金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/02/14

【アイルランド政府商務庁(Enterprise Ireland)】カンファレンス「Appetite for Disruption - Showcasing Ireland's Fintech Industry 2019」開催!

| by:サイト管理者


 2019年2月12日(火)、アイルランド政府商務庁(Enterprise Ireland)は、コワーキングスペース Talent Garden Dublin において、カンファレンス「Appetite for Disruption - Showcasing Ireland's Fintech Industry 2019」を開催した。



 アイルランド政府商務庁は、世界各国とアイルランド企業のビジネス促進の為、Growing Irish industry をスローガンに掲げ活動を行っている。会場となった Talent Garden Dublin は、Dublin City University Innovation Campus にある DCU Alpha にオープンした革新的なコワーキングスペース。



 Mark Bennett氏(Country Manager, Talent Garden)の挨拶に続き、「Welcom & Opening Remarks」は、Julie Sinnamon氏(CEO, Enterprise Ireland)が登壇。



 「IFS 2025 Outlook」では、Michael D’Arcy TD氏(Minister of State with special responsibility for Financial Services and Insurance, Ireland)が登壇。続く「Industry Keynote Speech」では、Dómhnal Slattery氏(Founder & CEO, Avolon)が登壇。



 パネル「Relationship Status...It's complicated」では、Garry Conroy氏(Chief Commercial Officer, TransferMate)、Maureen Mitchell氏(Director, Sterling National Bank)、Mike Chiaramonte氏(Director, Fintech Practice - Grant Thornton)が登壇。Eoin Fitzgerald氏(Senior Development Adviser - Fintech Financial Services Department, Enterprise Ireland)が進行を務めた。パネルでは、スタートアップ企業とコラボレーションしながらも競争している現状やFintechを取り巻く課題など意見が交わされた。



 パネル「It's F'in Debate」では、Team Europeとして、Jack Finucane Clarke氏(Market Advisor for Fintech/FS - UK, Enterprise Ireland)、Sean Faughan氏(CEO, Salmon)、Philip Konopik氏(Ireland Country Manager, VISA)が登壇、Team ROW(Rest of the World)として、Mo Harvey氏(Head of Fintech - Asia, Enterprise Ireland)、Thomas Layman氏(CEO, Global Vision Group)、Ollie Walsh氏(CEO, PiPiT)。Pete Townsend氏(Founder & CEO, Norio Ventures)が進行を務めた。パネルでは、欧州チームと欧州以外の世界のチームに分かれ、各トピックにおける私見を披露しディベートが行われた。



 パネル「Moonshot - FS in 2025」では、Laura Clifford氏(Fintech fusion Manager - ADAPT Centre)、Daniel Chatelain氏(MD, The BayPay Forum)、David Saul氏(Chief Scientist, State Street)、Mark O'Donovan氏(CEO, RecommenderX)が登壇。Eoin Fitzgerald氏(Senior Development Adviser - Fintech Financial Services Department, Enterprise Ireland)が進行を務めた。パネルでは、ブロックチェーン、AIなど新たなテクノロジーを活用した金融サービスの未来像など私見が披露された。



 Coffee Break、Lunch Breakでは、隣接する会場で軽食や飲み物が用意され、ネットワーキングが行われた。



 全てのプログラムが終わり、個別面談のビジネスミーティング「1-to-1 Meetings」が行われた。事前にアレンジされたタイムスケジュールに沿って、熱心に企業紹介や意見交換を行う姿が広がった。



 イギリスのEU離脱問題によるブレグジット(Brexit)の影響を含め、昨今注目が高まるアイルランド。法人税率の低さや30歳未満の若年層が占める割合が高いといった特徴に加え、内需の小さな同国にとって海外市場への進出や外国企業とのビジネス連携に向けた取組みに政府機関も力を入れている。近年ではスタートアップと企業がつながる場として充実した施設や設備なども増え、急速にエコシステムの環境整備が進んでいるという。今後のアイルランドを取巻く欧州経済と企業活動の行方など、アイルランド政府商務庁(Enterprise Ireland)の取組みに注目したい。



(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




13:04 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.