金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/05/22

マザーズ指数は3日ぶりに大幅反発、米株反発や円安を好感、アジャイルがストップ高

| by:ウェブ管理者
*15:57JST マザーズ指数は3日ぶりに大幅反発、米株反発や円安を好感、アジャイルがストップ高
22日のマザーズ指数は3日ぶりに大幅反発となった。21日の米株式市場では、米中対立の企業業績への影響に対する懸念が和らいだことから主要3指数が揃って3日ぶりに反発。この流れを受けて、個人投資家のセンチメントも好転し、マザーズ市場には朝方から買いが先行した。為替相場の円安基調も支援材料となり、マザーズ指数はその後も高値圏での推移をみせた。物色としては、足元で売り込まれていた指数インパクトの大きいバイオ株や時価総額上位銘柄、直近IPO銘柄中心に買い戻しの動きが目立った。なお、売買代金は概算で980.71億円。騰落数は、値上がり192銘柄、値下がり78銘柄、変わらず13銘柄となった。値上がり率上位銘柄には、ストップ高水準まで買い進まれたアジャイル<6573>のほか、ビーブレイクシステムズ<3986>や窪田製薬ホールディングス<4596>などが並んだ。売買代金上位では、そーせい<4565>、オンコリス<4588>、サンバイオ<4592>、アンジェス<4563>といったバイオ株のほか、メルカリ<4385>、ALBERT<3906>、トビラシステムズ<4441>、カオナビ<4435>などが上昇した。一方で、串カツ田中<3547>、UUUM<3990>、チームスピリット<4397>は軟調。
《SK》

15:57 | マザーズ市況

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.