金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 

2019/05/22

BS11 Research Memo(9):増収基調を維持できるかどうかが最大の注目点

| by:ウェブ管理者
*15:09JST BS11 Research Memo(9):増収基調を維持できるかどうかが最大の注目点
■今後の見通し

2. 2020年8月期の考え方
日本BS放送<9414>は2020年8月期に個別業績の売上高として150億円を達成することを目指している。2019年8月期の個別売上高見通しの135億円からは11.1%増となるが、前述のように2019年8月期の個別売上高見通しの達成のハードルが高くなっているため、2020年8月期の150億円の達成のハードルもまた上がった状況だ。

現時点で150億円の達成可能性を論じることは難しい。同社は自社制作番組による“回収”(スポンサー収入の獲得)への手応えから、2019年春の番組改編を最小限に抑えたことは前述のとおりだ。狙いどおりにことが運べば、150億円の達成は十分可能性がある。反対に、BS放送業界全体を覆うショッピング業界からの広告出稿量の縮小が、さらに進む可能性もある。その場合、同社もその影響を免れない可能性がある。

このように考えてくると、2020年8月期についても、注目すべきは増収トレンドを維持できるかどうかにあると弊社では考えている。増収が達成され、その中身が同社が企図したことの効果によるものであったならば、時間的な遅れがあったとしてもいずれ先行5社の一角に割って入る可能性は充分あるとみている。2020年8月はそうした角度から見ていきたいと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)


《MH》

15:09 | 注目トピックス 日本株

ニュースコンテンツ提供元

【株式会社フィスコ】

 フィスコは、資産形成に資する最も有益なサービスの提供を命題に掲げ、迅速かつ正確な情報の分析・編集・配信により、幅広い情報配信ネットワークを構築。金融機関、インターネット金融商品取扱業者、機関投資家のほか、ヤフーなどポータルサイトを利用する個人投資家にも金融情報を提供、ネットを通じた金融情報配信業者として圧倒的な知名度を誇っています。


※当サイトで提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありませんことを、あらかじめご了承ください。
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.