井、神戸、宮崎、壱岐島)とネットでつながり、双方の様子を配信。続いて、今回、新たな「よんなな会」のロゴを手掛けた紫舟さん(書家)より、ロゴに込めた想いについて説明。



 ハンズアップルールの説明、参加者の紹介、今回の会場となったランドマークの由来と想いを披露し、本編がスタート。



 ゲスト講演「地方を面白く 公務員の必要性」では、岡本 啓二氏(宮崎県こゆ郡新富町  一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 執行理事)が登壇。地域商社「こゆ財団」が手掛けている地域ビジネスのプラットフォームを紹介。特産品で稼いで、人材育成に投資するという事業モデルを軸に、新富町ふるさと納税の取組みを推進。人材育成を通じて起業家を育てるべく、人材育成塾の修了生による移住など、移住者が集まる町としての活動と実績を紹介。商店街で開催される朝市が移住案内所になっているほか、全国から視察訪問が相次いでいるという。実際に、地域に飛び込んで活躍している橋本 健太氏(一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 チーフコーディネーター(人材育成・産官学連携統括))も登壇、自身の取組みと想いを披露した。



 続いてゲスト講演は、大棟 耕介氏(NPO法人 日本ホスピタル・クラウン協会 理事長)が登壇。サーカスなどで知られるクラウン=道化師として、病院にいる子供たちに多くの笑いを届けるなど、本質的に人が求めている笑いの力の源についてなど、数々のスピーディーなパフォーマンスと熱いトークで、プロとしての信念を語った。



 休憩をはさみ、懇親会に向けて、参加者が持参した一人一品のイチオシの地域の地元の特産品(食べ物、飲み物)が集まる。



 「よんなな会 スペシャルティコーヒーとは」では、古橋 伯章氏(有限会社フルハシ コーヒーファクトリー 代表)が登壇。当日は会場内でコーヒーを提供するブースを出展。スペシャルティコーヒーの定義や品質について解説した。



 「笑顔づくりと感染症予防の社会装置「エミーウォッシュ」」では、末吉 隆彦氏(マイネム 代表取締役)が登壇。全国47都道府県のエミー(笑顔)を伝える写真を探すフォトコンテスト「インスタグラムフォトコンテスト2019」の開催について紹介。

 「8ミリフィルムで繋ぐ地域の記憶」では、三好 大輔氏(地域映画監督 東京藝術大学大学院専門研究員、アルプスピクチャーズ 代表)が登壇。地域に眠るホームムービーを掘り起こし、市民主体の記録映画による持続可能な地域映画のサイクルを解説。



 続いて会場ステージの両サイドに設置された「竹あかり」を手掛けた 池田 親生氏(CHIKAKEN 竹あかり演出家)が登壇。「竹あかり」の物語を丁寧に広げ「竹あかりが、新たな日本の文化」として根付くことを目指す活動とその想いについて紹介。

 「三菱地所の取組み」では、牛尾 莉緒氏(三菱地所 常盤橋開発部 事業推進ユニット 兼 開発戦略室)が登壇。日本を明るく、元気にすべく、東京駅前常盤橋プロジェクトの概要や、日本全国懸け橋プロジェクトにおける橋洗いの活動について紹介。



 ゲスト講演「世界最高齢84歳プログラマー」では、若宮 正子氏(NPOブロードバンドスクール協会 理事、メロウ倶楽部 副会長)が登壇。GPFI(Global Partnership for Financial Inclusion)における高齢者問題や各国の対応、高齢者のIT教育、エストニアの電子政府に関する所感や数々のシステムやサービスの体験を報告。先端技術による高齢者の自立支援と再教育により、高次元の社会参加が可能になるとし、高齢化と金融包摂の問題解決に向けた今後の方向について語った。



 続いて、公務員ピッチへ。

(1)「東北OMを体験してみませんか?」
   後藤 好邦氏(山形市 企画調整部 企画調整課 課長補佐 兼 政策調整係長)

