金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2021/11/25new

【JTBコミュニケーションデザイン】~地域コミュニティの形成・活性化に取り組むエンターテイメント新会社を設立~ 地域の魅力を再発見する歩き旅コンテンツサービス「膝栗毛」始動

| by:ウェブ管理者
三菱地所株式会社(以下、三菱地所)はこのほど、株式会社膝栗毛(代表取締役:米田 大典)を設立し、株式会社JTBコミュニケーションデザイン(以下、JCD)と共同でデジタルとリアルを組み合わせた新しい歩き旅体験を提供して地域のにぎわいを創出する新サービス「膝栗毛」(以下、本サービス)を開始しました。本サービスを通じて、身近な地域の歴史や魅力を再発見しマイクロツーリズムを促進すると同時に、新たな賑わいの形や出会い、コミュニケーションを生む、地域コミュニティの形成・活性化に取り組んで参ります。

*公式サイト:https://hizakurige.com/

 本サービスは、三菱地所が従来の不動産業に捉われない幅広い事業を育成することを目的として実施している「新事業提案制度」を通じて実現したものです。これまで三菱地所が行ってきた各地域での賑わいの生まれるまちづくりの知見や、JCDの地域交流事業に関するネットワークを活かし、サービス提供のプラットフォームとして、スマートフォンアプリ「膝栗毛 | HIZAKURIGE」(以下、膝栗毛アプリ)を企画・開発しました。

 膝栗毛アプリでは、「身近なまちの、何気ない道を、エンターテイメントに」をコンセプトに、今までは通り過ぎていた身近なまちや道の歩き旅を楽しめるコンテンツを開発・提供します。ユーザーは、マッピングされた歩き旅ルートを歩きながら、固有の歴史や郷土文化などを盛り込んだ地域ならではのオリジナルマガジンで旅先の情報を収集できるほか、旅の最中にはGPS連動型音声ガイドを楽しみながら歩くことができます。歩き旅ルートごとに設定された提携店舗「膝栗毛茶屋」では、他のユーザーや膝栗毛茶屋の店員とコミュニケーションを楽しむことが可能です。

 歩き旅ルート第一弾として、江戸時代に整備された五街道の一つである東海道を舞台に、日本橋~三島、京都~草津の13区間で、デジタルとリアルを絡めたコンテンツを提供しています。

 今後は「東海道五十三次」に限らず、地方自治体や商店街、企業などと連携しながら、様々なエリアの地域資源を活かしたコンテンツを作成し、歩き旅イベントなどを通じて賑わいを創出する施策も行って参ります。また、提携店舗の膝栗毛茶屋同士を繋ぐ役割を担い、各地域との連携も推進していきます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000021206.html

15:07 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.