金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/11/08

【SAS Institute Japan】半数以上の組織が、「アナリティクスはイノベーション体質の強化に貢献している」と回答

| by:ウェブ管理者
■72%がアナリティクスのメリットを認識している一方で、戦略の伝達に利用している組織は39%に留まる

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)が、アナリティクス担当リーダーを対象にした調査によると、72%の組織が「アナリティクスは貴重な洞察の生成に役立つ」と考えており、60%が「組織のアナリティクス・リソースはイノベーション体質の強化に貢献している」と回答しています。

その一方で、「アナリティクスは、ビジネス戦略の中核である」という回答は39%に、「戦術的プロジェクトのみで利用されている」という回答は35%に留まっています。65%の組織はそれを定量測定できおり、利用価値を認識しているにもかかわらず、企業や組織はアナリティクスへの投資から最大限の価値を引き出していないことが判明しました。

しかしながら、企業や組織は今、アナリティクスに基づく洞察の迅速化を優先課題として追求しており、そのことは企業が人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)のような最新テクノロジーを追求している動向からも見て取れます。

今回の調査 「Here and Now: The need for an analytics platform (現状分析:アナリティクス・プラットフォームの必要性、英語サイト)」は、世界中の幅広い業種の組織に所属するアナリティクス・エキスパート、IT部門およびビジネス部門の担当者を対象に実施されました。調査では、アナリティクスが企業や組織におけるビジネスや業務の遂行方法を変容させつつあることが明らかになりました。この傾向は日常業務だけでなく、イノベーションの推進に関しても同様で、回答者の27%が「アナリティクスは、新しいビジネスモデルの立ち上げに役立った」と回答しています。アナリティクス・プラットフォームの導入効果は数多く特定されおり、回答数の多い順に「データ準備時間の短縮」(46%)、「よりスマートで、より確信に満ちた意思決定」(42%)、「より迅速な洞察」(41%) となっています。

SAS Global Technology Practice部門担当ディレクター、エイドリアン・ジョーンズ (Adrian Jones)は、次のように述べています。
「調査結果は、ビジネス・コミュニティの間に、アナリティクスを活用して競争優位をもたらす洞察や効率化を図りたい、という強い願望が存在することを示しています。大多数の組織は、効果的なアナリティクスが組織にメリットをもたらしうることを認識しています。特に顕著なのは、最先端のAIを導入するために自らの能力を向上させる場合です。しかし、アナリティクスを組織全体で戦略的かつ効果的に活用している企業や組織の割合は、もっと高くてもよいはずです。」


原文はこちら
http://u0u1.net/Nk8F

15:08 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.