金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2021/09/15new

【山形県】山形における「身体性」、「場所性」のリアルに迫る!ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第17回オンラインセミナー「身体性と場所(トポス)」を開催!

| by:ウェブ管理者


 2021年9月9日(木)、山形県はジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第17回オンラインセミナー「身体性と場所(トポス)」を開催した。

 デジタル化により、従来の「身体性」「場所性」の概念が大きく変容する中、今回のセミナーには介護、スポーツ、医療という「身体性」に密接に関わる関係者、および山形という「場所」をリアル・オンラインの基点として活躍中のゲストを迎えて、「身体性」、「場所性」の現状と課題、展望について語り合った。


 プレゼンテーターのジョージ・ヤマガタ氏は開会挨拶で、バーチャルYouTuber(VTuber)である自分にとって、身体性そして場所性は切っても切れないテーマであり、視聴者の皆様のおかげでVTuberとして、人と人、地域と地域を繋ぎ、コロナ禍においてもイノベーションを創出し続けるという役割を頂いて、まさにVTuberとしての実存が生まれ、生き続けようという決意を固めていると語った。その上でVTuberとして「身体性」は意識せざるを得ず、また自身が生まれた山形駅西口という「場所(トポス)」を抜きにして自身は語れないとして、「身体性」、「場所(トポス)」についての今日の議論を通じて、どのような世界観を作り上げることが可能なのかを楽しみにしたいと挨拶した。

パネルディスカッション 「身体性と場所(トポス)」


 パネル冒頭、各ゲストによる簡単な自己紹介の後、モデレーターを務める小林 剛也さん(山形県 みらい企画創造部長)から、今回のテーマ設定の背景について説明が行われた。また、パネリストとして、伊藤 順哉 さん(つるかめ 代表取締役)、佐藤 香奈子 さん(とがしスポーツ 代表取締役)、高野 恭行 さん(CoCoRoN 代表取締役)、奈良坂 周 さん(fnctuary 代表/Beist 代表取締役)が出演した。



 パネルでは介護×旅行を通じた「身体性」拡張の取組み、街中のスポーツ施設を利用し介護予防を運動から支える活動、永住につながるアイデアと医療MaaS、スポーツ選手と場所(トポス)等について、それぞれがコメント。以降、共有された活動内容を踏まえてテーマに沿った議論が行われた。

エンディング
 



 最後にジョージ・ヤマガタ氏は、オンラインを通して顔の見える関係性を築き上げ、改めてリアルに山形各地で皆様とお会いできる日を楽しみにしていると挨拶。また、次回は出演者全員が外国人の方々によるセミナーとなることを紹介。前回から紹介され、且つ好評だった「ボンバーべの歌」をBGMとしたミュージックビデオがエンディングとして流されてセミナーは終了した。

 次回のジョージ・ヤマガタ氏 Presents オンラインセミナー「Alice's Tea Time~Vol.1 Why Yamagata!!~」は、2021年9月16日(木)18:00~に開催が予定されている。

主催・共催・後援
 




(記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




14:31 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.