取材レポート >> 記事詳細

2014/05/07

【電通国際情報サービス(ISID)】金融イノベーション創造のためのエコシステムを推進、ベンチャー企業、金融機関、ベンチャーキャピタル、メディアが一堂に会し、日本における「金融イノベーション」の創造と浸透を側面から支援、第三回「金融イノベーション ビジネス カンファレンス FIBC2014」を開催!

| by:サイト管理者



 2014年3月3日(月)、東京・品川駅前のアレア品川にある東京コンファレンスセンターにおいて、電通国際情報サービス(以下、ISID)主催による「金融イノベーション ビジネス カンファレンス FIBC2014」が開催された。(協賛:Aite Group,LLC、協力:TechCrunch JapanN-Wave

 ISIDでは、「金融ビジネスにイノベーションを起こし、日本の金融を強くする」を掲げ、金融イノベーション創造のためのエコシステムを推進すべく、2012年の初開催から今年で3回目の開催となった。FIBCでは、金融イノベーションに挑戦するベンチャー企業、金融機関、ベンチャーキャピタル、メディアが一堂に会し、先進的な金融サービスのデモンストレーションや有識者の講演などを通じて、更なる活性化に向けた課題を共有するという。当日は、定員200名の会場は終始満員状態となった。

 冒頭の挨拶は、ISID金融事業戦略部長 飯田 哲夫 氏が登壇。FIBCの取り組み意義として、「日本の金融を強くする」ために、IT設備投資比率の高い金融サービス産業において、IT企業として主体的に考え、サービス提供者の視点のみならず受益者の意向を共有し、幅広く全員で議論できる場を創ることを挙げた。そして、ベンチャー企業、金融機関、ベンチャーキャピタルが一体となりサービスとして還元できるイノベーションエコシステムを形成し、活性化につなげたいと語った。また、その背景として、2007年から取組んでいる社内プロジェクトFIBP(Financial Innovation Business Project)について紹介。その中の取組みの一つとして知的資産をファイナンスに活用する取り組みとして「VCF財務経営力診断サービス(ISID金融ソリューション事業部 VCFチーム 和田 清志 氏)」について、FinPitch(ピッチコンテスト)と同じスタイルでプレゼンテーションが行われた。





 

複数金融機関への審査申し込みを一括で!『一括アプリ』
株式会社住宅本舗 事業推進部 マネージャー 木下 智之氏


オンラインクレジットカード決済『WebPay』
ウェブペイ株式会社 代表取締役 CEO 久保 渓氏


金融取引を可視化し、変動リスクを推定する
『Order Book Tracer (Bloomberg App Portal)』

株式会社ホットリンク 研究開発グループ・マネージャー セーヨー・サンティ氏


グローバル財務管理システム『キリバ・エンタープライズ』
キリバ・ジャパン株式会社 セールスエグゼクティブ 川村昌義氏


世界とつながる投資プラットフォーム『Crowdcredit』
クラウドクレジット株式会社 代表取締役 杉山 智行氏


貸付型クラウドファンディング『クラウドバンク』
 日本クラウド証券株式会社 代表取締役社長 大前 和徳氏

 富裕層と金融のプロとのマッチングサービス『ZUU Advisors』
株式会社ZUU 代表取締役社長兼CEO 冨田 和成氏


iPadを用いたクラウド型POSレジ『スマレジ』
株式会社プラグラム 代表取締役社長 山本 博士氏


お金で人生を妄想!働く女子の相談アプリ『TOIRO』
エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社 ブロードバンドサービス事業本部
Business Re-creation部長 木村吾郎氏


次世代決済プラットフォームソリューション『PAYGATE』
株式会社ロイヤルゲート 代表取締役 CEO 梅村 圭司氏


個人投資家向け投資アイデア提供サービス『Longine』
株式会社ナビゲータープラットフォーム 代表取締役 原田 慎司氏


お金のNo.1プラットフォーム『マネーフォワード』
株式会社マネーフォワード 代表取締役社長 辻 庸介氏

 
 



 なお、登壇した12社の中から、来場者の投票により、大賞にマネーフォワードの「マネーフォワード」、2位に株式会社ロイヤルゲートの「PAYGATE(ペイゲート)」が受賞した。

 
 


 なお、FinPitchの動画や登壇者コメント、キーノートスピーチ(株式会社インテカー代表取締役社長 齋藤 ウィリアム 浩幸 氏)については、FIBC公式ページの開催報告を参考にされたい。 







 スマートフォンやタブレットの登場によるエンドユーザーまでのラストワンマイルの突破、ビッグデータの活用による思考・行動予測の精度向上と仮説検証の多様化と分析の深化、そして、貯蓄・投資・決済が分断していた金融事業インフラのシームレスな連動による便利な利用シーンの創出など、通信・コンテンツ・メディアをはじめとする身近なライフスタイルおよびマネーライフにおける変革の波と新産業創出の機運が訪れている。
 より豊かな社会へと向けた価値の創造。新産業への想いと創造力豊かでフットワークの軽いベンチャー企業の挑戦を後押しし、大企業とのコラボレーションによるスピーディーな日本発グローバル展開を推進すべく、今後のFIBCの取組み、そして登壇企業と参加者の更なる活躍に期待したい。

(取材、記事、編集・制作:藤野 宙志 @
株式会社グッドウェイ 

 

 
 

 


12:32 | 取材:金融・IT業界向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.