金融&IT業界の情報サイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2024/04/03

【あいホーム/ダイナトレック】「地方(仙台)DX ミートアップ Powered by あいホーム & ダイナトレック」開催!

| by:サイト管理者


 2024年3月22日(金)、あいホームダイナトレックは「地方(仙台)DX ミートアップ Powered by あいホーム & ダイナトレック」をイノベーションプラットフォーム「IDOBA」で開催した。



 会場には東北でDXや地域の新たな価値に取組む中小企業の経営者と地域各地の金融機関の担当者が一堂に会し、この日の登壇者による書籍『どんな逆境もチャンスに変える! 環境激変でも“連続”最高益! 地域No.1工務店の「劇的に進化する」経営』(あいホーム 代表取締役社長 伊藤 謙氏)のほか、『言葉でアイデアをつくる。 問題解決スキルがアップする思考と技術』(Que 取締役 仁藤 安久氏)が配られた。



 開会の挨拶とアイスブレイク、最初の講演は伊藤 謙氏(あいホーム 代表取締役社長)が登壇。コロナ禍での逆境をチャンスに変えるべく自らが取組んできた「劇的に進化する」経営について解説。住宅業界におけるDX化、データ活用、ブランディング、人事戦略など数々の実践事例を披露した。



 続いての講演は永野 健太氏(ユカリエ 代表取締役社長、ジーバー 代表取締役)が登壇。不動産業界における現状や宮古島での空き家とクラウドファンディングの活用事例を紹介。高齢化社会における地域の価値創造に向けた不動産業界の共創の重要性やジーバーFOODの狙いと想いを披露した。



 続いて、佐伯 卓也氏(ダイナトレック 取締役(経営企画担当))よりダイナトレックの会社概要サービス導入事例の解説のほか、2024年4月より設立する「みらいDXアカデミー」の紹介を行った。



 続いて、佐伯 慎也氏(ダイナトレック 取締役(製品技術・コンサルティング担当))と角 賢二氏(百五銀行 経営企画部 IT戦略課 課長代理)より、「百五銀行でのDX成功の秘訣5選~ダイナトレックによる4年間のプロジェクト推進から」と題して講演が行われ、導入の経緯やCRM連携をはじめとする活用事例、データ活用文化の定着に向けて取組んでいることについて紹介した。また、ダイナトレックへの出向を予定している中條 航平氏(百五銀行 経営企画部 IT戦略課)より抱負が述べられた。



 続いての講演は仁藤 安久氏(Que 取締役)が登壇。広告代理店での自身の経歴と共に百貨店での取組み事例をもとにアイデアにまつわる思考や技術と重ねつつDXについて触れ、何に向かって変わっていくかを言語化することの大事さについて語った。



 最後のラウンドテーブルでは、伊藤 謙氏、永野 健太氏に加え、大久保 光伸氏(デジタル庁 ソリューションアーキテクト)が登壇。地域企業の経営者と金融機関の双方の立場から、デジタルへの意識と取組み、シニア世代とのつながり、金融機関の地域企業への出向における効果や期待など、それぞれの私見を披露。この日の地方DX ミートアップへの感想と共に締めくくった。



 ダイナトレックは2014年より地方銀行ユーザーを対象とした「DYNATREK地方銀行ユーザー会議」を継続的に開催しているほか、地域金融機関からのDXトレーニー制度を通じて自治体や地域企業でのフィールドワークを実践している。これからも金融機関が自ら推進するDXを、地域の中小企業に波及する潮流とすべく、さまざまなワークショップやプロジェクト開発を進めていくという。今後の全国各地での地方DXミートアップの開催と展開に期待したい。


(取材、撮影、記事、編集・制作 :株式会社グッドウェイ@メディアプロモーション事業部 )





17:16 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.