金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/11/15

【スマートバリュー】マイナンバーカードを用いた本人認証アプリを開発「GaaS(Government as a Service)」と連携し行政サービスや手続きのデジタル化における本人確認に活用

| by:ウェブ管理者
株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:渋谷 順、以下:スマートバリュー)は、マイナンバーカードを用いた本人認証アプリ(以下、本人認証アプリ)を開発しました。2019年5月に公開した住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」(以下、GaaS)と連携し、行政サービスや手続きのデジタル化で必要となる本人確認に活用します。

 政府は、デジタルファースト法(通称)の意義に基づき、マイナンバーカードの普及に向け、マイナポイントの実施や健康保険証としての利用をはじめ、あらゆる活用方法の整備を進めています。スマートバリューは、GaaSと本人認証アプリ、そして開発を予定する各種サービスの提供を通じ、今後普及を急ぐマイナンバーカードの利用シーンを創出し、利便性の高い行政サービスの実現に貢献します。

 対応するNFCスマートフォンへ本人認証アプリをインストールし、マイナンバーカードをかざすことにより、公的個人認証サービス(※1)を用いてインターネットを通じた安全・安心な本人確認を行うことが可能となります。
 本人認証アプリは、地方公共団体情報システム機構が公開するJPKIライブラリおよび株式会社パイプドビッツが提供するスパイラル本人確認サービスをもとに、スマートバリューが開発しました。

 スマートバリューは、今後、GaaS上でデジタル化された行政サービスの展開を予定しています。オンライン申請・手続きサービスをはじめ、キャッシュレス機能による地域通貨や地域ポイント、チケッティングによる施設予約や移動手段の提供などを計画しています。マイナンバーカードを用いた本人認証アプリの提供により、地域住民にとり、利便性が高く、安全・安心にデジタル化された行政サービスが利用できる環境を提供すると同時に、今後普及が見込まれているマイナンバーカードの利活用シーンの創出に貢献してまいります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000039479.html

15:07 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.