金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2014/08/22

【工藤一郎国際特許事務所、東証ほか】宇宙飛行士 山崎 直子 氏の講演も!中長期投資に欠かせない視点である「成長力」をテーマとしたセミナー「2020年に向けた株式投資~成長力を知り、活かす」を東証ホールで開催!

| by:ウェブ管理者


 2014年6月6日(金)、工藤一郎国際特許事務所は、NISAの開始にともなって長い視点で企業を見極めて投資していく中長期スタイルの投資が注目を集めるなか、東京証券取引所楽天証券、一般社団法人日本コミュニケーション&マナー協会と共催で、中長期投資に欠かせない視点である「成長力」をテーマとしたセミナー「2020 年に向けた株式投資 ― 成長力を知り、活かす」を開催した。(協賛:コモンズ投信QUICK

 共催各社によると、投資に興味はあるが、どうやって投資先を選べばいいのかわからないという初心者から上級者まで多くの個人投資家、そして、日頃より個人投資家と接点を持つ証券会社の営業・企画の担当者向けに新たな視点やヒントを共有する場として開催したという。

 当日は、一般社団法人日本コミュニケーション&マナー協会理事長 金子 理恵 氏が、「高マナー度の企業は成長する」と題してマナー&コミュニケーションという新しい観点からの投資の可能性について語った。続いて、ゲスト講師に招かれた宇宙飛行士の山崎 直子氏より、「宇宙から見える日本企業・ものづくりの未来」 と題して、自身が宇宙飛行士になるまでの軌跡、実際の宇宙空間の中での様々な体験や宇宙からしか見ることのできない景色の数々を紹介、日本の産業や宇宙に対する想い、そして、未知への挑戦のすばらしさについて講演を行った。










 パネルディスカッション「2020 年に向けて活躍する企業」では、パネリストとして、楽天証券 楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト 窪田 真之 氏、コモンズ投信 代表取締役社長 伊井 哲朗 氏、工藤一郎国際特許事務所 所長 弁理士 工藤 一郎 氏が登壇、ニッセイ基礎研究所 主任研究員 井出 真吾 氏がモデレーターを務め、2020年に予定されている東京オリンピックをはじめ、少し先の未来に向けて活躍が予想される企業などについて、分析ツールの活用事例紹介を交えながら、それぞれの意見や見通しが示された。



 より豊かな社会の形成に向けて、明日創りに挑戦し続ける企業を長く応援することでメリットを享受できる投資環境の整備、そして、投資家の意識改革の環が広がっていくことに期待したい。

(取材、撮影、記事:藤野 宙志 /  編集・制作:柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )


10:42 | 写真:投資家向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.