金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2017/09/04

【サンワード貿易】無料投資セミナー「小次郎講師 投資クラブ」を毎月2回、東京・堀留のTOCOMスクエア セミナールームで開催中!8月29日(火)開催の「実践トレード講座」をレポート!

| by:ウェブ管理者


 2017年8月29日(火)、商品先物取引、取引所為替証拠金取引を取り扱う
サンワード貿易(以下、同社)は、「小次郎講師」という愛称で投資教育を精力的に進めている手塚 宏二氏が講師を務める「小次郎講師 投資クラブ」の「実践トレード講座」セミナーを、東京・堀留の東京商品取引所にあるTOCOMスクエア セミナールームで開催した。

 「小次郎講師 投資クラブ」は、同社と小次郎講師である手塚氏
(以下、小次郎講師)によって運営されている投資教育プログラムで、参加者には様々な特典がある。



セミナー開始前に、18時からオンエアのラジオNIKKEI番組「マーケット・トレンド」の公開生放送に小次郎講師が出演

 セミナー会場であるTOCOMスクエアにて、東京商品取引所が提供するラジオNIKKEIの番組「マーケット・トレンド」の公開放送に小次郎講師がゲスト出演し、相場分析手法について解説。放送席の周りでは多くのセミナー参加者が番組も見学。放送後は、パーソナリティを務め、投資家向けセミナーのMCとしても活躍中の大橋 ひろこさんと記念写真に収まった。

※TOCOMスクエア
商品先物取引の普及啓発を目的とした東京商品取引所のアンテナショップ。ラジオNIKKEIとコラボレーションした公開放送や多様なセミナーのほか、最新のマーケット情報を閲覧できるコーナーが設置されている情報発信基地。入館すると、ナビゲーター兼フリーアナウンサーの山本 郁(かおる)さんが笑顔で来場者を迎えてくれる。



番組終了後、「小次郎講師の「トレードラジオ講座アフターセミナー」がスタート!


 続いて放送終了後は、「小次郎講師のトレードラジオ講座アフターセミナー」がTOCOMスクエア休憩コーナーでスタート!この後の実践セミナーにも多数の人が参加するとあって、ここでは最近の株式、為替、商品のマーケットの動向について小次郎講師が解説した。



いよいよ、セミナールームで無料セミナー「小次郎講師 投資クラブ」の「実践トレード講座」がスタート。
1年を掛けて体系的な投資教育をシリーズで展開中!

 その後、B1にあるセミナールームに移動し、お待ちかねの実践セミナーがスタート。 「小次郎講師 投資クラブ」は、6月27日(火)より月に2回の無料会場セミナーを実施しており、最低でも1年を掛けて体系的な投資教育をシリーズで展開していく予定だという。





毎月、「テクニカル分析講座」、「実践トレード講座」を交互に開催していく投資教育プログラム。講義の内容は毎回違う内容!

  毎月1回目は日曜日開催で、テーマは「テクニカル分析講座」。次回は「ダウ理論、フィボナッチ、エリオット波動」などのテクニカル分析の手法を小次郎講師から学ぶ予定だ。
 
 そして毎月2回目の「実践トレード講座」は火曜日開催で、小次郎講師の推奨する「移動平均線大循環分析」を中心に、タートルズの投資手法のエッセンスを学び、実際のチャートで「プラクティス」していく。

 もちろん、無料セミナーには誰でも気軽に参加できるので、体系立てて相場分析を基礎から学びたい投資初心者の方はいつでも公式サイトから申込ができる。講義終了後は、小次郎講師から直接話が聞けるドリンク付きの懇親会も行われるので、疑問点などはぜひ直接聞いてみたい。




【会員特典①】「小次郎講師 投資クラブ」の会員特典!会員限定サイトで過去分含めた全セミナーの動画をオンデマンドで視聴可能!

 「忙しくて会場に来られない」、「地方に住んでいて会場まで来られない」、「途中から参加したので、過去のセミナーの動画を見て勉強したい」・・・・

 こうした要望に応えるため、同社では「小次郎講師 投資クラブ」の会員(同社の口座開設者)に対して、専用サイトでオンデマンド動画を配信している。さらに、セミナーのレジュメもダウンロードできるので、いつでも自分のタイミングで学習することができるという。



【会員特典②】小次郎講師が推奨する「移動平均線大循環分析」を標準搭載した「ChartLab(チャートラボ)」を相場分析に利用できる!

 小次郎講師が推奨する究極の移動平均線と呼ばれる「移動平均線大循環分析」。移動平均線大循環分析は、エッジ(買い、または売りの「優位性」。どちらかが有利な状態にあること)がある状態を浮き彫りにしてくれる分析手法で、同社のCX,FXのネット取引のツール内に用意されており、会員は無料で利用できる。一般のチャートに搭載されているケースは少ないので、「移動平均線大循環分析」の実践には必須のツールだ。詳しくは直接同社にお問い合わせいただきたい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )




17:19 | 取材:投資家向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.