取材レポート >> 記事詳細

2014/10/02

【東京商品取引所他】コモディティ投資をじっくり学べる一日 『コモディティ・フェスティバル2014 (略称:コモフェス2014)』を御茶ノ水ソラシティで開催!

| by:ウェブ管理者



   2014年9月23日(火・祝)、東京商品取引所大阪堂島商品取引所日本商品先物振興協会は共催でコモディティ投資をじっくり学べる一日としてスペシャルイベン 『コモディティ・フェスティバル2014』を御茶ノ水にあるソラシティカンファレンスセンターで3年ぶり(前回のレポート)に開催した。

 本年は主催の東京商品取引所が30周年を迎え、同所がスポンサードするラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」も10周年という節目の年。コモディティを知り尽くす専門家によるセッション、コモディティの魅力を伝える多彩な展示ブースのほか、雑誌(日経マネー)・ラジオ(ラジオNIKKEI)などが連携して、全国の投資家にコモディティの魅力を届けられた。








 最初に「コモディティ市場、30年の変遷とこれから(住友商事執行役員 住友商事グローバルリサーチ社長 高井 裕之 氏)」と題した講演が行われた。続いて、「農産物・ゴム・コメ トークセッション」、ティーブレイク &ブースツアー、「コモディティ投資の魅力と勝てる投資家になる秘訣」、「貴金属・エネルギー トークセッション」と各専門家による様々な見通しや私見が披露され、最後は「おたのしみ!コモディティプレゼント抽選会」へと続いた。

 この日、来場した300名を上回る投資家も一様に満足の表情。また展示スペースでは出展各社による熱のこもったPRが展開され、来場者も次々と足を止めてノベルティーグッズを受け取ったり、スタッフから説明を聞く姿が多く見かけられた。




 岡藤グループ岡地
岡安商事


 サンワード貿易日本ユニコム
フジトミ


 
Reuters.co.jp
 THE WALL STREET JOURNAL 


 2014年9月24日、東京商品取引所は、次期システムについて大阪取引所のデリバティブシステム等のサービス提供に関する基本合意書を締結したと発表、サービスの実現に向けた協議を進めているという。既に統合された現物市場、デリバティブ市場に加え、金融商品を横断した業界プラットフォームの合理化が進む中で、より投資家ニーズに応える商品ラインナップや多様な相場環境の中で、幅の広い取引サービスの提供につながることに期待したい。

 なお、コモフェス運営事務局が運営する公式サイトにも開催レポートが掲載されているので、そちらでもぜひご覧頂きたい。

(取材、撮影、
記事、編集・制作:柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )


17:17 | 取材:投資家向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.