金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2018/02/03

【NTTデータ】東京選考会優勝は Cinnamon K.K.(人工知能を活用した文書読み取りエンジン)、「第7回 豊洲の港から presents グローバルオープンイノベーションビジネスコンテスト(東京選考会)」開催!

| by:サイト管理者

 2018年1月19日(金)、NTTデータは、豊洲センタービル36階コンファレンスルームにおいて、「第7回 豊洲の港から presents グローバルオープンイノベーションビジネスコンテスト(東京選考会)」を開催した。



 開催の挨拶は、山本 修一郎氏(名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 教授)と残間 光太朗氏(NTTデータ オープンイノベーション事業創発室長)が登壇。


 東京選考会ファイナリスト9名によるプレゼンテーションが始まった。

 1社目は、ミニマル・テクノロジーズ:「ウェブサイト多言語化ツール『WOVN.io(ウォーブン・ドット・アイ・オー)』」では、林 鷹治氏(ミニマル・テクノロジーズ 代表取締役)が登壇。

 2社目は、サンド ディー・アイ・ジー:「事業会社と顧客のコミュニケーションの質を向上させるコンテンツ・シェアリング・モデル」では、青木 忠大氏(サンド ディー・アイ・ジー 代表取締役)が登壇。


 3社目は、Cinnamon K.K.:「人工知能を活用した文書読み取りエンジン(日本語読み取り99.2%)」では、平野 未来氏(Cinnamon K.K. CEO)が登壇。

 4社目は、インターメディア研究所:「スマホにかざすだけで認証、情報取得できる次世代スマートカードと電子スタンプによる決済システム」では、吉田 健治氏(インターメディア研究所 代表取締役)が登壇。


 5社目は、シマント:「業務プロセス間データの連携をマルチバリューデータベースで実現」では、和田 怜氏(シマント 代表取締役)が登壇。

 6社目は、MoBagel Inc.:「MoBagel provides AI-as-a-Service that empowers enterprise to understand complex their Big Data through fully automated machine learning.」では、JoChe-min CHUNG氏(MoBagel Inc. CEO & Co-founder)が登壇。



 7社目は、ZAICO:「在庫管理から始まるB2B取引革命」では、田村 壽英氏(ZAICO 代表取締役)が登壇。

 8社目は、STOCK POINT:「世界初!株価連動ポイントによる口座不要の株式投資体験とマーケティング手法を提供」では、大越 信幸氏(STOCK POINT 代表取締役社長/CEO)が登壇。


 9社目は、Shippio:「国際物流に特化したWEBサービス"Shippio"の開発・提供」では、佐藤 孝徳氏(Shippio 代表者)が登壇。

 「経済産業省からのお知らせ」では、雨宮 大地氏(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 係長)が登壇。「Connected Industries実現に向けたAIシステム共同開発の推進」と題して、5つの重点取組分野(自動走行・モビリティサービス、ものづくり・ロボティクス、プラント・インフラ保安、スマートライフ、バイオ・素材)のほか、AIベンチャーとの取組みや課題と解決策、「IoT Lab Connection(マッチングイベント)」の開催について紹介した。



 特別講演「読売巨人軍と阪神タイガースに学ぶ巨大既存体制への変革への道~サイエンス風味のソースを添えて」では、高井 研氏(国立研究開発法人 海洋研究開発機構 深海・地殻内生物圏研究分野 分野長/農学博士)が登壇。



 そして結果発表・表彰式へ。優勝した平野 未来氏(Cinnamon K.K. CEO)より挨拶。「これからも、10年、20年かけて、ホワイトカラーの面倒なことを全て人工知能に置き換えていきたい」と抱負を語った。

 ・東京選考会優勝(TOKYO WINNER): Cinnamon K.K.
 ・審査員特別賞(JUDGE AWARD): シマント
 ・特別賞(ZAMMA AWARD): MoBagel Inc.ZAICOShippio



 最後に、審査員より、それぞれ講評が述べられた。

 ・山本 修一郎氏(名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 教授)
 ・本荘 修二氏(多摩大学客員教授、本荘事務所 代表)
 ・大澤 弘治氏(Global Catalyst Partners、Global Catalyst Partners Japan Managing Director & Co-founder)
 ・近藤 安氏(NTTドコモ・ベンチャーズ Managing Director)
 ・西澤 民夫氏(一般社団法人オープンイノベーション促進協議会 代表理事)
 ・齊藤 直人氏(新日本有限責任監査法人 シニアパートナー 公認会計士、
        企業成長サポートセンター副センター長 IPOグループ統括)



 全てのプログラムが終わり、写真撮影・懇親会が行われた。「第7回グローバルオープンイノベーションコンテスト」は、全世界15都市でビジネスコンテストを開催し、ソリューションを各地から募集。NTTデータグループが提供するサービス・ソリューションとベンチャー企業のサービス・ソリューション・アイディアが掛け合わせ、大手企業も含めて、見たこともない新しいイノベーションビジネスの創発を目指しており、決勝大会は2018年3月22日(木)に東京で開催するという。世界各国で優勝したベンチャー企業によるピッチを楽しみにしたい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




16:33 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.