金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/07/04

【日経FinTech(日経BP)】消えゆく境界、再加速する革新の波、「Nikkei FinTech Conference 2019」を開催!

| by:ウェブ管理者

 2019年6月26日(水)、日経FinTechはベルサール神田において、日経FinTech読者向けセミナー「Nikkei FinTech Conference 2019 消えゆく境界、再加速する革新の波」を開催した。

 「Nikkei FinTech Conference 2019」は、官公庁、金融機関、スタートアップ企業などが一堂に集い、共に考える場として、読者向けのイベントとして開催されている。


 特別対談「デジタル時代における金融規制の未来」では、三輪 純平氏(金融庁 総合政策局総合政策課フィンテック室 室長)が登壇。岡部 一詩氏(日経BP 日経FinTech 編集長)がモデレータを務めた。暗号資産にかかる国際的動向や金融セクターにおける技術革新への対応、ブロックチェーン・エコシステムなど、新たなグローバルでの連携体制に向けた取組みについて解説。

 パネルディスカッション「巨大銀行が明かすデジタル変革「次の一手」」では、大澤 正和氏(三菱UFJ銀行 執行役員 デジタル企画部長 兼 経営企画部部長)、表 邦彦氏(ゆうちょ銀行 経営企画部 担当部長)が登壇。(撮影、記事化無し)



 パネルディスカッション「非金融プレーヤーが描く新たな金融エコシステム」では、藤井 達人氏(auフィナンシャル ホールディングス 執行役員 最高デジタル責任者 兼 Fintech企画部長)、齊藤 哲彦氏(LINE Financial 代表取締役CEO)が登壇。モデレーターは、同じく岡部氏務めた。対談では、各社の取組み紹介に続き、現在の金融サービスの状況や金融に進出したきっかけなどを語った。


 特別講演「キャッシュレスの推進について」では、伊藤 政道氏(経済産業省 商務・サービスグループ キャッシュレス推進室長)が登壇。日本のキャッシュレスの現状、決済環境の整備がもたらすインバウンド消費の拡大について、日本のキャッシュレスの推進に係る課題や、世界のキャッシュレスの動向について語った。


 特別講演「金融関係者が押さえておきたいAI倫理」では、山本 龍彦氏(慶應義塾大学法科大学院 教授)が登壇。AI倫理に関する世界的動向、AIの社会原則から見るプライバシー、公平性や説明責任及び透明性の原則について講演した。


 特別招待講演「Banking-as-a-Service platform for contextual finances」では、Jacky Kiswanto氏(ドイツ solaris Bank Head of Strategy, Strategy and CEO Department)が登壇。solaris Bankにおける金融サービスのエコシステムなどについて紹介した。

 
 スタートアップピッチバトル「Nikkei FinTech Startups Awards 2019」では、司会の大平 貴久氏(デトロイトトーマツベンチャーサポート Head of Asia Region)より審査員紹介とルール説明が行われた。1社の持ち時間は7分(うちQA3分)で、7項目(革新性、成長性、連携性、優位性、事業継続性、熱意・プレゼン、社会的価値)で採点し、上位3チームを表彰した。

 <出場企業>
  MCLEAR:Takeshi Kawada氏 ( MCLEAR Managing Director, Asia )端末にかざすだけでキャッシュレス決済が可能なリング
  AndGo:原 利英氏( AndGo 代表取締役 )暗号資産管理ツールAndGo
  RESTAR:右納 響氏( RESTAR CEO )すべての不動産・地理情報をひとつに
  ビットキー:江尻 祐樹氏( ビットキー 共同創業者 代表取締役CEO )暮らしを変える、カギ
  Taimee:川島 諒一氏( Taimee 取締役 COO )アプリ一つですぐ働けてすぐお金がもらえる
  GINKAN:神谷 知愛氏( GINKAN 代表取締役 CEO )AIとユーザーが作るレストラン格付けガイド
  TRUSTDOCK:千葉 孝浩氏( TRUSTDOCK 代表取締役 CEO )eKYC対応の身分証アプリ「TRUSTDOCK」
  digglue:原 英之氏( digglue CEO )ブロックチェーンの技術教育

 <審査員>
  藤田 勉氏(一橋大学大学院経営管理研究科 特任教授、シティグループ証券 顧問)
  久保田 雅也氏(WiL パートナー)
  島田 直貴氏(金融ビジネスアンドテクノロジー 代表)
  堀 天子氏(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)
  武田 純人氏(UBS証券 調査本部 マネージングディレクター)

 <司会>
  大平 貴久氏(デトロイトトーマツベンチャーサポート Head of Asia Region)



 特別対談では、西井 健二朗氏(セブン銀行 セブン・ラボ リーダー)が登壇。モデレーターは、田中 淳氏(日経BP 日経FinTech シニアエディター)が務めた。スタートアップとの協業、出資、事例などについて紹介した。



 表彰式では、優勝はTRUSTDOCK、2位はGINKAN、3位はビットキーが受賞。講評に続き、出場企業と審査員による記念撮影が行われた。



 全てのプログラムが終了後はネットワーキングパーティーが行われた。藤田 勉氏(一橋大学大学院経営管理研究科 特任教授、シティグループ証券 顧問)より乾杯の挨拶が行われ、歓談が弾むなか、懇親会は盛況のまま終宴した。

 金融庁、経済産業省などの講演のほか、注目のスタートアップ7社がピッチバトルで優勝を競うなど充実のプログラムで開催された「Nikkei FinTech Conference 2019」は、ビジネス活用への多くの示唆に富み、金融サービスの現状と未来についての議論を交わす場として次回の開催も期待したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





15:03 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.