金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/04/13

【Moneytree】Moneytree4周年 400万を超える金融インフラプラットフォームに成長~B2Cマーケットにおけるエコシステムを拡大中~

| by:ウェブ管理者
マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ポール チャップマン、以下、「マネーツリー」)は、弊社の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、400万インストール以上のプラットフォームに成長したことをご報告します。また、4月25日にMoneytreeはサービスローンチから4周年を迎えます。

00万インストールの経緯
弊社の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」は、サービス開始後の約2年間で、現在21社が公式採用しています。Moneytreeアプリの利用者は、Monetreeアプリと同じアカウント情報を使い、MT LINK採
用企業のサービスを活用することができます*1。また、B2Cの分野においては4社が採用しており、MT LINKが構築する累計アカウント数は400万を超えました。

従来の広告収益型モデルとは全く異なる、個人のプライバシーと同意に基づいた次世代のサービスという点が、他に類のない形で成長しました。

ここまでMT LINKへの需要が高まった理由は、みずほ銀行や横浜銀行などのメガバンクや地方銀行の採用、さらに利用者に対してサービスのセキュリティー維持、プライバシー保護、透明性を徹底している点に対する評判の高さと考えています。

MT LINKは、130万人以上が登録をしている個人資産管理サービス「Moneytree」の基幹技術であり、
そこではサービス内でバナー広告を行ったり、アカウント登録者の取引明細を解析して広告を配信するようなビジネスを一切行っていません。

あくまでもプライバシーを重視し、利用者である個人の同意の元に接続されることをベースにし、必ず個人の同意の元に連携させるように設計されている点が、連携先の企業も安心して導入を進めるポイントになっています。


原文はこちら
https://moneytree.jp/resources/MT_PR_170412_Moneytree4thAnniversary.pdf

17:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.