金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/12/02

【IBM】IBMグローバル経営層スタディ:デジタル時代の「信頼」に基づき、データ活用する企業が、高業績に ~新たな優位性の源泉であるデータの流通と活用に向けて、企業が構築すべき「3つの信頼」とは~

| by:ウェブ管理者
IBM(NYSE:IBM)は、20回目となるグローバル経営層スタディ「Build Your Trust Advantage: 信頼による卓越」を発表しました。今回の調査では、世界98カ国20業種にわたる13,000名以上の経営者(CxO: 最高責任者)*1の方々を対象に、事業や経営のデジタル・トランスフォーメーション(DX)に向けた投資や活動の内容に係るインタビューを実施しました。インタビューはオックスフォード・エコノミクス(民間の独立系マクロ経済調査会社)の協力を得て実施し、調査結果はIBM Institute for Business Value(IBV)*2がレポートとして取り纏めました。

今回の調査から、顧客からの「信頼」を得て、データそのものを「信頼」しつつ、エコシステムにおけるデータ流通への「相互信頼」を形成できている企業が、様々な業界におけるDXを牽引しているということがわかりました。本調査では、そのような企業の経営者の方々を「Torchbearer: 先導者」と名付け、特に先導者の観点から、デジタル時代に求められるリーダーシップのあり方を分析・洞察しました。

- 先導者は、本調査にご回答を頂いた経営者全体の9%を占める。
- 先導者は、事業戦略とデータ戦略を融合し、データからの価値創出能力が高い。
- 先導者は、売上成長率や利益率が競合他社と比較して高い。
- 先導者は、業界のイノベーションをリードし、変革活動の成果が競合他社を上回っている。


原文はこちら
https://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/55640.wss

15:08 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.