金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
写真レポート
12345
2021/04/12new

【山形県】食の力で地域活性化を!ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第2回オンラインセミナー「地域食材による持続的な地域活性化」を開催!

| by:ウェブ管理者

 2021年4月8日(木)、山形県は、ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第2回オンラインセミナー「地域食材による持続的な地域活性化」を開催した。

 この日は山形の恵まれた食材をテーマに、豊かな自然とおいしい農産物・水産物に恵まれ、地域独自の食文化が発展してきた山形で、いかにして環境、文化、健康、経済のバランスの取れた持続可能な食の循環を実現し、食材を活用した取組で地域を盛り上げていくのかを議論した。



 イノベーションの拠点となる「山形イノベーション中央駅」のシンボルであり、周囲に桜が咲き誇る霞城セントラルの24階展望ロビーに開設されたスタジオから配信されているこの日のセミナーも、前回に続き、吉田 克己さん(山形県 みらい企画創造部 ふるさと山形移住推進課)の進行でスタートした。



 イベントのプレゼンテーターであるジョージ・ヤマガタ氏は開演挨拶で、各地で食材の魅力を発見し引き出し、それを人々と分かち合う熱い想いを持った方々による今日のパネルディスカッションが楽しみであると冒頭に述べた。また、地域で連綿と育まれてきた食材を取り巻く文化が徐々に失われ、農林水産物の大量生産、大量消費が続く今、代々受け継がれてきた食材・食文化と自然環境を次世代に残さずに日本が魅力的な国として続いていくことが困難になるだろうとして、今日の議論を通じて持続可能な地域のあり方、すなわちSDGsにも想いを馳せながら山形の食の魅力を感じて貰えればと挨拶で語った。

パネル 『地域食材による持続的な地域活性化』



 パネルディスカッション『地域食材による持続的な地域活性化』には、角田 歩さん(鮭川村地域おこし協力隊)、冨樫 シゲトモさん(羽越のデザイン企業組合 代表理事)、松並 三男さん(鮭川村地域おこし協力隊)、松本 友哉さん(合同会社とびしま 共同代表)、渡辺 歩さん(Due代表、communeAOMUSHI 取締役)が出演し、佐々木 ひろこさん(フードジャーナリスト/一般社団法人Chefs for the Blue 代表理事)が進行役を務めた。


(写真は、パネル内で共有された飛島の様子:松本 友哉さん)

 パネルではフードジャーナリストとして、水産資源の減少への危機感からボトムアップの意見形成の活動としてセミナー等の様々な取り組みを行っている進行役の佐々木さんが、日本の豊かで多様な食文化を未来に繋いでいくためには、地域の食材・生産物が無くてはならないものであり、今日はそれを支えている皆さんの話を聞かせていただければと冒頭に挨拶。各自の活動紹介の後、焼畑の温海かぶ、クラウドファンディング、白鮭と村の歴史・文化、サザエを中心とした持続的な島の漁業などの個別の取組事例について、質問も交えて議論を掘り下げていきながら、食材を活用した持続可能な取り組みと地域活性化について活発な意見交換を続けた。

 最後に、「食」は楽しく情報発信ができる分野なので、日本中の食に興味のある人たちが繋がって大きな動きに結び付けばと締め括ってディスカッションを終了した。



 閉会挨拶でジョージ・ヤマガタ氏は、第3回は山形大学のベンチャープログラム「EDGE-NEXT」による学生目線のイベントとして開催することを報告。ライトアップされた霞城セントラル周辺の夜桜も映し出されてセミナーは終了した。

 次回のジョージ・ヤマガタ氏 Presents オンラインセミナー第3回「何かやってみたい大学生必見!山形でできる新たな一歩」は、2021年4月15日(木)18:00~19:30に開催を予定している。

主催・共催・後援 

(取材、記事、編集・制作 : メディアプロモーション事業部@グッドウェイ )




09:19 | 写真:金融・IT業界向け
2021/04/07

【山形県】山形に新たなイノベーションの拠点が誕生!ジョージ・ヤマガタ氏 Presents オンラインセミナー「山形中央駅の誕生!!」オープニングイベントを開催!

