開催のご挨拶 

 謹啓 時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 ブロードリッジは、金融業界各社のビジネス変革を支援するコミュニケーション、テクノロジー、データ及び分析ソリューションを提供するグローバル・フィンテック・リーダーです。

 さて、本年は、新型コロナウイルスの到来により、これまでの日常生活やビジネスの在り方が大きく変化するなど、パラダイムシフトの時を迎えています。これにより、ビジネス戦略、運用モデル、テクノロジーソーシングモデルも新しい時代に適合するための弾力性と俊敏性が求められています。このような中、アフターコロナを見据え、テクノロジーを活用した金融業務変革に挑戦している各分野のキーパーソンを招き、どのように外部環境の変化を捉え効果的に管理するかを共有すべく、Zoomオンライン配信「ブロードリッジ・エクスチェンジ・オンライン2020」を開催いたします。つきましては、変革期を迎える金融業界の皆様に是非、ご参加いただきたく、下記ご案内させていただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。
 
開催概要 

名 称「ブロードリッジ・エクスチェンジ・オンライン 2020」
 ~アフターコロナ、金融業務変革への弾力性と俊敏性~
日 時 2020年7月9日(木)15:00~16:00(14:50~ 10分前:Zoom入室受付開始)
主 催
 株式会社ブロードリッジ・ジャパン
事務局
 株式会社グッドウェイ
対 象 どなたでも参加登録可能です。
(主に、金融機関(銀行、証券、保険、バイサイド等)の役員、企画、戦略、
 フィンテック関連、IT等の部門の方々向け)
方 法 Zoomによるオンライン開催
 
プログラム 

14:50 ~ 15:00
(10分前:Zoom入室受付開始)
15:00 ~ 15:10
【開会挨拶、ホワイトペーパ報告
「資本市場におけるテクノロジートランスフォーメーション
 ~オープンプラットフォームが切り拓く新境地
 光岡 大三(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)
15:10 ~ 15:55【パネルディスカッション】(※日本語で行います。)
「アフターコロナ、金融業務変革への弾力性と俊敏性」


 <<パネリスト>>
 細村 武弘氏(日本証券クリアリング機構 執行役員 清算企画・OTCデリバティブ清算担当)
 佐藤 邦彦氏(松井証券 取締役システム部担当役員)
 棚橋 俊介氏(パートナーズ・グループ・ジャパン 代表取締役社長)

 <<モデレータ>>
 ジェームス・マーズデン(ブロードリッジ・ジャパン マネージング ディレクター
             アジア戦略・営業開発)
15:55 ~ 16:00【閉会挨
 木佐貫 英隆(ブロードリッジ・ジャパン セールスディレクター)

※プログラムは予告なく変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
 
登壇者 


細村 武弘氏(日本証券クリアリング機構 執行役員 清算企画・OTCデリバティブ清算担当)

1991年東京証券取引所入社。債券部、日本銀行出向、派生商品部、証券保管振替機構及びほふりクリアリング出向を経て2004年から2018年まで日本証券クリアリング機構(JSCC)に在籍。JSCCでは、主に企画部門の業務に従事し、リーマンブラザーズの破たん処理も担当。OTCデリバティブ清算業務については、検討開始当初から参画。2018年東京証券取引所株式部長、2019年より現職。現在、日本商品清算機構(JCCH)取締役を兼務し、2020年7月の総合取引所実現の一環としてJSCCとJCCHの統合を推進している。慶應義塾大学商学部卒。
佐藤 邦彦氏(松井証券 取締役システム部担当役員)

1989年3月 神奈川県立商業工業高等学校卒業
1989年4月 山一證券 入社
1998年9月 松井証券 入社
2004年9月 松井証券 システム部長
2006年6月 松井証券 取締役就任システム企画部長 兼 品質管理担当役員
2011年5月 松井証券 取締役システム部担当役員(現任)
棚橋 俊介氏(パートナーズ・グループ・ジャパン 代表取締役社長)

2017年 パートナーズ・グループに参画。1996年 三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)に入社、ゴールドマンサックスアセット、アントキャピタルを経て、2010年から2016年までアーク・オルタナティブ・アドバイザーズ(現アーク東短オルナタナティブ)代表取締役社長。責任投資関連では、2005年 責任投資原則(PRI)のエキスパートグループメンバー任命、2013年4月より、責任投資原則(PRI)協会日本ネットワークPEワーキンググループ議長、2017年よりインフラストラクチャー・ワーキンググループ副議長も歴任。2019年10月 アドバイザリーボードメンバー就任。ESG活動を積極的に推進。東京大学経済学部(1996年卒)、ミシガン大学MBA(2007年)。
 ジェームス・マーズデン
(ブロードリッジ・ジャパン マネージング ディレクター アジア戦略・営業開発)


ジェームス・マーズデンは、ブロードリッジのアジア戦略・営業開発マネージング・ディレクター。現職以前はブロードリッジの日本事業を統括し、13年の間に日本事業をブロードリッジのアジアでも非常に大きな事業部へと成長させた。
金融機関を支えるポストトレードのワークフロー自動化およびさまざまなソリューションにおける専門家として、プロジェクトマネジメントをはじめ、事業分析、アーキテクト、ブロードリッジのポストトレードプラットフォームGloss導入プロジェクトにおける複数顧客のプログラミング等、多数の職務に携わる。

お申込 

どなたでも参加登録可能です。
(主に、金融機関(銀行、証券、保険、バイサイド等)の役員、企画、戦略、フィンテック関連、IT等の部門の方々向け)



 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.