金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2017/08/11

【日本ユニシスグループ】Foresight in sight、つながる構想、ひろがる革新、ビジネスエコシステム拡大中、日本ユニシスグループの総合イベント「BITS2017」開催!(Fintech関連)

| by:サイト管理者

 2017年6月8日(木)~9日(金)、日本ユニシスグループは、東京・赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京において、 日本ユニシスグループの総合イベント「BITS2017 ~ Foresight in sight、つながる構想、ひろがる革新、ビジネスエコシステム拡大中」を開催した。


 「BITS2017」は、日本ユニシスグループが掲げるビジネスエコシステムを活かし、AI、IoT、ビッグデータ、ロボティクスをはじめ、先進的なテクノロジーやビジネス革新を提案することで、業界の垣根を越えた企業連携を手がけ、活力ある社会を共創する取組みを紹介する年に一度の日本ユニシスグループ最大のイベント。会場には、約2,300名(2日間延べ)が訪れたという。



 講演「ビジネスエコシステム臨戦態勢!~業界を越えてイノベーションを起こそう」では、須貝 達也氏(日本ユニシス 執行役員 CIO ビジネスサービス部門 第四ユニット長 プラットフォームサービス本部長)が登壇。ビジネスエコシステムの成長に欠かせないネットワーク外部性による原動力の活用とサービスビジネスプラットフォームについて解説。日本ユニシスが提供する価値として、ワンストップ、カタリスト、リユースを挙げ、APIによるビジネス連携の事例紹介を披露。APIエコノミーによるビジネス拡大に向けた日本ユニシスグループのコンセプトと取組みについて語った。

 講演「“NeoBank”と紡ぐ新しいストーリー~今までにない「つながり」を創り出そう」では、三澤 聰司氏(日本ユニシス ファイナンシャル第三事業部 ビジネスクリエーション統括部 統括部長)が登壇。かつてないスピードで新たなビジネスモデルの創造に向けた環境整備が進む中、銀行サービスにおける究極のカスタマーファーストを実現すべく、シリコンバレーのFinTechファンド・オブ・ファンズへの出資、コーポレートベンチャーキャピタル事業の新会社「キャナルベンチャーズ(Canal Ventures)」の設立、ビジネス創造プラットフォーム「Financial Foresight Lab」の狙いと取組みについて語った。


 「BITS2017」では、二日間にわたり、基調講演、パネルディスカッション、トークセッション、特別講演、プレゼンテーション&デモなど数多くのセミナープログラムが行われた。また、日本ユニシスグループおよびユニシス研究会による最新情報、テーマ別(pen Innovation、Smart Town、Work Style Innovation、IoT、Security、AI/Robotics、Cloud/Polygon Solution/技報)の展示ブースも用意された。なお、当日のセッションの映像公開および資料ダウンロードはこちらを参照されたい



 2017年5月10日(水)、日本ユニシスは豊洲本社において、報道関係者向け「2017年3月期 決算説明会(取材レポート)」を開催。平岡 昭良氏(日本ユニシス 代表取締役社長)より、決算発表を踏まえ中期経営計画「Innovative Challenge Plan」の進捗について説明が行われたほか、今までにないサービス基盤を先駆けて築き、未来のあたりまえになっていく革新的なサービスの実現を目指すという日本ユニシスの成長戦略と重点戦略、企業風土と人財改革、そして投資戦略など、ビジネスエコシステムの創造に向けた挑戦について語られた。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




17:31 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.