金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/04/29

【金融庁】「AI/SUM」にてワークショップ「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす」開催!

| by:サイト管理者


 2019年4月24日(水)、金融庁は、「AI/SUM Applied AI Summit ~AIと人・産業の共進化(日本経済新聞社:主催)」の中で、ワークショップ「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす」を開催。会場は多くの来場者で満席となった。



 「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす ~オープニング~」では、三輪 純平氏(金融庁 フィンテック室長)が登壇。AI活用によるレンディングのすそ野が拡大する中、データ利用におけるイノベーションや規制の在り方など、AI・ビッグデータの専門家や実務家を招き、3つの変える(ビジネス、発想、アプローチ)について現状の取組みやそれぞれの私見が披露された。



 「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす ~ビジネスを変える~」では、岡本 浩一郎氏(アルトア 代表取締役社長)、大森 隆一郎氏(J.Score 代表取締役社長 CEO)、小川 安英氏(リクルート FinTech企画室 室長)、長谷 聡氏(富山第一銀行 デジタルイノベーション室 室長)が登壇。モデレーターは三輪 純平氏(金融庁 フィンテック室長)が務めた。



 「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす ~発想を変える~」では、矢野 和男氏(日立製作所 フェロー 理事)、シバタ アキラ氏(DataRobot Japan チーフデータサイエンティスト)、多治見 和彦氏(みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部/データビジネスチーム・次長)、山下 智志氏(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 副所長)が登壇。モデレーターは副島 豊氏(日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長)が務めた。



 「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす ~アプローチを変える~」では、ワカマツ ケン氏(米国セールスフォースドットコム 開発部 プロダクト マネージメント シニア ディレクター)、渡邉 安弘氏(Studio Ousia 代表取締役兼CEO)、武田 浩和氏(アラームボックス 代表取締役CEO)、近藤 繁氏(ココペリ 代表取締役CEO)が登壇。モデレーターは本田 幸一氏(金融庁 フィンテック室 課長補佐)が務めた。



 「AIが金融におけるデジタル革命の潮流を起こす ~クロージング~」では、三輪 純平氏(金融庁 フィンテック室長)が登壇。3つのセッション(ビジネスを変える、発想を変える、アプローチを変える)を振り返り、多くの気付きを得たことへの感謝の言葉と共に、今回のワークショップのフィードバックを踏まえ、また新たな議論を巻き起こしていきたいと語り締め括った。

 今回、日本経済新聞社が開催した「AI/SUM Applied AI Summit ~AIと人・産業の共進化」は、3日間にわたり東京・丸の内に、AIに関する国内外の専門家、政策当局者や関連企業、スタートアップが集結し、シンポジウム、ワークショップ、ラボ、ネットワーキング、ショーケース、スタートアップピッチコンテストなどを開催。日本から世界に向けてAIの可能性と潜在力を発信していくという。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




07:50 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.