写真レポート >> 記事詳細

2017/04/11

【FinTech協会】シリコンバレーの文化や革新的なエコシステムを構築する方法とは!?多くのFintech関係者や学生が集った「Fintech Meetup」を開催!

| by:サイト管理者


 2017年4月6日(木)、一般社団法人FinTech協会は、Fintech協会会員を含むFintech業界関係者や学生らを招き、「Fintech Meetup」を東京・五反田にあるfreee本社において開催した。

 今回のテーマは「シリコンバレーの文化:革新的なエコシステムを構築する方法」。イノベーティブな環境を作るために重要なことは何か?などといった課題について、シリコンバレーの最新動向を知るゲストによるトークセッションが行われた。



 会場のfreee本社の周辺の通りは桜が満開となっていたほか、普段は社員が休憩やコミュニケーションをとるためのフリースペースとして使われているイベント会場内にも本物の桜が飾られて華やかなムードが演出されていた。



 開会時間を迎え、工藤 博樹氏(FinTech協会 代表理事、メリービズ 代表取締役社長)、ナタリー・詩織・フレミング氏(FinTech協会 理事、Payoneer ディレクター(APAC))による進行で「Fintech Meetup」がスタート。自己紹介や会場アンケートの後、「今回初めて大企業ではなくベンチャー企業のfreeeさんから会場を借りることができて嬉しく思う。Fintechベンチャーとして皆さんと共に頑張っていきたい。」とナタリー氏が挨拶を行った。



 続いて協会理事でもあり、会場を提供した木村 康宏氏(freee 執行役員 社会インフラ企画部長)から、会場案内や同社の企業&サービス紹介が行われ、事務局長を務める桜井 駿氏(NTTデータ経営研究所 
情報戦略コンサルティングユニット シニアコンサルタント)から事務局運営活動および支援についての案内などが行われた。




【トークセッション】シリコンバレーの文化:革新的なエコシステムを構築する方法

 本日のメインのトークセッションでは、
 加藤 雅己氏(Net Service Ventures パートナー)をスピーカーに迎え、池田 将氏(THE BRIDGE co-founder)が対談。加藤氏の生い立ちや経歴、池田氏の自己紹介に続き、シリコンバレーにおけるスタートアップを取巻く環境を一枚にまとめた図を用いながらイノベーションエコシステムについて解説。「イノベーティブな環境を作るために重要なことは何か?日本のスタートアップが世界的に成功するために必要なことは何か?私たちがFintechエコシステムの発展をサポートするために、東京で何ができるか?」などについて、意見を交わし合った。最後には質疑応答も行われ、複数の参加者が積極的に質問を投げかけた。



 トークセッションが終了後は懇親会が行われ、Fintechというビジネスの創造にはネットワークとコネクション作り、情報収集が欠かせないとあって、参加者同士の歓談は夜遅くまで続けられた。

 協会ではこうした「Fintech Meetup」を四半期毎に開催し、様々なテーマに関する情報とネットワーク作りの場を参加者に提供しており、協会の会員以外の企業や学生も参加できる。開催情報や協会のニュースはこちらをご参照いただきたい。

(取材、撮影、記事、 編集・制作: 柴田 潔 @株式会社グッドウェイ )




08:43 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.