金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/05/18

【ISIDほか】スマートスタジアム構想におけるIoT 決済の実証実験について

| by:ウェブ管理者
株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史、以下「みずほFG」)、株式会社Blue Lab(代表取締役社長:山田 大介、以下「Blue Lab」)、株式会社電通国際情報サービス(代表取締役社長:釜井 節生、以下「ISID」)、富士通株式会社(代表取締役社長:田中 達也、以下「富士通」)は、スマートスタジアム構想(※1)におけるIoT決済の一環として、キャッシュレス決済による決済付随情報の利活用と、ダイナミックプライシング(※2)の実現に向けた実証実験を開始します。

■今回の実証実験の概要
実施日時:2018 年 5月20日(日曜日)
実施場所:富士通スタジアム川崎
対象試合:日本社会人アメリカンフットボール Xリーグ PEARL BOWL 2018
富士通フロンティアーズ - オービックシーガルズ
対象者:みずほ銀行行員、ISID社員、富士通社員を中心に事前募集した約100名


〈みずほ〉では、これまで、IT 技術等を活用した取り組みを推進するため、先進的なIT技術を保有する企業との連携や、2016年10月から「FINOLAB(※3)」に設置したラボ施設「Mizuho Creation Studio(※4)」を活用した協業を通じて、業界の垣根を超えたオープンイノベーションに取り組んできました。また、〈みずほ〉は2017年1月から「IoT決済に関するプラットフォーム構築に向けた研究開発(※5)」への取り組みも進めています。

そのような状況の中、本実証実験では〈みずほ〉およびBlue Labが構築を進めてきた、IoT決済に関するプラットフォームを用いた決済付随情報を利活用する仕組みを検証します。

本実証実験に向け、〈みずほ〉およびBlue Lab は、金融機関向けシステム導入にノウハウを有するISID の支援のもと、API(※6)評価環境を活用したIoT決済プラットフォームのプロトタイプを構築しました。これにより、スタジアム売店に対する代金支払を、API評価環境に登録された銀行口座からの振込により実現可能とします。また、富士通は、本人認証技術(※7)を活用したチケットレス環境を構築し、チケット座席管理システムにノウハウを有する株式会社モーションピクチャー(※8)とともに、チケットレス入場の実証実験用スマホアプリを構築しました。

具体的には、本実証実験の対象者は、実証実験用スマホアプリを用いることでチケットレス入場や、観客席に座ったままで売店への商品注文および事前決済を実施することができます。

本実証実験では、決済付随情報の利活用を見据えて、チケット情報と購買情報を横断的に取得する仕組みの検証を行い、「ダイナミックプライシング」への活用に向けた課題の整理と評価を行います。

みずほFG、Blue Lab、ISID、富士通の各社は、今回の取り組みを契機として、新しいテクノロジーを活用した先進的なサービス、お客さまへのよりよい金融サービスの提供を目指していきます。


原文はこちら
https://www.isid.co.jp/news/release/2018/0518.html

15:01 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.