金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/07/05

【新経済連盟】「第三の開国」の先にある世界とは!?グローバルカンファレンス「新経済サミット TOKYO 2019(NEST TOKYO 2019)」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2019年6月20日(木)、一般社団法人 新経済連盟は、ザ・プリンスパークタワー東京において「新経済サミット TOKYO 2019」を開催した。

 新経済サミットは、2013年以来、世界の新経済・新産業を牽引する数多くのアントレプレナー、イノベーターが一堂に会し、講演などを通じて、日本の産業構造の転換や新陳代謝の促進、ビジネス環境のグローバル化に向けての情報提供・提言を行っている。



 講演「第三の開国が日本を変える -新経済連盟が目指す、新しい日本-」では、三木谷 浩史氏(新経済連盟 代表理事、楽天 代表取締役会長兼社長)が登壇。



 パネルディスカッション「5Gのインパクト -次世代通信規格による破壊的イノベーション-」では、タレック・アミン氏(楽天 副社長執行役員CAO、楽天モバイル CTO)、アミール・セゲブ氏(Texel CEO)が登壇。石川 温氏(ジャーナリスト)がモデレーターを務めた。



 パネルディスカッション「eスポーツはここまで来た」では、山内 隆裕氏(サイバーエージェント 常務取締役、CyberZ 代表取締役社長)のほか複数のプロゲーマーが登壇し、実況も交えながら最新のeスポーツのエキシビジョンマッチを行った。



 パネルディスカッション「若手経営者が語る『令和時代のビジネス』」では、塩田 元規氏(新経済連盟 幹事、アカツキ 共同創業者 代表取締役CEO)、竹谷 祐哉氏(新経済連盟 幹事、Gunosy 代表取締役CEO)、松本 泰攝氏(新経済連盟 幹事、ラクスル 代表取締役社長CEO)が登壇。古田 大輔氏(Buzzfeed Japan シニアフェロー)がモデレーターを務めた。


 パネルディスカッション「メディカル×AI -医療におけるAI活用の可能性と課題-」では、プニート・バトラ氏(ブロード研究所 アソシエイトディレクター)、島原 佑基氏(エルピクセル 代表取締役)、原 聖吾氏(医師、MICIN 代表取締役CEO)が登壇。北川 拓也氏(楽天 常務執行役員CDO グローバルデータ統括部 ディレクター)がモデレーターを務めた。


 パネルディスカッション「デジタルファーストのインパクト -日本のビジネス、日本社会はこう変わる-」では、平井 卓也氏(情報通信技術(IT)政策担当大臣)、金丸 恭文氏(フューチャー 代表取締役会長兼社長 グループCEO)が登壇。三木谷 浩史氏がモデレーターを務めた。



 懇親会には、菅 義偉氏(内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣)、平井 卓也氏(情報通信技術(IT)政策担当大臣)が会場に駆けつけて挨拶。



 同様に、柴山 昌彦氏(文部科学大臣、教育再生担当大臣)、山下 貴司氏(法務大臣)より挨拶。



 西村 康稔氏(内閣官房副長官)、片山 さつき氏(内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革、男女共同参画)、女性活躍担当大臣、まち・ひと・しごと創生担当大臣)も御祝いの言葉を述べた。


 今回で7回目を迎えたサミットには、会員企業や協賛企業、来賓、招待者など1,000名以上が来場し、盛況のもと閉会となった。 5Gやeスポーツ、メディカル x AI、デジタルファーストなど最先端のビジネス・政策テーマについて活発な議論が交わされ、新時代のビジネスのあり方やイノベーションの最新事情について情報を共有した。新経済サミットは、2019年11月5日(火)に大阪のウェスティンホテルでも開催される予定だ。


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




17:11 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.