金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/05/22

日経平均は小幅反発、米中懸念くすぶり失速

| by:ウェブ管理者
*15:43JST 日経平均は小幅反発、米中懸念くすぶり失速
日経平均は小幅反発。21日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、197ドル高となった。米商務省が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)との取引を事実上禁じる規制について、一部に猶予期間を設けると発表し、市場の懸念が和らいだ。本日の日経平均も米株高を好感して101円高からスタートすると、前場には一時21404.54円(前日比132.09円高)まで上昇。しかし、米政権が中国監視カメラメーカーなどに米技術の購入制限を検討しているなどとの報道もあり、後場にはマイナスへ転じる場面が見られた。

大引けの日経平均は前日比10.92円高の21283.37円となった。東証1部の売買高は12億0334万株、売買代金は2兆0930億円だった。業種別では、水産・農林業、鉱業、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、陸運業、空運業、石油・石炭製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の44%、対して値下がり銘柄は51%となった。

個別では、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、村田製<6981>、KDDI<9433>、三菱UFJ<8306>などが小じっかり。太陽誘電<6976>は5日ぶり反発で3%高。資生堂<4911>は2%近く上昇したが、訪日客数が昨年より早く1000万人に到達したことが買い材料視されたようだ。旧村上ファンド系投資会社の株買い増しが続くレオパレス21<8848>は5%超高。高レーティングが観測された元気寿司<9828>なども上げが目立った。また、中国企業との提携を発表したアイドマMC<9466>はストップ高水準で取引を終えた。一方、売買代金トップのソフトバンクG<9984>は伸び悩み反落。ソニー<6758>、キーエンス<6861>、キヤノン<7751>などもさえない。スズキ<7269>が5%超下落したが、インド子会社が反競争的行為に関与したなどと報じられている。また、すてきN<8089>やグレイス<6541>が東証1部下落率上位に顔を出した。


《HK》

15:43 | 相場概況

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.