金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/05/22

高千穂交易---2021年度を最終年度とする中期経営計画を発表、売上目標260億円

| by:ウェブ管理者
*17:24JST 高千穂交易---2021年度を最終年度とする中期経営計画を発表、売上目標260億円
高千穂交易<2676>は17日、2021年度を最終年度とする「中期経営計画2019−2021変革へのチャレンジ ~ Next Stage to 70th ~」を発表。最終年度の指標は、売上目標260億円、経常利益目標18億円としている。

中期経営方針は、企業価値を高め事業成長を実現するため、2021年度に新たな収益基盤を創出することを目指す。

基本戦略として、従来の主力商品・サービスに加え、顧客満足度を高める新商品・サービスへ注力し、付加価値による競争力強化と収益力向上の実現、グローバルビジネスの拡大や成長ステージを担う事業育成を加速し、新規ビジネスによる収益基盤の創出を挙げている。また、事業構造改革により、組織一丸となってお客様のニーズに合わせたプロダクト・サービスを提供し、お客様の満足度を向上させ、加えてIT投資や人事制度改革等により生産性向上を実現し、計画達成を目指す。

事業運営方針では、組織と人材の強化、グループ経営の強化・推進、事業拡大のための成長投資を掲げている。株主還元方針は、これまでの安定配当24円を下限とし、業績連動配当性向40%以上とした。2020年3月期の当期利益見込み8.00億円にもとづく配当は、36円前後になる模様。



《MH》

17:24 | 注目トピックス 日本株

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.