金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2016/12/11

【D4V(Design for Ventures)】フォーブス ジャパンCEO兼編集長 高野 真氏がD4Vのファウンダー兼CEOに就任、日本のスタートアップの触媒となり、世界を舞台に成功する可能性を開花させる、「D4V(Design for Ventures)ローンチ・レセプション」開催!(FinTech関連)

| by:サイト管理者


 2016年12月2日(金)、ベンチャーキャピタルD4V(Design for Ventures)は、南青山にある多目的空間IDOLにおいて、「D4V(Design for Ventures)ローンチ・レセプション」を開催した。D4Vのファウンダー兼CEOに、フォーブス ジャパンCEO兼編集長 高野 真氏が就任。

 国際的なデザインコンサルティング会社のIDEO LPと、ベンチャーキャピタルGenuine Startupsは両社の強みを活かした新しいタイプのベンチャーキャピタルD4V(Design for Ventures)を合弁で設立、トム・ケリー氏(ファウンダー兼会長)、高野 真氏(ファウンダー兼CEO)、伊藤 健吾氏(ファウンダー兼COO)、谷家 衛氏(ファウンダー)、野々村 健一氏(ファウンダー)が経営にあたるという。また、資金調達環境をより強固にし、投資先企業の海外事業展開を支援すべく、エグゼクティブ・アドバイザーとして出井 伸之氏(ソニー 元CEO)、マシ・オカ氏(ハリウッド俳優・プロデューサー)、石黒 不二代氏(ネットイヤーグループ 代表取締役社長 兼 CEO)を招聘した。




 会場のIDOLには、多くの経営者、ビジネスパートナーなど関係者やメディアが訪れ、スタイリッシュな料理と共に盛大に催された。なお、司会進行は、谷本 有香氏(アトミックスメディア 『フォーブス ジャパン』編集部 副編集長 兼 WEB編集長)が務めた。




 冒頭の挨拶は、トム・ケリー氏(ファウンダー兼会長)が登壇。続いて、高野 真氏(ファウンダー兼CEO)よりD4V(Design for Ventures)の取り組みについて説明が行われた。高野氏によると、D4Vが目指すものとして、日本の有望なベンチャー企業を発掘し、育て、世界につなげる本格的なグローバル視点をもったVCとなり、インキュベーション、ネットワーク、経営指南を惜しみなく注ぐと共に、10年後、20年後に米国有力VCに向こうを張れる世界規模なVCを目指すとし、以下のストラテジーを披露。成長ステージに応じたハンズオンサポートを提供し、オールステージでの投資先育成を行っていくという。

①インベストメント・フォーカス(INVESTMENT FOCUS) シード・アーリーステージのスタートアップ企業への投資にフォーカスしつつも、ミドル・レーターへの投資にも対応する

②インキュベーション(INCUBATION) IDEO及びD4Vの多様なバックグラウンドを活用し、シードからレーターまでのスタートアップ企業の成長ステージに応じて必要なサポートを提供する

③グローバル・ブリッジ(GLOBAL BRIDGE) グローバルキャリアを有するD4Vのメンバーが、IDEOのグルオーバルネットワークを活用し、日本のスタートアップ企業のグローバル展開を支援する

④ローカル・ブリッジ(LOCAL BRIDGE) D4VはIDEOのリソースも活用し、ベンチャー投資を通じてスタートアップと大企業との連携を促進させ、既存産業に対してイノベーションを起こす



 世耕 弘成氏(経済産業大臣 ロシア経済分野協力担当大臣)は、自身がこれまでも長くベンチャー育成に取り組んできたことに触れ、日本から本格的なベンチャーが生まれて欲しいとし、D4Vの強みであるデザイン・シンキングを通じて、日本から本当に世界と勝負できるベンチャーが育つように応援していきたいと語った。また、Tim Brown氏(CEO of IDEO)よりビデオメッセージが届けられた。



 出井 伸之氏(エグゼクティブ・アドバイザー)より挨拶。凄いクリエイティブでイノベーティブな会社がどんどん出てくることとD4Vの発展を祈念して乾杯が行われた。



 最後に、谷家 衛氏(ファウンダー)が登壇。今後10年から20年でいまある仕事の半分が無くなると言われている中、それを解決するためにもデザイン・シンキングは大事だとし、日本の大企業とベンチャーが共に世界へビジネスできるようにしたいと抱負を語り、締め括った。



 シードステージからエグジットまでのあらゆる段階にある日本のベンチャーを支援できる実績を持ち、日本のスタートアップの触媒となり、世界を舞台に成功する可能性を開花させるというD4V(Design for Ventures)。今後の取り組みと展開に注目したい。

D4V is a new Japanese venture capital firm formed by IDEO and Genuine Startups. We enable Japanese ventures to create impact in the world through capital, insights, design, mentorship, and connections.


(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




08:28 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.