金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2016/05/26

【DANベンチャーキャピタル/グッドウェイ】ブロックチェーンによる金融機関向けKYCへの応用、第2回「FinTech実務研究会」開催!

| by:サイト管理者


 2016年5月19日(木)、DANベンチャーキャピタル/出縄&カンパニー/グッドウェイは、帝国ホテルタワー15階 リージャス日比谷センター セミナールームにおいて、第2回「FinTech実務研究会」を開催した。

 「FinTech実務研究会」は、広範囲の「FinTech」関連企業からゲスト講師を招き、参加者と共に新たな事業の発展に貢献することを目的としている。冒頭に、グッドウェイ 代表取締役社長 藤野 宙志より、フィンテック概観について紹介。会場には30名ほどの参加者が来場し、国内外におけるFinTechを取り巻く環境変化と最新動向を共有した。



 続いて、ソラミツ Co-founder/Co-CEO 岡田 隆 氏を講師に招き、「ブロックチェーンによる金融機関向けKYCへの応用」と題して、ブロックチェーンの概要や、銀行に新規口座を開く際に本人確認の一環として要求される書類手続き等の相称であるKYC(Know Your Customer)におけるアイデンティティに関する問題点とブロックチェーンの活用イメージなどについての講演と質疑応答が行われた。



 続いて、DANベンチャーキャピタル 代表取締役 / 公認会計士 出縄 良人氏より、参加者への御礼の言葉と共に、「FinTech実務研究会」の概要、「ベンチャーキャピタリスト養成講座」の紹介、および同社の今後の取り組みとして組成の準備を進めている「グローバルジャパン・フィンテック・ファンド(GJFF)」について解説した。

 DANベンチャーキャピタルは、ユニークなプライベート・ベンチャーキャピタル・ファンド(PVCF)を組成するとともに、投資先の成長支援にクラウドファンディングを取り入れる新たなタイプのベンチャーキャピタル(DANベンチャーキャピタルの投資ファンド)。個々のキャピタリストは専門の知識・技術・経験を有するだけでなく、アントレプレナーの心を理解し、本気で暖かくも厳しい支援をする自立した専門家として、インディペンデントな立場から、日本の新たなベンチャーキャピタルとしてのインフラづくりに挑戦していくという。

 なお、次回の第3回は、「資産運用・投資支援、メディアプラットフォーム」をテーマに、財産ネット 代表取締役社長 荻野 調 氏(2016-06-10(金)19:00 - 21:00  帝国ホテルタワー15階 リージャス日比谷センター)を予定している。興味のある方は、ぜひ参加されたい。

(参考:レポート)

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @
株式会社グッドウェイ )






07:19 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.