金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2015/03/11

【ウィルグループ】イノベーションを起こすようなビジネス企画を大募集!ビジネスコンテスト「Yoake2014」決勝大会、全3回の予選を勝ち抜いた精鋭7企業の熱いプレゼンの中からついにグランプリが決定!

| by:ウェブ管理者


 2015年3月6日(金)、人材ビジネスやアウトソーシング事業を主に行うウィルグループ(上場一部 6089)は、ビジネスコンテスト「YOAKE 2014」の最終選考を行う決勝大会を東京証券取引所で開催した。これは過去3回の予選を勝ち抜いた7社が最終プレゼンを行い、グランプリ•準グランプリ•審査員特別賞を決定するというもの。(第1回予選第2回予選第3回予選はこちら)



 会場に訪れた多くの参加者を前に、本コンテストの協力パートナーである出縄&カンパニー 代表取締役 出縄 良人氏による進行で、審査員の紹介が行われた。写真上部左から、主催のウィルグループ 代表取締役社長 池田 良介氏、
インディペンデンツ  代表取締役 パートナー 國本 行彦氏、サイバーエージェント・ベンチャーズ  ヴァイス・プレジデント 竹川 祐也氏、そして、新日本有限責任監査法人  戦略マーケッツ事業部 新居 幹也氏、フューチャーベンチャーキャピタル 代表取締役社長 今庄 啓二氏、マネックスベンチャーズ  取締役 高岡 美緒氏。審査は各社プレゼン10分、質疑7分の計17分が対象で、オーディエンスも各企業への投票権を有しており、審査員だけでなく参加者全員で入賞者を決定するシステムになっている。





 軒先  代表取締役 西浦 明子氏より空き地や個人駐車場のシェアサービスを提案する「軒先パーキング」についてのプレゼンが行われた。本サービスを活用することで渋滞や無駄な排気ガスの抑制等を「エコにスマートに解決」するという説明が行われた。 グリッドマーク  代表取締役 博士 吉田 健治氏より次世代ペン型マウスのプレゼンが行われた。当社は紙をタッチして音声再生する学習ペンE-Pencil等を開発し公文式など数々の大企業との取引を有している。プレゼン中ペン型マウスを実際に審査員•参加者の前で動かしその革新性を大きくアピールした。



 アビリティー   代表取締役 小出 美千代氏より「クラウド•ブランディング•コスメ」というコンセプトとその仕組みについてのプレゼンが行われた。当社は小ロットで幅広いコスメ商品のテーラメイド型生産システムを提案、収支計画も含めた綿密な説明が行われた。 ワークシフト   代表取締役社長 兼CEO 荒木 成則氏より「日本初、海外に特化したクラウドソーシングサービス」についてのプレゼンが行われた。ネット上で世界中の人材に日本語で仕事依頼ができ、「安く」「「早く」「質が高い」業務を可能にすると説明が行われた。



 Travee CEO Ikeda Kenichi氏から海外からの旅行者と現地の案内希望者とのマッチングサービスについての説明が行われた。綿密なビジネスプラン•現在の準備状況•今後の方向性について熱いプレゼンが行われた。 アップパフォーマ  代表取締役社長 山田 修平氏よりサッカーチーム向けのウェアラブルデバイス 「EAGLE EYE」のコンセプト、販売戦略、製品の概要についての説明がなされた。当社の「EAGLE EYE」を活用することで各選手の動きなど緻密な分析ができるとアピール。



 セイムクリック 代表取締役社長 川北 潤氏より「Time to stop the vertical war」 という冒頭のスローガンの下、Facebook, Line, Googleなどの各種サービスによる囲い込みによるインターネット環境の安全性、健全性の低下をBrowserによって解決するビジネスモデルを提案した。



 全企業のプレゼン終了後、審査員が協議している間、マネックス証券  代表取締役社長 CEO 松本 大氏より「ベンチャー企業経営について」と題した講演が行われた。松本氏自身の経験を踏まえたベンチャーの意義、企業の存続のために必要なこと等について数々の事例を用いて説明が行われた。

 なお、審査結果は、グランプリ:アップパフォーマ、準グランプリ:軒先、審査員特別賞:Traveeが選ばれた。(プレスリリース



 記念撮影後は、東京証券取引所近くの鉄鋼会館に移動し、出場者や審査員、そして、参加者・ベンチャーキャピタル・メディア等が直接交流するネットワーキングが催され、名刺・情報交換や歓談が行われた。



 本大会は第1回開催ながらも、予選から50社超からの応募があり、ビジネスアイデアも業種問わず非常に幅広く、さらに各企業代表者も年齢・性別問わず多彩なバックグランドを有し成功裡に終了した。グランプリ企業はウィルグループからの出資やJV設立等の副賞があり、大きな事業発展に結びつく余地は大きい。今後の大会の発展に期待したい。

取材、撮影、記事、編集・制作村上 遥 @株式会社グッドウェイ )

≪関連レポート≫
◎2014/11/24【ウィルグループ】
ビジネスコンテスト「YOAKE2014」(第1回予選)開催!



◎2014/12/17【ウィルグループ】
ビジネスコンテスト「YOAKE2014」(第2回予選)開催!



◎2014/02/19【ウィルグループ】
ビジネスコンテスト「YOAKE2014」(第3回予選)開催!



14:19 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.