金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 


 
【IT業界ニュース】 >> 記事詳細

2018/08/24

【マネーツリー】マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」が荘内銀行、北都銀行2行の新アプリに導入決定

| by:ウェブ管理者
マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、 以下「マネーツリー」)の金融インフラサービス「MT LINK」を、フィデアホールディングス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表執行役社長 田尾 祐一)の連結子会社である株式会社 荘内銀行(本店:山形県鶴岡市、取締役頭取 上野 雅史、以下「荘内銀行」)、株式会社 北都銀行(本店:秋田県秋田市、取締役頭取 斉藤 永吉、以下「北都銀行」)が、9月28日にサービスを開始する両行のスマートフォン向けアプリ(以下、「新アプリ」)に採用しましたことをご報告いたします。本提携により、MT LINKの連携会社は公式で40社になりました。メガバンクおよび地域金融機関の分野における MT LINK採用は15社目となります。

MT LINKが連携されることにより、荘内銀行および北都銀行の新アプリでは、同行の口座だけではなく、他行の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、証券口座、ポイント・マイルなどの取引明細をアプリ内で一元管理することができるようになります。また、インターネットバンキングへの加入の必要なく、口座をお持ちであれば、新アプリにて口座情報を確認することが可能です。

銀行業界では、オープンバンキングが主流となりAPIへの取り組みが急務となっております。今回の導入にあたって、荘内銀行、北都銀行が連携してAPIの策定と実装に取り組み、一般利用者に向けた新アプリの基盤を構築しました。

これからの銀行業務は、対面チャネルはもちろんのこと、非対面チャネルとしてモバイルアプリは必須となっています。APIを活用することで、アプリの中に自行だけでなく他社のサービスを上手く取り入れ、千差万別な顧客ニーズに対して柔軟な対応ができます。今後は、このような取り組みが増すことで、銀行の規模に関わらず新たなビジネスチャンスが訪れることが期待されています。

クラウド、モバイル、APIが地域金融機関にこそ必要な要素となってきた中、それを支えるMT LINKがアプリケーションを通してお客様に優れた金融体験を提供していきます。


原文はこちら
https://moneytree.jp/presskit/MT_PR_180823_MoneytreeFideaHoldings/

15:04 | IT:一般
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.