金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/04/18

【リクルートライフスタイル】0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』店舗の声を反映した「軽減税率対応のための設定画面」を本日リリース 10月1日の増税に向けて、中小・小規模店舗の事前準備をカンタンに

| by:ウェブ管理者
株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』は、10月1日からの消費税増税・軽減税率対応をスムーズに行っていただける「軽減税率対応のための設定画面」を本日より提供開始いたしました。

『Airレジ』の詳細はこちら https://airregi.jp/

■開発の背景

◆中小・小規模店舗の軽減税率対応がスムーズに行えるように

今年の10月1日より、消費税増税に伴う軽減税率制度が実施されます。日本初の複数税率導入に伴い、小売業・飲食業・各種サービス業を中心に会計シーンが大きく変化します。これにより店舗では、軽減税率対応の事前準備として商品ごとの”適用税率“や10月1日以降の”新価格“を設定する必要があります。正しい対応ができていないと、会計が正しく行えずお客さまをお待たせしてしまったり、売上を毀損してしまう可能性もありますが、特に中小・小規模店舗においては、対応が遅れていると言われています。『Airレジ』はこれまで、会計にまつわるお店の業務負荷を軽減することで、オーナーが「自分らしいお店づくり」を実現できるよう支援してきました。軽減税率対応においても、店舗の皆さまが混乱することなくスムーズに10月1日を迎えられるよう、余裕をもって準備できるこのタイミング(半年前)から事前設定が可能となります。

◆「時間・手間・コスト」を軽減し、店舗がカンタンに事前準備できるように

『Airレジ』が昨年11月末に小規模店舗(5店舗未満)のオーナー・店長に実施した意識調査によると、43.6%が「対応の必要性は分かっているが、時間や手間、コストなどの事情から準備が進められていない」と回答しており、昨今の慢性的な人手不足や日々の店舗運営と並行して、事前準備を行うことの負荷の高さを物語っています。そのため開発のプロセスでは、特に店舗の「時間・手間」を徹底的に取り除き、事前準備を最小化できるように注力しました。カンタンさを追求した画面で必要な設定を済ませておけば、アプリのアップデートのみで自動的に10月1日を迎えられます。また、『Airレジ』の場合、基本的なレジ機能が0円で、必要な周辺機器は軽減税率対策補助金の対象になっているため、コスト面の負担も軽減できます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000820.000011414.html

15:03 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.