金融&IT業界の情報サイト
 
 

日誌

【金融業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/09/11

【日本政策金融公庫】食の志向「健康志向」が上昇し、過去最高に迫る<平成30年度上半期消費者動向調査>

| by:ウェブ管理者
日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業は、平成 30 年7月に「平成 30 年
度上半期消費者動向調査」を実施しました。
現在の食の志向は、「健康志向」の上昇、「簡便化志向」の低下などの動きをみせつ
つも、引き続き「健康志向」「経済性志向」「簡便化志向」が3大志向となっています。
詳細は以下のとおりです。
<調査結果のポイント>
○ 健康志向、美食志向が上昇。簡便化志向、安全志向、手作り志向は低下。
(資料:図1,2)
消費者の現在の食の志向は、「健康志向(45.7%)」が前回比+2.8 ポイントと上昇
し、過去最高であった 26 年1月調査の 46.5%に迫りました。その一方で、前回調査で
過去最高の 31.7%を記録した「簡便化志向(29.8%)」は前回比▲1.9 ポイントと低下
しました。「経済性志向(35.3%)」は横ばいとなっています。
三大志向以外では、「安全志向(18.6%)」「手作り志向(17.8%)」がそれぞれ3
ポイント以上低下しました。一方で、「美食志向(15.5%)」は2半期連続の伸長とな
り、1年前(平成 29 年7月調査)と比べ 5.5%ポイント上昇しています。
○ 食料品購入時、約4人に1人が国産食品であるかを気にかけない。(資料:図3)
「食料品を購入するときに国産品かどうかを気にかけるか」を聞いたところ、「気
にかける」と回答した割合は 73.4%、「気にかけない」が 24.2%となりました。「気
にかけない」は前回調査比+8.0 ポイントと大きく上昇し、約4人に1人は国産であ
ることを「気にかけない」という結果となりました。これは 24 年7月調査(26.9%)
以来の高い割合となります。
また、「外食するときに国産品かどうかを気にかけるか」を聞いたところ、「気に
かける」と回答した割合は 33.4%となり、小幅ながら2半期連続で上昇しました。
消費者動向調査:食の志向
ニュースリリース

調査時期 平成 30 年7月
調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査対象 全国の 20 歳代~70 歳代の男女 2,000 人(男女各 1,000 人)





原文はこちら
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_180911a.pdf

15:00 | 金融:銀行
ヘッドライン検索
サイト内検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date

 

UAT4

UAT4
一件も該当記事はありません。

作業エリア

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.