| by:サイト管理者


 2021年4月1日(木)、山形県は、ジョージ・ヤマガタ氏 Presents オンラインセミナー「山形中央駅の誕生!!」オープニングイベントを開催した。

 山形県では創業支援センター(仮称)設置や二拠点居住、ワーケーション促進、オンライン副業人材の活躍支援など地域活性化に直結するイノベーション創出と推進を目的に『山形中央駅の誕生!!』オンラインイベントが開催された。


 冒頭に、進行を務める吉田 克己さん(山形県 みらい企画創造部 ふるさと山形移住推進課)より、山形イノベーション中央駅のシンボルとなる新幹線山形駅直結の霞城セントラルの24階展望ロビーに開設したスタジオから配信していることを紹介。コロナ感染の収束以降は、ぜひこの場所に多くの人に集まってもらい、パネルディスカッションなども実施したいとの抱負を述べて挨拶し、セミナーがスタートした。



 イベントのプレゼンテーターであるジョージ・ヤマガタ氏は、開演挨拶で過去の開催セミナーを簡単に振り返った後、今秋にスタートアップ支援を目的としたシェアスペースやイベント会場もオープンする霞城セントラルについて、新幹線利用による交通利便性、ビジネス支援の拠点としての環境、近隣の工業技術センターの活用など、起業家やイノベーターにとって多くのメリットがあることを紹介。また、「山形中央駅」という名称は、ヨーロッパの中央駅をイメージしたもので、「鉄道を起点とした一つの町。ヨーロッパや世界中から集まる人々がそこで出合い、語り、再会を約しながら次の旅路に向かう」ことが山形でも実現して欲しいという願いを込めてネーミングしたことも披露しながら挨拶した。

パネル① 『イノベーション拠点としての山形』


 パネルディスカッション『イノベーション拠点としての山形』には、伊藤 大貴さん(dano 代表取締役)、柴田 裕さん(JR東日本スタートアップ 代表取締役)、末永 玲於さん(ローカル・インキュベート 代表取締役)、武田 悠さん(AddWill 代表取締役)が出演し、森本 千賀子さん(morich 代表取締役)が司会を務めた。

 パネルでは各自の挨拶と自己紹介の後、過去のイノベーションへの取組内容や現在の活動について触れ、テクノロジーの活用やコラボレーションなど、イノベーション拠点として山形を盛り上げていくにあたって、今後どんなことが必要なのかについて意見を出し合った。

パネル② 『Show Night Hammer 釣りケーション』


 パネルディスカッション『Show Night Hammer 釣りケーション』には、池田 等さん(八幡自動車商会 CEO)、銭本 慧さん(フラットアワー 代表社員)、平尾 清さん(鶴岡工業高等専門学校 客員教授、Portfolio worker)、尹 聖玲さん(ANA総合研究所 「元気な日本」創生事業部 インバウンドチーム)、松並 三男さん(鮭川村地域おこし協力隊)が出演し、中川 めぐみさん (ツッテ 編集長 / 一般社団法人ウオー 代表理事)が進行を務めた。

 パネルでは釣りケーションに関連する各自の活動内容などが紹介された後、釣りケーションを広めていくにあたって、まずは「山形の釣り」の魅力や特徴が参加者に共有された。また釣り客のみならず観光客なども巻き込んだムーブメントを起こすための取組事例、山形のワーケーションに関する実態や意識調査結果なども共有された後、いくつかのアイデアをベースに活発な意見交換が行われた。

パネル③ 『山形地域経済エコシステム』


 パネルディスカッション 『山形地域経済エコシステム』には、伊藤 博さん(荘内銀行 常務取締役)、川村 淳さん(きらやか銀行 代表取締役常務)、佐藤 英司さん(山形銀行 常務取締役)、日下 智晴さん(金融庁 地域金融企画室長)、橋本 卓典さん(共同通信社)、原田 健史さん(東北財務局長)が出演。小林 剛也さん(山形県 みらい企画創造部長)が進行役を務めた。

 パネルでは簡単な自己紹介の後、地域経済エコシステムの概念とその循環に欠かせない食物網の連鎖をまわすための関係性の大切さについて解説があった後、各行の企業支援の背景、想い、活動内容など事例が紹介された。また、行政当局の見方や私見、山形県の金融の特徴、事業継承、ファンドやサービサーの活用、これから求められるビジネスパートナーの役割として中小企業の負担を減らすための経営管理/内部管理能力を提供するプラットフォームの提唱など幅広く意見交換が行われた。

