金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/07/13

【Cereal】ロシアを代表するフィンテック企業のシリアル、暗号通貨を担保に融資する金融プラットフォームでICOを開始

| by:ウェブ管理者
MOSCOW, Jul 13, 2018 - ( JCN Newswire ) - 暗号通貨及び暗号通貨の採掘(マイニング)マシンを担保に融資できる金融プラットフォームを開発しているフィンテック・スタートアップのシリアル(Cereal)は、7月15日から8月30日まで2千万ドル相当のCRLユーティリティトークンの販売を開始すると発表した。

暗号通貨及び暗号通貨に関連した資産を持っている人が暗号通貨を担保に融資できるシリアルのプラットフォームは、ブロックチェーンベースの担保ローン生態系を通じて、暗号通貨コミュニティが必要とする高品質の実際に利用可能なローン商品を紹介する予定である。特に、暗号通貨分野の従事者と金融機関、投資者、生産者を直接連結することで、ローン市場の進歩を成し遂げる見通しだ。

シリアルの共同創業者であるCEOのセルゲイ・バート(Sergey Vart)氏は、フィンテック・スタートアップのクレデオ(credeo.ru)とラッセロッチカ24(rassrochka24.ru)を創業したフィンテック分野の連続起業家(serial entrepreneur)である。セルゲイ・バート氏は、「伝統的な資産ベースのローンを革新して、分散化された資産ベースのローン・ネットワークを作っていきたい」と話し、「全世界的に300億ドル規模の市場に成長している暗号通貨資産ベースのローン市場でその地位を固め、数百万人の暗号通貨支持者の参加をもたらすシリアルのプロジェクトは、マイニングマシン分野で1位のギガワットと提携することでマイニングインフラの支援を受け、次世代ローン商品サービスの開発を加速している」と述べた。

一方、マサチューセッツ工科大学(MIT)の著名な教授であるジョン・ R・ウィリアム(John R.Williams)教授は、シリアルのアドバイザーとして参加し、「シリアルはブロックチェーン企業の中では数少ない強力な(Solid)会社の一つだと確信している」と話した。

シリアルは、7月15日から8月30日までCRLトークンのパブリックICOを行う。詳細はホームページ リンク で確認することができる。

シリアルについて
シリアルは、資産ベースのローン・プラットフォームとして、暗号通貨を担保に融資する新たな市場を形成し、 全世界の数百万人の暗号通貨支持者のための資産ベースのローン・ネットワークを開発している。


原文はこちら
https://japan.cnet.com/release/30258045/

16:01 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.