取材レポート >> 記事詳細

2017/02/17new

【サンワード貿易】テレビやラジオ、イベントで活躍中のパックンマックンがゲストで登場!投資家向けセミナー「サンワードフェスタ2017~Youはなにゆえ投資しない?」をコングレスクエア中野コンベンションホールで開催!

| by:ウェブ管理者


 2017年2月12日(日)、サンワード貿易(以下、同社)は、テレビやラジオ、イベント等で活躍中のパックンマックン、個人投資家にはお馴染の「小次郎講師」の愛称で活躍する手塚 宏二氏を招き、東京・中野にあるコングレスクエア中野コンベンションホールで「サンワードフェスタ2017~Youはなにゆえ投資しない?」を開催した。

 ゲストに招かれたパックンことパトリック・ハーラン氏は、ハーバード大学卒で投資歴20年のキャリアを持ち、一方のマックンこと吉田眞氏も投資歴8年という経歴を持つ。二人は主にお金や投資に対する日米の違いなどにフォーカスしてエネルギッシュなトークを展開、会場の参加者も最後まで熱心に聴講した。



  会場は同社がよく利用するJR中野駅にほど近い「コングレスクエア中野」。個人投資家の中核をなす中高年の参加者に加え、ゲストがパックンマックンとあってか、若い世代や女性の参加比率も一般の投資セミナーよりも高かった印象だ。



【開会挨拶】サンワード貿易 常務取締役 営業本部長 宮本 博之氏「2016年の1年間で大小のセミナーを314回開催し、延べ10,231名のお客様にご来場いただいた」

 宮本氏は開演冒頭の挨拶で「当社は2016年の1年間で大小のセミナーを314回開催し、延べ10,231名のお客様にご来場いただいた。毎年新春に特別セミナーを開催し今年で4回目になるが、トランプ大統領の挙動が注目される中、今日は日米のお金の捉え方の違いについてパックンマックンにお話をいただくことになった。」と、業界有数といえるセミナー開催実績と当日のプログラムの内容について説明。

 さらに「当社は、リスクを十分に理解していただきながら、そのリスクにチャレンジしてみたい、相場の醍醐味を味わってみたいというお客様に対し、一生懸命良いアドバイスを提供し、サポートしていく。さらにこれまで以上に役に立つセミナーを企画し、相場を楽しんでいただける環境を提供していくので、本年も当社をよろしくお願いしたい。」と挨拶で語った。



【第1部】パックンマックン「こんなに違う!日米のお金のとらえ方」

 盛大な拍手を浴びて登場したパックンマックン。日本語では無く英語での漫才の場合はボケと突っ込みの役が入れ替わると紹介された二人は、登場するなり参加者全員と大きな声で挨拶のやり取りや、全員参加のジャンケンを通じての性格占い(グーの人は頭が固い)などを行って会場のムードを盛り上げてから、まずは「収入の方法」について日米の違いについて解説。日本の子供は何もしなくてもお小遣いを貰えるのが一般的だが、米国では「お手伝いをしなければお小遣いは貰えない」のが普通だと説明。また、大学を出てよい企業に勤めるという「会社勤めが前提の考え方の日本」に対して、米国の場合は色んな仕事があることを親が教えてあげる傾向が強いという。

 このほかにも2人は様々な日米の違いを紹介しながら、投資に対する違和感を持っていない米国と、そうでない日本の投資に対する意識がどう違い、その結果行動がどう変化していくのかなどについて、コントや会場と一体となったトークでテンポよく講演を進行させていった。




【第2部】パックンマックン & 小次郎講師「資産運用は紆余曲折。それぞれの投資観」

 続いて進行の大橋アナがモデレーターを務め、小次郎講師も参加しての4名によるトークセッション。大勝狙いではなく、コツコツと複利狙いする強み、児童に投資を教えようとすると「ギャンブルを教えるな」とPTAが反対する投資教育の現状、戦後の高度成長を背景に「お金はまじめに働いて稼ぐ」という風潮など、投資環境を取り巻く現状や様々な投資観などについて、活発なディスカッションを行った。




【ブースツアー】休憩時間に一息入れながらのブース巡り

 
参加者は同社が用意した様々なブースやコーナーを巡りながら休憩時間を過ごす。抽選会やノベルティーなども来場の楽しみのひとつだ。



【第3部】小次郎講師「意外と知らない、でも重要。投資の基礎のキソ」

 小次郎氏は、投資は予想ではなく確率のビジネスだとして、フィフティフィフティが60~70%になる時を狙うことでも十分勝てるという前提で、チャート分析の基本について詳しく解説。途中からは氏が主宰する投資塾の塾生2人も登場し、チャートを使っての予想ゲームを全員参加で行うなど、終始参加者の興味を引きつける講演を行って降壇した。



【サービス紹介】2017年も全国各地で連日開催する各種セミナー!


 全ての講演が終了した後は、同社 テクニカルアナリスト 平賀 大介氏が同社のサービスについて紹介。2017年も投資家の役にたつ様々なセミナーを展開するとして、注目セミナーをPRしたほか、小次郎講師も参加して、損失を限定しながら利益を追求、少額の資金で取引可能な金オプション取引なども紹介された。



【懇親会&プレゼント抽選会】懇親会ではお菓子やドリンクが用意され、プレゼント抽選では1/10oz金貨や純金インゴット1gなどが提供

 セミナー終了後は懇親会が行われ、最後にプレゼント抽選会が行われて全てのプログラムが終了した。



 こうしてパックンマックンや小次郎講師を招いての新春セミナー「サンワードフェスタ2017」は無事盛況のもと閉会。年間で最も大きなイベントとあって、最後はスタッフ全員と登壇者で記念写真に収まった。

 開演の挨拶で紹介された通り、同社のセミナー開催実績は年間の営業日数を上回る開催頻度であり、徹底した投資家教育を通じて自社のブランディングやマーケティング戦略を推進させる一方、その取組自体が業界にとっても啓蒙活動的な役割を果たしているとも言えよう。集合写真に収まったスタッフの笑顔が、2017年の同社のさらなる盛業と発展に繋がり、投資や資産形成のメリットをより一層投資家予備軍に伝えてくれる1年になることを願いたい。

(取材、撮影:村上 遥 / 記事、 編集・制作:メディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )




20:01 | 取材:投資家向け

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.