パネル④ 『ハイパーコネクトな世界』


 パネルディスカッション『ハイパーコネクトな世界』には、内田 光紀さん(Uprithm)、留目 真伸さん(SUNDRED)、奈良坂 周さん(fnctuary)、矢野  圭一郎さん(SWAT Lab)が出演。小林 剛也さんが進行役を務めた。

 パネルでは 山形中央駅を如何に活用して世界に発信をしていくかについて議論したいとし、IT人材の都市流出の現状を踏まえ、場所等の概念をなくし、ハイパーコネクト時代の働き方を通じて人材を活用する点について複数の事例や意見が出された。また居住地や地域性に左右されないコミュニティーベースでのエコシステムによりビジネスが生まれる概念、それに必要な人材確保やDXなどについて考えを述べ合った。



 最後にジョージ・ヤマガタ氏はコロナ収束以降はリアルとオンラインのハイブリッドでセミナーを開催する予定であること、そして、今後、アイデアが尽きるまで毎週木曜日に山形中央駅セミナーを開催して情報を発信していきたいとし、次回は山形の地元の食材を核として持続可能な地域活性化に取り組んでいるゲストを招いて開催すると述べて閉会挨拶とした。

 次回のジョージ・ヤマガタ氏 Presents オンラインセミナー第2回「地域食材による持続的な地域活性化」は、2021年4月8日(木)18:00~19:20に開催を予定している。

主催・後援・共催 




(取材、記事、編集・制作 : メディアプロモーション事業部@グッドウェイ )




11:27 | 写真:金融・IT業界向け
2021/03/31

【第二地方銀行協会】SARBLAB Meetup 第2回「API連携の未来像」、および 第3回「APIサービス検討ワークショップ」開催!

| by:ウェブ管理者


 2021年3月4日(木)、一般社団法人第二地方銀行協会SARBLAB)は、第2回 SARBLAB Meetup「API連携の未来像」をオンラインで開催。続いて、2021年3月12日(金)、第3回 SARBLAB Meetup「APIサービス検討ワークショップ」を開催した。

 SARBLAB(Second Association of Regional Banks Laboratory)は、第二地方銀行協会が運営する地方銀行のデジタル化とスタートアップなどの外部企業との連携によるオープンイノベーションを支援するプラットフォーム。今回は、APIをテーマに講演やワークショップが行われた。


 第2回 SARBLAB Meetup「API連携の未来像」では、榎本 清人氏(SARBLA チーフオフィサー)より、事務局からのご案内に続き、講演「国内初のネオバンク『iBank』と金融 × 非金融データの活用事例紹介」では、永吉 健一氏(iBankマーケティング 取締役 Founder、みんなの銀行 副頭取)が出演。



 パネルディスカッション「銀行におけるAPI連携の未来像」には、神田 潤一氏(マネーフォワード 執行役員 X本部 渉外統括責任者)、堀 天子氏(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)、清水 雅史氏(RENOSY X 代表取締役)、松木 誠一郎氏(京葉銀行 営業企画部長)が出演。 桜井 駿氏(デジタルベースキャピタル 代表パートナー)がモデレーターを務めた。

 パネルでは各々の簡単な自己紹介の後、地方におけるDXの事例などを交えながら、社会のデジタル化に対して銀行がどういう役割を担っていくのかなど、API連携を取巻くさまざまなテーマについて私見を披露、意見交換が行なわれた。



 第3回 SARBLAB Meetup「APIサービス検討ワークショップ」では、桜井 駿氏(デジタルベースキャピタル 代表パートナー)が冒頭に挨拶。前回(第2回)は、API連携に関する情報を会員行の皆さんがSARBLAB側からインプットするという形式だったが、今回(第3回)は、会員行の参加者が自ら自分達でアイデアを創出して発表するアウトプット型のワークショップにしたいと説明。金融機関の存在意義が見直されつつある現在、APIサービスの企画を自分達で考えて行動に移していく機能をSARBLABに設け、その取り組みを加速させなければならないと語り、危機感を持って対応していく必要性を強調した。

