金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/08/13

【グローバルウェイ】TimeTicket GmbHのブロックチェーンプロジェクト、IEOに向けて本格始動

| by:ウェブ管理者
株式会社グローバルウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)の子会社として設立されたTimeTicket GmbH(本社:スイスツーク州)は、昨年度よりブロックチェーン上に非中央集権型シェアリングエコノミーサービスプラットフォームを構築するプロジェクト「TimeCoinProtocol(以下、タイムコインプロトコル)」のリリースに向けて開発を進めてまいりましたが、このたび、FINMA(スイス金融市場監査局:the Swiss Financial Market Supervisory Authority)よりトークンの評価を得たことを受けて、IEO(Initial Exchange Offering:暗号通貨取引所をプラットフォームとする暗号通貨での資金調達)の実施を計画したことをお知らせいたします。

スイスでは、FINMAが暗号通貨を発行する企業のプロジェクトを評価する仕組みが整備されております。2018年にFINMAに提出しましたプロジェクトのホワイトペーパーに記載されております暗号通貨「TimeCoin(以下、タイムコイン)」は、決済トークンとしての評価を得ましたので、今後は、プロジェクト内容、プロジェクト進捗、暗号通貨の販売(プライベートセールやIEO)についての情報を開示していく予定です。

トークンセールに関しましては、スイスの金融法を順守することはもちろんのこと、国際金融機関の基準を満たすレベルのKYC(顧客情報確認)およびAML(アンチマネーロンダリング対策)のサービスを提供する暗号通貨取引所、仲介業者、銀行と提携します。また、監査法人との十分な連携を図り、適切な会計処理を行う予定です。なお、今回予定されている暗号通貨の販売(トークンセール)には、日本人居住者と日本企業は参加することができません。

◆寡占化が進むシェアリングエコノミー市場の課題

物・場所・サービス・時間などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組みを「シェアリングエコノミー」と呼びます。シェアリングエコノミーの典型例としては、個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスがあります。貸主は遊休資産の活用による収入が得られ、借主は所有することなく利用ができるというメリットがあります。

シェアリングエコノミー市場は、中央集権的にシェアリングエコノミー市場を独占している一部の企業(Uber、Airbnb、Getaround、WeWork、Fiverr、Upworkなど)が高い取引手数料を利用者から徴収し、利益を独占しております。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000244.000018764.html

16:14 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.