金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2019/12/10

【Finatextホールディングス】「証券コンソーシアム 売買審査AI適用サブワーキング」の活動成果のご報告

| by:ウェブ管理者
株式会社 Finatextホールディングス(代表取締役CEO:林 良太)の子会社、株式会社スマートプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤江典雄)は、証券および証券関連業界が一丸となり設立された「証券コンソーシアム」の活動の一環である「共通事務ワーキンググループ 売買審査AI適用サブワーキング」に参加し活動してまいりました。本活動の活動成果についてご報告すると共に成果物を公表いたします。

「売買審査AI適用サブワーキング」(以下、「本サブWG」)は、株式会社SBI証券がリーダー企業となり、非競争領域である売買審査業務において、証券およびベンダー各社が協働して、様々な不正に対して迅速かつ高度な審査業務を実現し、ひいては市場の公正性・透明性を向上させ、顧客が安心して取引可能な環境創りに貢献することを趣意とし、「共通事務ワーキンググループ」の第一弾として2019年2月より活動を行ってまいりました。

本サブWGは参加企業29社【別紙】が、参加各社の有する知見と技術を結集し、以下の3テーマを掲げ検討してまいりました。

(A)売買審査業務におけるAI適用検討のホワイトペーパー策定

現在、証券会社の売買審査業務は審査担当者の高齢化や人材不足などの課題を抱えています。一方で、2018年に日本取引所自主規制法人がAIを活用した売買審査を開始したように、今後、証券会社の売買審査業務においてもAI活用の検討が進むと想定されます。売買審査業務でのAI活用は、今まで人が行っていた売買審査業務の一部をAIが担うことで、複雑なケースや新たな不正手口の対応など、人でしか行えない事案の対応への時間捻出が期待されます。

このような中、本サブWGでは、今後、証券会社が売買審査業務にAI活用を検討する際に拠り所となるような方針を作成する必要があると考え、売買審査業務にAI活用を検討する際の方針や業務利用上における注意点を検討しホワイトペーパーとしてまとめました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000012138.html

15:10 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.