 その後、複数のグループによるワークショップ&発表が行われ、APIサービスに関する様々な企画、アイデアが披露された。

 最後の総括では、服部 守親氏(第二地方銀行協会 常務理事)より、オンライン環境でここまでいろいろなアイデアを持ち込めるようになったことは感動的で、この動きをみんなの力で具体的なものにしていくことが出来れば、協会の財産になるとした。また、銀行は違えども悩みを共有するネットワークの力を強化することは、たいへん意義があり、心強いと語った。その上で、地域課題を解決するためにいかにAPIを活用していくか、企業が成長する支援を通じて地域の貢献につながり、ローカルマクロ的に結び付いていくためにAPIの仕掛けを活用していくことが大切だとし、「この地を何とかしたい」という強い想いを活かして、自分達の地域のためになることを金融とデジタルの力で実現していきたいと語り、ワークショップを締め括った。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





09:28 | 写真:金融・IT業界向け
2021/03/29

【山形県】ワーケーションしながら気軽に釣りを楽しめる、Vtuber ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第3回オンラインセミナー「Show Night Hammer 釣りケーション kick off!」開催!

| by:サイト管理者


 2021年3月18日(木)、山形県は、Vtuber ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第3回オンラインセミナー「Show Night Hammer 釣りケーション kick off!」を開催した。(共催:キャリアクリエイト

 全島が釣り場といわれる山形唯一の離島「飛島」や、内陸の渓流釣りも含め、山形県には豊かな釣りの魅力が溢れている中、「Show Night Hammer 釣りケーション」は、こうした貴重な地域資源を活用しながら、ワーケーション(観光地やリゾート地でテレワークやリモートワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方)が普及することを目指しており、山形全域にこのムーブメントを広げる活動の一環として今回のセミナーが開催された。



 冒頭にセミナーのプレゼンテーターであるジョージ・ヤマガタ氏から、釣りケーション(釣り + ワーケーションの造語)」で地域を活性化するにあたって、まずは豊かな釣り場など釣りの視点での山形の魅力がたっぷりと紹介された。また、釣りケーションと県内のコワーキングスペースや温泉・食事との連携・利用の可能性にも触れた後、釣りケーションのムーブメントを県内全域に拡げていくにあたって、本日は作戦会議として今後の大きな可能性を探っていく機会やきっかけにできればと語った。

スピーチ
 『庄内竿を通して見るものづくり山形の未来』


 スピーチ『庄内竿を通して見るものづくり山形の未来』では、木村 和浩氏(山形県 産業労働部長)より、山形の釣りの魅力の一端として、庄内地方に伝わる磯釣りで使われる伝統的な庄内竿の歴史や特徴、製作方法などを紹介。あわせて、歴史や産業などを通じた庄内地方全般の魅力についても語った。

パネル 『由良釣りケーションの今後の進め方とコンセプト固め


 パネルディスカッション『由良釣りケーションの今後の進め方とコンセプト固め』には、阿部 信彦氏(山形県水産研究所 所長)、剣持 健志氏(鶴岡市 商工観光部 観光物産課長)、中川 めぐみ 氏 (ツッテ 編集長 / 一般社団法人ウオー 代表理事)、松並 三男 氏(鮭川村地域おこし協力隊)、八木 健介氏(月刊『つり人』 編集長/編集部マネージャー)、尹 聖玲氏(ANA総合研究所 「元気な日本」創生事業部 インバウンドチーム)が出演し、平尾 清氏(鶴岡工業高等専門学校 客員教授、Portfolio worker)がファシリテーターを務めた。

 パネルでは、庄内地方で温泉、釣り等の観光が楽しめる由良地区を釣りケーションの出発点とする想定で行われ、各自が一通り自己紹介や釣りケーションへの想いを語った後に自由討論が開始された。ほぼ全員が釣り好きとあって、釣り人の目線から如何に釣りケーションを楽しく利用してもらえるかといった意見を出し合いながら、今後の進め方、 由良を出発点として庄内浜~山形県内全域に釣りケーションを広げていくためのコンセプト固めについて議論を重ねた。

 閉会挨拶は、ジョージ・ヤマガタ氏より、次回は 2021年4月1日(木)のオープニングイベントから、毎週木曜日に定期的に開催する(ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 『山形中央駅の誕生!!』)について紹介。創業支援、ワーケーション、副業などへの取り組みを通じて見える山形の未来や地域活性化にご興味のある方は、是非次回のイベントに参加されたい。

