金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
取材レポート >> 記事詳細

2016/02/02

【サンワード貿易】向後はるみ氏、石川久美子氏、八ツ井 慶子氏の豪華女性講師陣が揃って登壇!関西圏の投資家を招いてのニューイヤーセミナー「2016年の投資戦略を考える in 大阪」を、大阪駅前にあるAPホールで開催!

| by:ウェブ管理者


 2016年1月23日(土)、商品先物取引やFX取引等を投資家向けに提供、一昨年に創業50周年を迎えたサンワード貿易(以下、同社)は、関西圏の個人投資家を対象としたニューイヤーセミナー「2016年の投資戦略を考える in 大阪」を、大阪駅前にあるAP大阪駅前梅田1丁目「APホール」で開催した。

  セミナーには投資エバンジェリストで、FISCOリサーチレポーターとしての活動も開始した向後はるみ氏外為どっとコム総合研究所 シニアFXアナリスト 石川久美子氏、生活マネー相談室代表 ファイナンシャルプランナー 八ツ井 慶子氏という著名な女性講師陣が揃って登壇し、2016年の投資戦略について講演を行った。

 

 当日は九州地方を中心に大雪が観測されるなど西日本の天候が大荒れとなるなか、大阪地方での降雪はなく、また会場が大阪の中心であるJR「大阪駅」中央南口から徒歩2分というロケーションの良さもあり、会場には多くの個人投資家が開演前から会場に詰めかけた。



 開演前の講演会場。豪華女性講師陣によるニューイヤーセミナーとあって、開演直前には最後方の席まで来場者で埋まった。まもなく、向後はるみ氏の講演で開演を迎える。



 開演を迎え、今回のセミナー進行を担当するフリーアナウンサー 仲田 奈々氏がマイクを持って開会を告げる。仲田氏は群馬テレビ出身で、現在はTOKYO・MXテレビの市場情報番組「東京マーケットワイド」キャスターとして月曜日と金曜日の番組にレギュラー出演中のアナウンサーで、番組はインターネット放送「ストックボイスTV」でも視聴可能だ。 



 この日、最初の講演は、向後 はるみ氏による「2016年株式市場展望」。ラジオ日経出演やダイヤモンドZAi、ネットマネーや宝島株ムックなど金融情報誌への執筆多数で、夕刊フジの企画である「株-1グランプリ」で2014年のグランドチャンピオンにも輝き、今では多くの講演もこなす向後氏にとっても同社の関西圏での講演は今回が初という。講演では日経平均株価の動きを振り返ったあと、2016年の内外の主要スケジュールをチェック、さらにフィンテックやドローン、自動運転など注目のテーマ株を紹介。終盤にかけては投資活動を行うにあたっての心構えといったメンタル部分の解説に重点を置き、1時間にわたる講演を終えた。



 休憩を挟んで続いての講演は石川 久美子氏による「2016年為替市場」。外為どっとコム総合研究所研究員 シニアFXアナリストとして相場分析・レポート執筆にあたる傍ら、セミナーや講演会の講師としても活躍中の石川氏は、冒頭で2015年の為替相場を振り返り、外為どっとコム総合研究所の調査では年前半は収支がプラスだった個人投資家がが多かった半面、1年の通算では年後半の相場の低迷でパフォーマンスを落とした投資家が多かったことを紹介。年始は中国と原油に注目が集まるなかで、2016年の為替相場のポイントとして、米経済、原油、世界の株価(特に中国)、日銀の追加緩和をあげるとともに、為替市場や為替取引のデータを織り交ぜながら主要通貨や高金利通貨の今後を占った。



 そして最後に登壇したのは生活マネー相談室代表でファイナンシャルプランナーの八ツ井 慶子氏。「FP視点の貴金属市場~これからは金がおもしろい!?」と題する講演では、冒頭で、「決して貴金属のスペシャリストではないが、FPの視点から貴金属による資産運用を考察したい」と挨拶して、まずは貴金属の基本を解説。その後、賃金や社会保険料、人口・出生率等のデータを元に、今後は資産運用が難しい時代を迎える可能性があるとして、金の分散投資効果などを紹介した。八ツ井氏はNHKやTBSをはじめとする数々のテレビ番組に出演、多数の新聞やマネー・経済誌へも寄稿、著書も複数あり、FPの頂点 「CFP資格」や宅地建物取引士など多数の資格も有している。



 豪華女性講師陣による全ての講演が終了した後、懇親会&書籍プレゼントが行われる。普段接することができない著名講師と直接コミュニケーションが取れるとあって、来場者は講師を取り囲んで、あるいは列を作って順番に講師に質問を投げかけながら会話を楽しんだ。



 年初から波乱の展開で幕を開けた2016年の株式市場と為替市場。中国経済への悲観的な見通しと原油下落がマーケットへ大きな影を落とすなか、株式市場ではフィンテック関連、商品市場では金価格の上昇や堅調ぶりが目立っている(同社提供の金価格チャート)。元来、株が高い時は金は低迷する傾向にあることから、今後の世界経済と株式市場の行方いかんでは再び投機資金が流入し、金価格が脚光を浴びる可能性も否定できない状況だ。同社では金の先物、現物を取り扱うほか、金や株、為替あるいは経済全般をテーマにしたセミナーや講演会を随時開催しているので、詳しくは同社の公式サイトをご参照いただきたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作:柴田 潔 
株式会社グッドウェイ )




12:06 | 取材:投資家向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.