金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2016/11/21

【グッドウェイ】シリコンバレーにおけるフィンテック/テクノロジー/アウトソース企業との新たなビジネス開発と互恵ネットワークによるエコシステムの実現を目指して、「米国西海岸サンフランシスコ・ベイエリア訪問」実施!(海外視察)

| by:サイト管理者


 2016年11月14日(月)~19日(土)、グッドウェイは、シリコンバレーにおけるフィンテック/テクノロジー/アウトソース企業の最新動向と新たなビジネス開発を目指し、「米国西海岸サンフランシスコ・ベイエリア訪問」を実施した。

 現地では、サンフランシスコ・ベイエリアの一帯をレンタカーとUBERを活用し企業を訪問。多くの起業家を輩出するスタンフォード大学をはじめ、ベンチャーと大企業をつなぐイノベーションプラットフォームの視察や現地開催イベントへの参加のほか、現地日系金融機関やシステム関連企業の駐在員の方々との意見情報交換、現地フィンテック企業との個別ミーティングを行った。なお、宿泊ホテルはサンフランシスコ市内のビジネスの目抜き通り Market Street などにほど近く、便利なロケーションにある Hilton San Francisco Union Square Hotel





 現地の午前9時にサンフランシスコ国際空港に到着。早速、レンタカーに乗り込みパロアルトに向かう。1社目の企業訪問の前に、スタンフォード大学を散策し、シリコンバレーの雰囲気を肌で感じる。




 最初の訪問先は日本とシリコンバレーベンチャーの架け橋として活動する WiL オフィスで日系金融機関の現地駐在員の方々とディスカッション。続いて、場所を移し日系シンクタンク現地駐在事務所を訪ね、シリコンバレーでの活動やトレンドについて共有。
その後、ディナーは現地駐在員の方々とマウンテンビューにあるアメリカ料理レストラン scratch へ。シリコンバレーの活動イメージなど理解を深める。



 2日目はサンフランシスコ市内を中心にイノベーションを牽引する著名な企業が並ぶビジネスの目抜き通りMarket Street周辺にある企業数社をUBERと徒歩で訪問。



 最初に、クラウド型電子署名サービスを展開する Docusign のExecutive Briefing Centerにおいて、”All Successful Businesses Will be 100% Digital” を掲げる同社の金融機関向けベストプラクティスやソリューションのアプローチなどデモを交えながらディスカッション。あらためて金融機関向けのBPO(Business Process Outsourcing) サービスの潜在ニーズ、市場領域の広さと可能性を確認。



 続いて、オープンソースBPM(Business Process Management)ワークフローエンジンを提供する Bonitasoft では、シェア型オフィススペース Galvanize を訪ね、西海岸らしいイノベーション&インキュベーション施設の雰囲気を体感。"Developers, you’re our heroes." を掲げる同社のBPM(Business Process Management)ベースのアプリケーション構築プラットフォームの活用についてディスカッション。



 最後の訪問先は、ペイメント領域を中心とするエグゼクティブネットワーク BayPay Forum を通じた「RegTech - Do we need it?」イベントに参加。RegTech(規制コンプライアンス要件に効果的かつ効率的に対応するためのテクノロジー活用)に関心を持つ米国の金融業規制機構や金融機関および金融機関向けに規制対応をサポートする専門家、日系金融機関やIT企業の担当者が訪れ、しばし歓談。
 パネルディスカッション「RegTech – The Emergence of Financial Technology (FinTech) in Regulatory Compliance」では、パネリストとして、Mike Gardner氏(Managing Director and Head of Center at BNY Mellon Innovation Center)、Anatoly Kvitnitsky氏(VP of Growth at Trulioo)、Daniel Wheeler氏(Partner at Bryan Cave)が登壇、Lance Brown氏(Senior Manager at Protiviti)がモデレーターを務め、RegTechの特徴、エコシステム、その影響について意見が交わされた。



 3日目は、再びレンタカーで、サンタクララ、サニーベール、サンマテオへと、サンフランシスコ・ベイエリア一帯を巡り各社を訪問。



 最初に、Hortonworks では、同社が掲げる"Connected Data Platforms"についてオープンソースプットフォームによるデータ価値の最大化に向けたソリューションと戦略の概要、金融業界における導入事例について共有、その活用の可能性についてディスカッション。





 続いて、Plug and Play Tech Center では、イノベーションプラットフォームとしての多様なプログラムラインナップと成長に向けた互恵ネットワークのエコシステムについて共有。この日は、同会場にて開催されたJETRO主催「Japanese Hidden Gems Technology Pitching & Networking Event」では、浜松信用金庫をはじめとする日本企業と現地のシリコンバレーベースの企業とのビジネス機会を促進するイベントが催され多くの参加者が訪れた。



 最後に、Alpaca では、アルパカスキャンアルパカアルゴをはじめ、同社における世界の市場から見た投資家のトレーディングニーズとソリューション、アプローチについて共有。同社が入居する Hero City at Draper University の斬新かつ印象的なコワーキングスペースの雰囲気に圧倒される。型破りなシリコンバレーのスピードの源泉に触れた。



 最終日となる4日目の午前中は束の間の観光。ロンバート・ストリート、Pier39・フィッシャーマンズワーフ、ゴールデンゲートブリッジを渡りサンフランシスコ北部の閑静なエリア(Larkspur、Tiburon)へ。



 午後から再び企業訪問。最初に、AIベースの自然言語理解ソリューションを手掛ける Cortical.io では、同社の概要やサービスを生み出した背景、金融機関での活用事例について共有。言葉と文章のコンテキストをもとに、膨大なテキストデータから理にかなった情報を抽出する技術的な仕組みとその活用可能性についてディスカッション。



 最後の訪問先は、フィナンシャルアドバイザー向けデジタルアドバイスプラットフォームを手掛ける Emotomy を訪ね、"Built By CIOs For CIOs"を掲げる同社の投資・資産運用における統合的かつ戦略的なワンストップサービス&オペレーションを実現するプラットフォームについて共有。サンフランシスコ市内を対岸に見渡す美しいTiburonの高台にある同社オフィスのロケーションからの素晴らしい眺めに感動すると共に、多くの発見と忘れられないひと時を過ごす。

 全ての訪問を終え、最後はアメリカ料理店 Daily Grill でラップアップミーティング&ディナー。4日間の訪問とディスカッションを振り返り、一歩先の未来の仮説とその実現可能性について談義。参加者一人一人がそれぞれ印象に残ったテーマや感想と共に今後の取り組みへの抱負を語り、今回の米西海岸訪問を締め括った。



 グッドウェイは、金融IT分野のリレーションシップアドバイザーとして事業開発の狙いやテーマに応じたイベントや視察の企画運営実行を全面的に支援しております。百聞は一見に如かず。今後も、NY、London、イスラエル、ルクセンブルク、エストニアなど世界の最新トレンドとビジネス機会をキャッチすべく企画してまいります。ご関心があれば、ぜひお気軽にお声かけください。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




06:06 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.