金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2017/04/13

【NTTデータ】NTTデータの提供するクラウド型総合決済端末「CAFIS Arch」を商業施設「キャナルシティ博多」へ九州大型商業施設初導入決定~クレジットカード決済サービス、銀聯カード、電子マネー決済を1台の端末で実現~

| by:ウェブ管理者
株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、クラウド型総合決済端末「CAFIS Arch®(キャフィス アーチ)」を、福岡地所株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:榎本 一郎、以下:福岡地所)の商業施設「キャナルシティ博多」へ、九州地区の大型商業施設で初めて導入することが決定しました。

「CAFIS Arch」は、クレジットカード決済をはじめ、電子マネー決済、さらにポイントシステムとの連動可能なクラウド型総合決済端末です。また、訪日外国人の増加に伴い、外貨建てクレジットカード決済、銀聯カード、新韓カードも利用可能としています。
概要

クラウド型で高い拡張性をもつNTTデータが開発した決済端末「CAFIS Arch」では、外貨建てクレジットカード決済や銀聯カード決済等のインバウンド向け決済機能に加え、ポイントシステムとの連動といった商業施設向けの独自機能をオールインワンで提供することが可能となりました。

これにより、各商業施設内のテナントでは決済および決済に付帯する業務を1台の端末で完結できるため、レジスペースを有効活用でき、オペレーションの簡素化が期待できます。さらに今後Archセンター側は最新の決済手段に随時対応していきますので、お客さまのあらゆる決済ニーズに対応でき、利便性の高い決済環境を提供できます。

このたび、福岡地所の商業施設「キャナルシティ博多」に、九州カード株式会社の協力のもと、「CAFIS Arch」を九州地区の大型商業施設で初めて導入することが決定しました。博多は、中国人や韓国人を始めとした外国人が多く訪れる街であるため、銀聯カードや韓国のハウスカードである新韓カード決済に対応することで、訪日外国人のさらなる消費拡大を期待できます。今後、お客さまの新規決済ニーズに随時対応していくことで、キャナルシティ博多のさらなる集客増加を目指します。
「キャナルシティ博多」で提供する決済サービス・決済付帯サービス

クレジットカード決済
電子マネー決済(iD、交通系IC、QUICPay+、WAON)
銀聯カード決済
新韓カード決済
ポイントシステム連携サービス


原文はこちら
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2017/2017041301.html

17:02 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.