金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2014/08/21

【マークイットグループ日本(協賛:シンプレクス / 監査法人トーマツ)】カナダ大使館でOTCデリバティブ規制に関するフォーラム「Markitフォーラム2014 (Regulation changes for OTC Derivatives:What does this mean for Japan?)」を開催!

| by:ウェブ管理者



 2014年7月18日(金)、英国に本社をもつマークイットグループ日本は、マーケット関係者を招いて「Markitフォーラム2014 (Regulation changes for OTC Derivatives:What does this mean for Japan?)」をカナダ大使館で開催した。
(協力:カナダ大使館商務部、協賛:シンプレクス / 有限責任監査法人トーマツ


 マークイットグループは、2001年に英国ロンドンで創業。世界20カ国以上に事務所を構え、3,000社以上の金融機関向けに金融市場の透明性向上、リスク軽減、業務効率改善に資するデータ、サービス、ソリュー ションを提供している。国際的な金融規制改革が進む中、特に証拠金規制にフォーカスし、今回の「Markitフォーラム2014」を企画・開催したという。




 開演冒頭の挨拶に立った、マークイットグループ日本 マークイット・アナリティックス、マネージング ディレクター エリック 瀧川 氏。続いて、バンクオブニューヨークメロン証券 花川 徹 氏による「担保管理の現状と今後の展開」、シンプレクス 小島 崇 氏による「証拠金規制対応~システム構築の論点と対策~」、マークイットグループ日本 澤田 淳 氏による「金融規制改革への対応 - データ・ガバナンスの観点から」などの講演が行われた。



 続いてパネルディスカッション「証拠金規制導入に伴う様々な課題とその対応について」では、モルガン・スタンレーMUFG証券 富安 弘毅 氏、三井住友銀行 八木 政之 氏シティグループ証券 柳沢 俊 氏がパネリストとして登壇。有限責任監査法人トーマツ 大島 一朗 氏がモデレーターを務めた。




 



 主催したマークイットによると、2015年12月から段階的導入が予定されている証拠金規制は、全てのOTCデリバティブ市場参加者に対し、ビジネスモデル、業務モデルの変革を迫っているという。

 パネルディスカッション終了後は、同大使館内のカクテル会場に場所を移し、用意された飲物や料理を囲みながら、主催協賛企業の担当者や講師、そして市場参加者同士の活発な意見・情報交換が行われた。すべての答えは業界の最前線をサポートしている現場にある。今後の証拠金規制への対応に関する国内外の最新動向や大手・外資の取組み、解釈と打ち手、そのベストプラクティスに注目したい。

(取材、撮影、記事:藤野 宙志 /  編集・制作:柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )


◎同社関連の過去の写真ニュース

 

◎本フォーラム協賛企業(シンプレクス)の過去の写真ニュース等
キャピタルマーケットトレーディングシステム
「Simplex PRISM」

10:01 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.