金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2018/12/05

【東京証券取引所】JPXアカデミー「2019年に向けた株式市場見通しと投資戦略」を東証ホールで開催!資産形成に取り組む注目ポイントを投資初心者にやさしく解説!

| by:ウェブ管理者

 2018年11月14日(水)、東京証券取引所は、中間決算や年末年始に向けた経済動向も踏まえた上で、資産形成の基本的な考え方・年齢別で押さえるべきポイントなどをやさしく解説する初心者向けセミナー、JPXアカデミー「2019年に向けた株式市場見通しと投資戦略」を東証ホールで開催した。



 開会時間の19時前、ライトアップされた東京証券取引所・東玄関。参加者は裏側の西玄関から入館し、エスカレーターで2階に上がって東証ホールへ入場する。この日の参加者も仕事帰りの会社員が中心で、半数程度を女性が占めている。



 この日の講師には投信会社、銀行勤務を経て調査センターでの経験を積み、2016年より楽天証券経済研究所 チーフグローバルストラテジストを務める香川 睦氏。
テレビ東京系列「モーニングサテライト」、日経CNBCなどの各種メディアに出演し、著書に「入門グローバル分散投資-これから始める資産運用50のとびら」(共著/東洋経済新報社)がある。



 講演は前半が「2019年に向けた株式市場見通し」。来年にかけてのリスク要因のおさらいや米国の景況感、米・長期金利から展望する日米株式、国内の業績見通しや為替相場の展望などについて、初心者にも理解しやすいよう親切かつ丁寧に解説した。



 後半は「不確実性と向き合う投資戦略」をテーマに、米国の「配当貴族指数(長期連続増配)」の概要、国内の連続増配銘柄を紹介。その後、成長期待はどの市場にあるのか?として、日米の各株式市場の動きを比較。また、業種別に見た場合のデジタル革命をリードするテクノロジー業界の魅力についても語り、最後に「貯めながら増やす」として日経平均等、国内外の市場を対象とした積立投資の実績(シミュレーション)について解説した。



 日本取引所グループが取り組む金融経済教育は、「社会人向け」、「小・中・高校生及び教員向け」、「大学生・専門学校生向け」、「起業教育(起業家人材輩出支援)」などがあり、この内、「JPXアカデミー」は、世代を問わず学ぶ意欲のある社会人に向けて、株式、ETF、REIT、デリバティブなどの金融商品の解説、マクロ経済動向や最新の経済理論など、自ら資産を管理・運用する際に必要とされる金融経済に関する知識や情報を提供している。常設講座のほか、今回のような特別企画を随時開催しており、現在開催予定のセミナーは「セミナー・イベント情報」から確認・申込みができる。

(取材、撮影、記事、編集・制作:プロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )






14:24 | 取材:投資家向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.