Special Thanks 

     
 
木村 和浩さん阿部 信彦さん
中川 めぐみさん平尾 清さん松並 三男さん八木 健介さん尹 聖玲さん
山形県山形水産研究所ツッテ
鶴岡工業高等専門学校鮭川村地域おこし協力隊月刊『つり人』ANA総合研究所

   
     
 剣持 健志さんGoYAジョージ・ヤマガタ



鶴岡市山形県(Vtuber)




主催・後援・共催 





(取材、記事、編集・制作 : メディアプロモーション事業部@グッドウェイ )




06:16 | 写真:金融・IT業界向け
2021/03/19

【北海道ダイアログ】「中小企業の業務効率化・生産性向上~副業プロ人材の活用~」オンラインセミナーを開催!

| by:サイト管理者

 2021年2月18日(木)、北海道ダイアログは、企業の経営者や人事担当者、副業に関心のある人などを対象としたオンラインセミナー「中小企業の業務効率化・生産性向上~副業プロ人材の活用~」を開催した。(共催:北洋銀行北海道銀行北海道プロフェッショナル人材センターNPO法人北海道エンブリッジ北海道ダイアログ金融庁



 この日の進行は、セミナーを企画した奥寺 大介氏(金融庁 総合政策局 総合政策課 地域課題解決支援チーム)が務め、北海道の活性化のために何かしたいという想いと共に開催の経緯について紹介。副業人材活用の機運が高まることへの期待を示した。

 全国の地域金融機関職員と公務員が交流する「ちいきん会」から全国各地で「ダイアログ(対話会)」が生まれる中、北海道ダイアログは、北海道における地域課題解決に向け有志が集まり、ダイアログの開催やメンバー自身が地域の方々と積極的に対話することを通じて関係する多くの人々との交流を図り、地域に根ざした活動を行っている。



 開会挨拶には、堀本 善雄氏(金融庁 総合政策局 審議官)より、参加者へのお礼の言葉と共に、副業人材の活用が全国的に注目される中、人材紹介会社が実施したアンケートによると、北海道は「副業したい地域」で最も人気が高い地域であることに触れ、北海道では副業人材活用普及の可能性が高く、そのニーズをうまく捉えていくことが重要だと語り、今回の北海道での開催はとても意義があることだとした。その上で、求人企業の意識改革、マッチングに加えフォローアップを含めたサポートを行う支援体制が欠かせないとし、今回のイベントがこれからの第一歩として大きな動きにつながっていくことへの期待の言葉を述べた。



 講演「副業の現状について、業務効率化・生産性向上につなげるための活用方法」では、猪尾 愛隆氏(JOINS 代表取締役)が出演。副業・兼業プロ人材の定義や活用されている業務実例に触れ、中小企業が副業プロ人材を活用して成果を出しやすい分野とそのポイントについて詳しく解説した。



 講演「副業人材活用の実例紹介」では、浜中 裕之氏(NPO法人北海道エンブリッジ 代表理事)が出演。外部人材活用プログラムの概要と事例を紹介した上で、外部人材と共に取り組む価値や、成功するプログラムの条件について解説した。



 副業人材活用の最前線にいるスピーカーによるトークセッションには、猪尾 愛隆氏に加え、堀 敦志氏(北海道プロフェッショナル人材センター プロフェッショナル人材戦略マネージャー)、佐本 耕平氏(独立行政法人 中小企業基盤整備機構 ITプラットフォーム担当課長)が出演。トークセッションの中では、プロフェッショナル人材事業のスキームや成功事例の紹介、中小企業基盤整備機構の支援事例や支援ツールを紹介。副業人材活用をいかに地域企業の活性化に結び付けていく意見が交わされた。



 総括/閉会挨拶は、木村 俊昭氏(東京農業大学 教授・博士(経営学)、東京大学 客員教授、日本地域創生学会 会長)が出演。今回のセミナーの内容を振り返り、とても心強いとした上で、人材不足による事業承継などでの副業人材の活用や人間関係づくりの重要性に触れ、弱みを強みに変えるための真のパートナーを求めていくことが大事だとし、持続していくための取組みとしてセミナーへの期待の言葉を述べ、締めくくった。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





14:26 | 写真:金融・IT業界向け
12345




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.