(2)「ワールドマスターズゲーム2021関西に参加していただける方・一緒に広めてくれる方の募集」
   吉田 武司氏(ワールドマスターズゲーム2021 関西組織委員会)

(3)「よんなな・オリンピック・パラリンピックを楽しみに思う会 メンバー募集!」
   丸山 泰明氏(財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 大会運営局 会場マネジメント部 
   会場企画課 会場企画担当係長)

(4)「よんなな宇宙会」
   黒瀬 貴弘氏(大学共同利用機関法人自然科学研究機構 国立天文台 事務部施設課保全管理係)

(5)「ナッジ理論をあらゆる政策に!YBiT研究会の参加者募集中」
   大山 紘平氏(横浜市役所 医療局 医療政策課担当係長)

(6)「勝手に水球を応援する人募集」
   坂井 孝行氏(新潟市役所、早稲田大学 総合研究機構プロジェクト研究所 社会連携研究所(RBSL)招聘研究員
   公共経営修士)



(7)「VRによって、障害で自分の可能性をあきらめなくていい社会を実現する」
   梅津 円氏(立教大学4年、Adversity Project 吃音VR プロジェクトリーダー)

(8)「新しい防災・災害対応ボランティアN2EM(ネム)の紹介」
   取出 新吾氏(国立研究開発法人 防災科学技術研究所 総合防災情報センター センター長補佐 
   (兼)首都圏レジリエンス研究センター センター長補佐(プロジェクト連携担当))

(9)「令和を創る平成生まれのイノベーション論」
   山下 慶太郎氏(経済産業省 産業技術環境局 総務課)

(10)「新NPO法人メンバー募集」
   榊田 直美氏(千葉県 職員(地域振興担当) 事業構想修士(MPD)チーム千葉県 幹事)

(11)「#不登校は不幸じゃないを広げるために47都道府県を周ります!」
   小幡 和輝氏(内閣府 地域活性化伝道師 #不登校は不幸じゃない 発起人)

(12)「公務員と金融マンの交流会「ちいきん会」活動状況」
   本橋 大輔氏(ちいきん会事務局)、目黒 浩史氏(ちいきん会事務局)


 最後に、社会起業家ピッチへ。

(13)「地域の困りごとをお手伝いしながら、知らない地域を旅する、おてつたび」
   永岡 里奈氏(おてつたび 代表取締役CEO)



 ピッチが終わり、キッズスペースから子供達が壇上に集まり、この日の感想やそれぞれが描いたアートを披露。


 その後、懇親会へ。ピッチに登壇したスピーカーは、星形の風船を身に着け、遠くからでも居場所がわかるような工夫も。



 荒木田 百合氏(横浜市 副市長)による乾杯の挨拶で懇親会がスタート。一人一品持参した地元の美味しい特産品が振舞われ、隣り合う人が次々とつながり、親睦を深め合った。



 最後は参加者全員で記念撮影。盛り上がる懇親会の中、ハンズアップルールで速やかに集結、47ポーズで撮影が行われた。




 最後に、よんなな会運営事務局のメンバーが集まり、当日を振り返り、今後に向けた抱負を語り、盛況のうちに閉会した。



 2019年6月29日(土)、よんなな会運営事務局は、神奈川県川崎市にあるOn The Marks 川崎において、「よんなな会 前夜祭」を開催した。



 日本全国遠方から参加する公務員向けに、より深いつながりを創るべく、「前夜祭」と称して飲み会を開催。開催を重ねるごとに熱量が増しているという。参加者は歓談のひと時を楽しんだ。



 47都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなげることで日本全体を有機的につなげることを目的とした「よんなな会」。今回は横浜ランドマークタワーで開催され、過去一番の参加者数となり、講演会や交流会を通じて、より深いつながりが数多く生まれた。今後の「よんなな会」の活動と公務員の無限の可能性に注目したい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




08:00 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.